« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月29日 (木)

2024.2.29

S__2465915S__2465911S__2465909 S__2465912S__2465916 S__2465922 2月も最後の日になりました。今年は2月に29日のある閏年ですね。いとこが閏年生まれだったことを思い出しました。昨日の晩は市民会館大ホールで名蔵湾が国立公園に入ったことを記念したシンポジウムが開かれました。長年名蔵湾を研究されてきた研究者の先生方が登壇する中、最後に私もダイビング業者としてのお話をしてほしいと依頼されての登壇でした。順番で言うと、とりじゃーん、と緊張しまくり。15分という与えられた時間内に伝えたいことをまとめるのに練習を何度も重ね、まるでフリーダイビングのオフィシャルトップの様に心臓がバクバクしました。経験を重ねると、こういうドキドキもなくなるのでしょうか。。。とてもいい経験をさせてもらいました。講演会の後の打ち上げや2次会も、目をキラキラされて語る皆さんが素敵すぎて、楽しい時間で、いつも勉強させてもらっています。有識者で科学者の皆さんとこうやって一緒にいられて幸せ者です。子供のころに描いた想像もつかない世界にちゃんと飛び込んでいけている気がします。

S__2465928Dsc09933 さて、今日は、そんなK先生と、同じ研究室のSさんがダイビングライセンスのアップグレードでこれから数日間講習づくめの日々が始まります。学科はリモートである程度済ませてきていますが、お忙しい中、皆さんに時間を合わせていただき感謝です。中学生のTちゃんも海の仕事を目指していますが、海をフィールドに働く皆さんにお会いすることが出来てすごく良い経験になっていると思います。同じく幸せ背負ってますね。

お荷物は前もってかなり前に送ってくださっていましたが、事務の方がわざわざ、前日配達に指定してあったようで、届いていませんでした。実はその方が直前でバタバタするので、早く到着するように送ってもらえる方が良いですね。今度からはきっと事務の方もそうしてくれることでしょう。前日ギリギリで届きました。そのお荷物を準備するのに時間がかかるからと、お迎えの時間は普通に8時にして、ゆっくりしっかりセッティングやバックを車に戻すなどの作業、書いてもらう書類も多いので、やはり早め迎えで正解でした。これで安心して出航できます。

P2290486 P2290492 P2290489 P2290502 P2290484 P2290503 Dsc09925_20240301064601 Dsc09917_20240301064601 Dsc09913 Dsc09925 Dsc09915 Dsc09916_20240301064501 Dsc09918 風は南風から南南西。そんなに強くはありませんが、予想していた通り、北うねりが入っています。港を出て浜島方面は船を走らせている早い段階からその気配を感じ、浜島手前のリーフに使づいてくるとそれは確定となりました。このうねりがあると、もうこれ以上は北へ進められないので今日の1本目は、三ッ石で潜ります。うねりの影響もあり、白濁りしていました。ですが、サンゴがもりもりで素晴らしい。1本目は、アドバンス講習のボートダイビングをテーマとして潜ります。大潮なので、沖へ向かっての流れも、リーフのある程度の水深まで出たところで強くなるのを感じながら、共有し、水中生物の観察もしながら体慣らしをしていきました。出会えたのは、セナキルリスズメダイ、クマノミのファミリー、グルクンの群れ、ナミスズメダイたくさん、コイボウミウシ、ソライロイボウミウシなどなどでした。流れに乗ってしまわないように、そして、水深の管理なども気を配るようにご自身で出来るようになってもらうようなスキルで潜っていきました。

Dsc09941Dsc09944Dsc09945_20240301064601Dsc09943Dsc09929Dsc09934Dsc09935_20240301064601 P2290505 Dsc09939 Dsc09945_20240301064601 Dsc09957 Gopr9763_20240301064601 Dsc09955 Dsc09954_20240301064601 Dsc09956 Dsc09953 2本目は、うねりから逃れるためと、フラットなポイントへということで、竹富北へやって来ました。ちょうど潮が良く透明度が抜群でした。スケジュール表では大深度潜水したかったのですが、お天気に合わせて、ということもあるので、切り替えて、コンパスナビゲーションとナチュラルナビゲーションなどをテーマにトレーニングしていきます。目立つハマサンゴやヤギなどの動かない対象物にコンパスを合わせ、なんキックで進むことが出来るか、それを1周してみたり、同じコースをもう一度振り返ってみたり、憶測で50mとはどれくらいの距離なのかフィンキック数を数えながら進んでみたら、あとで検証したところ、大体15m足りず、もう少し先で、その50mをなんキックで進められるかを体感で覚えてもらったり、とてもいい経験になったかと思います。

S__2465935 S__2465933 休憩のランチは、今日は力(ちから)カレーうどんでした。力、が付くということは、お餅つきです。巾着もちをしっかりゆるゆるに柔らかくして島唐辛子の一味を入れて美味しくいただきました。「体が温まる~」のお言葉を頂きました。逆に体が冷えていることを感じさせますね。シャワーのお湯の温度を上げるために、大容量バッテリーでお湯を作ったり、コンロストーブを炊いて温まりつつ、やかんのお湯が沸くのを待ちながら、少しのお昼ね。これが極上に気持ちが良く、疲労が回復できましたね。

Gopr9764_20240301064601 Gopr9767_20240301064601 Gopr9767_20240301064501 3本目は移動しないで、メジャーで50mの正解を出してみたり、透明度が落ちてきていたので、離れた距離からのライトでのサインの方法を練習してみたり、夜間を想定してのライトの取り扱い方法や、バディロープを使っての並行で泳ぐ練習、片手での残圧の表示の仕方などをお伝えしていきました。実践に役立つコンテンツが多かったのではないでしょうか。

S__2465930 S__2465939 S__2465936 S__2465938 講習は内容が濃いので、潜水時間もあっという間に過ぎていきます。今日は南風で風は暖かかったのですが、明日は北風に変わります。だから北うねりが入っていたのですが、寒さ対策して明日もよろしくお願いします。

お宿へ送ってそうこうしている内に、今度は明日からフリーダイビングの講習でいらしているメンバーの皆さんが到着です。D先生率いるSSIメンバーです。ファミリーが来るということで、受け入れ準備楽しかったです。いったんご挨拶して、船の掃除と片付け、ガソリンの購入やランチの買い出し、お友達のショップさんへ用事済ませに行ったり、バタバタして、ひと段落したら、皆さんのお食事していた奈美ちゃんへいって、ミーティング。フリーダイビングの色々なアップグレードな話を聞いたり、スケジュールの確認をしたりしていきました。毎日毎日次から次へと課題が積み重なっていきますが、ときどきちゃんと消化して、いつもは少しづつ消化して、何とか間に合わせていきたいと思います。

皆さんは明日はプールなので、船でご一緒はしませんが、楽しんで頑張ってください!!それではみなさん、今日もありがとうございました。明日もよろしくお願いします☆

 

| | コメント (0)

2024年2月26日 (月)

2024.2.23~25プールフリーダイビング大会in鈴鹿

プールフリーダイビング大会報告

2月24日に開かれる鈴鹿のプールフリーダイビング大会に、生徒さん2名様のデビュー戦と自身の競技をするため、名古屋国際空港から鈴鹿へ向かいました。1日早く前乗りしたい石垣島在住のSさんは、大会会場のプールのメインプールである50mのプールで1日目は練習。水深などが違うのでウェイトの調整は出来ませんが、水温や会場の様子を下見でき、安心して大会に臨めることになりました。一方前日入りの私と東京からお越しのKさんはだいたいの時間を合わせ、白子ストーリアホテルに宿泊。禁煙のお部屋を頼んでいたのですが、全然喫煙だったのでちょっとしんどかったかな。私は到着と同時に予定していた2月29日から始まるディープスペシャリティとアドバンスとレスキューコースのうちのレスキューの学科講習をこなすため即座にパソコンを開き、挨拶もままならぬままリモートで学科が始まりました。約3時間、とにかく詰め詰めスケジュールなので、受講のお二人にも頑張っていただきました。自習も必要になって来ますが、間に合わせましょう。

と、19時になると、大会の運営側からの説明会が始まりました。選手のお二人はしっかり聞いていきます。でも、現場には私がいますから、誘導していきましょうね。どちらも終了したら、栄養を取りに行きます。近くの気になっていた串揚げのお店に入り、ソフトドリンクで乾杯。久しぶりに塩分の含まれているトマトジュース飲んだら、飲み切れなかった。お水もらって緩和。卵かけご飯やお茶漬けも食べ、お腹も膨れました。てきぱきとすぐに出てくるスピード感は良かったですね。お餅なども食べて、明日に備えます。意外とお餅の串揚げ美味しかった。私はお醤油でいただきました。

Line_album_20240225_240225_39 Line_album_20240225_240225_38 Line_album_20240225_240225_40 Line_album_2024225_240226_14 私は学科をしていたので、お風呂がまだ。湯船を予約し、同室のKさんとあったまりました。今日の所は少しだけストレッチして寝て、明日の朝は早くからガッツリストレッチすることにしました。3週間の和歌山プール大会、海外旅行、沖縄エモンズツアーからの2週間しか、リカバリー期間がなかったので、練習は出来ていないしまだ体はがちがちでしたが、石垣島を出発する前にいつもの鍼灸師さんにお願いしてコンディショニングしてもらい、ここで自身のストレッチでようやくリセット出来た感じがありました。ハードスケジュールだったなぁ。(石垣島での2週間の間には事務所店舗の契約と引っ越し、その他やることいっぱい)

Line_album_20240225_240225_36 Line_album_20240225_240225_33 Line_album_20240225_240225_32 Line_album_20240225_240225_35 Line_album_20240225_240225_31 3人でタクシーでプール会場へ向かいます。スポーツの杜鈴鹿の水泳場へ。15分くらいで、4000円くらいで到着。9時には会場入りし、9時10分の受付を待ちます。すると、「みつえさん、久し振りです~」と。ちょうど一年前、奄美のSSIインストラクタートレーニングアップグレード講習でご一緒したAさんが!!気づいていなかった!!初めてのプール大会だそうです。会えて嬉しかった。他にも一緒に来るはずだった仲間がいたのですが、キャンセルになってしまったとのことで、私たち離島組はまず移動のあれこれこなさないとならないので、色々と気持ちが分かります。語り合えて良かったー。

Gopr9757_20240226111701 Gopr9759_20240226111701 今回、デビュー戦のお二人を抱えているので、最初から自分のことは二の次に。というスタンスのつもりで参加しています。3人がばらばらの時間に競技できるように申告をして、私がトップバッター。パートナーをSさんが担当してくれました。石垣島でも何度もパートナーの練習もして、最後に本番のウォーミングアップで詰めていきます。初めてのパートナー役、緊張しますよね、けど、これからもパートナーしてもらいたいから。私や、他のフリーダイバーさんにもいつでもパートナー出来るようにSさんが成長してくれたら、と。願いを込めて。今回の経験は凄く良かったのではないかな。フリーダイビングは一人ではできない、けど、私たちのような離島に住む者には課題があります。だから石垣島在住のSさんと一緒に来れて、嬉しかったな。

私は、精一杯してしまうと負担をかけるので、3分までと決めていました。そして、午後の競技もあるからです。けど、ここは私の課題で、底上げをしていき、STAを頑張っても午後にはダイナミックで本気出してもいいような体作りを今年のテーマにプールトレーニングは進めていこうと思っています。まだまだ発展途中。まだまだ鍛錬することはいっぱいあります。楽しみです。自分の競技が終わったら、今度はすぐにKさんのウォーミングアップ開始。水に浸かりっぱなしになります。去年の京都大会の様にハンガーノックにかからないように、補給ゼリーと水分補給をしっかりと!ここが大事。1時間に1つは補給ゼリーを入れるようにしています。朝は、ほんの少しのバナナと飲み物いっぱい。大会中はほんと、痩せ体質になります。

Gopr9741_20240226111601 Gopr9739_20240226111601 Gopr9752_20240226111601 Gopr9747 Gopr9751_20240226111601 Gopr9744 Gopr9745 Kさんは、もともと新体操選手だっただけあって、選手としても気質たっぷり。ご自身で、競技ルールの中で、こうして行こう、こうしたい、という意思をしっかり決めて表してくれます。気持ちよく息がこらえられるという感覚で、終え、本番。3分34秒と好成績を残せました!!よかった!その後は、ウォーミングアップの始まっているSさんの所へ急ぎ、すり合わせ。寒さなど感じずに3ミリツーピースで正解だったSさんでした。本番も4分45秒と好成績!体質や生活習慣がとてもフリーダイバー向けなので、これからも練習して行けばもっと伸びそう!今回は大分責め責めだったので、最後の最後はもうパートナーの声が届いていない!ということで、上がろうの声掛けや壁に寄せておこうの声掛け、サーフェスプロトコルの声掛け、すごく大事でした。だから、ぎりぎりでホワイト取れた時は、私の方が思わず涙がこぼれました。何が起きているのか良く分かっていなかったのは初参戦のSさんだけだったかもしれないですね。きょとんとしていました。そして、未だに何が起こったか、まだ分かっていないかもしれないですね笑 

Gopr9756_20240226111701 Gopr9747 Gopr9751_20240226111601 とりあえず3人終わり、ジャグジーであったまります。体は凄く冷えています。それでもあと40分もすれば次の競技、ダイナミックが始まります。こちらはコーチの役割はもちろんありますが、STAよりは少なめ。3人でローリングしながら役割を果たしていきます。そういう意識も大事ですね。私は、ウェットスーツを3ミリツーピースから変えて、1.5ミリのワンピースへ。サイズアウト中。きついのが気になりますが、今シーズン用のスーツがもうすぐできてくるはず。それを引っ提げて今年は飛躍したい。

     ダイナミックは調子に任せて、と思っていましたが、ウォーミングアップはウェイト調整くらいにして、ラインを泳ぎながらプールの底と壁の感覚をチェック。どこにどんな印があるかなどを確認して30分前には上がって暖を取ります。この間にもセイフティの皆さんは最終の打ち合わせ。そういうことをしてくれている皆さんがあってこそ、大会が成り立っていて、選手がパフォーマンスに取り組めます。そのうち、ゾーンに入りだして、眠くなってしまいました。これが私には怖くて、以前の京都の時も同じく寝てしまい、血糖値が下がっていることも感じるので、気を取り直していきます。ここで、水分も栄養も入っていないともう取り返しがつかない、だから逆算でオフィシャルトップまでどう持って行くかを緻密に計算しないとならない、それが出来るようになってきて、成功体験が増えていって、より距離や時間に自信が持てるようになっていくけど、今は慎重に記録を伸ばしていっています。今回は111m。気持ちよく泳ぎました。気にしていた大腿四頭筋の疲労も大丈夫でした。ケガもしないで泳げ、本当はもっと泳ぎたかったところを途中で上がりました。ケガして、これから3月にある更なる資格取得に影響を受けたくないという気持ちもあります。この後のお二人のコーチもしっかりやらないといけないという気持ちもあります。今シーズンはこれでプール大会出場は終わり。次に向けて「まだやりたい、もっとやりたい」という気持ちなところで、終わらせておきます。「やりきった」となると、疲れちゃうからモチベーション下がるんですよね。とにかく感じたのは、体か疲労しきっていないこと、栄養や水分の摂取のタイミングは間違っていないなと感じたこと、よくあれだけの疲労から回復させられたなという満足感。1年間筋トレなしでやってみた今シーズン、今年は筋トレとフィットネストレーニングをくわえて臨んでみようと思います。そう、何といっても、4月からお店のスタッフが増えて人手確保できて、トレーニングにも本気出せそうなところがすごくワクワク。プール大会、また楽しみに今シーズンは幕下ろしです。

Line_album_20240225_240225_16 Line_album_20240225_240225_15 Line_album_20240225_240225_14 Line_album_2024225_240226_10 Line_album_2024225_240226_12 Line_album_20240225_240225_13 Line_album_20240225_240225_10 Line_album_20240225_240225_9 Line_album_20240225_240225_11 その後、Kさんがウォーミングアップ始めています。なんと、水着でした。流石東京在住、寒さに強いのかも!ということで、せっかく買いそろえたロブスターは使わずでしたが、Sさんから手作りネックウェイトを借りて、ここでもチームワーク発揮です。休憩時間に少しだけうととうとしたら、凄くすっきりして回復した、との感想も。そうそう、そういうのがすごく大事です。選手として、どんどん成長していますね。そして、結果は75mホワイトでした!サーフェスプロトコルも綺麗!!完璧でした。更なる上を目指して、東京ではプラティパスさんへ通えますし、また今後が楽しみですね。是非特訓チームに入ってみてくださいね。笑

Line_album_20240225_240225_30 Line_album_20240225_240225_29 Line_album_20240225_240225_24 と、Kさん終わると今度はSさんのウォーミングアップ始まっています。ほんと、今回もですが、3人チームになると、休憩なし!!着替える時間なし!!Sさんの注意点は、午前中のSTAで最大限の力を発揮しているので、疲労が残っていること。いつもとは体が違うことです。そのお話をさせてもらって、申告の50mを超えればホワイトなのだということ、あまり無理しないで、とお伝えしていきましたが、ちょっとまだやってみないと理解できないのは普通です。いつもは出来ているから、と。そう、いつもとは違います。結果、サーフェスプロトコルが上手くいかずにREDでした。上がってからのコントロールが出来ていませんでした。やはりきょとんとしているSさんでした。でもでも、100m泳ぎ切り、ちゃんとジャッジのいる方へ上がってサインが出せ、悔しいけど、あとちょっとだった。それに、あがったあと、落ちていかないでなんとかコースロープにキープ出来ていたので大事に至らなくて良かった。

Line_album_20240225_240225_27Line_album_2024225_240226_8 Line_album_2024225_240226_9 Line_album_2024225_240226_7Line_album_2024225_240226_6本当にフリーダイビングは奥が深いです。今回もたくさん学ばせていただきました。経験値さらにアップ!!そんな中、ふつっと湧いて出てきたものがありました。心の奥底に、情熱の火が、、、小さく温めておいたものに追加燃料が足された気分。ディープやりたい熱です。感じていましたが、心の準備が出来たいようです。器材の準備も出来ています。こうやって大会に来るとたくさんのフリーダイバーに出会えて、有効な情報も入手できます。そこも大会参加の魅力です。プールサイドから撤収して選手控室でプロテスト(異議申し立て)を待つ時間、ジャッジのSさんから、「今、西表のジャッジの福井さんから電話があった」と、お声がけいただきました。石垣島でもプール大会を計画しているからです。そんな連携も素敵だなと思いました。私も次のステージに立つんだなというワクワクや不安もありますが、いつもの通り、つき進んで行くんだなと思います。支えてくれるSさんのような人がいるからできます。この後、打ち上げもあるので、プールから出た後は目の前にある温泉に浸かりに行きます。800円でした。シャンプーリンス、洗顔料は持って行くべきだなと思いました。温泉から白子駅までは奄美のAちゃんのレンタカーで送ってもらいました。打ち上げまで時間があったので、素敵なコーヒー屋さんで一服。甘いものもいただきました。お腹が空ているので、コーヒーが出てくるのを待てずにペロリ、でした。大会後はコーヒーを飲むようにしています。けど、その1~2杯だけです。また、ノンカフェインにもどしますが、大会後のご褒美と思っています。だから、とても美味しいコーヒーでした。次の日、名古屋国際空港でも1杯飲みました。それも至福の1杯でした。打ち上げは魚民さんで。フリーダイビングの話で盛り上がり、情報交換でき、楽しい時間でした。

Line_album_2024225_240226_2Line_album_20240225_240225_21Line_album_2024225_240226_3 Line_album_2024225_240226_5Line_album_20240225_240225_23 Line_album_20240225_240225_17 Line_album_20240225_240225_8 今回は、近くの大学の2次試験があるということで、ホテルが満室で、近くに取れず、予てから乗ってみたいと思っていたフェリーで空港へ向かうルートを使ってみようということになり、Kさんは東京へ帰るので名古屋のホテルへ。私とSさんはフェリー乗り場のある津市のホテルへ。津市在住のYさんがホテルまでわざわざ送ってくれました。石垣島からいいものたくさん送りますね!!と約束し、「遠くから来てくれてありがとう」という言葉が心に沁みました。そういう一言がすごく響きます。ホテルには貸切風呂がたくさんあり、一つ借りてみました。もうお風呂済ませてるけど、何度でも入って温まれますね。Sさんと二人、たくさんのことを話し、良い時間になりました。これからも、また一緒に大会に出られる機会があったら嬉しいなと思います。

Line_album_20240225_240225_5 Line_album_20240225_240225_3 Line_album_20240225_240225_6 Line_album_20240225_240225_0 次の日、私は8時のフェリーで空港へ。空港までは45分、ホテルからはタクシーで2分、800円。小雨でしたが、船も揺れることなく、快適でした。Sさんは11時のフェリーで。このルート、最高です。空港の出発ゲートまで行き、売店で買った天むすを頂き、さくさくな空港Wi-Fiを使い写真などを皆さんに共有しました。2泊で短い時間でしたが、充実の経験となりました。毎回、プール大会に参加できる機会を与えてくれる大会運営の皆さん、そして、セイフティの皆さん、ジャッジの皆さん、ありがとうございます。韓国から来てくれたジャッジのジェイデンさんはSSIファミリーでした。そういうこともこれから楽しみです。

