« 2024.5.1 | トップページ | 2024.5.3海&八重山アッチャーズバンド »

2024年5月 3日 (金)

2024.5.2

Dsc00954 Dsc00957 Dsc00961_20240506091601 Dsc00959 Line_album_20240502_240502_20 Line_album_20240502_240502_22 Line_album_20240502_240502_19 朝から土砂降りの雨。沖縄の梅雨はしとしと降り続けるような雨ではなく、バケツをひっくり返したような降り方をします。亜熱帯地方ですからね。みんなの心が折れそうな雨。それにしてもだからと言ってダイビングを中止、という考えではなく、とりあえず朝が来るまで準備を続けます。船に荷物を積み込むときは、やはり涼太とゆうあちゃんは濡れてしまいました。なので、最初からウェットスーツ着用。カメラの準備して、お客様迎えて船に行くと、二人が傘を持って車に迎えに来てくれて、一人づつ船へ。こんなベルマンがいるなんて、良いじゃないですか。ホテルのホスピタリティみたいで、凄く感激しました。それを私の指示ではなくすっとこなす二人。理想です。とても良いです。皆さんもほっこりしてもらえたのではないでしょうか?

Dsc00979 Dsc00985 Dsc00982 Dsc00959 Dsc00989 船には電灯もつけてあるので、重い雲で暗めな船内もパッと明るくなり、気持ちが全然違います。そこへ、今日からのゲスト様、大阪からのいつものIさんとMさん。お二人の弾丸トークが面白すぎて、雨なんて吹き飛ばすくらいみんなでお腹抱えて笑って、いい雰囲気で出港です。最初はどんな人、この人?って思わせるトーク多めですが笑それがどんどん惹きつけられていくお人柄。夕方にはもう、皆さんがお友達になっていました。WAKEはそこが良いんですよね。いいお客様ばかりです。

Gopr0864 Gopr0857_20240506091601 Gopr0861 今日の風は北東5M。迷わず大崎へ向かいます。ですが、土砂降りの雨の影響は出ていました。ポイントに着くと全く水底が見えないほど雨水が流れ込み、土砂が流出していました。大崎にも大きな川があり、山からの土砂が流れてしまった、ということです。もったいない。アンカーマン涼太は、全く見えない中、何度も潜っては水底を確認してアンカーがかけられる場所を選定していきます。ですが、ポイントはGPSでピッタリな所へ来ているはずなので、船長との連携が必須。ここはどん深。ミニドロップオフだからこそ豊富な生物をご案内できるので、アンカー難しい今日はここで2本、2ポイントを回ります。

1本目は、ハナゴイリーフへ。(ニチリンの根)です。透明度は水面は0Mなので、トモロープを伝って全員がはぐれないように潜っていきます。本当に、入ってしまえばスコーンと抜けていて、雲の中を降りていくような感覚は意外に面白いかもと思ってしまいました。出会えたのは、アカネハナゴイの群れ、ハナゴイの群れ、ニチリンダテハゼ、ヨスジフエダイ、ホオセキキントキ、アカマツカサの群れ、セグロマツカサ、ハナゴイ幼魚の群れ、クラカケエビス、グルクマの群れなどなどでした。

Line_album_20240502_240502_8 Line_album_20240502_240502_9 Line_album_20240502_240502_12 Line_album_20240502_240502_7 休憩には、大阪からの高級お菓子、KAKITANE KICHENのお煎餅を頂きましたが、凄く美味しくて、たくさんいただいてしまいました。いつもありがとうございます。

P5022866 P5022864 P5022859 P5022847 P5022878 P5022888 P5022884 P5022887 P5022853 P5022868 2本目は、反対方向へ進むスミレの根で潜ります。船はもう、水深20Mの張り出した棚のすぐの所に停泊しているので、まっすぐ沖へ。そしたら、ここで良く会うクロヒラアジがペアで産卵行動していて、ペアの数はたくさんで、なかなか飲みごたえでした。春ですね。嬉しくなります。他にも、スミレナガハナダイのペアや、ヤイトヤッコ、ハマクマノミ、アカテンイロウミウシ、ソライロウボウミウシ、ツノキイロウミウシ、カスミアジ、アカネハナゴイの群れ、などなどに会ってきました。いやぁ、楽しかった。

Line_album_20240502_240502_5 Line_album_20240502_240502_4 ランチは、今日は、ハヤシライスをご用意しました。ガーリックライスが良くあい、美崎牛が甘くて美味しかったですね。

Gopr0877 Gopr0873 Gopr0874P5022898P5022895P5022893 3本目は移動して、オオハマサンゴの根にやって来ました。もうこのころには濁りも沈殿して、透明度は普通になっていました。ここでは群れにたくさん会います。出会えたのは、チンアナゴ、ノコギリダイの群れ、アカククリの群れ、ハマクマノミ、キンギョハナダイ幼魚の群れ、ウスモモテンジクダイの群れ、ピンクと白のハダカハオコゼ、アカマツカサの群れユメウメイロの群れ、アマミスズメダイ幼魚と成魚の群れ、などなど盛りだくさんでした。

Line_album_20240502_240502_2 Line_album_20240502_240502_0 ショップに帰ったら、皆さんのシャワーや着替えを待って、清算に寄ってくれました。早い時間の夕食を済ませたIさんとMさんは、Mさんのネイルをしようと寄ってくれました。ちょうどみんなが合流してまた盛り上がりました。いつも楽しい場所として、ご提供できるように努力していくので、また是非遊びにいらしてくださいね。WAKEのタンクTシャツのご注文もいただきました。早速、Tシャツ屋さんに注文です。楽しくなりますね。これからもよろしくお願いします。皆さんありがとうございました~☆

|

« 2024.5.1 | トップページ | 2024.5.3海&八重山アッチャーズバンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2024.5.1 | トップページ | 2024.5.3海&八重山アッチャーズバンド »