« 2024.4.27~29 | トップページ | 2024.5.1 »

2024年5月 1日 (水)

2024.4.30

Dsc00818 Dsc00801 Dsc00800_20240503071501 4月の最終日、3月~4月はあまりにも濃密すぎて2年間分くらいの経験をさせてもらいました。あっという間には感じず、ものすごく長かったような気がします。明日から5月。石垣島はもう梅雨に入っているので、梅雨対策が必要になりそうです。海は、その影響もあり、濁っています。ですがよく見ると生まれたばかりとみられる稚魚がサンゴや岩を覆うように発生していたり、それよりは大きくなった幼魚たちもたくさんいて賑わっていて、これから始まる夏を海が迎え入れようとしているのを感じます。

私も、ドライスーツから8ミリ2ピース、3ミリショートジョンに切り替えました。これでもまだ冷えるなと感じることもありますが、夜は水素風呂に入って体を温めます。水温は28度、場所によっては少し前後します。例年より1~2ヶ月水温上昇が早い。どんな年になるんだろう。予想は台風あまり来ない、です。(←根拠は全くない。ただの勘です)

P4302719 P4302683 P4302680 P4302682 P4302722 今日の風も南西から南、また南西、そんな一日。雨は降らず、晴れています。向かったのは、竹富島北エリアです。ここへ来ているダイビングボートが多く、混んでいます。避けるようにして竹富港前の北側のポイント、段々畑に停泊。久しぶりに潜るという方もいらっしゃるので、難しくないポイントでゆっくり潜ります。すると、1本目、やっぱりトラブルが!入って5分しないうちにエアーがなくなったというTさん、いっしょにゆっくり上がって、タンク交換ですが、原因は器材の方になったみたいです。緩んでいたホースを絞めたり、をスタッフ涼太が対応。男の子はやはり、こういう時とても役立ちます。他の皆さんはのんびりと目の前の魚たちを観察しながら記念撮影もしたりして待ちます。整って、Tさん合流後ものんびりと。出会えたのは、ナミスズメダイ幼魚、アカメハゼ、キンセンイチモチ幼魚いっぱい、イシガキカエルウオ、アサドスズメダイ、ネッタイスズメダイ、クロユリハゼ属の一種、オグロクロユリハゼ、ヒメダテハゼとテッポウエビ、などなどでした。

2本目は、少しだけ沖に。それでもこのエリアからは離れません。風は強く吹いていました。アンカーマンがいてくれて助かります。それに、ロープワークしてくれる船員さんがいてくれるのも助かります。竹富港前2です。砂地も楽しめるポイントで、ものすごく綺麗なキャベツサンゴには圧倒されます。涼太のBCのインフレーターホースに付け根が破けて空気が入らない、との訴え。もうそのBCはぽい(捨てる)ですね。部品どりしよう(笑)それをなぜかレギュレーターを外してBC脱着しているのがおかしくて、でもそれを心配そうに、でも何かの時は、という目線で見つめるゆうあちゃんがレギュレーターを差し出してくれたことを見て、可愛い二人だな、と感じました。とてもいい子達です。あとから、「なんでレギュ外したの?」となったのは言うまでもありませんが。「邪魔だったから」とのことでした。経験をどんどん積んで行っている二人です。素敵なガイドになって欲しいな。

P4302647 P4302648 P4302631 P4302650_20240503071701 P4302616 Gopr0841 Gopr0839_20240503071701 Gopr0838_20240503071701 P4302651 Dsc00863_20240503071601 Dsc00838_20240503071601 Dsc00834 Dsc00817 Dsc00812 Dsc00857 ここで出会えたのは、ニセアカホシカクレエビ、デバスズメダイの群れ、クロユリハゼ若魚の群れ、ソラスズメダイ、ミスジチョウチョウウオ幼魚、ツノダシ、ヒフキアイゴ、ヒメアイゴ、ユビエダハマサンゴの群生、クロスジリュウグウウミウシなどなどでした。動きが早くて可愛かったな。

ランチは、WAKE特製軟骨ソーキゆし豆腐そばです。体が温まります。おだしは無添加。ラードを取り除いているので、すごくヘルシーで、軟骨がコラーゲンを補給してくれます。自分で言うのもなんですけど、本当に美味しいです。体にいいのも感じます。皆さんペロリ、でした。

3本目は、本物の(というのもおかしいけど)竹富港前で潜ります。いつもの水中ロープが役に立ちます。これも取ってきてくれる人がいるから使えるものです。良く食べるけど、良く動ける涼太は最強です。タンク背負ったまま梯子使わないで船に上がろうとするような変わった子ですけど笑笑

P4302676 P4302671 P4302685_20240503071801 P4302686 P4302665 ここでは、もう何度も潜っているので、涼太とゆうあちゃんが先頭に行く風で打ち合わせていました。少しづつポイントも覚えてもらいます。そういうことが安全につながっていくから。ここはサンゴモリモリで、中性浮力の取れる皆さんだからこそ潜れるポイント、ユビエダハマサンゴやキャベツサンゴやコモンシコロサンゴが大群生しています。生物は、ハマクマノミ、カクレクマノミ、ハナビラクマノミ、ニセアカホシカクレエビ、ヒラムシ、フウライチョウチョウウオ、フタスジタマガシラなどなど。じっくり撮影も入れながら楽しんできました。カクレクマノミはカメラに寄ってきてくれるいい子ちゃんでしたね~☆

帰ったら、月末なので、事務所の支払いやお給料、新しく買った中古車のお金の支払いなど、バタバタと動き、大川店舗に行ったら、Sさんがネイルしていた!!良いですねぇ。こうやってつながっていくのが夢でした。旦那さんはお小遣いもらってハゥ・トゥリー・ジェラートさんでアイス買って帰るのだそうです。それも良いですねぇ。みんながウィンウィンなのが幸せですね。明日は雨予報ですが、風は静かになります。明日も楽しみましょうね!!皆さん、ありがとうございました~☆

|

« 2024.4.27~29 | トップページ | 2024.5.1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2024.4.27~29 | トップページ | 2024.5.1 »