石垣島に帰ると、今度は名蔵湾フォーラムがあり、次の日からは講習5日間、その後はフリーダイビングの自身が受ける講習、受け入れの準備や船のこと、宿のこと、そして!難関はやっぱり確定申告!!大変だ大変だ!一つ一つやります。仕事が遅いのには訳がある、、、そう、やること多いから。私には大切なショップと船と家族とお客様がいる、しばらく1か月は石垣島の地に足をしっかり付けてやり抜きますねー!今回もたくさんの皆さん、ありがとうございました!!またお会い出来るのを楽しみにしています☆

Line_album_20240225_240226_2 Line_album_20240225_240226_18 Line_album_20240225_240226_13 Line_album_20240225_240226_11 Line_album_20240225_240226_9 Line_album_20240225_240226_6 石垣島空港へは旦那が迎えに来てくれました。今日は旧16日祭。そのまま旦那の実家へ行って、親族が集まります。その前にばすきなよぉという介護施設へ。方言で「忘れるなよ」という意味なんだそうです。義理のお父さんがいらっしゃるので、旦那のお姉さんと一、義理のお母さんと一緒に会いに行きました。甘味物が好きだってことで、お姉さんが持ってきた東京土産のひよこを2個食べたり、どら焼き食べてたけど半分はお母さんにはいって、くれたり、優しかったです。そんな様子は、涙腺がすぐに緩みました。愛ってこういうことなんだなと。息子のながひろのお習字が小学校の校門にお正月に飾られたことやその写真を見せたら、とても嬉しそうにしてくれました。「見せられて良かったね」って息子にいうと「うん」って。頑張ってきたこと、報告できて良かったです。

何をするにも、何のために頑張っているのかを見失わないで、精一杯生きていきたいと思います。

| | コメント (0)

2024年2月19日 (月)

2024.2.18

Line_album_20240218_240219_1 Line_album_20240218_240219_0 Dsc09890_20240219102101 Dsc09888 今日は、フリーダイビングトレーニングと体験ダイビングのオファーの入った日。半日づつ交代で潜って来ました。昨晩は営業でいらしているSさんは他業者さんとの飲み。本当に頭が下がります。私がプール練習から戻った時はもう帰られていて間に合いませんでした。しっかり寝てもらって回復してからフリーダイビングに!!体験ダイビングのYさんは、宿泊先のホテルからの紹介でご予約いただきました。ご家族でいらしていて、8か月のお子さんと、お嫁さん、ご両親といらしているので半日希望にしたのだと。船も快適ですし、スタッフも増えるので、今度は是非ご家族で船に乗ってもらいたいな、というお話をさせてもらいました。水泳をしていたということで、3回目の体験ダイビング、全く物おじせず、むしろ水が好きでたまらないという印象を受けました。これは、ダイビングデビューするしかないですね!!

Dsc09892_20240219102101 Dsc09891_20240219102101 Dsc09896_20240219102101 Dsc09898_20240219102101 Dsc09903_20240219102101 Dsc09902_20240219102101 Dsc09900_20240219102101 Dsc09897 Dsc09909_20240219102101 都会よりも離島の方が好き、ということで、のんびりしつつも、海の中も楽しめる!石垣島は最高のロケーションです。ご飯が美味しいお店が多いのも特徴。説明はしっかりとさせてもらって、ボートの施設も満喫してもらって、ポイントは名蔵湾のロコロックで潜りました。潜降ロープで潜っていくと、そこはもう竜宮城~☆ユビエダハマサンゴが群生し、水色のデバスズメダイ、黄色のネッタイスズメダイ、灰色で黒点一つのモンツキスズメダイなどが大群で泳いでいます。綺麗です。手元にはヤシャベラが通り過ぎ、クサビベラの楔模様を観察、クロハギ、ミスジリュウキュウスズメダイ幼魚の群れ、フタスジリュウキュウスズメダイの群れ、大きな200歳くらいのコブハマサンゴと一緒に写真を撮り、このサンゴのてっぺんにはクロユリハゼ幼魚が巣穴を作っていてそーっと見ていたら、動画も写真も撮れます。満喫して、時間はあっという間。船に戻っていきます。冬の石垣島の海は特に水が綺麗で、透明度抜群だから写真も超綺麗!!もちろん全部プレゼントです。ご家族にも見せてあげてくださいね!

    Gopr9720 Gopr9724 Gopr9715_20240219102201 Gopr9714 Gopr9712_20240219102201 Gopr9718_20240219102201 Gopr9728_20240219102201 Gopr9713 Gopr9729_20240219102201 Gopr9733 Gopr9734_20240219102301 Gopr9730_20240219102201 Gopr9737 Gopr9732 一度帰ってレンタカーでご家族の元へ。今度はSさんとフリーダイビング。名蔵湾のもう少し奥へ行きます。秘密の根にやって来ました。モエギハゼが深場にいるポイントです。優美なそしてそんなに神経質でもない貴重なハゼです。今度はスクーバでぜひお連れしたいポイントです。少しストレッチもして、解してから、入水。3ミリのツーピースで十分温かく寒さを感じません。水深は昨日と同じで26mくらいにボトムウェイトを設置。Line_album_20240219_240219_6_0Line_album_20240219_240219_4_0Line_album_20240219_240219_1Line_album_20240219_240219_2フリーイマージョンとハングで今日の調子を見て、水面のブイが少しばちゃばちゃするのが気になる、とのことでしたが、だんだん慣れてきました。2本目のフリーイマージョンはとても気持ちよさそう。その後、フリーフォールの練習がしたい、とのことで、ネックウェイトを1キロ足して、浅い所からのフリーフォールの練習。とにかく爆速なので(笑)疲れちゃうのが早く来てしまうから、やっぱり少しゆっくりにするのが良いかと思いました。早さよりもフォーム改善ですね。アームストロークのフォームや、フリーフォールの時の足の角度、両足の開き具合、抵抗がなくいかに落ちられるか、をテーマにこれからも練習頑張ってくださいね!フリーフォールの後は、マウスフィルの練習。マウスフィルは浅い所から作るということでしたので、これからの課題は深いところで作れるよういなることですね。耳抜きは出来ているので、深場で圧がかかっている状態でマウスフィルを作れるようになると口の中に戻してきた空気は密度が大きいほど大深度へ持って行けるので、圧縮された状態の空気を口に持ってくる方が良いわけで、難しいですが、水深20m~25mくらいで作れるといいのではないかと思います。だいぶ専門的ですが、SさんはPADIのマスターフリーダイビングの資格をお持ちです。フリーダイビングに興味のある方は、ぜひ資格の取得をお勧めします。新しい世界に入り込めますよ笑

Line_album_20240219_240219_0_0 ということで、今日も海活は充実です。帰ったらもう昼食難民になりそうな時間なのはいつものことなので通しで夕方まで開けてくれている食堂などはチェック済みです。今日はなかよし食堂へやって来ました。安定のおいしさと提供の速さとコスパの良さで大人気ですが、逆にこの時間だと空いていて、のんびりできます。テレビで流れていたのが大型超豪華クルーズ船の特集番組でした。乗ってみたいですね。私はなかよし食堂の味噌汁定食と生姜焼き定食が大好きです。その他のメニューも美味しいです。ご馳走様でした。

Sさんにはpopo houseでシャワーしてもらい、お友達がお迎えに来てくれるというので、ここでバイバイでしたが、また6月には会えそうなので、楽しみにしています。それに向けてワクワクしながら過ごしていきたいと思います。

今日も皆さんありがとうございました。夕方からは、事務所の荷物移動。毎日ちょっとでも進めていかねば!!です!!4月のプール大会へ向けての準備も頑張ります!お疲れさまでした!!

| | コメント (0)

2024年2月18日 (日)

2024.2.17海洋フリーダイビングトレーニング

Gopr9669 今日はSさんの海洋フリーダイビングトレーニング依頼をお受けしました。風は東風、マンタが現れるかもという期待を胸に大崎へ向かいました。前日の石垣島15選の定例会でWeb広告のプレゼンの為に来島。とてもいいプレゼンをしてくださり、あとは、こちら側が検討会議です。2次会も3次会も付き合ってくれたようで、大変な中、今日はフリーダイビングのトレーニング。頭が下がります。

Line_album_2024217_240217_15 Gopr9698_20240218072001 Gopr9661 Gopr9666 Gopr9686 Gopr9671 Gopr9687_20240218072001 Gopr9667 Gopr9670 Gopr9668 Gopr9675 お天気はすこぶるいいので、ポイントに着いてから30分ほどはストレッチ。解してから水に入ります。水温はダイブコンピュータは左は25度、右は24度を示していて信憑性がないなぁと思いながらも、体は寒さを感じなかったから本当にそんなに温かいのかもしれません。少しプランクトンがいてマンタこないかなーと期待しましたが、マンタは来なくてもサバヒーが来て、イソマグロがボトムウェイトの回りを何度もうろうろしています。水面にはいつもの2匹の子アオウミガメ。とても賑やかでなかなか集中できない素敵なポイントです笑。

Gopr9698_20240218072001 Gopr9689 Gopr9693 Gopr9700_20240218072001 Gopr9695 Gopr9699_20240218072001 Gopr9701 Gopr9697 水深はさほど深くなく25mくらいで始めました。フリーイマージョンで、耳抜きと肺の様子を観察。調子も良さそう。いきなりマスクなしのノーズクリップだったからすごいなと思いました。その後はコンスタントで潜ったり、少しFRCしながらマウスフィルの練習したりされて、気持ち良く潜れたとのことです。コンスタントでの潜り込みがすごく早くて、爆速!!一度ついていってみましたが、相当なスピード!大腿四頭筋に乳酸たまらないのかな、、、まだ、フリーダイビング始めて1年だというから、この先の伸びが楽しみです。

Line_album_2024217_240217_4 Line_album_2024217_240217_13 Line_album_2024217_240217_9 Line_album_2024217_240217_2 Line_album_2024217_240217_10 Line_album_2024217_240217_12 Line_album_2024217_240217_8 休憩は挟まないで、満足するまで潜ってもらい、終了。ちゃんと身体動かしたあとすぐにプロテインを飲んでいるあたりはもうアスリート気質たっぷり。お昼ご飯はあらだやさんへ。忙しい時間帯を少し過ぎているので、いつも犬達を遊ばせながらのんびりさせてもらえています。今日も小雪と金太が仲良くしているところを見られて幸せ。いつもありがとうございます。

明日も午後から海洋フリーダイビング。その後那覇へお帰りになります。フリーダイビングは当日から飛行機に乗れるから良いですね。皆さんギリギリまで海にいる方が多いです。恋しいんでしょうね、良く分かります。ゆっくり休んで、寝不足解消してくださいね!ありがとうございました。

少し休んで、夕方からは海邦スポーツクラブで今度はプールフリーダイビングトレーニング。1週間後に迫った鈴鹿の大会に向け、最終トレーニングです。石垣島在住のSさんが初めて大会に参加します。お互いの調整や競技規則を確認しながら実動に繋げていきます。来週はもう調整期間なので、調整についても話し合い、スケジュールの確認していきます。楽しみましょうね!動画はグーグルフォトでプレゼント。イメージトレーニングに役立ててくださいね。大会となると緊張しますが、いい経験、勉強になりますね。

Line_album_2024217_240217_18 Line_album_2024217_240217_16 その後、午前中のSさんと、同業のAさんが飲んでいるというので呼ばれて隠れ家のようなバーへ向かいました。石垣島にこんな素敵な空間があるのか、と思うバーです。フリーダイバーとしてはたばこの煙がきついのですが、美味しい海鮮ピザを頂きました。家に帰ってからも旦那が作ってくれていた夕飯食べて、シャワーして、ブログは途中まで書いて本日は終了。明日も海です。

今日もフル回転で活動しました。関わってくださったみなさん、ありがとうございました。明日もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2024年2月16日 (金)

2024.2.15

今日もいいお天気!明日からは北風に変わるようです。ですが今日はまだまだ南風。半袖でも汗ばむほどで、陸の上と水中で着るものを変えていかないとっていうような気候になっています。そんな中、今日もNさんの貸し切り。お供の白いモフモフは小雪です。昨日は地形でしたので、今日は砂地を楽しもうということになって、やって来たのは竹富南エリアです。ポイントは、裏じゃがいもの根!ほんのり流れが出るのが特徴のこのエリア、透明度はスコーンと抜けていて気持ちがいい。集合に少し時間がかかったけど、たくさん色んな事を勉強しながらもファンダイビングしていきます。出会えたのは、ミスジリュウキュウスズメダイの群れ、フタスジリュウキュウスズメダイの群れ、これは凄い数で圧巻です。じっくり砂地の上の藻場を何かいないか探しながらのんびりと。他にも、サラサハゼやニセクロスジギンポが穴から顔出しているシーンなどに会いながら、じゃがいもの中心である浅瀬の根に戻ってくると、流れに逆らうように固まって泳いでいるヨスジフエダイの群れは全然逃げなくてとても撮りやすい。ライトが当たる距離まで近づいてじっくりと撮影出来、とても綺麗な黄色を表現できました。楽しいですね。

上がってからもダイビングのレックチャーは続きます。上手になりたい!というNさんの希望を真摯に受け止め、手助けして潜るのではなく、ご自身がスムーズにダイビングできるようになるよう、色々と伝授していきます。頑張れ!Nさん!!

そして、ゆっくり体も休んだ後は2本目、ビタローの根にやって来ました。ここにもたくさんのビタロー(方言)本名ヨスジフエダイが群れています。360度カメラで撮影した後は砂地をメインの根に向かって進むと、たくさんのチンアナゴ、グルクン稚魚の群れ、透明なスカシテンジクダイの大群は、たくさんの生物の餌となる為、賑やかになっています。オビイシヨウジや、オシャレカクレエビ、オトヒメエビ、ハマクマノミ、ウルトラマンホヤなどに会ってきました。スカシテンジクダイを久しぶりに見た、というNさん。沢山いて綺麗で良かったですね。

ランチは遅くなりますが、また帰っていただくことに。今日は、オシャレなカレー屋さんトラベラーズカフェ朔さんへ。バターチキンカレーとチキンカレーを頂きました。やはりちゃんと味が違います。どちらも美味しかったです。デザートも楽しみ、ライス大盛りも嬉しかったです。また通うためにスタンプカードも大事にもらってきました。

その足で、今日の本題、街中に店舗を借りる!!ために不動産屋さんに契約するために向かいます。無事に契約して鍵をもらい、棚などリサイクルショップにないか見に行くと、良いものがいっぱいあって、格安でゲット。Nさんは引っ越してきた時用の冷蔵庫を早速購入。ホームセンターのメイクマンにも行って作業台にするデスクを買ったり、あそこに行くとこれが売っている、ここに行くと何がある、と生活圏内観光。買ったものは次の日も大きな車に乗り換えて何度かピストンすることにしました。

観音堂のショップが一度すっきりして整頓され、作業効率が上がることにワクワク。新メンバーでの生活にワクワク。荷物の移転や掃除やら大変だけど、楽しい作業です。今回はお天気のも恵まれたし、本当に良かったですね。引っ越してくるまで、頑張りますので、待っていますね!!気温の差がある大阪で風邪ひかないように気を付けてくださいね。ありがとうございました!!

| | コメント (0)

2024年2月14日 (水)

2024.2.14

Line_album_20240214_240214_16 Line_album_20240214_240214_18 Line_album_20240214_240214_17 Dsc09807 Dsc09808 Dsc09809_20240215071101 Dsc09823_20240215071101 Dsc09813_20240215071101 Dsc09810 Dsc09822 Dsc09822 今日は、南風でピーカン!こんなに夏日になる2月があるなんて信じられないくらいいいお天気です。昨日から大阪からいらしているNさんと、今日はマンツーマンで潜ります。昨日は、夕方早めにストックホルム在住の東大生SくんのNAUIスクーバダイバー講習学科2日目を終わらせ、その足でNさんのショップに届いている荷物を持ってpopo houseにお迎え後、打ち合わせを兼ねて夕飯に。二人とも飲まないので車で行けるちょっと離れたところ、を目指してみたところ、てぃんがーらさんが目に留まり、かねひで(地元のスーパー)に駐車して小さなバルを頂きに。お腹が空いていたのでたくさん頼みすぎましたが、きっとワインとともに、だったらもっと美味しいんだろうなぁと感じました。それでも島レモンのレモネードはとても美味しかった~。レモンの木を育ててみたいなとここのところよく思います。さて、何のミーティングをしているかというと、街中の良いところに店舗を構えるお話です。観音堂のショップは物理的に少し距離があり、皆さんが泊まっているところからでも歩いてこれるような距離で事務所を構えられることになりました。店舗として、可愛い商品もたくさん置きます。その商品を作る人がNさん、ということです。うちの方でもスポーツアロママッサージを再開しますし、Nさんもネイルを施すなど、たくさんのゆめが詰まっています。15日に契約。楽しみにしていてください。というご報告。下見にいらしたNさん、今日は2本、明日の2本潜って、余った時間で移住計画を進めに石垣島にいらした、ということになります。それが、すごく良いお天気で大当たりでした。

Dsc09857_20240215071301 Gopr9644 Dsc09856 Dsc09848 Gopr9655 Gopr9651 Gopr9645_20240215071301 風は南風で風速1~2m。笑顔しか出ません。今日のNさんのリクエストは、太陽が出ているから地形!!ということで、やって来たのは、オープンハートです。久しぶりにドライスーツを着ることにしたNさん、色々と取り扱いを忘れている部分もあり、なかなか潜ってこないなぁと思ったら、ドライではなくBCの空気を抜くのを忘れていた、とか、インフレーターホースをマジックテープで停め忘れていてインフレーターホースが探せない、とか、凡ミス続き。はい、頑張って!!!!笑笑 なんでも私がサポートしてしまうのを辞めることにしました。成長してもらって、もっと一緒に海外も行ったりドリフトしたり、スムーズに出来るように今年はNさんを鍛えたいと思います笑。良かったですね。笑

P2140416 P2140401 P2140411 P2140413Dsc09822Dsc09818Dsc09812_20240215071101Dsc09843_20240215071101Gopr9648Dsc09837Dsc09815_20240215071101Dsc09835    冬の石垣島は本当に透明度が良くてクリアで大好きですが、そこにこの太陽さんさん、べた凪、ともなると、最高です。爽快感が半端ありませんでした。出会えたのは、サンゴアイゴのペア、シコクスズメダイの群れ、アサドスズメダイの群れ、ハナゴイの群れ、セナキルリスズメダイいっぱい、イラブウミヘビ、ミナミハタンポの群れ、コクテンフグ、グルクンのクリーニングシーン、などなどでした。水面がべた凪なので、水底から見上げると綺麗な心丸Ⅱがくっきり見えてそれはそれはテンションが上がりました。

Dsc09847 Dsc09845 Gopr9652_20240215071301 Gopr9653 おしゃべりしたり、持って来て下さったお土産とコーヒーやレモンティを頂いて休んだら、2本目の地形ポイントは御神崎灯台下へやって来ました。Nさんはこんなに近くに灯台がある時がなかったから初めてのポイントだ、と仰っていましたが、私は何度か連れてきたことがあるんじゃないかな、と思っていました。だって、石垣島に年間何回通ってくださっていることか。ここは竪穴の地形になります。出会えたのは、カクレクマノミ、クマノミの大家族、イッテンチョウチョウウオ、グルクマの群れ、アカツメサンゴヤドカリ、シマウミヘビ、竪穴やバラスのクレパスには太陽光が降り注ぎ、壮大で、とても美しくて感動しました。今日は地形リクエストで正解でしたね。

Line_album_20240214_240214_12 今日は、お昼ご飯は帰ってあらだ屋さんでいただくことになっているので、帰ります。お店が閉まってしまう前に、と、急いで伺いました。ギリギリのところで、まだ開いていて、日本スピッツゆきの長男の金太が元気にお立ち台に立っていました。飼い主で店主の素子さん曰く、歌舞伎町のホストの装いにしているのだとか。可愛すぎるし、本当にかわいがってもらっています。ここでは、Nさんが今後やりたい作品の一つ、レジンでのノウハウ色々をたくさん教えてもらってしばらくの時間滞在させてもらいました。ありがとうございました。その後、Nさんが借りることになっている空き家を訪ね、本人が目で確認。大満足の様で良かったです。兄弟犬達遊ばせるのがとても楽しみですね。

Line_album_20240214_240214_8_20240215071401 Line_album_20240214_240214_2 Line_album_20240214_240214_3_20240215071401 Line_album_20240214_240214_7_20240215071301 Line_album_20240214_240214_14 Line_album_20240214_240214_9 そうそう、のんびりしている場合ではありませんでした。夕方18時からは海邦スポーツクラブさんでプールトレーニングです。4月に大会を計画していて昨晩は申請書の作成で根詰めました。その書類がメールできなくて、仕方なくパソコン持って行って、フロントでWi-Fi借りてまだエラーが出るので、アプリを変えてみました。それでようやく遅れたのですが、プールに肝心なフィンを忘れてしまったので、今日の生徒さんのSさんに先にストレッチルームでストレッチしていてもらっている間に取りに帰りました。戻ったストレッチルームにユーグレナがたくさん発生しているのがとても不思議でした。今年特有なのかもしれません。マットは敷いているので問題ありませんがユーグレナに囲まれながらストレッチ。あっという間に19時になり、プールトレ開始。この二人は近々行われる鈴鹿でのプールフリーダイビング大会に参加するため、調整とすり合わせとトレーニングです。スタティックのルールを確認したり、手順をすり合わせたり、ダイナミックでインターバルトレーニングしたりして、フォーム確認などを行っていきました。大会楽しみですね!

明日はまたまたお天気そ誘う。明日も貸し切りだけど、Nさん宜しくお願いします。今日も、皆さん、ありがとうございました~☆See you!

 

| | コメント (0)

エモンズツアー2024

去年に引き続き

| | コメント (0)

コスタリカ

2024.1.26〜2.3コスタリカツアー
コロナ明け、ようやく胸を張って海外へ行けるようになり、勉強のため、今年はコスタリカへたくさんの野生生物に会いに行くフォトツアーに参加。水中写真家越智隆治さんのツアーに参加させてもらいました。4年に一度の勉強ツアー参加は、私のツアーにも多大な影響を与えます。

 

ツアーのスタートは、中米コスタリカの玄関口、サンホセから始まります。皆さんの到着に合わせ、逆算して私は格安航空券を自分で手配しました。今回はエクスペディアを使いましたが、使いやすいのと本当に安い。成田からロスアンジェルス、からヒューストン、からサンホセ、と、乗り継ぎの旅に8時間以上のトランジット待機時間がありますが、空港内を網羅したりするには私には特別楽しい時間です。飛行機搭乗はロスまで9時間半、あとの乗り継ぎは大体3時間半づつくらい。たくさんの課題を抱えながら出発しましたので、飛行機の中は机上と一緒。猛勉強しました。パソコンやタブレットと睨めっこ、LINEも電話も来ない、犬や子供もいない、家事もしなくていい、船のことも海況のことも今は考えなくていい、本当に集中できました。私には時々こういう時間が必要だな、と感じました。
ようやく一つの課題がまとまったのはロスアンジェルスの空港内、トランジット中米でした。よし、少しは旅も楽しもう、と思い、レストランに入ってタンドリーチキンなるものを頼んだら、チキンの唐揚げなんですね。フライドポテトと、クラフトビールは想像以上にビッグサイズ。さすがアメリカ。よく考えるとハワイアン以外はアメリカに上陸するのは初でした。何もかもが規模が大きいので、空港内の装飾や、各お店のコーディネートが壮大でスケールが大きい!素敵でした。いつか、こんなバーで一杯飲んで休んでは次へと言うような生き方ができるようになりたいなと思いました。今はまだまだ未熟です。でもまだこれからだな。こう言う世界を知っていて目指して行けば数十年後にはそんなおばあちゃんになれてるはず。笑

 

ロスの空港を堪能して、出発ゲートで数時間眠れました。トランジット長いことを計算していたので、たためば枕になる毛布やネックピローなどは必須です。床に寝ることはないけど、ベンチがあれば十分でした。海外は床に寝てる人も多々いますね。

 

Img_20240131_174501_086 Img_20240128_142512_024 Img_20240128_142028_568   ロスでのトランジット、まずは成功してヒューストンに到着すると、真夜中です。人気がなく、空港併設のマリオットホテルがあり、次に来るならそこに宿泊だな、と思いました。空港ターミナルが沢山あり、出発ゲートはEでしたが、工事中のため、ALL passenger、Dでで荷物検査と書いてありましたが、人がいないので気づかず、地下鉄のようなターミナル間の連結トレインに乗りましたが、始発までベンチで寝て待ちました。真夜中でも電気が煌々と付けられていて音楽が流れ、時折アナウンスが定期的にあって気が利いているなと思いました。せっかく地下鉄に乗りましたが、結局到着したDターミナルへ戻ってきて、手荷物検査を済ませ、出発ゲートへ。いい匂いがしてきてようやく売店にも人が来て暖かいものが売りに出ています。エッグマフィンやホットドッグを買い、食べようとしたら1本と言ったのが2本入ってたり、あぁ、アメリカだな、と思いました。販売員の手元見ておかないと、もう一個どう?の文言に気づかないと加算されてしまう、あるあるですね。なんだか高いと思ったのはそのせいでした。ちゃんと持ち帰りにします。

 

まだまだ時間があったので、今度はまた違う課題を始めました。パソコン広げて、Wi-Fiはよく繋がり、仕事が捗ります。日本の皆さんへの連絡も取りやすく、何の不便もありません。同級生からのLINE電話がかかって来て、久しぶりに人と会話できて楽しかった笑。
その後ヒューストンで合流予定だった今回のツアーメンバーさんにお会いでき、ホッとして、同じ便で滞りなく予定のフライトでサンホセへ飛びました。ここでは、モニターを使ってみようとディズニーのホーンテッドマンション吹き替え版を再生。なかなか良いストーリーでスッキリしました。

 

Gopr9523_20240226125901 Gopr9522 サンホセ空港では入国審査に長蛇の列。もうここは南国。ヒューストンは気温11度と寒い時間は寒かったので着込んでいましたが、この列に並びながら一枚一枚脱いでいく感じ。履き物ももう暑くてスノーブーツなんて履いていられません。うれしい悲鳴。笑笑 審査は割と簡単で泊まるとこどこ?とか、何しに来たの?とか。そう言えばヒューストンで黄色いサングラスをgood sunglass!!と褒められたのは嬉しかったな。お迎えのドライバーもすぐに見つかり、ホテルは目の前なのですぐで、マリオットホテルはとても快適ホテルでした。ただ、楽しみにしていたシャワーでコンディショナーが底をついていたのは残念。結局まだ髪は潤わずキシキシしてました。少し休んでご飯は目の前のレストラン街へ。3店舗ほどが入っていて今回はステーキでもなく、地元料理でもなく、メキシカンを選び、みなさんとシェアしたくらいの量がちょうどよく、3人で2皿を頂きました。その後はスーパーで買い出しして10時間爆睡!お買い物は旅の最初に済ますタイプなので、ドンホリオ(テキーラ)を見つけ、迷うことなくゲット!何かのお祝いでみんなで楽しく飲みたいと思います。大事に持って帰らなきゃ。たくさん寝て、体力回復!!

 

Dsc00170_20240226125901 Dsc09343 Dsc09353 朝食はバイキングで海外らしく、自分で焼くワッフルメーカーを楽しんでみたり、辞めていたコーヒーをこの旅行は飲んでもいいことにして笑笑というのは、コスタリカのコーヒーは美味しいらしいので楽しみます。本当に飲みやすくて美味しいです。荷物まとめたら、ツアーの主催者越智さんともう1人の参加者のWさんと合流でした。8:00にはホテルを出発し、5時間陸路を移動します。持ってきた枕になる毛布はとても重宝して、寝ながら楽にドライブ。標高の高い空港(900m)から海抜まで降りてくると暑くなるのがわかりました。サンホセは夜は気温が19度くらいだったので涼しく感じましたが、山から降りてくるともう暑い暑い。

 

Dsc00151_20240226125901 Img_0974 Dsc09534 Dsc09427 Dsc09428_20240226125901 Dsc09429_20240226125901 Gopr9523_20240226125901 Dsc09355 今日は移動だけの日なので、ランチに寄ったレストランで乾杯したり、宿泊先の家に到着してからも乾杯したりして、明日からの海に期待を膨らませます。モブラがシャチに捕食されているシーンや、イルカとツナの群れ、ザトウクジラの映像など、みなさんの最高級カメラで撮られた映像を見せてもらいながら、凄いなぁと思いました。ロケーションも、お持ちのカメラも凄い!5年後までには私もそんなふうになっていたいな、と目標の一つに入れたいと思います。この日もたくさん寝て、寝溜めです!

 

Dsc00390_20240226125801 Dsc00372_20240226125801 Dsc00366 Dsc00397_20240226125801 Dsc00432 Dsc00388_20240226125801 Dsc00390_20240226125801 朝は早朝5時から朝食で、5:30に出発してボートで運河を降り、海を目指します。運河は45分で降りて沖に出るときに少し波が立ちますがキャプテンの上手な操船技術はリスペクト!沖に出るとこの季節はほとんど凪で時折うねりが出てくる時もありつつも安定していました。野生生物を探して沖へ沖へ。どんどん陸地は見えなくなり、一つある大きな島も見えなくなっていきます。大体2時間くらいは探してボートを走らせ、特殊な双眼鏡で何かが見つかるとリフレッシュに入ってみたりピータイムだったり。
Dsc09428_20240226125901 Dsc09442 Dsc09429_20240226125901 Dsc09355 Dsc00170_20240226125901 Dsc09343 Dsc09353 良い映像を撮ろうと思うとそれはやはり修行です。何かを見つけて海に入ったらとにかく猛ダッシュ。私はミラーレスの一眼と360度カメラとゴープロとTG6をいつものように持参。ライトやストロボは要らないのでこの後のエモンズツアーの為に那覇へ送ってあります。良い写真や動画も撮れました。ボートの上から望遠レンズで狙うシーンもありました。楽しすぎますが、もっと良い映像、もっと良い映像、と、欲が出てきて尽きないのが野生生物撮影の宿命ですね。楽しかったです。
Dsc00216_20240226125801 Dsc09526 Dsc00213 Gopr9576_20240226125801 Dsc09471_20240226125801 Gopr9574_20240226125801 Dsc09428 Dsc09429 このスケジュール感で5日間、海へ出て、運河でワニが死んでいてそれを啄んでいるコンドルが順番待ちしているシーンや、ザトウグジラの親子、水中を泳いでいるモブラ、アカウミガメ、ウミヘビ、マヒマヒの群れ、ミズナギトリ、カツオドリ、モンガラっぽい種類の魚の大群に押し寄せられたり、マツダイ3匹のうち1匹をゲットして夕飯に出してくれたり、庭にはイグアナが来たりリスが来たり、本当に野生生物まみれで夢のような1週間となりました。最後の1日は延泊してランドツアーを申し込み、それはみんなで参加、スケジュールを合わせました。いつもの運河を降りて行って沖に出たら左に出てそこからまた1時間ほど走らせ、もうとにかく船に乗ってる時間が長くて沢山の港やビーチに寄り道して乗船客を乗せ、国立公園に到着。チームに分かれてガイドさんがついて説明してくれたり、探してくれたりしてツアーが始まりました。道路が通じていないこの国は船での移動の方がメインになるようでした。ビーチにバックで船外機を上げながら寄せて行って人力で押してまた出航するやり方は若い男子が船長している理由の一つで納得でした。ここでは、スパイダーモンキーや、黒ブタ、メジロみたいな可愛い小鳥や、サギのような鳥、寝ていたバク、蟻の軍隊や、黄緑の綺麗な蛇がカエルの足を咥えて離さず格闘しているシーンは長かった!1番会いたかったナマケモノには会えず、また次回のお楽しみとなりました。お昼ご飯は沢山汗をかいたのでマンゴージュース3杯をあっという間に飲み干し、ようやく潤いました。バイキング形式で美味しいランチでした。帰りもまたボートで同じ旅程で帰ります。帰ってお腹を壊して調子悪かった越智さんも治っていてみんなで夕飯。元気になったのを確認して次の日出発できて良かったです。また空港までは5時間の陸路をジャンボタクシーで走らせ、面白かったのは長い道なり見ていたら、動物注意の表札があるのですがいろんな動物が出てくること。今度この道を行く時は暇もあるので望遠レンズでその標識を撮りながらってのも面白いな、酔わなければねと思いました。
Dsc00170_20240226142101 Dsc00172_20240226142101 Dsc00290_20240226142101 Dsc00171_20240226142101 Dsc00169_20240226142101 Dsc00294_20240226142101 Dsc00449 サンホセ空港では皆さんと解散。私は預け荷物料金が付いているはずなのにないと言われ払わされ、日本に帰ってからエクスペディアに電話連絡して返金してもらうことにしました。領収書をくださいと言ったらホッとして様子のチェックインカウンターの受付の方でした。
ここからは、私は帰らず寄り道していきます。娘の心の住むシアトルへシカゴ経由で行きますが、シカゴでのトランジットがこれまた長くて、14時間!!なので、ソファーで寝られるよう、毛布と枕と敷布団になる長いチョッキ型の衣服を敷いて快適に眠れました。荷物を預けてしまえは身軽だけど、この布団セットを持っていたので重かったけど持っていないと眠れませんでした。空港内の絨毯の敷かれた床を掃除する掃除機のおじさんの音が近くてうるさくてわざとかな?と思うくらいでしたが、それがなければ超快適だったかな。寝始めた時はほとんどの人がいなかったのに、起きて気づけば人が増えていてわさわさし始めていました。
今回の旅で1番長いトランジットが終わり、いよいよシアトルへ。それはもう、感極まって胸が熱くなります。シカゴからは5時間でシアトルです。
Img_1552 空港に着くと、大きな飛行機のオブジェ、長いエスカレーター、荷物を取りに行ってお互いの位置がわかるアイシェアリングを見ながら待ちます。そしたら、会えた!まだお付き合いしたばかりの彼氏も一緒に迎えに来てくれました。2人とも号泣。涙を拭いてあげたタオルが臭いって笑笑。笑いながら号泣しました。久しぶりに会った娘は痩せていて綺麗になっていました。食事は苦労しているのかもしれない感じでした。
この日は日曜日だったので、ウーバーで大型タクシーを呼んで一旦大量の荷物を学校の寮に置きに行って、そこには彼氏の友達も荷物運ぶのを手伝いに来てくれていました。とても優しいみんなです。心と2人でシアトルの街へ出て観光と買い物。この日は普段は雨がしとしとしていることの多いというシアトルでは珍しく晴天で、夕方のマジックアワーは格別なものでした。観光名所の世界一汚い壁には、ガムがくっつけられていて気持ち悪い!海沿いまで降りて行ったり、マーケットを歩いたり、楽しい時間。夕飯には彼氏も来てくれることになり、3人で中華の豚しゃぶの火鍋のお店へ。いつも来るお気に入りのお店なんだそうです。とても美味しくて沢山食べて、辛いものと飲み放題の甘いレモンジュースがマッチして、英語での会話も頑張って彼氏ともコミュニケーション取りました。とても好青年で、私が来るから、と、髪を短くし黒く染めてちゃんとしてくれるところも嬉しく、2人の仲の良さそうなところも微笑ましく、本当に幸せな時間でした。シアトルの街中はちょっと治安が悪く、大麻など薬の売買や火を焚いてる人や、変な人いっぱいで1人で歩かないで、と、本当に注意してもらいたいと思いました。彼氏にもちゃんと守ってもらいたいです。さて、台湾経由沖縄に入り、ここからはエモンズツアーです!

| | コメント (0)

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »