« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月24日 (水)

2024.1.18

S__1728592 Dsc09333 Dsc09340_20240126100301 1月18日は、帰る予定だったYさんがもう少し石垣島に残ることにして、一緒にダイビング!お二人を海へお連れします。風はこの時期には珍しく南東。穏やかです。南寄りの風が吹くと一気に気温が上昇し、気温23度、水温23度と、冬なのに夢のような温かさです。太陽も出て、ダイビング日和となりました。南東なので、石垣島を北上して行こうと思います。

S__72933381 Gopr9508_20240126100301 Gopr9509 Dsc09336 Dsc09335 Gopr9510_20240126100301 P1180168 P1180187 P1180192 Gopr9511_20240126100401 Dsc09337 P1180173 P1180196 1本目は、オープンハートまでやって来ました。アーチを潜り抜けるコースが楽しめるポイントなのですが、私はまだ一度も見上げた穴がheartに見えたことない。けど、今日は、初めて何となくheartに見え、写真も撮ってきました。少し心が綺麗になったのかしら。笑 流れはほんの少ししかなく、透明度も良く、気持ちのいい水中です。出会えたのは、アサドスズメダイたくさん、セナキルリスズメダイたくさん、イロブダイ幼魚、ミナミハタンポの群れ、ウミウシの仲間、アオギハゼ、ツバメタナバタウオ、ハナグロチョウチョウウオ、メガネゴンベ、アカツメサンゴヤドカリ、ネズッポの仲間(多分ミヤケテグリ)幼魚、などなどでした。地形もマクロも楽しめましたね。

S__72933385 P1180202 P1180181 P1180201 P1180231 Gopr9513_20240126100401 Gopr9520_20240126100301 Gopr9510_20240126100301 Dsc09342 2本目、リクエスト頂いていて、お目当てのマンタシティポイントへ。ここへ来ると、5隻停泊していましたが、ちょうど出る準備をしていて、待つことなく入れました。みんなが来ているんだから、マンタはいるかな?と期待して潜り始めました。ですが、マンタはいなかった!ホバリングはしておらず、ずっと待ち、マクロで遊んだりしていると、ホバリングはしないけどするーっと私たちの頭上を通って行った若いマンタがいました。来てくれてありがと~。他にも、出会えたのは、インドカエルウオ、ムカデミノウミウシ、イシガキカエルウオ、ハナゴイの群れ、イッセンタカサゴの群れ、ユメウメイロの群れ、イスズミ、アワハダキモガニ、ヤミスズキ若魚、ヤマブキベラ幼魚などなどでした。

お昼ご飯は、このポイントでは食べられないので、お隣のマンタシティポイントへ。ここでのんびりランチです。今日は、豚汁&じゅーしーご飯をご用意しました。じゅーしーご飯を大容量のバッテリーで炊いてみたい、というのが今日のテーマで、もし炊けなかったらカセットコンロがあるし、ということで、試してみました。ポイントに着いて、1本目潜り始める前にスイッチオン。さて、出来はどうかな?見てみると、ちゃんと保温になっていて、2本目潜り始める時でもいいかなって感じでした。使用する容量は、30%ほど。なので、他にも使うにしても余裕でした。これからは米を炊くのは圧力なべってことにしたいと思います。1時間10分で炊けます。ほくほくであったかくて美味しいじゅーしーご飯になりました。豚汁には、東京のTさんが「さといもじゃない方が良いんだよね~」とのことだったので、カボチャで代用してみましたが、、、やっぱり里芋の方が良いかもって結論に達しました。豚汁にはサトイモです!!笑

S__72933386 P1180239 P1180244 P1180234 P1180181 P1180231 P1180228 3本目、先ほど少ししかマンタに会えていないので、また会えたらいいなと思ってマンタスクランブルへやって来ました。マンタがいなくても楽しいポイントで、地形も面白いのですが、3本目なので、深い方には行かずに棚の上で遊んでいきました。すると、マンタがホバリングする東の根になんと!普段見かけない生物いる!と思ってよく見たら、ブラックフィンバラクーダ!!老魚が1匹、どどーんと横たわっていました。少し神経質そうな感じがあって、遠くからそーっと近づいていきました。こういうときは、ガイドの前に出ないようにしてくださいね!その方が長く観察できたり、近づけたりします。それでも、ちゃんと動画も撮れて、ばっちり写真にも納めることが出来ました。良かったですね。他にも、オオアカホシサンゴガニ、ハナゴイの群れ、イッテンチョウチョウウオ、クマノミ、カクレクマノミ、ヤリカタギ、アケボノチョウチョウウオ、、セグロチョウチョウウオ、イッセンタカサゴの群れ、ホソカマスなどに会えました。ホソカマスはバラクーダと最初は一緒にいました。やはり、ホバリングの根は、潮当たりの良い、魚たちが好む環境なんだなと、改めて思いました。マンタ以外にもこんな出会いがあるなんて、このポイントのポテンシャルの高さを感じました。楽しかったですね。

S__72933391 S__72933389 S__1728609 S__1728600 S__72933392 Jさんは、富山の方で、ご自宅も災害にあわれていて、大変なんだそうです。帰ったら、修繕でしばらくは遊びに来れない、と仰っていました。こちらから駆けつけても迷惑になるだけなので、早い復興をお祈りしつつ、また石垣島に遊びに来てくださるのを楽しみに待っていますね。Yさんも、今回は長い石垣島滞在、ありがとうございました。色々お話も出来て良かったです。連れて来てくれたちゅらちゃん、可愛かったなぁ。小雪が少し自分が大きいからってえばっていましたが、ママの上に乗っかって避難している様がなんとも♡。また会いたいな。これからも、ダイビング業界、一緒に盛り上げていきましょうね!お二人とも、お疲れさまでした。ありがとうございました。

 

| | コメント (0)

2024年1月18日 (木)

2024.1.17

Dsc09315 Dsc09316 Dsc09312_20240118015601 Dsc09299 Dsc09301 Dsc09302_20240118015801 Dsc09306 Dsc09318 P1170065 P1170052 P1170038 Dsc09310 P1170044 P1170055 P1170058 P1170061 今日はいつものJさんと、お久しぶりのYさんのお二人がスクーバダイビングにいらしてくださいました。お迎えに行くと、、、一向に降りてこないYさんをピンポンして起こして、準備できるまで待って、Jさんとは最近の話や地震や津波の影響などの話で、時間が過ぎていきました。日本海側は大変なことになっています。家に被害があったJさんは飛行機を取っていたから今回は着たものの、しばらく来れなくなるかも、とのことでした。心配ですし、そして、少し寂しい気持ちにもなりますが、行ってお手伝いできることはないとのことなので、落ち着いてまたダイビングを楽しんでもらえる日が早めに帰ってくると良いなと思いました。今回は、その分、たくさん楽しんでもらいたいです。そうこうしている内にYさんも降りてきました。よかった、よかった。

揃ったので、出航です。今日の風は穏やかに東南東が吹いています。色々なリクエストもらっていましたが、今日は大崎へ向かうことにしました。やって来たのは、カメハウスとミノカサゴの宮殿のちょうど間。どちらにも行けるポイントに停泊。ブリーフィングではミノカサゴの宮殿へ向かう予定でしたが、浅瀬にアオウミガメが大きなコバンザメ背負って舞い降りてきたので、急遽コースを反対コースへ変更。全く動じない肝の座ったアオウミガメでした。上手に撮影させてくれましたね。他にも、コブシメのメス、キンギョハナダイ、ハタタテシノビハゼのペアとテッポウエビ、ハナゴンべの幼魚、クロシオイロウミウシ、バサラカクレエビ、クマノミ、ユメウメイロの群れ、グルクンの群れ、カスミアジの群れ、マルスズメダイの群れなどに会ってのんびり楽しんできました。

P1170097P1170105Dsc092982本目は、コースを変えてミノカサゴの宮殿で潜ります。「ミノカサゴいる?」という質問には、「Yes!」ハナミノカサゴ、キンギョハナダイの求愛行動、ヤマブキスズメダイ成魚と幼魚、エンマゴチ、スミレヤッコ、スミツキベラ幼魚、ミゾレウミウシ、アオウミガメとコバンザメ(さっきと違う子)、ハナゴイの群れ、ヤッコエイ、ソリハシコモンエビいっぱい、ベンテンコモンエビ1匹などなどでした。あぁ、楽しかったですね。

S__1703976 S__1703975 S__1703975 S__1703976   お昼ご飯は、今日は、あんかけかた焼きそばをご用意しました。豚肉がなんだかすごく甘く感じました。皆さんが持って来てくれたお煎餅やプリンもおやつに美味しくいただきました。いつもありがとうございます。

Dsc09323_20240118015801    P1170152 P1170123 P1170138 P1170148 P1170156 P1170112 P1170123 P1170121 P1170141  P1170128 P1170130 P1170095 P1170092   そして、3本目、オオハマサンゴの根にやって来ました。ここは生物が豊富過ぎる!!チンアナゴ、ハナヒゲウツボ幼魚、アカククリ、クマノミ、モンツキアカヒメジ若魚、大きなツムブリの群れ、スカシテンジクダイの群れ、ハダカハオコゼのピンクと白、ニセゴイシウツボ、ノコギリダイとアカヒメジの群れ、コナユキツバメガイ、ミゾレウミウシなどなどに会えました。ハダカハオコゼのピンクは本当に綺麗でしたね。

お天気も良く、水温は23℃だけど、気温も最高気温23度で、暑すぎて半袖です。笑 内地はみんな寒いって言ってるのになぁ。だから水中もキラキラでした~。

S__1720328 S__1720330 夕方18時からは、海邦スポーツクラブでプールフリーダイビングトレーニングです。今日はKさんとSさんが参加でした。少し期間が空いてしまうと、色々忘れちゃうのと、ウェイト調整からになるので、本当はあまり空けずに来てもらえるのが一番いいですが、お二人とも、予約申し込んだけども不安いっぱいで、「やっぱり今日辞めます」って連絡に、ぴしゃりと「来た方が良い」と、推し、参加したお二人は凄くすっきりしたようで、モヤモヤが晴れていたようでした。そうなんです。スポーツって凄いからね!体もすっきりするけど、同時に心もすっきりするんだよね。4月に身内のプール大会やろうかって話になっていて、もうみんなノリノリでした。やる事はいっぱいあるけど、寝ないで頑張る!!寝なければできる!!笑 そう、寝ても良いけど時間があればできる!時間作るためには寝る時間を割くしかない、という訳です。

家に帰ったら、お友達ガイドさんがNAUIの教科書持って来てくれてた。私のより少し新しい。私のよりは断然いい。笑 みんなに感謝です。今日もたくさんの皆さん、関わってくださったみなさん、ありがとうございました。明日もお天気になーれ!

 

| | コメント (0)

2024年1月16日 (火)

2024.1.13

Line_album_20240113_240114_28 Line_album_20240113_240114_27 Line_album_20240113_240114_23 Line_album_20240113_240114_24 今日はAさんとマンツーマンでのんびり。風は昨日よりは少し吹いていますが、それでも東北東6mで穏やかなので、竹富南エリアへやって来ました。前の心丸だったら、心配してその風だとこれなかったけど、心丸Ⅱだったら何の問題もありません。やって来たのは、クダゴンベをお見せしたくてミドルブックへ。ほんのりな流れはありましたが、水深も13mで浅く、真っ白な砂地が広がり、パッチリーフそれぞれに魅力的ん生物がいて楽しいポイントです。水温は23度。私の左手のダイコンは24.8℃を示しています。おかしなもんです笑 太陽も出ているので、ダイビング日和です。

Line_album_20240113_240114_25Dsc09249Dsc09250Dsc09255Dsc09253Dsc09252Dsc09264 Aさん、ご自身のマスクに水が入るということで、今日はレンタルでパラゴンを使ってもらいました。ストラップも閉めすぎないで緩めなのが基本ですが、とても怖がっているAさん。でも、〆すぎてしまうといろいろとトラブルにつながります。鼻から少し空気が漏れることを気にしているようですが、口と鼻は繋がっているので、少し鼻から出てしまうのもマスクブローになっていてむしろ良くて、気にしなくていいところなのですが、どうしても怖くて手がマスクに行ってしまう。それを、「マスクに手を持って行かない、をやってみましょう!」と水面でお話して、少しはマスクを触らないように意識してできました。慣れてくるのと、マスクを必用に触ってしまうと逆にずらしてしまったり、マスクスクイーズを自分で作り上げてしまうことになりかねません。実際、昨日がそんな状態で、しんどかったと思うから、今日は、頑張ってもらいます。マンツーマンですし、しっかり安全管理していきました。

P1130005 P1130010 Dsc09268_20240118020601 Gopr9495 Gopr9493_20240118020601 Dsc09264 Dsc09257 Dsc09266 出会えたのは、まずは目的のクダゴンベ。ちゃんと2匹でいてくれました。カップルって良いなぁ。他にも、スカシテンジクダイの群れ、ミツボシクロスズメダイ幼魚の群れ、フタスジリュウキュウスズメダイ幼魚の群れ、チンアナゴいっぱい、小さなパンダダルマハゼ幼魚、マジリアイゴ、オオイソバナの群生などなどでした。ゆっくり遊んでいたら、マスクの事はだんだん忘れて、遊ぶことに夢中になれましたね!

P1130032 P1130030 P1130026 P1130019 P1130023 P1130017 P1130033 Gopr9501_20240118020601 Dsc09290 Dsc09274_20240118020601 Dsc09273_20240118020601 Dsc09272_20240118020601 Dsc09297 Dsc09268_20240118020601 2本目、お隣のじゃがいもの根にやって来ました。「来たかったんだ~」って。良かったです。コモンシコロサンゴが群生して、そこを住処にしているヨスジフエダイの群れ、ウケグチイットウダイの群れ、アカヒメジの群れ、中にはロクセンフエダイもいたり。クマノミの赤ちゃんには癒されます。砂地の藻がちょこちょこ生えているところでは、リュウグウベラギンポのメスが何匹か中層をひらひらホバリングしていました。ユビエダハマサンゴの群生の回りには囲むようにしてデバスズメダイがたくさん群れています。それをたくさん撮影しましたね!浅瀬にはキンギョハナダイが群れ、ロクセンスズメダイやユメウメイロが群れているのも見上げながら見ることが出来ました。他にも、キヘリモンガラ、やけに体中に藻が付いて脱皮していない風なイラブウミヘビ、ヨコシマクロダイやフタスジタマガシラ、アミメフエダイ、そしてびっくりしたのは大きな大きなアカエイ!先日逆にお隣のミドルブックにいたのに、今日はこちらにいる。凄いタイミング。ご縁があるのでしょうか?笑

Line_album_20240113_240114_23 Line_album_20240113_240114_21 Line_album_20240113_240114_18 Line_album_20240113_240114_8 Line_album_20240113_240114_16 Line_album_20240113_240114_15 Line_album_20240113_240114_14 Line_album_20240113_240114_3 Line_album_20240113_240114_6 Line_album_20240113_240114_1 Line_album_20240113_240114_12 Line_album_20240113_240114_9 今日のランチは、午前中は石垣島で待ってくれているKぴんと合流して、あらだ屋さんへ。ここで美味しいおそばを頂きます。そして、古民家に癒され、小雪のお兄ちゃんの金太とも遊び、2匹はじゃれ合い、楽しい時間です。屋根の上のカエルのシーサーがまた何ともセンスがいい!美味しかったです。ご馳走様でした。

Line_album_20240113_240114_34 今回の石垣島ダイビング4本目で、ようやく不安感もなくなり、とても楽しそうに潜られていたAさんでした。また、あんなに不安にならないように、あまり期間をあけずに潜ってくださいね!石垣島ではいつでもお待ちしています。明日は竹富島へ観光に行くのだとか。R's storyで竹富島の博物館の場所を教えてもらいました。私でも知らなかった。是非行ってみてくださいね。今回も、たくさんありがとうございました~。またお待ちしています!!

| | コメント (0)

2024年1月13日 (土)

2024.1.12黒島遠征

今日の風は北東3m!超穏やかです!冬は時化るもの、というイメージが払拭されて、気持ちよく潜れている石垣島です。昨日から2日目のTさんも初めての黒島方面へ向かってみたいと思います。そして、今日は、豪華クルーズ船、日本国内最大級だと言われるMSC BELLISSIM号が今朝早くに石垣島に到着。そこに乗船していたお客様のHさんご夫婦が今日はスノーケリングマンタご希望で下船されてきました。離島ターミナルまでの管井バスがあるということで、乗ってもらうことに。8時15分にはお迎えに行って合流することが出来ました。港には、レンタカーでついて来てくれたAさんもいます。今日は、ファンダイビング2名様、スノーケリング2名様で、ヘルプスタッフに美穂さん、そして、船長兼ガイドで光恵のメンバーで出発です!ガソリンをたくさん入れてからの出港~お待たせしました~。けど、わくわくしますね。

約30分走らせれば、心丸Ⅱは皆さんを黒島の西側の海岸までお連れすることが出来ます。途中寄りたいな、と思うポイントも多数ありますが、このところ通り過ぎていっています。そんな話や、元石垣島のスタッフの行き先などで、話は弾み、あっという間に到着してしまいました。話す相手がいるって楽しいな。笑 

ポイントは黒島V字ドロップ。ここで2本潜ります。1年半ぶりだというAさんはいつも少し不安そう。なので、ゆっくりやります。水中は、太陽が差し込んで、きらきらして、それはそれはすごく綺麗。見上げているだけで幸せですね。そこへ大きなバラフエダイが通ったり、ツノダシ、アマミスズメダイの群れ、少し遠くにカスミチョウチョウウオの群れ、少し深場にはハナゴンべのコロニー。ここにはハナゴンべがいっぱいいます。パラダイスですね。黒島と言えばのヒロウミウシ、上がって来て少し浅くなってきて、トンネルの入り口まで来たら、ツブツブコイボウミウシがいました。

Aさんのマスクに水が入る、という不安から、穴には入らず、2本目に入ってみることにしました。せっかくなので、V字のVになっているところを探検します。地形が壮大で、さーっと光の筋が下りてきていて、神々しくも感じます。ここで出会えたのは、ヤミスズキ、フィリピンスズメダイ、ノコギリダイの群れ、白いミノウミウシの仲間、穴に入って、ミナミハタンポの群れ、ゴシキエビ、アカマツカサの仲間の群れ、カノコイセエビなど、ライトを当てても全然逃げなくてとても写真に撮りやすいです。今年は良いなぁ。笑 穴はそんなに長いものではないのですが、ゆっくりじっくり移動するのがお勧め。楽しかったですね。

水面スノーケル班は、マンタには会えなかったみたい。サバヒーはいっぱいいるんですけどね。そして、今日のランチ。軟骨ソーキゆし豆腐そばをご用意しました。クルーズ船では何でも食べれられるそうで、でも、シェフは外人さんだそうです。なんで日本のクルーズなのに日本人がいないんだろう。クルーズの夢のような話を聞きながら、盛り上がりました。でも、クルーズのご飯より美味しいって、言ってもらえて嬉しかったです。

3本目は、タートルガーデンにやって来ました。Aさんは潜らないことにして、スノーケリングをみんなで一緒に楽しむことにしました。そしたら、アオウミガメはいっぱい会えたんだって。ですが、こちら水中班は、何故か1匹もおらず。ですが、ちょっと珍しいハゼを発見!ガイド友達に聞いてみようと思います。出会えたのは、ゼブラハゼいっぱい、アカハチハゼ、クロユリハゼ、オグロクロユリハゼ、ハタタテハゼ、しっぽが黄色いオグロクロユリハゼ(←これが見たことない!)、ツボ状のサンゴ、カスミチョウチョウウオの群れ、大きなドクウツボなどなどでした。

今日もすごく楽しかったですねー。帰りは少し巻きで。クルーズ船が16時までに帰らないといけないので、15時にはポイントを離脱します。30分で港に戻り、心丸Ⅱは快適すぎます。すぐに船着き場までお送りしたら、近くで見るともう、その大きさにはびっくりさせられました!そこら辺の石垣島のホテルなんかより数倍大きく、レストランが見えていたり、ウォータースライダーで遊ぶ人が見えたり、ほんとに夢の世界。いつか乗ってみたいなと思いました。船酔いがある私には大丈夫かな?と思いますが、対策練れば、きっと大丈夫!まだ旅は続きますが、楽しんでお気を付けてお帰り下さいね!また、石垣島でお待ちしています!

そうそう、黒島からの帰りは、AさんからNAUIの投票アンケートに応募したら当たったというちょうどいい大きさのNAUIロゴ入りウォータープルーフバックを見せてもらいました。凄くオシャレ。真っ白なところがまた爽やかでいいです。良かったですね。色々とキャンペーンは応募してみるもんですね!いろんな楽しみ方で、ダイビングを満喫していってもらいたいな。Tさんの器材は洗って干しておいてもらって、乾いたらまたDUNKさんへ送り返します。

皆さん、今日もありがとうございました。また石垣島にダイビングにいらしてくださいね!元気にお待ちしています!

| | コメント (0)

2024年1月11日 (木)

2024.1.11

Line_album_20240111_240111_4 Line_album_20240111_240111_0 今日は、Tさんとマンツーマン。那覇のNAUIの大先輩DUNK DIVINGさんからTさんの器材が届いたもんだから、びっくり!!石垣島にいらしたときには、雲の上の先輩という感じで、声もかけられないような存在のHさんのお店です。Tさんがいらしてから、そのことでずいぶんと話が盛り上がりました。20歳でNAUIダイビングインストラクターの資格を取った時にスタッフでいらしていました。28年も経って、まだこんなご縁があるなんてすごいですね。那覇へ行ったら、ご挨拶に伺おうと思いました。那覇には行かなければいけないところがいっぱい出来ました。

Dsc09187Dsc09164 さて、風向きは昨日の暴風からは少し落ち着き、北~北北東6mです。心丸ではこの風向きこの風の強さでは行かなかったところ特集~!竹富南エリアを目指してみました。大崎には行けない風向き。観音堂の前には白波が激しく立っていました。ちょっとのうねりはありましたが、横から受けるうねりなので、難なく航行でき、竹富南エリアへ。Tさんは、石崎や大崎や名蔵湾は連れて行ってもらったことあるけど、竹富南エリアは行ったことないって、喜んでくださいました。せっかくなので、お見せしたい生物をピンポイントにご案内していくことにしました。

P1112530 P1112535 P1112546 Dsc09204_20240113000501 Dsc09182 Dsc09191_20240113000501 Dsc09165 Dsc09171_20240113000401 Dsc09174 Dsc09169 Dsc09167 やって来たのは、1本目、ミドルブックです。その昔のスーパーカリスマガイドの中本さんの名前から付けられたミドルブック。笑 名前が残りますね。でもほんと、凄く素敵なダイビングポイントだと思います。何十年たってもそうなんだから凄いですね。ここでお見せしたかったのは、まずはクダゴンベ。カップルになっているし、きっと大きい方がオスで、一回り小さい方がメスで、まるで、仲のいい夫婦カップルに見えちゃって仕方なくって、微笑ましいのです。今日は隣り合っていたり上下に重なっていたりするツーショットが撮れて嬉しかったです。でも、あまり嫌がらないように、そーっと遠くから。

他にも、スカシテンジクダイの群れがキラキラと夜空みたいで綺麗で、大きなアカエイも横たわっていました。チンアナゴはいっぱいいて、サボテン草には久しぶりに会ったカミソリウオがいてすごく可愛かったです。他、アカメハゼ、マジリアイゴ、オオイソバナの群生、ミツボシクロスズメダイ幼魚、フタスジリュウキュウスズメダイ幼魚の群れ、ネッタイミノカサゴ、などなどに会ってきました。

Gopr9452_20240113000501 Gopr9455_20240113000501 P1112565 Gopr9436 Gopr9449 Gopr9443 Gopr9421 Dsc09197 Gopr9433 Dsc09194 Gopr9451 Dsc09211_20240113000501 Dsc09184 2本目は、お隣のじゃがいもの根で潜ります。出会えたのは、デバスズメダイの群れ、ツブツブコイボウミウシ、オオイソバナ、クマノミの幼魚、ヨスジフエダイの群れ、ウケグチイットウダイの群れ、ソラスズメダイ、オニハタタテダイ、ノコギリダイの群れ、アカヒメジの群れ、コモンシコロサンゴの群生などなどでした。

Line_album_20240111_240111_4 Line_album_20240111_240111_3 Line_album_20240111_240111_0 Line_album_20240111_240111_2 お昼ご飯は、今日は、ハヤシライスをご用意しました。那覇ではお昼ご飯は持参システムで、お湯を用意してくれているから、カップラーメンとおにぎりを持って行く、と仰っていました。去年エモンズツアーで塚原さんにお世話になってから、那覇で潜るレベルの高いスペシャルダイブにはまっちゃいそうで、また今年も行きますが、ワクワクで仕方ありません。石垣島にお店を構えていながら、那覇へ遠征に行けるなんて、こんな贅沢な環境ないな、と思いました。水中写真家の白鳥さんやコースディレクターの村田先生にも会いに行きたいなと思います。

P1112593 P1112602 P1112598 P1112604 P1112577 P1112584 P1112588 Gopr9463_20240113000501Gopr9428Gopr9466 3本目は、ビタローの根で潜ります。ここは一人船長のアンカーがかけやすい素敵なポイントだと思います。少し水が濁って来たけど干満の影響ですね。出会えたのは、ヨスジフエダイの群れ、チンアナゴ、ハマクマノミ、トゲチョウチョウウオ、シマキンチャクフグ、ヒトスジギンポ、スカシテンジクダイの群れ、ハシナガウバウオ、イシヨウジ、ユメウメイロの群れ、ウメイロモドキの群れ、ウルトラマンホヤ、ワモンツツボヤなどに会ってきました。

3本とも、のんびりとリラックスして、気持ちよさそうに水中にいるTさん、本当にダイビングが好きなんだなぁと思います。これからも楽しんで行ってくださいね。そして、明日もよろしくお願いします。明日はいよいよ黒島遠征です!!

| | コメント (0)

2024年1月10日 (水)

2024.1.10

Line_album_20240110_240110_18 Dsc09134 今日は北風。私の二つのダイコンは、一つは水温を25度と表示し、一つは23度と表示している。。。どっちが正しいのか、、、多分後者。予報では風速8m~9mまで上がる予報で、桜口しか行けないと判断。お客様のKさんはマクロカメラなので、ポイントを移動しなくても問題なし。そこはガイドの腕で水中をご案内しましょう!やって来たのは、桜口西の根です。ここで、コースを変えながら、ご案内する生物を変えながら3本じっくり潜ります。桜口西の根マスターになれるでしょう!!

Dsc09160_20240111225401 Dsc09138 Dsc09149_20240111225401 Dsc09158_20240111225401 Dsc09145 1本目、出会えたのは、シコクスズメダイ幼魚、チゴベニハゼ、アカホシイソハゼ、クマノミ、ツバメタナバタウオ、リュウキュウキッカサンゴ、ヒレナガスズメダイ幼魚、ナミスズメダイ若魚、ハイイロイボウミウシ、フリエリイボウミウシ、ソライロイボウミウシ。

P1102456 P1102483 P1102514 2本目出会えたのは、カールオジサンホヤ、ハイイロイボウミウシ、ソライロイボウミウシ、ワモンツツボヤ、パンダツツボヤ(クレベリーナビオーラ)、レモンスズメダイ幼魚、ルリホシスズメダイ、イチゴミルクウミウシ(たぶん)、アオギハゼ、アカハチハゼ、チゴベニハゼ、ニセゴイシギンポ、テンクロスジギンポ。

P1102521 P1102470 P1102490 P1102497 P1102464 P1102466 P1102462 P1102477 3本目出会えたのは、イシガキカエルウオ、ウルトラマンホヤ、オキナワベニハゼ、カンザシヤドカリ、スジベラ幼魚、キツネアマダイ幼魚、ソライロイボウミウシ、アデヤカミノウミウシ(に似てるやつ)。

Line_album_20240110_240110_12 Line_album_20240110_240110_13 Line_album_20240110_240110_16 Line_album_20240110_240110_15 Line_album_20240110_240110_14 Line_album_20240110_240110_17 間にランチを挟んで温まります。今日はきっとお正月をゆっくり過ごしていないでお仕事だったから今お休みなんだろうなと思い、お雑煮を作って来ました。鶏肉はささみか胸肉しか食べなくなった、と聞いていたので、今日は胸肉を使ってこしらえてみました。新潟から仕入れてきたコロナの灯油ヒーター(炊き出し用)を使うのを忘れていたので、引っ張り出してみて、掃除しながらセットしてみると、凄くあったかい!それに、温めたお湯が優しい。ハワイ島でリトリートした時の事を思い出し、だるまコンロ欲しいなと検索してみたらいいのがあって、余裕がある時期ならぽちり、としてしまう所でした。このヒーターで温めたお雑煮美味しかったです。そして、温め直したシャワーの温度がちょうど良くて、やはりちゃんとこのシステムでお湯も作って行こうと思いました。ウェットスーツだったKさんは寒かっただろうに、ドライスーツの少しの水没を気にして今回はウェットだったそうで、せめて温かいシャワーをご用意で来ていて良かったなと思いました。北風が強いと体感温度が下がりますね。

今日は、ヒーターの下の掃除と、トイレの後ろのロープを置いていたところのコケ落とし、ガソリン缶1個補充しました。毎日場所を変えて、いろいろ掃除していきたいなと思います。なので、お掃除セットがすぐ手の届くところに置いてあります。お掃除したい方は是非空いた時間にお使いください笑。 

港に戻ったら、15時30分で、噂のパン屋さんLABOに行こうとして、向かったら、ネット上では16時までとなっていましたが、7時30分から14時までに変更になっていました。けど、定休日はないのだそうです。それなら、逆に朝行けば海に行く前に帰るなということになりました。また今度の機会に行ってみましょうね。その後せっかく街に来ているので、auに寄らせてもらって、新しくした携帯の支払いの手続きの更新などをこなしました。海に出ていると出来ないことを少しづつでも進めてクリアしていきたいと思います。明日は郵便局に用事があります。笑

Line_album_20240110_240110_3 Line_album_20240110_240110_0 Line_album_20240110_240110_2 popo houseにお送りしたら、101のベランダに保管しておいて干しておいた昨日拾ったハウジングを開封してみます。最初はハウジングの留め金が硬直して開きませんでしたが、工具を持って来てみたら開きました。中身は完全に無事でした!!!データも残っているし、エネループも大体大丈夫でした。2021年9月に紛失したようで、だいぶ経っていましたが、今後、中身のカメラをどうするか、検討されるとのこと。良かったですね。ハウジングは、新店舗にオブジェとしておくか、どうするか、今後考えることにして、しばらく保管、ということになりました。またのご来島お待ちしております。

Line_album_20240110_240110_9 Line_album_20240110_240110_7 今晩は、ダイビング仲間とのご飯なんだそうです。楽しんで来てください。お正月休みを石垣島を選んでくださって、ありがとうございました。明日もお気を付けてお帰り下さい。またお待ちしております!!

| | コメント (0)

2024.1.9

Dsc09120 Line_album_20240109_240109_2 Gopr9400 今日は、サーチ&リカバリー&コンパスナビゲーション的なダイビングを竹富南でしてきました笑 Kさんとマンツーマンで、’落とし物’を拾いに行きます。今日の風は東風穏やか。朝から雨が少し降っていました。雨の日はGPSがすごく役に立ちます。GPSの使い方の勉強も日々進めています。新しくした携帯とダイブコンピューターatomosのアプリをつなげてみたり、goproと携帯を繋げてみたり、少しでも、一つでも進歩するように、、、そして、今日の徹底お掃除は”わけわけ”のお掃除でした。サンポールに浸してじわーっと潮が溶けていく感じがすごく気持ち良くて爽快です。歯ブラシ持ってくればよかったなぁ。笑 キッチンペーパーだけでは物足りませんでしたが、それでも新品の様に綺麗になりました。

Gopr9401 Gopr9405 Gopr9403_20240110020801 Gopr9391_20240110020801 Gopr9389_20240110020801 Gopr9417 Gopr9418 Gopr9412 Gopr9396 そんな細かいこともしながら、マンツーマンでKさんと遊びます。2ダイブは同じポイントで潜って、探し物の捜索。GPSでもらっていた情報をもとに角度や距離を研鑽して、ドンピシャで2本目にはすぐに探し物が見つかりました。我ながら’天才’と思いました笑 楽しかった。探していたものは、2年半前に船から落として見つからなくなったKさんの一眼レフカメラ。まさか見つかるとは~☆ハウジングやクランプはもう使えないかもしれないけど、中身のカメラは使えるのではないかと期待です。ストロボの中のエネループも使えるかもしれない、という話になりました。しっかり乾かしてから開けようということになりました。見つかって良かったですね。

Line_album_20240109_240109_9_20240110021001 Line_album_20240109_240109_7_20240110021001 Line_album_20240109_240109_5_20240110021001 ポイントも面白そうなので、GPSに登録。アンカーマンが来たらアンカリングしてもらえればポイントとして楽しめそうなので、今後は使ってみたいと思います。教えてくれたガイド仲間の竹内君、ありがとう~♡

P1092410 P1092414 P1092405 P1092423 大収穫で、すぐに見つかったので、残りのエアーがたくさん。少しスカシテンジクダイの根で遊んできました。いたのは、フタイロハナゴイ、ケラマハナゴイ、タテジマキンチャクダイの幼魚、アカスジシラヒゲエビ、イソギンチャクカクレエビ、イソギンチャクモエビ、サラサエビなどなどで、甲殻類が面白そう!砂地で濁ると難しそうなので、角度とメジャーで印しながら潜ったら超楽しいかな、と思いました。メジャーで、60mと憶測して、船からの角度も90度と憶測して探したのが功を奏したので、ガイドもメジャー使うのってありです。その方が安全ですし。良いこと思いついちゃった、と思った日でした。笑

Line_album_20240109_240109_0_20240110021001 Line_album_20240109_240109_1_20240110021001 ランチは、今日は美崎牛のハヤシライスをご用意しました。大盛りをぺろりと食べて、お腹が空いていたようだったKさんでした。ダイブマスターを目指しているので、今日は船の事や水中捜索の件で色々とスキルを伝授しました。本当は講習生にしか教えないことですけどね。Kさん、熱意があるのと、ダイブマスター目指すならお伝えしておいた方が良いこといっぱいだったので。これでまた、ダイバーとしての腕が上がりましたね。

Dsc09128 P1092438 P1092446 P1092449_20240110021201 P1092431_20240110021201 3本目は、もう安心してファンダイビングできるので、クダゴンベがいるかどうかのチェックも兼ねてミドルブックにやって来ました。流れが出るポイントで、最初にアンカーを二人でチェックに行くと、アカフチリュウグウウミウシがちょこんと。周りにはミドリトウメイボヤがいるからそれを餌にしているからここにいるんだろうなと思いました。アンカーをチェックしたら、ガレバへ降りていきます。流れるから手を広げるようにして大きく成長しているオオイソバナの森がここには存在します。凄い景色です。その中にクダゴンベがいるオオイソバナをチェックしてみると!なんと!嬉しいことに、2匹に増えてた!!どこからか、お嫁さんつれてきたのでしょうか?これは微笑ましいですね。そして、落ち着いているので、そんなにダイバーを嫌がらないいい子ちゃんでした。オオフエヤッコなど他の魚が来るのを嫌がって追いやっていたので、愛の巣を邪魔するなって、心情なのかもしれないですね。他にも、カスリヘビギンポや、オキナワベニハゼ、ソメワケヤッコ、ゴマチョウチョウウオ、クマノミなどなどにも会ってきました。中層に浮かんで撮ろうとしていたサンゴの隙間にいる甲殻類は撮りにくかったですね~笑

今日は、竹富南エリアで楽しめました。明日は北風に変わる予報です。明日もマンツーマンなので、ゆっくりマクロ撮影を楽しみましょうね!Kさんありがとうございました~☆明日もよろしくお願いします!!

| | コメント (0)

2024年1月 9日 (火)

2024.1.8黒島遠征ダイブ

Gopr9344 Gopr9343 Gopr9346 Gopr9345 今日は東風6m、リクエストに水面マンタに会いたい、とのこと!港で少しだけ迷って、風速5mまでしか黒島には向かわないと決めていた私としては、それは心丸の時の話だし、、、心丸Ⅱであれば問題ないのではないか、、、燃料はいっぱい積んでいるし、、、けど帰りにばしゃんばしゃんなるのは分かってる、、、ぐるぐる頭の中は想像できるシーンが回って、考えました。けど、悩んでいる船長を目の前にしても「みんなが投稿している、マンタに会いたい」の一点張りのTさん。。。行ってみるか!と腹をくくりました。実際は、行きは予想通り楽に行けて、帰りは跳ねましたが、そんなに問題はありませんでしたが、風速7m以上だったらまた違うだろうなという判断が付くので、今日の経験は良かったと思います。

Gopr9351 Gopr9370 Gopr9348 Gopr9356   今日はヘルプに同い年のみほさん登場☆「今度光恵さんと飲みに行きたい」と、嬉しい一言!これは聞き逃しませんよ!この石垣島という島には私と同い年の現役海のガイドさんが何人も残っている奇跡の年代。ほんと、集めて飲み会したいと思います。楽しみだな。そんなみほさんは今日はファンダイビングのガイドをお願いします。フリーダイビングは光恵が担当となります。

Gopr9371 Line_album_202418_240108_2 Line_album_202418_240108_0 P1082391 P1082400 Gopr9378_20240110013101 Line_album_202418_240108_5 Line_album_202418_240108_4 Line_album_202418_240108_3 黒島へ到着すると、やはり少し風は当たるので、水面パシャッとはしています。ですが、そこまで時化ているということでもありませんでした。やって来たのは黒島V字ドロップ。ここで2本潜ってもらって、水面班はマンタを探します。ですが、ぷかぴーはいるもののマンタは中々登場せず。。。しかし!とにかくすごい透明度と、いろんな魚の群れ!オヤビッチャが群れていたり、クマザサハナムロとタカサゴの群れ、クロハギの群れ、ノコギリダイの群れ、ヨコシマクロダイの群れ、バラフエダイ、ネズミフグ、アオリイカの群れ、とにかくすべてが群れ!!ここはもう、マンタが出なくても楽しいなぁ。けど、マンタに会わせたいなぁ。フリーダイバーの私たちは1時間ほど気持ちよく船の上でストレッチ、気持ち良くなりすぎちゃいましたね。

Line_album_202418_240108_8 Line_album_202418_240108_12 Line_album_202418_240108_10 Line_album_202418_240108_11 水中班は、レンズがマクロなので、小さいもの探しを楽しまれていました。タヌキイロウミウシや、アカイバラウミウシなどにも会えたみたいでした。上がって、休憩して、2本目、隣のVⅡまで足を延ばして、ピグミーシードラゴンにも2匹も会えたそうです。みほさんのガイド、さすがだなぁ。しかし、遠かった~って。笑 まぁまぁ距離ありますもんね。帰りにゴープロを落としていたことにはそのあとすぐ気づく、、、そして、3本目捜索ダイブしてちゃんと見つかったことも記しておきましょう。

ランチは鶏そぼろ塩ラーメンでした。九鬼産業の胡麻辣油をぜひ味変に使ってほしいです。お取り寄せもしておきますね。その後、3本目へ移動しようとタートルガーデン方面へ向かうと、スノーケリングして何かを追いかけている船がいる、、、その前には小さめで綺麗なマンタが泳いでいる!!ということで、私たちもスノーケルでマンタに会いに行くことに。みほさんにもTG6を持って行ってもらいました。その時にゴープロ落としてきたことに気づいたという訳で、3本目はもう一度戻ってV字で潜ることにしました。フリーダイバーの私たちも探しました。探しながらも、気持ちのいい時間でしたね。

P1082401 P1082390 P1082381 P1082389 P1082387 黒島からの帰りも、思っていたよりもへっちゃらでした。心丸Ⅱの実力を知ることが出来ました。もう少し黒島へ行ける日が増えそうです。それでも遠出となるので、気を付けて、船長としてのスキルを常に磨きながら成長したいと思います。今日はヘルプのみほさんがいてくれてすごく助かりました。そして、TさんもKさんもいいダイブが出来て、なくしものも見つかって、本当に良かったですね。今日も皆さん、ありがとうございました~☆

| | コメント (0)

2024年1月 7日 (日)

2024.1.7

今日は、フリーダイバーのTさんとマンツーマンで貸し切りで船を出します。なので、お仕事がお休みのフリーダイバーのひかる君も船に乗って、心丸Ⅱにつけるカウンターバラストのことなどで話し合ったり、器材の事で盛り上がったり、フリーダイビングが好きなみんなが揃って楽しい時間です。風は北北東6m、少し昨日よりは吹いています。水深40~50mが欲しいとリクエスト頂いていたので、名蔵湾へやって来ましたが、風が当たっており、あまりいい状況ではなかったので、島影になる大崎へ向かいました。やはりここに来るとウソみたいに穏やかです。

Line_album_20240109_240109_12 Line_album_20240109_240109_6 Line_album_20240109_240109_9  Line_album_20240109_240109_7 Line_album_20240109_240109_3 Line_album_20240109_240109_1 浅瀬にアンカリングして、アンカーロープを長くして準備をしていたところ、Tさんが少し沖を指さして「イルカ!!」うっそー、ということになり、慌ててみてみるといるいる!!綺麗なイルカの背びれが水面から出て、10数匹がいる感じ。しかも船にすごく近くて、何度も行ったり来たりしています。ハシナガイルカのように見えました。後から画像を確認するとまさにそうでした。しばらくうちの船の後ろを行ったり来たりして遊んでいたイルカたち。ようやくいなくなったのでブイを設置してフリーダイビングトレーニングをしていきます。

Line_album_20240109_240109_16 P1072379 P1072380 Line_album_20240109_240109_15 Line_album_20240109_240109_17 透明度は35mだと言っても過言ではありません。水底まで見えているけどここは30mこえ。錯覚を起こしてしまうほどです。水深が分からなくなってしまうから注意ですね。贅沢な話です。本当に気持ちよく潜り、Tさんが確認したいことを色々とこなしていきました。フレンチェルやフィンキックの幅、ピッチやペース、フリーフォールなど。たくさん練習してたくさん動画に収めました。昨日もそうだったけど、トレーニング後は気づいていないほどの筋肉疲労があります。それをリカバリーするのもトレーニングの一つです。

Line_album_20240109_240109_18 Line_album_20240109_240109_0 お昼ご飯は帰って焼肉ランチに行きたかったのですが、14時15分がラストオーダーなんだとか!その時、14時28分でした、、、とほほ。ランチ行くときゆんたくしていないで急いで行かないといけませんね。これからはそうします。それでは、と向かったのはなかよし食堂。2食食べられるほどお腹が空いていましたが、親子丼を頼んでみました。けど、豚を使っているとのことなので、他人丼ですね。やっぱり生姜焼き定食と味噌汁定食が好きだなと思いました。なかよし食堂に来たら、決まりですね。

Gopr9327 Gopr9325 Gopr9315 Gopr9307 Gopr9320_20240109225601 Gopr9326_20240109225601 Gopr9309 Gopr9291 Gopr9290 Gopr9287 Gopr9286 Gopr9292 Gopr9293 Gopr9288 Gopr9315 Gopr9318 Gopr9283 やり切ったTさん、明日はマンタが見たいので、ファンフリーダイビングだということ。つまりはスキンダイビングってことですね。風の強さが少し気になるけど、今晩はちゃんと疲労回復して来てくださいね。イルカも出ちゃってラッキーな日となりました。お送りしたら、ひかるくんと資材を買いに行こうとしたら、日曜日なのでもうお店が閉まっていました。もしくはお休みだったのかもしれませんね。台湾のプール大会時に購入した色んな小物も使い方を教えてもらったりして、時間のある時にセッティングしたいと思います。少しづつ少しづつアップデートされて行きます。楽しみです。

今日は最高なフリーダイビングトレーニング、ありがとうございました~明日もよろしくお願いします!!

| | コメント (0)

2024.1.6

S__1425478 S__1425479 今日もいいお天気。南風ほぼ無風で、フリーダイビングのトレーニングをご希望のTさんが2年ぶりにいらしてくださいました~。今回はディープトレーニングをご希望です。つもる話で盛り上がりながら、ゆっくりと新艇心丸Ⅱを走らせ、名蔵湾へやって来ました。ここへ来るまでもずっとべた凪。凄い気持ちのいい日で、平和すぎて怖いくらい。笑 コンディションばっちりです!ポイントは、名蔵湾秘密の根にやって来ました。はるか昔、このポイントのすぐ横には川が流れており、8mの浅瀬の根から35m~40mまでドロップオフになっていて、砂泥エリアが広がっています。こんなワクワクする地形、ロケーションはダイバーにとっても貴重ですが、流れもなくフリーダイバーにとっても好立地です。

アンカリングしたロープが立たないほど穏やかで、1時間くらいしっかりストレッチをしていきます。船の上で筋肉を解す時間と場所があるのは本当にありがたいこと。Tさんの気にしていたみぞおちが張る感じ、というのもストレッチやマッサージをしてしっかり柔らかくしてから水に入っていきます。

S__1425480 水温は24度、気温21度、太陽さんさん。最初にフリーイマージョンから身体を慣らしていきます。耳抜きのチェックや、副鼻腔に詰まっているものがないか、軟口蓋の開閉、肺や内臓の圧がかかった時の様子。フリーダイビングは自分の中と、心の中が丸見えになって、気づかせてくれるスポーツ。昨日食べたものがどうこう、とか、睡眠の質がどうこう、とか、何気ない普段の生活では気にならないことが唯緒に心に刺さってくるスポーツ。だから気持ち良くて、いつでも課題があって楽しい。今日も二人共そんな些細なことを感じながらそれをシェアしながらトレーニングしていきました。

S__1425477 ディープの初日なので、ベストを目指す、という感じではなく、体の反応を探るため、最初は25Mから、その後33Mまでガイドロープを下ろして練習していきました。楽しく、そして有意義な時間でした。船に上がると、どっと筋肉に疲労があることを感じました。大腿四頭筋と大殿筋はバイフィンするとすごく鍛えられます。また、上半身も手を伸ばしていくとおのずと鍛えられていて気持ちのいいけだるさ。これは早く筋肉に栄養を届けてあげないと、ということになり、一緒にステーキを食べに行きました。フリーダイビングの後に良く行くのが15時まで開いているロデオボーイ。ご飯もスープもドリンクもサラダさえもお代わり自由なので、たくさん栄養補給できます。

S__1425475 今晩は19時からプールフリーダイビングトレーニングもあるので、時間帯的にはばっちりなので、たくさん食べました。その後、貝やサンゴのアクセサリーのお店R's storyへ。ちょうど、げんとくんからお話を聞いているときに、シアトルにいる心から動画が送られてきて、アクセサリーの話を英語でプレゼンしている。ここにいるのが見えているのかと思うくらい、凄いタイミングでした。もちろんその動画はげんと君にも転送。ばっちり化粧もして、ネイルもして決めているこころでした。早く会いたいな。

夕方からのプールトレーニングは、新年初めてだったので、ご挨拶と11月の台湾の大会報告ちらしを掲示板に貼ってもらえるようにお願いしました。この先、海邦スポーツクラブ出身の選手が世界一になった、とか、日本一になった、とか、そんな日も来るかもしれないな、と、子供たちの指導にも力を入れたいなと思いました。石垣島在住の皆さんは、この恵まれた環境に乗っかってぜひたくさん泳ぎに来てもらいたいです。

明日も、海。夜もたくさん食べてチャージ。船にカウンターバラストを設置する作業もします。楽しみ。Tさん今日は一日、ありがとうございました。良い休日過ごせていますね。明日もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2024年1月 6日 (土)

2024.1.5

Line_album_202416_240107_30  Line_album_202416_240107_31 今日は東風風速3~4mで、お正月休みを娘さんと過ごそうと北海道からMさんと娘さんのYちゃんがスクーバダイビングに来てくださいました。水温は24度で、濡れると寒い季節。ドライスーツをお勧めしたところ、そうしたい、ということで、万全を期すため、長袖、長ズボン、長い靴下、下着を一式予備でセットで持って来てもらい、準備は万端です。お二人で石垣島のドンキへ行って買ってきたのだそう。そういう準備にお買い物に行くのも楽しい思い出になりますね。

Line_album_202416_240107_19 Line_album_202416_240107_16 Line_album_202416_240107_21Line_album_202416_240107_20そしてもう一つスペシャルなのが、風が良いのとマンタが出てるので、黒島方面へ向かうことが出来るということ。遠いので遠征料金が発生しますが、特別感はかなりあります。ということで、ドライスーツも追加オーダー、遠征も追加オーダーでスペシャルボートトリップへ出かけます!

Line_album_202416_240107_24 Line_album_202416_240107_22 まずは黒島へ向かい、黒島で一番有名なダイビングポイント、黒島V字ドロップで潜ります。透明度も良く、水面にはたくさんのスギが捕食行動をしています。これは期待できる!遠くにはアオウミガメが呼吸をするために水面に上がって来ています。ドライスーツは初めてのお二人だったので、レンタルですし、慎重に丁寧に準備していきます。ファスナーや首回り、手首回り、入念にチェックしてフィンも合うものに買えたりしていきました。

Dsc09100 Dsc09104 Gopr9258 Dsc09110 Dsc09103 水に入ると、全然濡れないドライスーツにMさん感動されていました。Yちゃんは痩せたということもあって、水没しちゃったけど、着替えもあるし着替えちゃえばオーケー。震えることなく潜れました。ずっとピーカンなお天気だったことも本当に良かったですね。水中では、ヨコシマクロダイの群れ、スギの群れ、ハギの群れ、ノコギリダイの群れ、メガネゴンベ、ハタタテハゼ、オヤビッチャの群れ、などなど盛りだくさんで、とても気持ち良く潜れました。見上げて見とれてしまった光線のキラキラは脳裏に残りますね。

P1052341 P1052349 Gopr9259 P1052360 Dsc09118 Dsc09114 2本目は、移動してタートルガーデンでご飯を食べてから潜ろうかと思っていたら、パナリのビックコーナーというマンタが出るポイントに大きな船が何隻もいるのが見えました。潮汐を見ると満潮へ向かっていてもうすぐ満潮。これは今のタイミングが良いかも!と、ご飯は後でもいいかの確認をして、すぐに向かいます。お二人とも、ダイビングがメインでいらしているので、もちろん即答で「行きたい!!」と!これでマンタに合えたら本当にラッキーだねなんて話しながら入ってみると、ここは外洋でうねりがあるので、ちょっと上級者向けだけど、しっかり根に掴まって待ちます。すると、イッテンチョウチョウウオやバラフエダイ、カスミアジが通り過ぎ、少し向こうにちらっと白いひれが見えました。すぐにお二人の手を取ってお連れすると、いたいた!!大きなナンヨウマンタ!同じく大きなコバンザメがたくさんくっついています。けど、しっぽは全くなくなっている子でした。ホンソメワケベラにクリーニングされ、気持ちよさそうにホバリングしていました。なので、じっくり見ることが出来ました。その後は、船の方へ向かって行ってしまったので、少し追いかける形で戻りつつ、今度は、水面に捕食行動している小さなマンタが登場。この子はしっかり綺麗なしっぽがあって、ケガもしていなくて可愛い。体の大きさに見合っていないコバンザメがくっついていて、ときどき大きく離れてはまた追いかけて忙しそうにしていました。他にも、凄くたくさんいたエメラルドグリーンのゼブラハゼが気になりましたね。

Line_album_202416_240107_7 Line_album_202416_240107_9 Line_album_202416_240107_8 Line_album_202416_240107_8 Line_album_202416_240107_3 Line_album_202416_240107_6 Line_album_202416_240107_5 Line_album_202416_240107_1 Line_album_202416_240107_4 S__5652773 S__5652774 P1052368 P1052357 P1052364 P1052365 P1052357 P1052362 P1052361 P1052353 P1052348 P1052358 Dsc09112_20240109221301 P1052349 Dsc09108 Dsc09105_20240109221301 Dsc09111 Dsc09104 Dsc09114 マンタにも大満足。でもやっぱりここのうねりは酔わせます。Mさん気持ち悪くなったので、急いで黒島へ戻ります。戻ったころには酔いも収まってきたので良かったです。お次は黒島タートルガーデンへ。最後にウミガメに会わせたくてやって来ました。ここではスノーケリングを楽しみます。その前に遅お昼を取ります。リクエストは軟骨ソーキゆし豆腐そばでしたが、前日が成人式ということもあって、食材揃わなかったので、お正月ですし、お雑煮をご用意しました。Mさんの実家ではゆずが入るのだとか。ゆずはいったらさっぱりして美味しそうだなぁ。今度やってみようかな、と思いました。地域や家庭で全然違うからお雑煮文化って面白いですね。

Line_album_202416_240107_15 Line_album_202416_240107_14 Line_album_202416_240107_12 Gopr9260 P1052378 ご飯食べた後は、スノーケリングでカロリー消費していきます。そう、17時に焼き肉の予約が取れているのだとか。私はまだ行ったことのない牛信さんで石垣島と言えばの焼き肉を楽しむため、間に合うように帰ろうと思います。ところが、いつもならすぐにいるカメがなかなか出てこなくて、大きなアヤコショウダイ見たり、セジロクマノミ見たり、カスミチョウチョウウオやアマミスズメダイの群れやクマザサハナムロやタカサゴの群れ、などに会いながら諦めかけて船に戻ろうとしていたところに、中層を泳いでいるアオウミガメをMさんが発見!!良かった~。これで、今日も大満足度はもうピークですね。本当に楽しい一日となりました。

S__5652771 石垣港へ到着したのはちょうどいい時間の16時30分。R's storyもぜひ行ってもらいたくて、ご紹介しました。ご飯の後かな?ちゃんと間に合ったみたいで良かったです。明日は観光。お天気良さそうなので、また楽しめますね。今回は、親子で楽しい海の日にできて良かったです。遠いけど、また、気軽に遊びに来てくださいね。そしてまだまだ楽しんで行ってくださーい。ありがとうございました~☆

| | コメント (0)

2024年1月 3日 (水)

2024.1.2

Line_album_20240102_240102_3Dsc08869_20240104075501 Gopr9242 Line_album_20240102_240102_16 Line_album_20240102_240102_13 Line_album_20240102_240102_12 今日は、お天気も良く、最高気温23度、最低気温18度、水温24度、東風4mで晴れています。そんなベストな日に、スノーケリングをお申込みいただいたYさんご家族と、成人式参加のため石垣島に帰省しているNさん一家、心友のRと、みんな共通の友達のYちゃんが彼氏と体験ダイビング、など、みんなでわいわい心丸Ⅱ出航です。リクエストは、黒島、マンタ!!ということで、本気モード全開で、黒島へ向かいます。ちょうど目の前を離島船が走っていき、心丸Ⅱは離島船について行けるんですね、感動しました。ある程度の距離を保って、ずっとついていくと、一つの離島船は小浜の方へ、一つは黒島へ向かいました。私の中で風速4mまで、というのが黒島へ行くときの条件にしています。行きは行けても帰りがばしゃんばしゃんになるからです。

Dsc08879 Dsc08878_20240104075501 Dsc08877 ポイントは黒島V字ドロップへやって来ました。一番いい場所が空いていて、停舶出来ました。透明度もすごく良くて、35mくらい見えています。もう、ポイント一望ですね。水面にはもうプランクトンが溜まってきていて、いつでもマンタが登場しそうな雰囲気です。ファンダイビングのKさんとまずはマンツーマンで潜りました。その後交代して、体験ダイビングのYちゃんカップルと潜ります。

Dsc08871_20240104075501 Dsc08872 Dsc08874_20240104075501 P1022186 P1022225 P1022185 P1022213  P1022243 P1022241 P1022249   P1022252 P1022246 P1022192 1本目は、沖のドロップの底の方へ行くコース、2本目は、反対方向へ行った後横穴に入るコースで2度黒島V字ドロップを楽しんで行きます。1本目出会えたのは、ヨコシマクロダイの群れ、カスミチョウチョウウオ、アミチョウチョウウオ、ハナゴンべ、ノコギリダイの群れ、アカイバラウミウシ、バラフエダイ、ハタタテハゼ、クロユリハゼ、ソラスズメダイ、タイマイ、メガネゴンベ、ネッタイミノカサゴ幼魚などなどでした。

Line_album_20240102_240102_11Line_album_20240102_240102_9Line_album_20240102_240102_10Line_album_20240102_240102_7 Dsc08881Dsc08889_20240104075501Dsc08891_20240104075501 体験のお二人は、耳抜き心配していたYちゃんでしたが難なく潜れ、Kさんは何をさせても上手ですんなり。ダイビング始めた方が良いです笑 目の前に広がるたくさんの魚が群れるシーン、キラキラ降り注ぐ太陽光の光のシャワー、バブルリングの輪っかが広がっていく様、すべてが初めて見る光景だったと思いますが、感動してもらえたようでした。

Gopr9213_20240104075501 Gopr9218 Gopr9219_20240104075501 Gopr9223 Gopr9230 水面スノーケリング班も、ドライスーツ組は水没することなく、フィンが何名か外れてはつけ直して、とやっていたみたいですが、そんなことさえも水を楽しんでわいわい。プランクトンは出ている素肌の部分を刺すことがあるので、お酢で対応したり、なるべく素肌出さないようにしてみたり。そんなこんなも海で遊ぶ楽しい思い出のワンシーンですね。キャビンがしっかりしているから、風が通らなくて寒さもしのげます。温水シャワーだって存分に浴びてください。

Dsc08903 Dsc08893_20240104075501 Dsc08909_20240104075501 P1022307 P1022306 P1022292 P1022300 P1022282P1022302P1022302 P1022315 P1022327 P1022333 ファンダイビング2本目は、地形好きだというKさんにも楽しんでもらいましょう。凄かったのは、ユキンコボウシガニ(オガサワラカムリ)が洞窟出る所で歩いていたこと。ぽつんと一人でよちよち歩いていました。会えると嬉しい生物なので、新年早々ラッキーでした。他にも、たくさんのカノコイセエビは引っ込まないので撮影しやすいし、たくさんのオヤビッチャやイッセンタカサゴの群れ、白いミノウミウシの仲間、アカマツカサの群れ、ここでもハナゴンべいっぱい、ミヤコテングハギ、オオフエヤッコ、ミナミハタンポの群れ、ドクウツボ、などなど盛りだくさんで楽しかったですね。水面にはスギが増えてきていて気になります。

Line_album_20240102_240102_5 ランチは、今日はみんなに八重山そばを食べさせたくて、特製軟骨ソーキゆし豆腐そばをご用意しました。内地ではなかなか麺が手に入らないだろうし、軟骨もテビチもなかなか売っていないのが不思議です。軟骨はしっかり圧力なべで炊いて柔らかくして、だしは冷やしてラードは取り除いているので、さっぱりな仕上げになっています。みんなが美味しいって言ってくれて良かったです。

Gopr9247_20240104075601 Gopr9249 Gopr9248_20240104075601 Gopr9251 Line_album_20240102_240102_0 Gopr9246_20240104075601 Gopr9250 3本目は、ずっと狙っている捕食行動しているマンタを求めて、探しながらボートをゆっくり走らせてみました。水面を明らかにざわざわさせているところがあって、その正体はスギの大群でした。スギの下にはグルクンも群れていて、テングハギモドキやテングハギもたくさん。みんな捕食行動していて一生懸命です。そんな場所に一番近い所にアンカリングして、狙っていきます。ダイバーのKさんは水中で遊びます。サザナミヤッコや、コクテンフグ、ノコギリダイの群れ、ヨコシマクロダイの群れ、クマノミ、ハナビラクマノミ幼魚、などなど楽しんできました。水面班にマンタいた?のサインを出したら、「いたー!」との返答が!良かった!!

上がったら、お兄ちゃんだけ見れていないとのことなので、帰りもいつでもスノーケリングできるようにと準備しながら探索します。すると、何度も1匹の大きなマンタがプカプカしているのが見えました。良い動画も撮れ、これで全員がちゃんとマンタに会えました。良かったです。冬の黒島マンタ、大成功です。帰りは、黒島港の目の前が黒島ブルーと言ってすごく綺麗なので、ご紹介しながら帰って来ました。Kさんも、趣味は筋トレ、とのことでしたので、海外に行っても使えるダイビングの免許を是非!とお勧めしました。ちょうど、講習がスタートするの方が他にもいるので冬の時期に学科を終わらせ、海洋は後ほど、というのが良いですね。そして、これからもダイビングやスノーケリングを楽しんで行ってもらいたいと思います。

今日もたくさんの皆さんと楽しく海遊びが出来、いいお正月となりました。皆さんありがとうございました。また、石垣島に遊びに来てくださいね!!

| | コメント (0)

2024年1月 1日 (月)

2024.1.1

Dsc08841 Dsc08842 Dsc08836 Dsc08838 新年あけましておめでとうございます!今年も宜しくお願いします。相変わらずやりたいことが多くてパタパタとしていますが、今年も元気にやり抜きたいと思います。元旦の本日は、Nさんの貸し切りにて出航です。風は北東6mです。明日もっと風が落ちる予報なので、毎日エリアを変えてみようということで、風向きにあっていてご案内したいポイントと言えば、名蔵湾!アカククリの根にやって来ました。アンカーマンがいないので、1本下ろして、借り止めしたら、2本目はタンクを背負ってかけにいきます。早く涼太が帰ってこないかな。笑 透明度も良く、サンゴも元気。アンカーで傷つけないように細心の注意を払ってかけてきます。ばっちりかけて安心したら、Nさんにも入ってもらいます。

P1012071 Gopr9197 Gopr9196 Gopr9202 Gopr9189 Gopr9194 Gopr9187 マンツーマンでのんびりなので、生物も撮影もじっくりと。ここで出会えたのは、アカメハゼ、ネオンテンジクダイの群れ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、イボイソバナガニ、カクレエビの仲間、ニセアカホシカクレエビ、オオフエヤッコ、キンギョハナダイ、フタスジリュウキュウスズメダイ幼魚の群れ、ミスジリュウキュウスズメダイの群れ、アオノメハタ若魚、コクハンハタ、ヒレジャコガイ、イシガキカエルウオ、リュウモンサンゴ、などなどでした。ちょっと気分を変えて、甲殻類多めでガイドしてきました。笑

P1012131 P1012141 P1012099 P1012117 P1012088 P1012106 Gopr9197 Gopr9199_20240102003001  Dsc08851 Gopr9206 2本目は、ロコロックで潜ります。ここのサンゴもすごいので、たくさん撮影してもらいましょう。昨日の大崎とは雰囲気が違うことをもう実感。大きなスギ2匹、デバスズメダイ幼魚の群れ、成魚の群れ、アカククリ、ミナミハタタテダイ、ハタタテダイ3匹、ウコンハネガイ、ユビエダハマサンゴの群生、ネッタイスズメダイ、パラオクサビライシ、コロールアネモネシュリンプ、カンザシヤドカリ、ミカドチョウチョウウオ、オキナワスズメダイなどなどに会ってきました。このコロールというのはパラオの首都のこと。パラオクサビライシにいるエビの名前がこんな外国人みたいな名前だなんて、ちょっとわかりやすくて感動。笑 この子、探してたから、見つけられて嬉しかったな。もう場所分かったので、今度からは外さずガイドしたいと思います。大きくて、とても撮りやすい個体でした。ちゃんと水玉模様してるんだね。TG6の顕微鏡モードは本当に凄いです。

Line_album_20240101_240101_8_20240102003001 Line_album_20240101_240101_7_20240102003001 Line_album_20240101_240101_9_20240102003001 Line_album_20240101_240101_6_20240102003001 Line_album_20240101_240101_3_20240102003001 Line_album_20240101_240101_2_20240102003001 Line_album_20240101_240101_4_20240102003001 ランチはお正月なので、やはり食べたいのがお雑煮。1月1日にしか出さないメニューです。今年も福島から送っていただいているYさんからの贈り物のお餅を餅巾着にしていただきます。凄く美味しいです。ありがとうございます。私の作るお雑煮は鶏肉、ダイコン、ニンジン、ホウレンソウ、お餅のみ。お肉からいいだしが出て、まろやかになります。身体あったまりましたね。ご当地お雑煮の件で話題が弾みました。

P1012172 P1012182 P1012156 P1012159 P1012179 P1012162 P1012165 P1012099 Dsc08865 Dsc08850 Dsc08867 Dsc08843_20240102002901 Dsc08845_20240102002901Dsc08849_20240102002901Dsc08852Dsc08840 Dsc088553本目は、ギネスに申請されて、その後どうだったのか良く分からない笑コモンシコロサンゴの群生をお見せしたくて、大仏の根にやって来ました。ハマサンゴもたくさんあって、生物豊富。チョウチョウウオ系を意識してガイドしていきました。出会えたのは、ヒフキアイゴ、マジリアイゴ、シチセンチョウチョウウオ、クロテナマコ、ミスジチョウチョウウオ、チョウチョウコショウダイ、セジロクマノミ、アラビアハタゴイソギンチャク、ミツボシクロスズメダイ幼魚、クマノミ、ナミスズメダイ幼魚、アマミスズメダイの群れ、シリキルリスズメダイ、アオリイカのペアでした。船の下で最後に出会ったアオリイカでしたが、逃げるかと思いきや、凄く近づいてきて、逆にカメラに収まらないから!!ってなるくらいでした。笑 岩の下に入ってみたり、出てきてまたこちらへすり寄ってきたり、何がしたいのか良く分からず笑、行動がすごく面白くて見入ってしまいました。本当に面白かったです。こういうシーンがあるから、ダイビングってやめられないんだよねー。

新年早々、探していた水中生物に出会えたり、面白シーンに出会えたり、幸先のいいダイビングとなりました。あー、楽しかった!Nさん明日で今回の石垣島ダイビングが最終日となります。明日は、黒島マンタを目指して、遠出したいと思います。元旦の今日も、Nさんありがとうございました~。明日もよろしくお願いします。そして、全国全世界の皆さん、今年も皆さんに会えることを楽しみに駆けずり回って頑張ります。本年もどうぞ、よろしくお願いいたします!!!

| | コメント (0)

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »