« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月29日 (木)

2023.6.30~ドキドキマンタ~

Dsc05168 本日のブログは前半光恵さん、後半大雅が担当します。

S__7053354 S__7053360 今日は、HDCの皆さんは釣りに行くということで、明日帰ってしまうKさんだけはダイビング。そして、釣りをしないMさんもダイビング。2本潜って、一度港へ戻り、帰る人と、その時合流する人といて、皆さんの希望がちょうどマッチングして、タイミングのいいリクエストをたくさん受けることが出来ました。実は、そんな今日は、昨日か今日かって、選んでくれたMさん御一行様。そうやってパズルのようにこちらからお願いしなくても人数がはまっていくのがWAKE UP CALLの特徴です。なんででしょうね。皆さんのご希望を全部聞いていたら、ちょうど良くなるという、、、なので、結局はみんなが良かったですね!良かった、良かった。。。

S__7053358 ということで、朝から向かったのは、南風なので、いきなり石垣島を北上!!

(ここから大雅)

Dsc05176 Dsc05184 Dsc05171 Dsc05172 Dsc05181 風が強かったので、まずは1本目御神崎灯台下までやって来ました。Mさんチームのファンダイバーお二人とKさんTさんの計4名で光恵さんガイドで潜ります。透明度も良く、生物もたくさんいてのんびり潜って来たようです。出会えた生物はアサドスズメダイ幼魚、ロクセンスズメダイ、ハナゴイの群れ、フウライチョウチョウウオ、グルクマの群れ、ヒフキアイゴ、イッセンタカサゴの群れ、ツノダシなどでした。

Gopr4834 Gopr4847 Gopr4839  Gopr4863 Gopr4853 一方Mさんチームのシュノーケルメンバーと体験で潜るRさん達は大雅と一緒にシュノーケリングをしました。みなさんお揃いの新しいフィンを色違いで揃えていてとても仲が良さそうでした。透明度の良さにも喜んでいただけたようです。

Dsc05183_20230630211901 Dsc05187  P6307801 光恵さんチームとの入れ替えで、体験のRさんと相方さんのTさんは大雅ガイドで潜ります。耳抜きが心配だったようなので、じっくりやってみると上手に抜けました。耳抜きが出来てしまえば、あとは水中スキルはとても上手で一人で泳いだりもしてみました。出会えた生物はソフトコーラル、アミメサンゴガニ、ヤシャベラ、アサドスズメダイ、タコ2匹、サンゴアイゴ、イシガキカエルウオ、ツバメタナバタウオ、ハゲブダイなどでした。

Gopr4935 Gopr4941 Gopr4939 Gopr4946 2本目はご希望があったので、マンタ狙いで!昨日も前々回も外れてしまったので、少し不安でしたが、もう願うだけですね。沖待ちが40分ほどあって、その間にシティーのルール説明などもしました。ポイントについて先にシュノーケリングチームが根に到着して、見回してみると姿は見えず…。その後ダイバーチームも到着しました。しばらく20分ほど待って、船に帰ろうとした時、マンタがやって来ました!待ったかいがありましたね!みなさん喜んでいて、笑顔になっていました。Kさんはマンタリベンジ成功ですね!!残りの時間はずっとマンタを楽しみました。その他出会えた生物はナンヨウマンタ、コバンザメ、チョウチョウコショウダイ、ユメウメイロ、コクテンフグ、クマノミなどでした。

S__7053356 2本で下船のKさんと、これから合流のTさんを入れ替えに一度港へ寄港しました。そして、タンクを乗せ換えたりしている間に少し遅めのお昼ご飯です。今日のランチはクリームシチューとピラフです。みなさん夜ご飯のこともあるので、あまり食べすぎずほどほどに。そして、下船の方を送ったりしてから再出港です。

Dsc05203_20230630212001 Dsc05200_20230630212001 Dsc05206 P6307837 P6307823 P6307841 今度は名蔵湾に入ります。3本目は久しぶりのハガラサーにやって来ました。今度は2チームに分かれて潜ります。マクロご希望という光恵さんチームとのんびりカメラのTさんご夫婦の大雅チームです。ここもあまり泳がずにじっくり楽しみました。久しぶりに来ると何だか楽しいですね。大雅チーム出会えた生物はモンツキスズメダイ幼魚、ヒトスジギンポ、シリキルリスズメダイ、イシガキカエルウオ、アカメハゼ、ネオンテンジクダイ、キンセンハゼ、キイロサンゴハゼ、ミカドチョウチョウウオ、スカシテンジクダイの群れ、アカククリ、ニセアカホシカクレエビ、パラオクサビライシ、ミスジリュウキュウスズメダイ、フタスジリュウキュウスズメダイ、ソメワケヤッコ、デバスズメダイなどでした。光恵さんチームはモンツキスズメダイ幼魚の群れ、アカメハゼ、アカククリ、ニセアカホシカクレエビ、パラオクサビライシ、リュウキュウキッカサンゴの群生、キクメハナガササンゴ、シリキルリスズメダイ、ネオンテンジクダイ、イシガキカエルウオ、キンセンイシモチ幼魚の群れ、オグロトラギス、ハシナガウバウオ、ミナミギンポ、デバスズメダイの群れ、フタスジリュウキュウスズメダイ幼魚、ミスジリュウキュウスズメダイ、シマウミヘビ、カスリヘビギンポ、ミカドチョウチョウウオ、ソメワケヤッコなどでした。

ご参加いただいたみなさんありがとうございました!また遊びに来てくださいね!

| | コメント (0)

2023.6.29~心丸Ⅱ最高記録~

Line_album_2023629_230629_0 本日のブログは大雅が担当します。
Line_album_2023629_230629_2 今日はSさん引きいるダイビング繋がりのチームの今回参加するみなさんが全員揃っての海に出る日です。そして、昨日から引き続きSさん、初めてご参加のKさんの合計11人です!光恵さんと大雅入れて13人で出港です。
風は南風で、久しぶりに潜る方もいるのでフラットな地形を選びました。1本目は名蔵湾に入って秘密の根にやって来ました。今回はカメラ&ベテランさんがいる光恵さんガイドチームとお久しぶりリフレッシュ&のんびりご希望の大雅チームの2チームで潜ります。
Dsc05124_20230629193801Gopr4910Gopr4911P6297763P6290120光恵チームは少し深場のエッジ沿いを楽しんで来たようです。昨日の雨と違って、空は晴れ間も見えていたので、水中は明るくて写真もたくさん綺麗に撮っていただけたようです。光恵さんチームの出会えた生物はフウライチョウチョウウオ、グルクンの群れ、オトヒメエビ、ウスモモテンジクダイ幼魚の群れ、ハマクマノミとタマイタダキイソギンチャク、ヒメアイゴのペア、ミツボシクロスズメダイ幼魚、アサドスズメダイ幼魚、クロテナマコのうんこ、ハタタテハゼ、ソラスズメダイの群れ、ツノダシなどでした。
Dsc05126_20230629193801 Dsc05132_20230629193801 Dsc05127 Dsc05130_20230629193801 P6290128     P6290132大雅チームは光恵さんチームが入って少ししてから入りました。久しぶりだったので潜降にゆっくり時間をかけましたが、水中の綺麗な景色を見たら、もう感覚を取り戻して魚をたくさん楽しんでいる様子でした。深場にはいかず、フラットな場所を楽しんで、出会えた生物はオグロチョウチョウウオ、モンツキスズメダイ幼魚の群れ、ハタタテハゼ、オグロクロユリハゼ、ヒフキアイゴ、ヒメアイゴの群れ、サンゴアイゴ、サラサゴンベ、アミメサンゴガニ、グルクンの群れ、サザナミヤッコ、ホンソメワケベラなどでした。
Gopr4915 Gopr4914 Gopr4920 そして、20年ぶりだというYさんは皆さんが上がってから光恵さんとマンツーマンで水中の感覚を取り戻しながら楽しめたようです。出会えた生物はシロブチハタ、ハタタテハゼ、ソラスズメダイ、フタスジリュウキュウスズメダイの幼魚の群れ、アサドスズメダイ幼魚、モンツキスズメダイ幼魚、シコクスズメダイ幼魚、ウミシダなどでした。
Line_album_2023629_230629_4 Line_album_2023629_230629_5 午前中zoomでミーティングだったTさんをお迎えに、港に一度寄港します。港に着くとすでにTさんが待っていてくれました。時間もお昼すぎだったので、ここでお昼ご飯にすることにしました。今日のランチはじゅーしーご飯と豚汁です。みなさん汁物がお好きなようで大盛りにする方が多かったです。島唐辛子もたくさんかけていました。ご飯を食べたらすぐに再出港です。今度は14名になって出港です。心丸Ⅱの最大積載人数は15人なのでほとんど満員です。心丸Ⅱ最高記録ですね。お腹は船に乗っている間に休ませてもらいました。
Dsc05136_20230629194101 Dsc05142 Dsc05138 Dsc05143_20230629194101 今度は北上して来て、マンタ方面へ向かいました。2本目にやって来たのはマンタシティーです。到着するタイミングがちょうど入れ替わった後だったみたいで、中々船が入れ替わらずしばらく沖待ちをしていました。40分ほどしてようやく入ることができました。アンカーをかける時点でもう器材を背負ってもらったりしていたので、すぐにエントリーです。今度はほとんど1チームで潜ります。メインの根まで泳いで行くと、マンタの影が見えませんでした。しばらく待っていても現れず、結局マンタを外してしまいました。悔しい…。なので、明後日も潜る方はその時にリベンジすることにしました。その他出会えた生物はナンヨウブダイ、ニセフウライチョウチョウウオ、ユメウメイロの群れ、グルクンの群れなどでした。
Dsc05145Dsc05160_20230629194101Dsc05147_20230629194101 P6297781 P6297776 3本目は少し戻ってビッグアーチにやって来ました。久しぶりに潜ったみなさんは少しお疲れということでここでは船で休んでおくことになりました。潜りたいみなさんは光恵さんガイドで1チームで潜りました。みなさん光の差し込むアーチに感動して帰って来たようです。出会えた生物はオヤビッチャの群れ、アオギハゼの群れ、ハタタテハゼ、コクテンフグ、アミチョウチョウウオ、ソリハシコモンエビ、ベンテンコモンエビ、キジベラ
ご参加いただきありがとうございました!明日はみなさんで釣りに行かれるようです。明日は水面から海を楽しんで来てくださいね!今日の夜は八重山村で打ち上げのようです。お誘いいただいているので急いで片付けとブログと明日の器材の準備を終えないとですね。

| | コメント (0)

2023年6月28日 (水)

2023.6.28

Line_album_2023628_230628_2 Line_album_2023628_230628_5 今日は、朝からちょっと曇り空な石垣島です。予報では雨は降らない予定だったのに、ちゃんとがっつり降ってきました。なので少し肌寒く感じる午前中でした。そんな中、Tさんがたくさんのダイビング仲間を連れてきてくださり、大賑わいな今週の心丸Ⅱです。ありがとうございます!今日は先発隊!そして、久しぶりに石垣島に潜りに来てくださったHさんとJさんの皆さんで出港でした。Oさんは乗るつもりで港まで来てくれたのですが、今日は乗らないことになり、乗せていたタンクが足りたので、そのまま3本潜ることとなった一日でした。

Dsc05094 Hさんは、朝から笑かしてくれて、「トイレきれいになったね!」とか、、、、って、もしかして、心丸が入れ替わっていることを知らないのでは?となり、恐る恐る確認してみると、やっぱり!!実は心丸Ⅱになってるんですよ!格段にグレードがアップして、とても使いやすくなった自慢の船です!Hさんも船が好きなので、いろんな話が出来て楽しかったです。他のメンバーもヨットをやっていたり、水中カメラの話で盛り上がったり、Hさん持参のスクーターも「おおお~!!!」と男心をくすぐるアイテムとして大人気でした。とても楽しそうな皆さんの雰囲気が嬉しかったです。心丸Ⅱを頑張って作ってよかったなぁ。雨が降っても寒くない、雨もよけられるいい船になっています。

Line_album_2023628_230628_8Dsc05104 Dsc05098      1本目は、九大お勧めの根にやって来ました。浅瀬にフラットな棚があり、アンカリングしてくれたロープを潜降ロープにして潜っていきました。ちょうど前線通過で水面は荒れていましたが、皆さんとてもスキルが高く、すーっとロープを使って集合場所まで潜ってくれて、レベルが高いのを感じました。チームは二つに分けていきます。ごっついカメラチームは光恵、のんびりチームは大雅が担当します。

Gopr4859Gopr4864P6280003みつえチームは、途中から急斜面を降りていくときに耳抜きやBCへの吸気を早めにお願いし、降りていきましたが、1本目なので、少し耳抜きに違和感のあったSさんでしたが、抜けて良かったです。下に行くと大きなテーブルサンゴがあり、囲んで写真を撮りました。その周りにもたくさんの綺麗なサンゴがぎっしりでした。特にリュウキュウキッカサンゴは見事でしたね。出会えた魚は、アカククリ、フタスジリュウキュウスズメダイ幼魚、リュウキュウキッカサンゴ(キャベツサンゴ)、ナミスズメダイ、パラオクサビライシ、ハナミノカサゴ、シリキルリスズメダイ、テーブルサンゴ、ニセアカホシカクレエビ、モンツキスズメダイ幼魚などに出会いました。

P6280008 P6280019_20230628195701 P6280034 P6280014 P6280022 大雅チームは、マルスズメダイとモンツキスズメダイの幼魚、アカククリ、ハナミノカサゴ、リュウキュウキッカサンゴの群生、妊娠中のガラスハゼ、ミカドチョウチョウウオ、パラオクサビライシ、ハタタテハゼ、ミスジリュウキュウスズメダイ、アオギハゼなどに出会いました。

Line_album_2023628_230628_6 2本目は、港に戻らなくなったので、タンクの数を計算すると戻らなくていいしということで、船の上でゆっくりします。ガソリン入れたり、シャワーのお湯を沸かしたり、ログをかいたり、おやつをみんなで食べたり。Hさんが横浜から美味しい羊羹を持ってきてくださいました。ありがとうございます。次は大仏の根で潜ります。水深も深いわけでもなく、コモンシコロサンゴがギネス級ということもあって、人気スポットです。長いところで直径27m!周囲は70mあります。ここは、Oさんはお休みすることにして、看板犬小雪と待っていてもらいます。

Dsc05110_20230628195501 P6287728   P6280051 こちらも2チームで、みつえチームは、コモンシコロサンゴの群生、ミナミハタタテダイ、ハタタテダイ、ツノハタタテダイ、フタスジリュウキュウスズメダイの群れ、チョウチョウコショウダイ、セジロクマノミとクマノミ、シマキンチャクフグ、ひっくり返ったハマサンゴ、フウライチョウチョウウオ、スダレチョウチョウウオなどに出会いました。

Dsc05119 P6280039 P6280058P6280044 P6280060_20230628195501 大雅チームは、オキナワスズメダイとデバスズメダイとネッタイスズメダイの群れ、ハナゴイ、コモンシコロサンゴの群生、引っくり返ったハマサンゴ、ハマクマノミとタマイタダキイソギンチャク、セジロクマノミ、クマノミ、ニセアカホシカクレエビ、アカハラヤッコ、アマミスズメダイの幼魚、トガリエビス、トゲチョウチョウウオなどに出会いました。

Line_album_2023628_230628_9 Line_album_2023628_230628_14 Line_album_2023628_230628_10 上がったらお昼ごはん。今日は、ハヤシライスをご用意しました。美崎牛の肉の甘さが生かされたハヤシライスは、とても体が温まりました。「汁多め!!」というTさんはもう合言葉のようになっています笑 コーヒーやカフェオレも人気。ほっとして、次へ潜りに行きますよ!

P6287745 P6287759 P6287749 やって来たのは、ロコロック!ここは、本当に魚が多くて写真映えする良いポイントです。晴れて太陽の光は欲しいとは思いましたが、それでもストロボやライトを使って、楽しそうに撮影をされていたのはみつえチームの皆さんでした。出会えたのは、デバスズメダイの群れ、スダレチョウチョウウオ、ホオセキキントキ、ユビエダハマサンゴの群生、キクメハナガササンゴの群生、ウケグチイットウダイ、ネオンテンジクダイ、クロオビアトヒキテンジクダイ、グルクンの群れ、ロクセンスズメダイの群れ、リュウキュウキッカサンゴ、オオフエヤッコなどでした。

P6280094 P6280105 P6280108 大雅チームは、大きなモヨウフグが全然逃げないので、いっぱい一緒に遊んできました。他にも出会えたのはルリスズメダイ、ソメワケヤッコ、デバスズメダイの群れ、ユビエダハマサンゴの群生、小さなクマノミ、モヨウフグ、シリキルリスズメダイ、ユメウメイロ若魚の群れ、ホウセキキントキ、チョウチョウコショウダイ、ウケグチイットウダイ、キクメハナガササンゴの群生、ユビエダハマサンゴの群生、ネオンテンジクダイの群れ、アカハチハゼ、コイボウミウシなどでした。

毎晩宴会は続きます。昨日は、もりしまさんへ行き、焼き鳥を堪能された皆さん。今日は、海の花でお寿司や島料理を楽しみます。集合時間早めですぐにでも生ビール!と、とても元気のいい皆さんでした。海の花でも盛り上がり、今晩から合流の皆さんも無事に集合でき、明日に備えます。明日は晴れて、とてもいいお天気です。また印象の違うダイビングが出来ると思います。楽しみですね。明日もよろしくお願いします。今日もありがとうございました~☆

| | コメント (0)

2023年6月27日 (火)

2023.6.27~心丸Ⅱ初米原方面へ~

Dsc05057_20230627182601 本日のブログは前半光恵さん、後半大雅が担当します。

今日は、南東の風が風速5mで穏やかな石垣島です。4日間船を上げて電気系統の整備やメンテナンスをしていたので、4日ぶりに海に入ります。やっぱり海は良いですね。
今日は、風も穏やか、風向きもいいということで、米原に遠征も視野に入れての出航。ワクワクします。たくさんガソリンを積み込んで少し遅めの出航となりましたが、それを挽回するような船速で1本目はオープンハートまでやってきました。
今日の参加者の皆さんは馴染みのTさんとJさん。そして、初めましてで来て下さったSさんの3名様をお連れします。明日からはチームの皆さんが続々と到着で潜ります。楽しみですね!

(ここから大雅)

 Dsc05058Dsc05061 Dsc05067_20230627182601 Dsc05071 Dsc05072P6270027P6270009P6270015P6270020P6270028Gopr4823 さてメインガイドは大雅で、サブガイドで光恵さんです。アンカリングに行ったときも水面から見る水中は空に浮いているような感覚になるほど透明度も良く、水温も暖かかったです。途中までみなさん一緒に行動して、途中からTさんは光恵さんガイドに分かれました。大雅チームは深場の方面へ進み、いつもたくさん群れているセナキルリスズメダイの群れを楽しんだ後、ワクワクのアーチに入りました。透明度も良く晴れていたので、やはりすごく綺麗な景色が広がっていました。途中何もない水中の岩陰に一眼カメラが落ちていて周りに他のダイバーもいないので、落とし物かなと思い、拾って石垣の落とし物グループメッセンジャーに入れようとしたら、ダッシュで向かってくる他のショップのガイドさんがいました。やはりガイドしている間にカメラを置き忘れてきてしまったようでした。水中で受け渡して一安心でしたね。ライトやカメラ類は伸びるタイプのカラビナを付けておくのが無難ですね。一方光恵さんチームはカメの群れに夢中だったようで、たくさん写真や動画を撮って来たみたいでした。大雅チームの出会えた生物はミヤコテングハギ、ハタタテハゼ、コクテンフグ、アオギハゼの幼魚、セナキルリスズメダイ、アオウミガメ、ガラスハゼ、オオアカホシサンゴガニ、アラメサンゴガニ、ミナミハタンポの群れ、グルクンの大群などでした。光恵さんチームの出会えた生物はアサドスズメダイの群れ、シコクスズメダイ幼魚群れ、アオウミガメ、クマノミ、マルスズメダイ、アミチョウチョウウオ、ミヤコテングハギ、アオリイカの群れ、ハナグロチョウチョウウオなどでした。

 

Gopr4829 Gopr4828 P6270043 P6270036 P6270049 P6270046 続いては米原方面へ行きます。さらに船を20分ほど北方面へ走らせて、ダブルリーフの辺りまでやって来ました。2本目は米原ダブルリーフ前で潜ります。ここではもう一つのミッションが。WAKEに良く来てくださる島在住のフリーダイバーの方が、この辺りでブイのウエイトとアンカーを深場の水底に落としてしまったようで、それを回収するのも目標です。ポイントに着くと、先にフリーダイバーのお二人が陸から泳いで来ていて、ウエイトがある場所を誘導してくれました。その辺りにアンカーをかけました。光恵さんが回収係で、ファンチームのみなさんは大雅がガイドです。大雅も初めての米原ワクワクしますね。エントリーすると流れがあったので、船の前の方面へ進みました。そうすると、ハナゴイの群れが何箇所にもいて、米原ハナゴイリーフと名付けてもいいんじゃなかなと思いました。出会えた生物はヒレフリサンカクハゼ、ハナゴイの群れ、アマミスズメダイの群れ、ヤリカタギ、メガネゴンベ、オオイソバナ、チョウチョウコショウダイ、ハマクマノミとタマイタダキイソギンチャク、ツノハタタテダイなどでした。

Line_album_20230627_230627_4 Line_album_20230627_230627_3 Line_album_20230627_230627_7Line_album_20230627_230627_5   光恵さんもウエイトを無事に見つけたようで、上がって来てからランチにしました。今日のランチは餅巾着入りカレーうどんです。みなさん辛いのがお好きなようで、島唐辛子をかけて食べていました。

Dsc05084 Dsc05091 P6270111 P6270092 P6270107 Dsc05087 P6270074 P6270081 続いてのポイントは戻る方面のマンタ狙いか、もう1本米原エリアで潜るか考えていると明日明後日にマンタ狙いに行くかもしれないので、この辺りで潜ることにしました。3本目は米原ダブルリーフです。今度は光恵さんガイドです。ここは後半の方に群れがたくさん出てきてワイドで楽しみました。口を大きく開けたグルクマの群れがぐるぐるしてくれて良い写真が撮れたのではないでしょうか。出会えた生物はオグロクロユリハゼ、ハタタテダイ若魚の群れ、オトメハゼ、オトヒメエビ、コイボウミウシ、キンギョハナダイの群れ、セナキルリスズメダイ、アカネハナゴイの群れ、グルクマの群れ、フウライチョウチョウウオ、アカハタ幼魚などでした。そして、3本目はJさんがなんと700本目の記念ダイブでした!おめでとうございます!水中でも陸上でもお祝いしました。
Line_album_20230627_230627_0 Line_album_20230627_230627_1 帰りは少し距離があるので、みなさんお昼寝タイムでした。今日のみなさんは救命胴衣を新たな活用方法をしていて、首に被った胴囲の反対側を枕替わりにしていて、ちょうど良さそうでした。そんな使い方があったんですね(笑)。
ご参加いただいたみなさんありがとうございました!明日からしばらく大人数が続きます。にぎやか心丸Ⅱですね。

| | コメント (0)

2023年6月22日 (木)

2023.6.22〜マンタどこ行った?〜

Dsc04898本日のブログは大雅が担当します。

今日も朝から太陽が出ていて、天気の良い日になりました。日差しが強いので、外にいる時はサングラス必須ですね。朝はガソリンを買って、スーパーでランチ用の豚肉を買ってなどあっちこっち寄ってから港に向かいました。光恵さんがIさんをお迎えに行って、8:20に出港しました。8:30ちょっと過ぎ出港だと、竹富の手前辺りで、定期船のフェリーの出港ラッシュに巻き込まれて、引き波がすごくて船がすごく揺れてしまうので、このぐらいの時間がベストです。

Line_album_2023622_230622_2 Dsc04899 Dsc04904_20230622174901 Dsc04918 Dsc04912_20230622174901 Dsc04913P6220015P6220034P6220025 さて、マンタが見たいというリクエストだったので、今日は石垣北上コースとなります。まずは名蔵湾に入って1本目を潜ります。やって来たのは秘密の根です。ガイドは大雅で、光恵さんはフリーダイビングの自主トレーニングです。水中に入ると名蔵湾なのに、暖かくて、透明度が良い!生物もたくさんいて、潜っていて気持ち良い海でした。最深部の方までは行かずに、エッジ沿いの子達をメインに楽しみました。途中体を全部出してくれているゴシキエビでしっかり写真を撮れたのは良かったです。そして他の魚に襲われたのか、病気の子なのか、傷だらけのハマクマノミが1匹だけで居て、姿を見ていてなんだか可哀想でした。出会えた生物はホンソメワケベラのクリーニングステーション、オグロチョウチョウウオ、ツユベラ幼魚、オグロクロユリハゼ、ゴシキエビ、ウスモモテンジクダイ、ネオンテンジクダイ、リュウキュウキッカサンゴの群生、キンギョハナダイの群れ、アサドスズメダイなどでした。

Dsc04926Dsc04924 P6227649 P6227641 P6227633 P6227624 今度はマンタ方面へ向かいます。2本目にやって来たのはマンタスクランブルです。最近マンタの出が良過ぎて、マンタシティーが混み込みで沖待ちの時間が1時間ぐらいとすごく長そうなので、こちらに入ります。今度はガイド光恵さんで、大雅は船で事務作業です。アンカーに入った時からかなり流れていました。残念ながらマンタには出会えなかったのですが、ナポレオンやカメなど大物に出会えたようです。出会えた生物はナポレオン、シチセンチョウチョウウオ、ハナゴイの群れ、アオウミガメ、アワハダキモガニ、メガネゴンベ、クレナイニセスズメ、ハタタテシノビハゼとテッポウエビ、バラハタ、グルクンの群れなどでした。

Line_album_2023622_230622_11 Line_album_2023622_230622_12 Line_album_2023622_230622_13 今日のランチはなーべら(へちま)チャンプルー定食(ご飯と肉団子春雨スープ付き)です。船の上で炒めて、船上コックの光恵さんでした。今日はいつもに増して琥珀がピーピー鳴いています。この子はしゃべろうとするので、何かを訴えたいんでしょうね…。いつか1単語は話せるようになるんですかね。事務作業をしている間もずっとこちらを見て来ました。

Dsc04930Dsc04944Dsc04937_20230622180801Dsc04932_20230622180801 P6220041P6227693P6227679P6227674 3本目はマンタリベンジということで、マンタシティーにやって来ました。そんなに沖待ちの時間もなく入れました。引き続き光恵さんガイドで、大雅はアシスタントで潜りました。メインの根に先に待っているチームがいましたが、出ている様子はなく、少し様子を見ていました。マンタ待ちも含めている間他の生物を楽しみました。結局最後まで来てくれずでした。大雅も今年初めてマンタを外したので、かなりショックでした。出会えたのはルリホシスズメダイ、サンゴアイゴ、マジリアイゴ、クマノミ幼魚とミツボシクロスズメダイの幼魚、ハナビラクマノミ幼魚とイソギンチャクカクレエビ、ハマクマノミとタマイタダキイソギンチャク、チョウチョウコショウダイ、イッテンチョウチョウウオ、フウライチョウチョウウオ、ウミヅキチョウチョウウオなどでした。

Line_album_2023622_230622_15 Line_album_2023622_230622_16 帰りは早く帰ってきたので、久しぶりにこの時期からスタートのハウトゥリーさんへジャラートを食べに行きました。マンゴーも始まっていましたよ!!その後はPOPOに戻ってウェットスーツの採寸をしました。

ご参加いただきありがとうございました!今度はフリーのレベル1講習しましょうね!

Line_album_2023622_230622_9 明日からまた心丸Ⅱの工事が始まります。おそらく最後ぐらいになる大掛かりな工事ですね。これでしっかり完成になると良いのですが。ウィンチや警笛、サーチライト、タンク立などなど、盛りだくさんの工事です。

| | コメント (0)

2023年6月21日 (水)

2023.6.21

今日は、海神祭(ハーリー)の日でした。一昨日くらいに石垣島は梅雨が明けたと言われています。その通りで、海から上がってアスファルトの照り返しの上に来るともう暑くて暑くて!気温は30度と言いますが、体感温度はもっと高くなっているはずの石垣島です。ハーリー会場は朝から大漁旗がたくさん掲げられ、とても華々しい感じでした。その横を通り、今日も心丸Ⅱ出航です。

今日は、昨日はトライフリーダイビングに挑戦してくださったIさんはスクーバダイビング!そこへ、石垣島在住フリーダイバーのHIKARUくんがお客様2名様とボート乗り合いで出港です。40mを穏やかに潜れるポイントへお連れすべく、南西の風3~4mの中、颯爽と西表へ向かいました。波もない穏やかなお天気の日は、心丸Ⅱでは30分で着いてしまうポイントです。9時ころにはもうポイントに到着で感動でした。ポイント名は野原ドロップⅡです。

Dsc04857 P6217537 P6217561P6217566P6217551P6217546 P6217543 Iさんは私とマンツーマンで潜ります。フリーダイバーさん達のトレーニングがあるので、ブイを設置してあるので、ここでコースを変えて2本潜ります。リーフの際は水深4mほどなのに、そこからどーんと40mまでドロップオフになっている景色は圧巻です。今日はその中へスクーバで潜っていきました。最大水深28mまで下りて行くと水も綺麗で、可愛い生物がたくさんいました。1本目に出会えたのは、マルスズメダイ、シコクスズメダイ、オオフエヤッコ、スミツキトノサマダイ、シマキンチャクフグ、オウゴンニジギンポ、ヤシャベラ、ハナミノカサゴ、クロヘリアメフラシ、ゴイシギンポ、ハナゴイ、ユメウメイロの群れ、イラブウミヘビ、オオアカホシサンゴガニ、アオギハゼなどなどでした。

P6217600 P6217607 P6217604 P6217566 P6217584 P6217577 P6217590 2本目に出会えたのは、超超超かわいいアカククリの幼魚!このサイズはなかなか会えないので、感動しましたね~!他にも、ガラスh是、ウスモモテンジクダイ幼魚、ツバメタナバタウオ、ツノキイボウミウシ、ミドリトウメイボヤ、ワモンツツボヤ、メガネゴンベ、アカフチリュウグウウミウシ、ミスジチョウチョウウオ、ミスジハタタテダイ、アカツメサンゴヤドカリの脱皮した抜け殻、などに会ってきました。

Line_album_20230621_230621_3 Line_album_20230621_230621_5 上がって、ランチタイム。今日は、ハヤシライスをご用意しました。お肉が甘い美崎牛を使用しています。多いかなって印象の見た目ですが、皆さんペロッと平らげてくださいました。

Dsc04864_20230621235401 Dsc04891 Dsc04885_20230621235401 3本目は、HIKARUくんもお気に入りの座礁船へ。帰り道の浜島の近くにあります。今日は少し近くに停泊して、スクーバでも下から覗いてみました。凄い大きなスクリューが2枚折れていて、座礁した時の衝撃の強さをひしひしと感じました。この後、この船はどうなるのかな。解体すると聞いているけど、どうやって解体するんだろうと思いました。周りには関係なく水中生物がたくさんいました。出会えたのは、ゴマモンガラのクリーニングシーン、オオアカホシサンゴガニ、ヒフキアイゴ、ハナグロチョウチョウウオ、ミヤコテングハギ、コクテンフグ、トノサマダイ、カガミチョウチョウウオ、ギジベラ、フタイロカエルウオ、レモンスズメダイの幼魚、などなどに会って、楽しませてもらってきました。

Line_album_20230621_230621_0 Line_album_20230621_230621_1 今日もたくさん遊んで、フリーダイバーさん達も満喫していただけたようです。看板犬小雪もお世話になりました。今日は、この後プールトレーニングのご依頼を頂いているので、ちょっ早で片付けをし、明日の準備をし、買い出しをしてプールへ。18時からストレッチをしっかりやって、19時から入水、今日もしっかりトレーニングしてきました。けど、昼は海にも行った、というTさんは、今日はお疲れだったのか、初めて大きなコントラクションを引き起こしていて、お互いにちょっとびっくり。ウォーミングアップしてターゲットして75mも泳げてP.B.を出されたTさん。おめでとうございます。毎回みるみるうちに成長されています。引き続き、続けて行ってくださいね!コツコツ努力したことは体が一生忘れません。どんどん楽しんでスキルを伸ばしていきたいですね!また、よろしくお願いします!

明日は、Iさんの貸し切りです。その後は4日間心丸を陸揚げして電気系統などの設置期間です。Iさん、明日はマンタが見たいとのこと。会えるといいですね!!明日もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2023年6月20日 (火)

2023.6.20

Dsc04819 今日は、スクーバダイビングで以前ご利用いただいた神奈川のIさんが、今後フリーダイビングをやるかどうかで悩んでいて、一度体験フリーダイビングをしたいということで、SSIトライスクーバダイビングをお申し込みいただき、貸切にて心丸Ⅱ出航です。風は南風、穏やかな方で、竹富島の北側エリアへやってきました。8時にかもめ食堂に集合し、白保から駆けつけてくれたIさん。新しい船を見て感動してくださいました。まずは船を出してポイントまで行き、スタッフたいがくんがアンカリングしてくれます。珊瑚がきれいな場所なので、アンカーマンがいないとどうにもならないポイントなので助かりますね。

Line_album_2023620_230620_8 Line_album_2023620_230620_2 Line_album_2023620_230620_1 Line_album_2023620_230620_4 そして、ここで、ヨガマットを使ってのストレッチで体を整え、準備して行きます。こっちが固い、とか、こっちが痛い、とか、こっちに傾いている、とか、それぞれいろいろあります。色々あるのをストレッチでほぐして行くと不思議と心も体も楽になります。楽になったところで、早速水に入ります。まずはプラス浮力の確保。ウェイトの調整です。器材のフリーダイビングの全ての機材を使って、もう、格好はまさにフリーダイバーです!鯨とか行く時でも着れるかなぁとの質問に、もちろん!なので今回、採寸をして行くことにしました。最終日までに採寸しましょうね!

Dsc04831_20230620174701 Dsc04822 Line_album_2023620_230620_12 Dsc04846 Dsc04834_20230620174701 Dsc04845_20230620174701 Dsc04838_20230620174701 Dsc04849_20230620174701  満潮のこの時間、ここは透明度もとても良くて、気持ちがいい。最初は潜降ロープを8mくらいに設置し、フリーイマージョンで潜り始めました。そしたら、あらよあらよと上手になるIさん。覚えもいいので、すぐに水底まで到達。耳抜きも頭を下に向けてできる様です。素晴らしい才能をお持ちでした。そもそもヨガをしているとか、スイムもしているとか、フリーダイバーになるための基礎ができているので、サクッとこなしてしまわれたんでしょう。これはもう、フリーダイバーになるしかないですね!講習お申し込み決定ですね!笑 その後も順調にフォームを整えていき、なんと、最終的には10.1mを潜ってしまいました!1分以上潜っていても全然余裕のIさん。息が持つから、耳抜きに専念できるという利点もあります。良かったです!!

フリーダイビングをすると、細かいところも意識して体の使い方を知って行くので、スクーバダイビングにもとても役立ちます。潜るときはフリーイマージョンで、上がってくるときは姿勢を整えてフィンキックで上がって、両腕も伸ばしてスーッと綺麗に上がることもできました。これからが楽しみですね。気持ちよさとか、苦しくないこととか、いろんなことを知っていただけて、有意義な体験フリーダイビングができました。

Line_album_2023620_230620_14 Line_album_2023620_230620_13 Line_album_2023620_230620_15 船に上がって温かいシャワーを浴びて、着替えたら港へ戻り、アプリをダウンロードしてもらい、ログをつけていきます。このままこのアプリで学科もでき、講習していきましょうね!次に9月に来れるということなので、それまでにリモートで学科を進めることになりました。

明日明後日はスクーバダイビングをお申し込みいただいています。スクーバも思い切り楽しんでいきましょうね。梅雨が明けてかなり暑い石垣島。紫外線注意です!明日もよろしくお願いします!!

その後、私たちはpopo houseの清掃。買い出しもあり、ランチはきたうち牧場の焼肉ランチで元気をつけてから頑張りました!今日のお供のゆきも頑張った!夜は私は15ショップで集まる15選の定例会で真面目な話をしてきます。笑 今日もみなさん、お疲れ様でした。ありがとうございました!!

| | コメント (0)

2023年6月19日 (月)

2023.6.19~ノリノリ心丸Ⅱ~

本日のブログは大雅が担当します。

S__6815780 S__6815777 S__6815778 昨日の夜は酒肴や治流(ちる)という島食材と和食がテーマのお店へ光恵さんと行かれたようです。光恵さんもお気に入りのお店で楽しくご飯を食べたようです。

Line_album_2023619_230619_2 さて、今日は南南西の風で久しぶりに太陽も出ていて天気も良く、遠征日和!ということで、西表島方面へ行くことにしました。行く途中は少しうねっている所もありますが、ポイントの近くまで行ってしまえば穏やかです。前の心丸ではこの途中の所が超えられなかったのですが、心丸Ⅱは余裕で越えられてしまいます。出港時間も8時半前にできて船速も速いので、他のショップの大型船の後ろや前を走って、爽快に西表まで向かいました。

Dsc04769 Dsc04773 Gopr4704 P6197479 P6197458 P6197456 Dsc04789_20230619190601 Dsc04778_20230619190601 Dsc04783_20230619190601 Dsc04776 まずは嘉弥真島の辺りで潜ろうとしましたが、このまま西表まで行ってしまおうということで、1本目のポイントは野原(のばる)ドロップまでやって来ました。ガイドは大雅で、光恵さんはオーシャナのSさんと一緒にフリーダイビングで遊んでいました。スクーバのみなさんは地形派だと昨日言っていたので、ここでは折角なので地形をメインでアーチなどを存分に楽しむことにしました。透明度も良く、アーチの写真が映える日です。3本ほどアーチを楽しんで、途中の2本目は穴から出てくるとカメがお出迎えしてくれて、最高の出方になりました。出会えた生物はスミツキトノサマダイ、アオウミガメ、アサドスズメダイの群れ、ユメウメイロの群れ、グルクンの群れ、ミナミハタンポ、クロオビマツカサ、ロクセンスズメダイ、ハナゴイ幼魚、ミスジチョウチョウウオ、アミメフエダイ、ツノハタタテダイ、ツバメタナバタウオなどでした。

P6197493 P6197495 Gopr4743 Dsc04807 Dsc04802 Gopr4747 2本目は嘉弥真島方面へ戻ろうとしましたが、折角西表島まで来たのでもう1本この辺りで潜ろうということになり、ポイントを迷っていたら、ちょうど目の前に仲の良いショップさんがいて、電話をするとアンカーを打つポイントを教えてくれるということで、そこで潜ることになりました。ということで2本目は野原アーチにやって来ました。引き続き大雅がガイドで、光恵さんは調査潜水です。少し透明度が下がりましたが、サンゴがとても綺麗なポイントでした。途中、通り抜けそうな行き止まりのようなアーチを見つけて、行くか迷っていたら、先に調査で潜っていた光恵さんが行けるよということでGOサインを出したので、行ってみると奥深くまで繋がっていて、とても楽しいアーチでした。出会えた生物はアケボノチョウチョウウオ、ミカドチョウチョウウオ、アカククリのペア、ナポレオン、サンゴアイゴ、アオギハゼ、クロユリハゼのペア、ムスジコショウダイ、キイロハギ、ミヤコテングハギなどでした。

Line_album_2023619_230619_4 Line_album_2023619_230619_5 2本目から上がってお昼ご飯の時間です。今日のランチはじゅーしーご飯と豚汁でした。具材たっぷりの熱々豚汁は温まります。お隣の他の仲良しのショップさんは光恵さんに今日のランチは何ー?と海越しで聞いてきました(笑)。

Dsc04812_20230619190801 Dsc04810 P6197500 P6197527 P6197519 P6197522 3本目は浜島方面へ行くことにしました。北か東か迷いましたが、この時間干潮で東だと水深5mほどになってしまうので、座礁船が近くにある浜島北へ行くことにしました。今度は光恵さんガイドで、大雅はSさんとシュノーケルをしました。地形続きだったので、今度はマクロダイブでガイドしたようです。出会えた生物はアカツメサンゴヤドカリ、カスリヘビギンポ、オウゴンニジギンポの幼魚、ゴイシギンポ、チャイロヒメサンゴガニ、オオアカホシサンゴガニ、コノハガニの仲間、ハイイロイボウミウシ、クロヘリアメフラシ、アカククリ、アオギハゼ幼魚、ハタタテハゼ、アカハダキモガニ、テトラリア・キンクティペス(黒いカニ)などでした。

Line_album_2023619_230619_11 Line_album_2023619_230619_14 Line_album_2023619_230619_12 Line_album_2023619_230619_13 海から帰って来たら、R'storyさんに行きたいとのことだったのでそのままお連れしました。その間に大雅は器材の発送や明日のガソリンを買いに回っていました。ご参加いただいたみなさんありがとうございました!

| | コメント (0)

2023年6月18日 (日)

2023.6.18ワカシハーリーの日&オーシャナ取材の日

Line_album_2023618_230618_35 本日のブログは前半光恵さん、後半大雅が担当します。

Line_album_2023618_230618_13Line_album_2023618_230618_19Line_album_2023618_230618_37Line_album_2023618_230618_43 Line_album_2023618_230618_55 Line_album_2023618_230618_53 今日は日曜日、そして、ワカシハーリーの日。、ハーリーと言って海神祭のプレみたいな日で、漁師さん達が漁港で爬竜船をを漕ぎます。そんな様子はなかなか見れないので、みんなで早起きして見に来ることに。けど、9時から始まるとは聞いていましたが、早く来過ぎてしまったみたいで、会場には誰もいなくて、朝ごはん食べたりしてのんびりして待ちました。南風が暖かく気持ちがいいです。

そしてもう一つ、今日はオーシャナさんの取材の日でもあり、那覇から来る飛行機を待ちます。それもあって朝はのんびり。8:30になってもまだ準備始まらないけどーと思っていたら、ようやく人がぽちぽち集まってきました。良かった。本当にやるのかな?なんて思っちゃいました。結局ハーリー始まったのは10時!待ったなぁ。みんなお腹すいちゃったので、スイカさんからのお土産とパイナップルで飢えを凌ぐました!

(ここから大雅)

Dsc04671_20230618184601 P6180001 P6180022 Dsc04715_20230618184601 P6180037 Dsc04682 P6180007 Dsc04669 さて、そんなこんなで船に戻って来たのは11時ごろでした。急いで器材のセッティングをして出港です。風は相変わらず南南西の風だったので、まずは竹富北方面へ行くことにしました。もう10分もしないほどで到着です。前の心丸のスピード感に慣れてしまっているSさんはお昼寝をしようと思ったら、もう到着⁈ということで寝る間もないくらいに早いです。1本目にやって来たのは竹富海底温泉です。Rさんは初めて潜るということで、かなり楽しみにされていました。ガイドは光恵さんで、大雅はアシスタントとカメラ係です。水中に入ると、いつものハマサンゴの前のクサビライシで作られた「温泉」という文字で記念撮影をして、温かい温泉が湧き出ている所までのんびり泳いで行きました。帰りは水底から湧き出ているエアーカーテンを楽しんでから帰ってきました。出会えたのは、モンツキスズメダイ、セナキルリスズメダイ、ゴカイの住処、温泉、サカサクラゲ、ヤッコエイ、エアーカーテン、ホシテンスの幼魚、きれいな形のハマサンゴ、トガリエビス、オニハタタテダイ、ハタタテダイ、キンギョハナダイなどでした。

Line_album_2023618_230618_1 Line_album_2023618_230618_64 Line_album_2023618_230618_67 ハーリーも見て、出港時間も遅かったので、みなさんお腹ペコペコとのことだったのでここでランチにしました。今日のランチはカルビ肉のあんかけ焼きそばでした。ご飯を食べたら、お腹の休憩は船の移動中にしていただくとして次のポイントへ向かいます。みなさんからマンタリクエストがあったので、石崎のマンタ方面へ行くことにしました。移動中はみなさんお昼寝と、取材のオーシャナさんは光恵さんに取材タイムでした。

Dsc04751 Dsc04730_20230618184701 Dsc04743_20230618184701 P6180064 Dsc04757 P6180106 やって来たのは、マンタシティーです。今日も沖待ちがあると思いきや、船が3隻しか停まっていなかったので、すぐにアンカーをかけられました。マンタブリーフィングもして、エントリーです。メインの根に行くと、すでにマンタが!その後も入れ代わりマンタが来たりして、WAKE今年最高記録の合計7個体のマンタに出会うことができました!ラッキーな日です!途中グルクマの群れに出会って、光恵さんがスレートに「群れが出ています!、もう行きすぎてしまったので、また今度見せますね」とスレートに書いた所、主語がなかったようでみなさんマンタの群れのことを指しているのかと思って、今日はマンタ見せてくれないのかということで、水中でがっかりしたようです。しかし上がって来てから話している時に、この謎は解決したようでみなさん大笑いでした!(この話は光恵さんにブログに書いてと言われたので悪しからず。)

Gopr4699 Dsc04761 Dsc04767_20230618184801 P6187448 P6187432 P6187438 そして、次に待っている船もいたので、さっさとアンカーを上げて次のポイントに移動しました。今度は崎枝半島のビッグアーチにやって来ました。少しお疲れのRさんは船でお休みです。光恵さんガイドで、大雅は船でホームページの修正とブログを書いていました。どうやらSSIのフリーダイビングのライセンスの名称が変わったようで、これを書き直していました。レベル1は「フリーダイバー」に、レベル2は「アドバンスド・フリーダイバー」に、レベル3は「パフォーマンス・フリーダイバー」などに名称変更されたようです。すでに取得されている方は既存のものでちゃんとアップデートされているので安心してくださいね!一方水中班はアーチの地形を楽しめたようです。ただ、ちょうど太陽が隠れてしまって最高の状態にはならなかったようです。出会えた生物はイシガキカエルウオ、ツノキイボウミウシ、ソライロイボウミウシ、イボヤギイトカケ(貝)、ソリハシコモンエビ、アカマツカサ、オヤビッチャの群れ、イッセンタカサゴの群れ、ビックアーチ、アマチョウチョウウオ、セダカギンポ、イナセギンポ、テンクロスジギンポなどでした。

ご参加いただいたみなさんありがとうございました!

| | コメント (0)

2023年6月17日 (土)

2023.6.17~New器材デビュー日和~

625e6def21ec4ce8a4686124604eaef1 本日のブログは大雅が担当します。
中々晴れない日が続きます…。石垣は明日か明後日に梅雨明けしそうで、ようやく本格的な夏がやって来そうです。そして、明日はハーリー大会があるようです。
海のほうは一昨日から引き続きのAさんが朝からご参加です。そして、大雅は4月のマリンダイビングフェアで購入してから中々開封できていなかったマイTG6をデビューさせてと光恵さんに言われたので、船で箱を開けて、セッティングして今日ようやく進水式をすることになりました。お祭り価格でこれ以上にないくらいすごくお得に買えたのでラッキーです。さっそく船に積んでいる大型バッテリーで充電しました。
Dsc04603 Dsc04605 Dsc04607_20230617180701 Dsc04610P6177351P6177364P6177349P6177358 器材もセッティングして、準備ができたら出港です。風は南南西だったので、まずは名蔵湾に入って行くことにしました。Aさんはマクロ派で深場でも良いとのことだったので、モエギハゼをお見せするために秘密の根にやってきました。船の下は深いので、船の前の方のアンカー辺りで耳抜きや呼吸を整えてからディープに向かいました。15mぐらいで急に海水が冷たくなって、海の色も真っ青に変わりました。モエギハゼがいる所についてさっそく探し始めると、台風前まではいなかった、小さな幼魚がいました。この子はライト慣れもしていて、デコが出な程度にじっくり観察できました。その後成魚も見つけて、十分にモエギハゼを堪能できました。帰りはゆっくり窒素を抜きながら浅瀬に戻ってきて安全停止もしながら、残りの時間も楽しみました。出会えた生物はグルクマの群れ、モエギハゼ幼魚〜成魚、ソリハシコモンエビにクリーニングされているアオノメハタ、イソギンチャクモエビ、ツユベラ幼魚などでした。
Line_album_2023617_230617_2 Line_album_2023617_230617_1 潜り終わってから、今日到着の方を迎えに一度帰港します。ここから、KさんSさんRさんの仲良し3人組さんが合流です。Sさんは白のバラクーダフィン、Rさんはワープフィンを今日からデビューです。大雅のTGも充電できたので次からデビューで、みなさん新品器材のデビュー日ですね。風は同じく南南西だったので、浜島方面へ行くことにしました。
Dsc04616_20230617180701 Dsc04621 Dsc04626 Dsc04628_20230617180701 Dsc04633P6170040P6170043P6170016P6170009 2本目にやって来たのは三ツ石です。マクロ派のAさんは光恵さんガイド、ワイド派の3名様は大雅ガイドで、2チームに分かれて潜ります。光恵さんチームは深場の方へ行ってじっくり楽しんで、大雅チームは久しぶりのダイビングの方もいるので、あまり深い所には行かないで、景色やサンゴ礁も楽しみながら潜りました。光恵さんチームが出会えたのはセナキルリスズメダイ、クマノミ、オシャレカクレエビ、ハナゴイの群れ、アマミスズメダイの群れ、ハナグロチョウチョウウオ、ナミスズメダイの卵、ヒトスジギンポ、ゴイシギンポ、スナギンチャク、イソギンチャクモエビ、アオギハゼ、ドクウツボ、マスクマンホヤ、ニセアカホシカクレエビなどでした。一方大雅チームが出会えたのはハナゴイの群れ、アマミスズメダイの群れ、ヘラルドコガネヤッコ、ヤリカタギ、アサドスズメダイ幼魚、ナミスズメダイ幼魚、セナキルリスズメダイ、クマノミファミリー(10匹)、ニセアカホシカクレエビ、オオアカホシサンゴガニ、めがねゴンベ、タテヒダイボウミウシ、クレナイニセスズメなどでした。
Line_album_2023617_230617_6 Line_album_2023617_230617_5 Line_album_2023617_230617_11 2本目から上がってお昼ご飯です。今日のランチはクリームシチューとピラフです。お腹ぺこぺこの皆さんはあっという間に完食でした!そしてデザートにパインを切りました。久しぶりに大きなパインでした。ご飯の後は皆さんお昼寝タイムです。次のポイントでアンカーをかけ終わるまでぐっすり寝ていました。
Dsc04639 Dsc04645 Dsc04649 Dsc04662P6177421P6177416P6177413 今度は光恵さんガイドで1チームで潜ります。窒素の溜まっている大雅は船でパソコン作業です。やって来たのは竹富北エリアの天竺にやって来ました。スカジテンジクダイのテンジク(天竺)です。群れにたくさん会ったようです。出会えたのはキンセンイシモチ幼魚の群れ、ネッタイミノカサゴ、ヤッコエイ、スカジテンジクダイの群れ、シロブチハタ幼魚、リュウキュウキッカサンゴ(キャベツサンゴ)、サカサクラゲなどでした。
ご参加いただいたみなさんありがとうございました!午後からは少し晴れ間も見えて良かったですね!明日はダイビングのウェブサイトのオーシャナさんの取材が入ります!心丸Ⅱの魅力を見ていただきます。

| | コメント (0)

2023年6月16日 (金)

2023.6.16

Line_album_20230616_230616_9 Line_album_20230616_230616_11 今日は心丸Ⅱを一人で出す2回目。南風で風も強くない予報だったので、スッタッフ大雅くんをお休みにして、って計画だったのに、朝になると予報はまた変わっていて、南風8mまで上がるじゃん!!ということで、気合を入れて準備して出航したら、8時20分には港を出ていてびっくり。私の中最速でした笑 昨日夕方、満潮時を使って一度船を上げてメンテナンス。ドレン抜きと言って、雨水やダイバー濡れた体からでた水など、本来は持ち運ばなくて良いはずの水を抜いて、しっかりカラカラに。ついでにたくさん掃除もできました。ガソリンもモンタン。だから、安心して早朝から出航できたのでした。船を走らせても軽くなったのか、バランスも良くなり、回転数と速度が昨日と比べ物にならないほど滑るように船が進み、快適です。先にでた船を追い抜くことも出来、今まででは考えられない時間の使い方ができるようになりました。この積み重ねは大きく違ってきます。

Line_album_20230616_230616_2Line_album_20230616_230616_19  Line_album_20230616_230616_3 そんな、ドレン抜きもして、船を下ろした後急いでショップに帰ってランチの片付けをし、パソコン仕事は大雅くんにまかっせて、昨晩は島イタリアンいゆでお客様と会食会でした。少し遅れてしまった私に、『進呈就航祝い」と言ってくれて白ワインもご馳走になって、船にとお守りもいただきました。お礼に行かねば、と話すと、とても辺鄙なところにあるからなかなかいけないのだそうで、マップで探したらダイブ田舎らしい、、、それはそれで自転車とか持って、気楽に回ってみたいなとも思いました。そんなこんなで、イタリアンをめちゃくちゃ満喫して、Yさんだけ先に帰ってしまうので、朝のお迎えの時でお見送りでした。また、待ってますね、遊びに来てくださいね!

Dsc04559_20230617150101 Dsc04562 Dsc04563 Dsc04574 Dsc04577 Dsc04566_20230617150101P6167183P6167198P6167171P6167161P6167193 心丸Ⅱは洗足が早いので、あっという間に御神崎灯台近くまでやってきました。1本目は、地形もマクロも楽しめるオープンハートへやってきました。一番乗りでした。上がってきたら周りに船がいっぱいで囲まれていてビッっくりでした。水中はここは水温1℃上がり、27℃、暖かく感じます。透明度はあまり良くないのと、曇っているので、水中は暗い感じがして、地形の水路に入るかどうするか悩みましたが、入ることにしました。皆さんそれぞれライトも持っていたし、ライトがあれば、そんな暗い感じでも楽しめます。とは言っても透明度は20m以上はあります。出会えた生物は、アサドスズメダイ幼魚、アオウミガメの子供、セナキルリスズメダイいっぱい、オウゴンニジギンポ幼魚は逃げ過ぎて撮影は無理!笑 他にもタスキベラの幼魚、サラサエビの仲間、クビアカハゼ多分寄生虫付き、ミナミハタンポの群れ、ソリハシコモンエビ、ウスモモテンジクダイの幼魚いっぱい発生、トノサマダイ、ヤライイシモチ幼魚、ツバメタナバタウオ、アオギハゼ、キヌハダウミウシ属の一種の30〜32くらいのどれか笑、アカホシイソハゼ幼魚、などなどに会って楽しんできました。

 Line_album_20230616_230616_8P6167236Dsc04586Dsc04583P6167211Dsc04590P6167207 2本目は、今日は南風だから石垣島を北上してマンタに会いにいこうと話していたのもあり、マンタシティへ向かいましたが、とても混んでいて沖待ちが長そうだったので、素通りして、マンタスクランブルへやってきました。ここ出会えたらラッキー!会えなかったら次にシティに行こうという計画。これで行くとまたないので、上がってきてちょうどお昼12時頃、ランチもゆっくり出来るし、お湯も作れるし、タンクも注文できるし、やはり正解の計画でした。もちろん、ドンピシャにいい場所に停泊できたので、マンタにも遭遇。勘は当たった!4枚のナンヨウマンタにコバンザメもくっついていました。貸切だし、目の前をぐるっと回ってくれて近かったし、良かったですね!他には、ユメウメイロの群れ、クロユリハゼの幼魚の群れ、クマノミ、ソリハシコモンエビ、アオノメハタ、アワハダキモガニ、イシガキカエルウオ、クギベラ幼魚、キツネベラ幼魚、サラサゴンベセダカゴンベ、アカツメサンゴヤドカリなどに会ってきました。

 Line_album_20230616_230616_17 Line_album_20230616_230616_18 Line_album_20230616_230616_16 お昼ごはんは、リクエストの軟骨ソーキ油脂豆腐そばでしたが、今日は、それよりも二倍もお値段のするスペアリブを使っての蕎麦だったので、スペアリブソーキ油脂豆腐そばでした笑 けどしっかり、骨の近くに軟骨も少しくっついていました。出汁はちゃんと取れていて、味は一緒でしたので、良かったです。お腹もいっぱいになり、3本目の準備をしたら、お昼寝タイム。これも、気持ちがいいもので、疲労も回復します。これができるのもタイムコントロールが早め早めにできるようになったからですね。タイムイズマネーですね。

Gopr4677 P6167297 P6167333  P6167273P6167317P6167342  さて、だいぶ体もスッキリしたので、3本目のポイントへ向かいます。ビックアーチにやってきました!ビックアーチで地形のポイントですが、全員マクロ目線でめっちゃマクロを楽しんできました。笑 出会えたのは、イッセンタカサゴの群れ、マルスズメダイ幼魚、エリグロギンポ、コウワンテグリかな?フタイロカエルウオ、コクハンアラ幼魚、オオアカホシサンゴガニ、ムカデミノウミウシ、セイテンイロウミウシ、ミガキブドウガイ、カノコイセエビ、コールマンウミウシ、イッセンタカサゴの群れ、ソメワケヤッコ、ハタタテハゼの幼魚、クギベラ幼魚(3段階目くらい)、などなどに会ってきました。地形ポイントでのマクロ探しが面白すぎました〜。こういうマニアックな生物にちゃんと食いついてくれるお二人、大好きです笑。はぁ、楽しかった。

今日は、一日中どんよりとした曇りでしたが、雨に降られることなく過ごせたのは良かったです。やはり雨は好きではないなぁ。けど、ライト大活躍のお陰で楽しかったですね。これで3日間潜られたHさんは明日は帰ってしまうけど、足の手術からの復帰戦、楽しんでいただけたようだったので、良かったです。また、石垣島へ遊びにいらしてくださいね!ありがとうございました!Aさんは明日まで。明日も楽しみましょ!!明日もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2023年6月15日 (木)

2023.6.15〜ロコロックで大長編〜

Line_album_2023615_230615_0 本日のブログは大雅が担当します。

最近天気も安定していなくて曇りが続いていて、なんだか寂しい感じがします。早く梅雨が明けるといいですね。

昨日からご参加のHさんYさんの2名様を乗せて出港します。風は北寄りの風2mなので、竹富南エリアに向かいます。お気付きの方もいらっしゃると思いますが、最近出港時間を30分ほど早めて8:30前には出港できるようにしています。そうするとポイントとかも空いていて、好きな場所に行けるのでとても良いです。なので、今日も8:20ごろに出港しました。早めに出たのですが、港内では他の船とも結構すれ違って、みんな出港時間が早いなと思いました。竹富南エリアに到着するともうすでにアンカーをかけてる先着の船が数隻いました。さらに出港時間が早いショップさんもたくさんあるんですね。

Dsc04444 Dsc04445 Dsc04454_20230615191901 Dsc04485 Dsc04447_20230615191901 Dsc04475 P6157044 P6157060 P6157069 P6157021 P6157015 P6157028 そんな中、1本目WAKEチームはじゃがいもの根にやって来ました。ガイドは光恵さんで、大雅はアシスタントです。今日も風向きがぐるっと回りそうなので、アンカーも3つでしっかりと船を止めました。水中は少し濁っていましたが、昨日よりも水温が高く、のんびり潜れました。途中浅い水深に深場にいるはずのシテンヤッコがいて珍しい光景が見れました。出会えた生物はハタタテハゼ幼魚〜若魚、チリメンヤッコ、アカラヤッコ、ホシゴンベ、オトヒメエビ、オトメハゼ、ミスジリュウキュウスズメダイ、チンアナゴの頭、ハナミドリガイ、シノビハゼ、デバスズメダイの群れ、テングハギモドキ、サカサクラゲ、シテンヤッコ、スカシテンジクダイの群れ、キンセンイシモチの幼魚、イシガキカエルウオ幼魚などでした。

Dsc04489_20230615192101 Dsc04494_20230615192101 P6157094 P6157084 2本目はポイントを変えずにコースを変えて潜ります。今度は砂地方面へ。ポイント名は裏じゃがいもです。マクロ好きのお二人なので、砂地でのんびりマクロ探しをしました。エア持ちもすごく良いので少し長めにじっくり楽しめました。出会えた生物はヒメダテハゼとニシキテッポウエビ、タコベラ、サザナミフグ、ホオセキキントキ、モンダルマカレイ、セイテンビラメの幼魚、サザナミフグ、サラサハゼ、タスジキヌハダウミウシ、ツチボセリ、キカザリサンゴヤドカリなどでした。

Line_album_2023615_230615_1 Line_album_2023615_230615_4 Line_album_2023615_230615_2 2本目から上がったら今日到着の方をお迎えに一度帰港します。今日のランチは鶏そぼろ塩ラーメンです。なんか久しぶりな感じがしますね。ご飯を食べたら、船の移動中にお腹は休ませてもらうとして、すぐに再出港です。今度は南よりの風です。最近本当に風がぐるぐる回ります。

Dsc04506 Dsc04555_20230615192201 Dsc04547_20230615192201 Dsc04528_20230615192201 Dsc04523 P6157127 P6157102 P6157138 P6157118 P6157105 P6157154 P6157140 3本目は名蔵湾に入って、ロコロックにやって来ました。連日の雨のせいか、先ほどより透明度がかなり下がりましたが、生物がたくさんいるポイントなので、飽きないです。深場のコモンシコロサンゴをいつもよりも長くじっくり楽しんで、それでもみなさんエアが残っていたので、浅瀬のエリアもじっくり楽しんで、潜水時間は60分ほどの大長編でした。出会えたのはウミギクガイモドキ、ユビエダハマサンゴの群生、クサビベラ、クラカオスズメダイ、キクメハナガササンゴの群生、クロオビアトヒキテンジクダイ、カニを食べているヤライイシモチ、ユメウメイロ若魚の群れ、ニセアカホシカクレエビの幼体、ホウセキキントキ、アカメハゼ、キンセンハゼ幼魚、アカククリ、ネオンテンジクダイ、クマノミとイソギンチャクモエビ、ミカドチョウチョウウオ、クロスジベラなどでした。

ご参加いただいたみなさんありがとうございました!そして今日の夜は島イタリアンいゆさんへみなさんでお食事に行きます。光恵さんもすごく楽しみそうな様子でした。

| | コメント (0)

2023年6月14日 (水)

2023.6.14梅雨明けまじか?!

Line_album_2023614_230614_0 Line_album_2023614_230614_1

今日は着後のHさんとYさんと、昨日に引き続きフリー講習のSさんを海にお連れします。出港時間は到着のお二人に合わせて、朝はゆっくりです。朝9時30分にSさんをお迎えして、先に光恵さんとストレッチをしました。大雅は車に荷物の積み込みをしてから先に出発して、POPOの掃除と船を洗ったりしていました。そうこうしている内に、あっという間に11時になって、HさんYさんが空港からタクシーで港までいらっしゃいました。今日も、また風が回る予報で朝から暴風吹き荒れていた石垣島です。ちょうど合流した頃はまだ、南南西の風、カーチバイが強く吹いていました。

Line_album_2023614_230614_2 なるべく時間の経過を経てから出港した方が穏やかになるの予報なので、エンリッチの学科を船の上で済ませたいお二人は先にお話を聞いてもらいました。納得して、今回はエンリッチを使ってのダイビングを催行して行きます。

フリーダイバーの光恵とSさんはランチも何も食べない方が良いので我慢我慢。ようやく風邪も少しマシになった頃に出港して行きました。

Gopr4616 Gopr4622 Gopr4621_20230614184301 フリーダイビングチームが今日やったことは、1本目、まずはフリーイマージョン。今日も耳抜きは調子良さそうです!ただ、昨日より雨の影響なのか、水温が2度下がっていました。これにはアンカーマン大雅くんも「冷た!」耳抜きにも少し影響するかなと思いきや、今日は目標の10m越えを何度もこなすことができ、ダックダイブもすごく上手になりました!やった!潜水時間は40秒、落ち着いて出来て、最後にはアームストロークオンリーでの浮上も10mからこなしちゃいました!流石!

Dsc04419 Dsc04428 Dsc04421_20230614184201 Dsc04420 P6146990 P6146974 P6146983 Dsc04434 P6146954 P6146961 一方、ダイビングチームはファンをしながらナイトロックスタンクを使って講習もしました。水中で吸い心地は?と聞いてみると「うーん...」という表情でした(笑)。しかし、ナイトロックスは上がって来てからの疲れ方が違うので、今日帰ってからいつもとの違いを体感していただけると思います。出会えた生物はアカメハゼ、モンツキスズメダイ、デバスズメダイの群れ、ヒレナガスズメダイ幼魚、キツネゴンべ、ハイイロイボウミウシ、チゴベニハゼ、ヤドカリのバトル、サカサクラゲなどでした。

一度、休憩を入れてから、ココアなどを飲み、カロリーも摂取、トイレにも行って、ダイバーチームは、遅めのランチを先に食べてもらいました。今日のランチは、ハヤシライスでした。このところ島の人からもらったパイナップルがあったので、それもおやつにいただきました。美味しかったですね。 

Gopr4619 Gopr4624_20230614184301 Gopr4623 今日は悪天候で、南南西の風から北々西へ変わる予報。風は落ちてはきますが、風が変わると言う事は、前線が通過すると言うのが予想されます。なのでアンカーは、1本は打ってもらって1本は水底のロープをとって、いつでも風向きが変わっても対応できるようにしておきました。案の定、2本目のフリーダイビングのトレーニング中に雨が降り、ちょっと心も落ち着かなかったですね。2本目の課題は、10メートルからのマスクなし浮上とブラックアウトレスキューでした。

Dsc04440 Dsc04437 P6147005 P6146995 P6147009 一方2本目のファンチームの出会えた生物はキイロサンゴハゼ、コナユキツバメガイの仲間、ネッタイスズメダイ、ヒメダテハゼとテッポウエビ、デバスズメダイ幼魚の群れ、コクテンフグ、ニセアカホシカクレエビなどでした。

その後は、急いで港へ戻り、5時30分からあけぼのを予約しているといお二人が間に合うようにと先に送り、ぎりぎり間に合ったそうです。あけぼのも満喫できて良かったですね。ちょっとお腹がすく前に夕飯になってしまったかも!!けど、今日は、早くに出てきたと思うので、早く寝れると思うので、たくさん休んでくださいね!お疲れさまでした!

Gopr4639 Gopr4640 Gopr4653 Gopr4652 一度ショップに戻って、お皿の片付けとPopo houseのリネンを干したり、明後日のそばだしの軟骨ソーキをに始めたりし、大雅は写真の転送や充電をして、みつえはSさんをお迎えして夕方からもプールでフリーダイビング!体力鬼!なSさんです!昨日今日と海洋でガッツリトレーニングして、そこからプールですもんね~、流石トライアスリートです。目的のレベル1は学科も実技も終了し、認定となったので、このプールトレは本当にトレーニングのみ!スタティックしたり、中性浮力の調整したり、ダイナミックしたり、ターン練習したり、ログ付けをきちんとして解散となりました!

S__6676505 S__6676504 S__6676502 いつものNさんからお預かりしている手書きのトートバックの中に、犬達がたくさんいる絵の物があって、それをお見せしたら「欲しい!」と言ってもらえて、今度はパグだけのを作って欲しいとリクエストまでいただきました!伝えておきますね!気に入ってもらえて良かったです!また素敵なフリーダイバーが誕生した夜でした!体が忘れないうちに、また、石垣島へいらして海もプールもトレーニングしに来てくださいね!ありがとうございました!(そして、娘さんや息子さんのご結婚おめでとうございます!)また、石垣島でお待ちしています!!今日も皆さん、ありがとうございました~☆

 

| | コメント (0)

2023.6.13海洋フリーダイビング講習

Line_album_2023613_230614_15 Line_album_2023613_230614_13 Line_album_2023613_230614_16 Line_album_2023613_230614_17 Line_album_2023613_230614_19 Line_album_2023613_230614_23 今日は、朝からものすごくお天気が不安定。というのもこの時期、良くあることで、梅雨が明ける前兆。度さーっと雨が降り、風がぐるぐる回り、もうすぐ来るハーリー(海神祭)の鐘が鳴ると同時に梅雨が明けると言われています。そう、もうすぐハーリー!楽しみ!!そんな今日は、Sさん貸し切りで船を出して、フリーダイビングレベル1の海洋実習を予定していました。ですが、この雨と強風。。。そして、スタッフ大雅は用事もあり、休みにしている、、、これでは今はまだ船は出せないと判断し、朝ごはんも食べないで準備してたSさんに急遽連絡。朝は少し食べて。それで様子を見ていましたが、まだ風は止まず、天気予報は少し後ろにずれてきたようだったので、午前中はガッツリストレッチ。そして、お昼ご飯を食べようということになりました。何か、お土産などで買い物がないか聞くと、「サンキに行きたい」とのこと。歩いていくには時間がかかる距離だし、それならばと一緒に向かうことに。お目当ての物はなかったけど、ときどき探しておきますね!サンキに寄る理由が出来てしまった~笑

Line_album_2023613_230614_14 その後はなかよし食堂でランチ。二人共豆腐チャンプルーを頂きました。安すぎてびっくり。開店と同時にどんどんお客さんが入っていました。お腹いっぱいになって、まだ船出せなさそう。他のショップの船長さん達も「みんな大丈夫?」というやり取りしている中、やはり無理はしないでおこうと決め、一度ホテルへ送り、お昼寝してもらうことに。ストレッチもトレーニングみたいなものだから、グーグー寝て、実技に備えました。これがとても良くて、元気な状態でようやく15時ころに出港。

Gopr4590 Gopr4592 Gopr4595 Gopr4594 Gopr4593 Gopr4597 Gopr4598 Gopr4599 他の船長さん達も、「名蔵湾はべた凪」と教えてくれ、安心して船が出せました。向かったのは、名蔵湾ロコロックです。北西の風で独特なので、バラスにそーっとメインアンカーを下ろしておいて、呼びアンカー持って飛び込み、アンカリング。いつも大変な作業してくれている大雅君。まだ修業は続くけど、体力消耗はやはりしますよね、感謝だな。時々変わってあげよう。交代でやれば少しは負担が減るかな、と思ったのでした。

Line_album_2023613_230614_11 そして、フロートを船の後ろへサーフェスラインでつなげれば準備完了。ちょうどいい水深に設置できました。それでは講習開始!まずはフリーイマージョンで耳抜きが出来るかどうかを探りながら1本1本丁寧に修正を入れて行って、課題はひとつづつ。あっという間にフリーダイバーの動きが出来るようになったSさんでした。耳抜きも問題なし!最大9mまで潜り、潜水時間も伸びました!心配していた、潜れるのかなっていう疑問はもう持たなくていいですね!

Line_album_2023613_230614_9 少し休憩して、2本目は、フリーイマージョンで潜りこんで行って、フィンキックで上がって来るコンスタントを半分入れた練習。フィンキックや流線型のフォームをしっかり形にしていきました。マスクなし浮上の練習も入れ、アームストロークオンリーでも浮上もやってみると、とても上手にできたSさんでした。足のつりの治し方も伝授。バディのことも考えられるいいフリーダイバーに向かってぐんぐん成長されていました。

Line_album_20230614_230614_1_20230614235201 Line_album_20230614_230614_0_20230614235201 帰ったら、今日はもう寝る!というSさんなので、大雅とミーティング兼ね、バガブンドへ行ってきました。出航をだいぶ遅らせたため、お見せ到着が遅れてしまいましたが、大雅が先に行って待っていてくれました。念願のお店に来れて良かったね。パソコンも持参して、少しお仕事も。教材バングルを送ったり、その時間に屋良にといけないこともあり、さくっと。お料理はどれも絶品で本当に癒されました。ご馳走様でした。これで元気もチャージでき、明日も頑張ります!Sさん、明日もよろしくお願いしまーす!!

| | コメント (0)

2023年6月12日 (月)

2023.6.12~雷ゴロゴロ大崎~

Dsc04383_20230612175001 Dsc04354_20230612175001Dsc04374_20230612175001Dsc04359_20230612175001Dsc04391P6126853P6126858Gopr4575Gopr4568 今日は、Aさん貸切でファンダイビングです。昨日の子供祭りのこともあり、ブログなどが完成していない中、1本はディープしようよってことになり、スタッフ大雅もゲストのように一緒にガイドされる側に。ガイドされるとゲストの気持ちが分かる!をモットーに歴代ガイドさんたちにはたくさんガイドしてきました。たくさん勉強になると良いな。

さて風は、東風緩やかで、まるで水面はツルツルの凪。良いですねぇ。ただ、予報では、ぐるぐると風が回る予報。なぜかというと、雨が降ったり止んだりするからなんでしょうね。なので、トモロープも取って、3方から船を停泊させて固めて行きます。この時間の大崎は、濁っていました。そして、本当ならナカモトイロワケハゼをご案内しようかと思いましたが、、ちょっと向かいの流れがあったので、行くのはやめました。別に流れがないときに行けば良いんだからね。てことで、最大水深は32mくらいでした。出会えたのは、ダンダラダテハゼ、ハチマキダテハゼの幼魚と寿テッポウエビ、リングアイジョーフィッシュ、ハマクマノミ、ハワイトラギスの幼魚、ヘラルドコガネヤッコ、ハナゴイの群れ、アカネハナゴイの群れ、アカヒメジの群れ、スミレナガハナダイの幼魚、ニシキオオメワラスボ、アオヤガラなどなどに会って楽しんできました。いやぁ、楽しかった。

Dsc04389_20230612175001 Dsc04351_20230612175001P6126878P6126885P6126859P6126872P6126866 2本目は、あまり深く行かないコースでミノカサゴの宮殿で潜ります。ガイドは引き続き光恵。大雅は船の上でやることいっぱい。今日は雨が降っている中での休憩だったけど、少しの時間だけ雨が止んだのでガソリンを給油したら、終わると同時にまた雨が!良かった、良かった!他にも、Amazonで買ったものがトラブルがあったのを処理してもらったり、ダイビング屋さんて、なんでもやることが1日だなぁ。

水中の方は、相変わらずの暖かい28℃もある水温で、今日は陸よりも中がいいかも!出会えたのは、大きな大きなコバンザメ!水底に横たわって寝ている感じでした。しばらく動画も取れました。泳ぎ始めたとしても体おもた目ですぐに休んでしまう感じで、あまり逃げようとする気配ではありませんでした。そのあと、また別のコバンザメ2匹にもで会いました。なんだかこのポイントには今多い見たいです。その後も大物も続きます。ヤッコエイがいたり、グルクマの群れが通ったり。小物だと、ミゾレウミウシや、ヤマブキスズメダイ、ウコンハネガイ、ハマクマノミ、アカネハナゴイの群れ、アナモリチュウコシオリエビ、マルスズメダイ、ニジハタ、バサラカクレエビなどに会って来ました。

上がってお昼ご飯は、今日はハヤシライスをご用意しました。ブロッコリーが少ないだなんだと親子喧嘩みたいになっていたスタッフ同士でした。ブロッコリー少ないクレームしたのは光恵で、ランチの用意をしたのは大雅でした。盛り付け方の練習もしないとね。

Dsc04399Dsc04401 Dsc04407_20230612175001 Dsc04415 P6126900 P6126904 P6126921 P6126930 3本目は、ガイドを交代して大雅がガイドで潜ります。その間みつえは、船の上でブログ作成。なぜかというと、今晩はプールトレーニングがあるから。お昼休憩しながら、3本目へ移動しているタイミングで雷がゴロゴロ。。。なんだかやっぱり、お天気は不安定な日でしたが、風が強くないところがラッキーな所でした。休んだら、3本目のポイントはオオハマサンゴの根で潜ります。出会えたのは、ハマクマノミとクマノミ、オグロトラギス、オオハマサンゴ、アカマツカサとクロオビマツカサの群れ、アカククリの群れ、ハナヒゲウツボの幼魚、ウスモモテンジクダイの群れ、ミツボシクロスズメダイ、ソリハシコモンエビ、オグロクロユリハゼ、ガラスハゼなどでした。

| | コメント (0)

2023.6.11~ファンとフリーとお祭りと~

本日のブログは大雅が担当します。
Dsc04284 Dsc04285 Dsc04290 Dsc04293_20230612130501 Dsc04298_20230612130501P6116750P6116756P6116761P6116774 船のエンジニアさんがお忙しくて、中々心丸Ⅱの細かいところまで完成しないで8割止まりの状態がずっと止まっています。もう我慢できなくなってしまった光恵さんは、自ら船大工をすることにしました。ということで、エンジニアさんにインパクトをお借りして、朝からドリルを持っています。まずは、座席後ろの排水が悪い場所の抜け道の穴を作りました。部厚くて意外と開けるのが大変なようで、大雅が船の荷物を積んでいる朝の時間だけで2つ穴を開けるのに一苦労でした。そうこうしている間に昨日からご参加のOさんご夫婦が到着されました。
今日は朝の時間はお二人の貸し切りです。風は南寄りの風だったので、竹富南エリアに行くことにしました。朝早い出港だったので、一番乗りかと思いきや、もうすでに3隻ほど先着がいました。ということで1本目にやって来たのはヨスジの根です。ガイドは大雅で、光恵さんは引き続き船の作業の続きです。流れがあったので、根からはあまり離れずに周りをグルっと楽しみました。ポイント名の由来のヨスジフエダイの群れもたくさんいて、ワイドで楽しみました。透明度もすごく良くて気持ち良かったです。出会えた生物はキツネウオの群れ、アケボノチョウチョウウオ、ネッタイスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、ヨスジフエダイの群れ、デバスズメダイの群れ、アカピメジの群れ、ヘラルドコガネヤッコ、クマノミファミリー、オオイソバナ、アマミスズメダイの幼魚、ガラスハゼ、ヒレフリサンカクハゼなどでした。
Dsc04315Line_album_20230612_230612_0Line_album_20230612_230612_4   1本目から上がって、今日到着するAさんをお迎えするために一度港に帰港します。Aさんは本当は先週にいらっしゃる予定だったのですが、台風2号の影響で来れなくなってしまったので、リベンジ日程です。もしかしたら今回も台風3号と被ってしまうかも、という感じでしたが無事にそれてくれて良かったですね!いつも仲良しSさんと一緒に来ると思っていたのですが、お迎えに行くとお一人だけで、どうやら今回はお一人だけだったようです。チーズケーキやお芋のケーキをお土産で持って来ていただいて、美味しそうだったのでさっそくいただきました。
 Dsc04317_20230612130501 Dsc04324_20230612130501P6116795P6116798P6116797P6116803P6116790 Gopr4533_20230612130701 Gopr4534 Gopr4548 Gopr4544 おやつタイムしてから再出港です。今度は大崎に向かう予定だったのですが、風が西寄りに変わっていたので、エリアを変更して浜島方面へ行くことにしました。2本目にやって来たのは三ツ石です。引き続きファンダイビングのガイドは大雅で、光恵さんはAさんのフリーダイビングトレーニングの担当です。今度は大物がいるかもしれない場所も含めて少し深場方面へ行きました。帰りは安全停止を含めて白化していない元気な浅瀬のサンゴ礁でのんびりして帰って来ました。白化しているエリアと本当にサンゴ礁の色が違います。出会えた生物はアサドスズメダイとオキナワスズメダイの群れ、ソメワケヤッコ、サザナミヤッコ、ソライロイボウミウシ、ハイイロイボウミウシ、ミゾレウミウシ、ミスジチョウチョウウオ、キンギョハナダイの群れ、ハナゴイ、アカメハゼ、クロオビマツカサ、ヤリカタギ、セナキルリスズメダイなどでした。一方フリーチームはいつも通りフリーイマージョン始めました。朝の飛行機でいらしたので少し睡眠不足なようで、耳抜きの調子が良くなく、この1本はじっくりフリーイマージョンをしていたようです。
Dsc04325 Dsc04330_20230612130501 Dsc04334P6116814P6116820P6116825P6116823Gopr4544Gopr4559Gopr4561Gopr4555 ファンチームとフリーチームの帰ってきた時間が一緒だったので、ここでご飯にすることにしました。今日のランチはあんかけ固焼きそばでした。お昼休みもじっくりとってから次のポイントに移動します。 
3本目は浜島北にやって来ました。水面は透明度が悪かったですが、下の方は良くて、水路も綺麗な様子を見れました。出会えた生物はリュウキュウキッカサンゴ(キャベツサンゴ)、カガミチョウチョウウオ、クレナイニセスズメ、アカマツカサ、アオギハゼ、ツバメタナバタウオ、ウミヅキチョウチョウウオ、ツノハタタテダイ、コイボウミウシ、オウゴンニジギンポなどでした。フリーチームは引き続きフリーイマージョンから始めて、今度はコンスタントのトレーニングもしたようでした。
ご参加いただいたみなさんありがとうございました!
Line_album_20230612_230612_12 Line_album_20230612_230612_17 Line_album_20230612_230612_9 Line_album_20230612_230612_16 そして、今日の夜は新栄公園でお祭りがありました!久しぶりのお祭りですね。長大くんのサッカーチームが出展するということで、光恵さんと二人でお手伝いに行きました!船と片付けが終わった後に行ったので、もうすでに営業が始まっていて、合流という形になりました。光恵さんはビールやドリンクを注ぐ係、大雅はそばを作ったり、ポテトを入れる係などしました。余ったおにぎりやそばもいただいて、休憩の合間にいただきました。Oさんご夫婦やAさんも来ていただきました。

| | コメント (0)

2023年6月10日 (土)

2023.6.10~久しぶりのマンタスクランブル~

Gopr4468 Gopr4472 本日のブログは大雅が担当します。
最近暑いなぁと思いながら気づいたらもう6月の半ばに差しかかるんですね。朝船の準備をしながらもサウナに入っているかのように汗が出てきます。去年と違って濡れても生地が乾きやすいTシャツを着ているので大分楽です。もう夏のシーズンです。徐々に一日当たりのタンクの数が増えていってる…。
Dsc04156_20230610185701Dsc04158Dsc04164_20230610185701 Dsc04161 Dsc04166Gopr4779Gopr4770_20230610190001Gopr4788 Dsc04172_20230610185701 Dsc04173 Dsc04188_20230610185701 Dsc04193 Dsc04179Dsc04207_20230610185801Dsc04212   さて、今日は常連さんのOさんご夫婦2名様と、お馴染み小西さんからのご紹介で体験ダイビング4名様です。Oさん達は、快適な新艇の様子のブログを見て、早く心丸Ⅱに乗りたいなと思い続けてくれていたとのことでした!体験の方々は、みなさんお子さんのラグビーチームのママ友さん達だとのことです。みなさん仲良しそうで、朝から楽しそうでした。
さて、風は南東の風なので、石垣北上コースで1日楽しみます。船を走らせている間に大雅が体験の説明をして、あっという間に大崎を超えて御神崎灯台の辺りまでやって来ました。1本目にやってきたのはオープンハートです。まずはファンダイビングのOさんご夫婦は光恵さんガイドでのんびり楽しみました。透明度がとても良くて、25mほどあってとても快適です。今までと違う、ジャイアントストライドエントリーもしていただいて、新艇で変わったことを早速体感していただきました。出会えた生物はハタタテハゼ、アカハチハゼ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイの幼魚、ホシゴンベ幼魚と成魚、レモンスズメダイ幼魚、イシガキカエルウオ、オジサン幼魚の群れ、オキナワスズメダイ幼魚の群れ、シコクスズメダイ幼魚、アミメフエダイ、ミヤコテングハギ、ゴマチョウチョウウオ、オオアカホシサンゴガニ、メガネゴンベ、ワモンツツボヤ、ハイイロイボウミウシ、クギベラなどでした。今日はTGのSDカードが入っていなくて使えなかったので、広角の一眼カメラとGOProの写真でお届けします。ショップにあると思いきや、見当たらなくて、どこにあるんだ??と思いながらこのブログを書いています。ふと隣で寝ている犬達を見て、もしやと思いつつ…。一方体験の皆さんは水慣れがてら、大雅担当でシュノーケリングをしました。女性のみなさんは初めてのシュノーケリングとのことでしたが、少し練習するととても上手でたくさん泳いでいました。透明度も良くて、綺麗だったのでリラックスできたようです。Yさんはカメを狙っているようで、一番泳いでいました。ファンチームが戻って来たら、入れ替わりでダイビングです。耳抜きもみなさん順調で、水中も上手だったので、泳いで魚たちをたくさん楽しみました。
Dsc04214 Dsc04202_20230610185801 Dsc04226_20230610185801Gopr4797Gopr4798 Dsc04229 Dsc04232 Dsc04217_20230610185801 上がって来てから、次のポイントに移動しました。体験の方たちも上手だったので、次はマンタ狙いです。いつも通り最近調子の良いマンタシティーに行こうとしたのですが、到着すると8隻待ちほどで、2時間ぐらい待ち時間がありそうだったので、久し振りにやって来た少し先のマンタスクランブルにやって来ました。今度はファンのOさん達と体験のみなさん一緒に潜ります。先程より透明度が悪く、どんよりした感じの水中でした。20分ほど待っていても現れず、外したかなと思った時、マンタが目の前に現れてくれました。優雅に泳いで、大興奮のみなさんでした。体験の方たちは少し早めに上がって、残りのファンのお二人はもう少し長く水中で楽しみました。出会えた生物はヒフキアイゴ、ハゲブダイ、ナンヨウブダイの群れ、トゲチョウチョウウオ、スミツキトノサマダイ、イラブウミヘビ、ナンヨウマンタ、イワシの群れ、アミチョウチョウウオ、チョウチョウウオ、ノコギリダイの群れ、ユメウメイロの群れ、ハナタカサゴの群れ、クマノミ、ハナゴイの群れなどでした。
ここはマンタシティーと違って、お昼ご飯を食べて良い場所なのでここでランチにします。今日のランチはゆし豆腐軟骨ソーキそばです。最近小雪が人の様子を見て、この人だったらご飯分けてくれそうと思ってみなさんの周りを巡回しています(笑)。キラキラした可愛い目で見つめられても犬たちにはあげないでくださいね!
Dsc04260 Dsc04271 Dsc04239Gopr4483Gopr4486Gopr4500 もう1本、戻ってマンタシティーに入ろうとしたのですが、はやりまだ船が待っていて1時間以上はかかりそうだったので、Yさんご希望のカメ狙いをすることにしました。3本目にやって来たのはハナゴイリーフです。まだコブシメいるでしょうか。いつもの辺りに行くと、まだいてくれました!今年はいてくれる期間が長い感じがしますね。光恵さんガイドで潜ったのはファンのOさんご夫婦で、出会えた生物はアオウミガメ、クマノミ、コブシメ、アカネハナゴイの群れ、ドクウツボ、ホンソメワケベラ幼魚、オイランヨウジ、アオヤガラの群れ、コブシメ、ヨコシマクロダイ、アカピメジの群れ、モンスズメダイ、クロシオイボウミウシ、バラハタなどでした。大雅担当のカメ狙いのシュノーケル班は中々見つけられなかったのですが、途中水中で見つけた光恵さんが浮上してきて、場所を教えてくれて無事に会っていただけました。これで、マンタもカメもコンプリートですね。
Gopr4469 帰りは15分ほど船を走らせてあっという間に港に帰ってきました。体験の方達はもう小西さんが港に迎えに来てくれていました。帰りの船はみなさんお昼寝モードでした。今日も夜たくさん遊びに行くんでしょうね!
ご参加いただいたみなさんありがとうございました。ラグビーチームのママ友のみなさんは次回はぜひお子さんたちも連れて一緒に潜りに来てくださいね!今日の感動をぜひ話してあげてくださいね!

| | コメント (0)

2023.6.9心丸Ⅱ初!サンセットクルージング!

Line_album_20230609_230609_33 Line_album_20230609_230609_37 Line_album_20230609_230609_32 Line_album_20230609_230609_26 Line_album_20230609_230609_30 Line_album_20230609_230609_11 Line_album_20230609_230609_23 Dsc04149 Line_album_20230609_230609_25 Line_album_20230609_230609_28 今日は、心丸Ⅱになってから初めて試みたサンセットクルージング!石垣島在住の看護師さんお二人が時間を合わせてくださって来てくれました。日中は私は陸仕事や心丸Ⅱのメンテナンスに時間を要し、今日も大雅はお休みにしてもらったのですが、お休みの日にやる事済ませてもらいましょう。私も、あちこちとやるべきことが進みました。

サンセットクルージングは、とにかく条件としては風が穏やかなこと。じゃないと楽しめません。サーチライトや船のマイクや電灯など、まだまだお願いしている装備はこれから施工になる為、暗くなる前に帰ってくるように、集合を17時にして、17時30分出港、帰港は19時となりました。夕方の気持ちのいい海風を受けながら、各々食べたいもの買って来て、夕飯しながらのクルージング。楽しかったですね!

Line_album_20230609_230609_9 Dsc04153 Line_album_20230609_230609_0 Line_album_20230609_230609_13 Line_album_20230609_230609_14 Dsc04144_20230610004701 Dsc04138 Dsc04136_20230610004701 Dsc04146 Line_album_20230609_230609_18 MさんとSさんは、女子トークにも花が咲いて、とっても楽しんでくださっていました。お休みだけど、クルージングは乗りに来た大雅君は、船の上で経済雑誌を読みたかったようで持って来ていました。それぞれ、好きな時間を楽しめたのではないでしょうか?

これからも、風が穏やかでリクエストのある日は、ちゃんとシャンパンやオードブルを用意して、サンセットクルージングディナーも考えています。フリーダイビングプールトレーニングのこともあるので、週に1~2回出来たらいい方かもしれませんが、皆さんからのリクエストがあって風がなくて、スケジュールが合えば、催行しますので、ご用命は何なりと!!私や大雅君の衣装もちゃんと考えて用意できているんですよ~☆笑

Dsc04143 Dsc04142_20230610004701 Dsc04134 Dsc04119 Dsc04126 Dsc04122_20230610004701 Dsc04130_20230610004701 今日は、練習みたいな感じで、お食事などはそれぞれでしたが、電灯などがしっかりしたら、装飾や明かりにもこだわって、音楽もムーディーに静かに流す、照明も穏やかに気持ちよく灯す、など考えています。温かいおしぼりやお食事は軽食ですが、考え中。もちろん、キンキンに冷えたビールも!楽しみだな。皆さんからのリクエスト、お待ちしています!!

ご乗船のMさん、Sさん、今日はありがとうございました~。さすが!美人が揃うと映えましたよ!今度は、海に浸かる方のアクティビティでぜひ遊びにいらしてくださいね!また、心丸Ⅱでお待ちしていまーす。

| | コメント (0)

2023年6月 9日 (金)

2023.6.8

Line_album_20230608_230608_0 Line_album_20230608_230608_8 Dsc04098_20230609232901 Dsc04093 Dsc04092_20230609232901 Dsc04103_20230609232901 6月8日の今日は、スタッフ大雅君をお休みにして、フリーダイバー友達のひかるくんに乗船してもらい、お客様はNさんの貸し切りで、船を出します。Nさんは気づいていたのかいないのか、超~贅沢な貸し切りダイビングとなりました!というのも、ひかるくんはとってもおばちゃま達に可愛がられて人気のイケメンフリーダイバーだからです!笑 とはいっても、ちゃんと気づいていたようで、帰りの車の中では「あんなイケメンやったら~・・・」と話は尽きませんでした笑 フリーダイバーとしてもとても頑張っている若いひかる君を私も応援していきたいと思っています。

P6086680 Gopr4467 P6086689 P6086731 P6086734 P6086684 さて、風は南風、5mほどで、名蔵湾へ向かいました。やって来たのは秘密の根。アンカリングするところが少し深いので、投げてかかるかなぁと思っていたら、案の定外れてしまった!なので、かけ直しに行くまでにNさんをお待たせしてしまいました。アンカーマンの大雅君がいてくれたらさくっとかけてきてくれるんですけどね(^_-)-☆お休みさせないとね。体壊したら困るので。。。ということで、3本目のアンカーをかけに行くも、ビットにかかっていなかったので、そのまま船はどんぶらこ。ですが、お手伝いに来てくれているひかる君は船舶免許も持っていて、船も運転できるので、問題なく私を拾ってもらい、アンカリングしてきたロープも問題なく回収。プラス2本のアンカーをフリーダイバーであるひかるくんがかけに行ってくれるという贅沢な状況。有難いですね。そして、ここで、コースをけて2本潜ることにしました。

So,the wind is north.5m.  We gone nagura bay.Diving point name is "secret root".(この短さで翻訳疲れる)

P6086727 P6086698 P6086719 P6086702 P6086694 ひかるくんは、昨日の西表のフリーダイバーわたるさんとのトレーニングと、その後のプールトレーニングをやり切った感があって、ウェットスーツも着る気にならない、というほど、今日は休養の日みたいで、なんとなくブイを設置したものの連れてきていた真っ白な犬の小雪とコミュニケーション取っていたようで、昨日は警戒していた小雪はもう、ひかるくんにべったりでした。ひかるくんも可愛がってくれるので、小雪もラッキー☆だね!

水中は、名蔵湾は比較的濁っているのが普通なので、透明度はそんなには良くありませんでした。1本目は少し深い方へも行ってみましたが、私のダイコンがすでに1本潜ったことを計算しているので、あまり無理しないことにしました。石垣島によく来てくれるNさんなので、「無理せずまた今度」で合意し、浅瀬で思い切り楽しんできました。出会えたのは、モンガラカワハギ、アカメハゼ、ユメウメイロの群れ、イソギンチャクカクレエビ、クマノミ幼魚、キンセンイシモチ幼魚、ニジハタ、などなど。

2本目は、しっかり水面休息してからのエントリー。そこでの会話は尽きませんでしたね!出会えたのは、クモヒトデ、パラオクサビライシ、ガラスハゼ、チリメンヤッコ、モンツキスズメダイいっぱい、クマノミ幼魚、セイテンイロウミウシ、ソライロイボウミウシ、ヒフキアイゴの幼魚の群れ、キイロサンゴハゼなどでした。

Line_album_20230608_230608_4 Line_album_20230608_230608_3 Line_album_20230608_230608_5 Line_album_20230608_230608_0_0 ランチは、今日は、豚汁とじゅーしーご飯でした。さすが、若いひかる君は大盛食べてくれました。このメニュー、今日お休みしているIさんの大好きなメニューだったとのこと。ちょっと後からそれを聞いて悔しがっていたIさんでした。また今度!!ココアやカフェオレなどで糖分も取り、ちゃんと休んだら3本目はポイントを変えていきます。

Dsc04107_20230609232901 Dsc04108 Dsc04111_20230609232901 Dsc04100_20230609232901 3本目は、ロコロック北で潜ります。大きく言うと、ロコロックと繋がっている浅瀬ですが、その隅っこに停泊して、いつもと雰囲気を変えてロコロックを満喫していきました。出会えたのは、フタスジリュウキュウスズメダイ、ミスジリュウキュウスズメダイ、デバスズメダイの群れ、ウミギクガイモドキ、ヒメジャコガイ、クマノミ、アオヤガラの群れ、キクメハナガササンゴの群生、ゴマチョウチョウウオ、エンマゴチの子供、コブハマサンゴ、オキナワスズメダイの群れ、クロオビアトヒキテンジクダイ、ネッタイスズメダイの幼魚、クロユリハゼの幼魚の群れ、などなど盛りだくさんでした。やはりこのポイントは、魚が多くて明るくて、とても好きです。楽しかったですね!

Line_album_20230608_230609_4 Line_album_20230608_230609_1 Line_album_20230608_230609_3 Line_album_20230608_230609_0 Line_album_20230608_230609_2 帰ったら、今日は、手がないので、船は明日の朝洗うことにして、Nさんと、今日は陸でお休みしていたIさんとお休みだけど、あまり夕飯を取る気になれないというスタッフの大雅君も誘って、ご飯を食べに行くことに。ご飯食べながらNさんのお婿さんが作ってくれたWAKE のホームページを見てみることに。お店は木曜日や住み、ってところが多かったけど、たどり着いたのが奈美ちゃんでした。Popo houseから近くてとても美味しいお店です。定食もあるので、お子様連れやお酒を飲まない方にもいいかもですね。みんなで一緒に見たホームページは、とても綺麗に作ってくれてあって、感激しました。古いものから近日、新しいものに変わる予定です。色んなページを見ながら、コロナ禍も明けたし、海外ツアーや国内ツアー、また計画しようなぁって思いました。また、企画頑張りますね!楽しみにしていてください!次の日の朝の離島ターミナルのバス停への送迎をお約束しておやすみなさいでした。今日も、手伝ってくれたひかる君も、お休みだけどご飯食べに来てくれた大雅君も、ゲストのお二人も皆さんありがとうございました!また、石垣島でお待ちしていますね!

| | コメント (0)

2023年6月 7日 (水)

2023.6.7~心丸Ⅱ西表初遠征!~

Line_album_202367_230607_0 今日のブログは光恵さんと大雅が交代に書いています。
(ここからは光恵)
台風が行ってからなかなか海が切れない日が続いているので、スタッフ大雅君の休日を作ろうと、フリーダイバー友達の光君に相談したところ、今日と明日、船に乗ってくれることになり、たまたまゲストさんもいらしてようなので、今日は乗り合い、明日はお手伝いで乗ってもらうことになりました。ありがたいネットワークです!
 
Dsc04035_20230607190101 Dsc04031 Dsc04049 Dsc04040_20230607190101 Dsc04048 Dsc04038_20230607190101 Dsc04042_20230607190101 Dsc04046 P6076643 P6076635 P6076639 P6076624 (ここからは大雅)今日はお天気も良くて、遠征日和!ということで、昨日からのNさんIさんと心丸Ⅱ初めての西表方面に行くことにしました!
風は南南東から真南で、約1時間ほどかけて西表までやって来ました。早くて快適です。1本目にやってきたポイントは野原ドロップです。ガイドは大雅で、光恵さんはフリーのトレーニングをしていました。エントリーすると25〜30mほどの透明度で、いつもより1つ分根が多く見える感じで、気持ちよかったです。そして、石垣とは少し違うダイナミックな地形で、アーチの中を楽しんだり景色を楽しみながら潜りました。アーチの中は透明度も良くて、光が上から差し込んでいて、とても感動的な景色でした。もちろん生物も楽しんで、出会えた生物はユメウメイロの群れ、シコクスズメダイとアサドスズメダイの群れ、アケボノチョウチョウウオ、クギベラ幼魚、ミナミハタンポの群れ、アーチ、カニの抜け殻、オキナワスズメダイ幼魚の群れ、ミナコテングハギ、ヒレナガスズメダイ、ワライボヤなどでした。
Gopr4454 Gopr4453 Gopr4450 (ここからは光恵)フリーダイビングチームはブイを2個使って、それぞれのトレーニング。ブイが複数あると、海外みたいでちょっと嬉しい。せっかく西表からフェリーに乗って石垣島に来てくれたWさんを、また西表に連れてきているのは笑えますが、それでもこちらの方には来ないということで、このちょうど裏側のエリアがいつも行くところなのだそうです。であればよかった。スクーバの友達から、兼ねてからこの場所はフリーダイビングにいいはずだから、覚えておいた方が良いよって言ってもらっていたポイントでした。本当に周りのメンバーに恵まれています。本当にこのドロップオフはフリーダイビング向けで、満潮で42m取れて、透明度が12mの水深から水底が見えたので、30mはあったということになります。流れもなく、水面も穏やかでした。南風で来ると島影になるからです。すっごい気持ちのいい中、私は目下20mで1分のハングからブラックアウトレスキューするための練習と、マスクでバイフィンで深く潜る練習をしていきました。そして、サーフェスタイムは2分以上あけずに少しCO2テーブル気味で耳抜きが大丈夫であれば深く潜るようにしてみました。今日は、32m、ちょっとは潜って来ました。20m1分のハングは何度かやってみたけど、だいぶ慣れてきて、コンディションが良ければ出来そうです。あとは40mに潜るためにマスクのスクイーズのシュミレーションやマウスフィル、などなど練習してみました。大深度やっていた時の気持ちよさを取り戻しました。けど、ウェイトがびびって少なめのようで、潜りこむのが難儀で、フリーフォールになかなか入らず、スピードに乗れないというところを感じました。そこの練習をしていけば、きっとあと8mは潜れそうです。けど、慎重にいろいろ考えて。戻ってくるときのフィンキックは、大腿四頭筋の力を使い切らないようにと、体幹を使ってみました。感じたのは、腸腰筋なのかな?と感じた部分を使うこと。早速そこを鍛える筋トレを調べてみました。自重でできるのでやってみようと思います。ここを使うと全く苦しくなくバイフィンキックすることが出来ました。よし!もっとトレーニングするぞ!
光君たちもとても有意義なトレーニングをしたようで、私は休憩入れたけど、二人は休憩も淹れずにトレーニングしていました。
 
P6076660 P6076647 Dsc04077_20230607190601 Dsc04053 Dsc04067 Dsc04073_20230607190601 (ここから大雅)フリーチームもいるので、上がってから2本目まではいつもより少し長めに休憩時間を取って、いただいたおやつを食べながらのんびり休憩しました。景色も普段見慣れないので、休憩中も楽しいですね。そして、2本目は船を動かさずに同じポイントで、コースを変えて潜ることになりました。Nさんがアーチなど地形が好きと言っていたので2本目は地形をメインにすることにしました。1本目と2本目の間に大雅は調査潜水で少し潜っていて、途中リトルマーメイドのアリエルがパート・オブ・ユア・ワールドを歌っているような舞台のアーチを見つけたので、ここにお連れすることにしました。椅子の様になっている岩にちょうど光が差し込んでいて、スポットライトで照らされているような所もあります。そして、出口の所にはゴリラの顔をしたような岩があって、とても面白かったです。その他出会えたのは、ヒフキアイゴ、アーツ2つ、ゴリラみたいな岩、クレナイニセスズメ、チョウチョウウオ、メガネゴンベ、ハタタテハゼ、ハマクマノミと白化したタマイタダキイソギンチャク、ヤリカタギなどでした。
Line_album_202367_230607_2 Line_album_202367_230607_3 (ここからは光恵)
ランチは、みんなが揃ってから。今日は、クリームシチューとピラフでした。お土産にいただいたおやつも美味しくいただきました。いつもありがとうございます。 
 
Dsc04089Dsc04086 P6076670 P6076674 (ここから大雅)
ランチの時に座礁船の話になって、その辺りに行きたいというリクエストがあったので、石垣方面へ戻りつつ、3本目は浜島北にやってきました。割と数百メートルの目の前の所に座礁船が見えます。ここでは光恵さんにガイドをバトンタッチして、大雅は片付けと船の給油をしていました。今度は生物をじっくり楽しんだようで、出会えた生物はクレナイニセスズメ、ヒトスジギンポ、ナンヨウブダイ、ハマクマノミ幼魚、オキナワベニハゼの幼魚、ニセアカホシカクレエビの幼体、シマキンチャクフグ、クビアカハゼとテッポウエビ、コクテンフグなどでした。
ご参加いただいたみなさんありがとうございました!今日のブログは交代交代で書いていて、なんだか交換日記のようなブログになってしまいましたね。

| | コメント (0)

2023年6月 6日 (火)

2023.6.6~アドバンスダイバー誕生!!!~

Line_album_202366_230606_1 本日のブログは大雅が担当します。
今日は昨日に引き続きNさんのアドバンス講習と着後ダイブの方がいらっしゃるので、出港時間を合わせていただいて、朝はゆっくりめの出港となりました。なので、朝はショップの床拭きをしたり、散らかっていたテーブルの上を片付けたりして、普段忙しくてできないことをやっていました。
Line_album_202366_230606_3 Line_album_202366_230606_2 Line_album_202366_230606_7 そして、大阪チームの方が到着する11時前には船の準備を完了させてみなさんをお迎えに行きました。ここからNさんとIさんのファンダイバーお二人の合流です。Iさんは前回いらした時に新艇心丸Ⅱを見ていただきましたが、まだ航行の準備や浸水式などが終わっておらず、プレパーティーとして新艇の前でバーベキューをして航行している心丸Ⅱに乗っていただけなかったので、ようやくの乗船です。さっと準備をすませて出港です。お見送りに、昨日まで潜っていただいていたHさんとMさんが来ていただきました!
Dsc04001 Dsc04005_20230606190301 Dsc04017_20230606190301 Dsc04011 Dsc04007 Dsc04002_20230606190301 Dsc04019 Dsc04014Gopr4443P6066582P6066597P6066592P6066609   風は南南西で、久しぶりの西よりの風も入っています。なので、心丸Ⅱ初の小浜・嘉弥真島方面へ行くことにしました。やはり心丸Ⅱは早いので、前よりもあっという間に到着しました。アドバンス講習は引き続き光恵さん担当で、ファンチームは大雅が担当です。台風の影響がまだ残っているせいか、少し透明度が悪かったですが、根の上の浅い所のサンゴが白化されていなく、元気に生きていたので、久し振りに白化のしていない綺麗なサンゴ礁を見ることができました。あまりの美しさに感動しましたね。深場の方ではコブシメも見れて、良かったです。光恵さんチームはここで、ディープの講習も兼ねたいので、深場方面へ進んで、大深度潜水をしました。窒素酔いなども特になく、無事に完了したようです。講習したスキルは大深度潜水、NDLの管理、ダイコンの使い方、安全停止などでした。そして、出会えた生物はナミスズメダイの群れ、アマミスズメダイの群れ、ニセアカホシカクレエビ、ホオセキキントキ、シテンヤッコ、クマノミ、コブシメの子供、ウコンハネガイなどでした。
一方、大雅チームが出会えた生物はガラスハゼ、ナミスズメダイ、コイボウミウシ、2匹くっついているソライロイボウミウシ、アカマツカサの群れ、ニセアカホシカクレエビ、アサドスズメダイの群れ、キンギョハナダイ、セナキルリスズメダイ、きれいなサンゴ礁、コナユキツバメガイなどでした。
Line_album_202366_230606_6 Line_album_202366_230606_5 上がって来てから、ここでお昼にします。今日のランチはカレーうどん(餅巾着入り)です。ご飯を食べた後はみなさんが持ってきていただいたお菓子で、おやつタイムです。お腹も休ませた所で、次のポイントに移動します。
Dsc04022 Dsc04023 Gopr4439 Dsc04026_20230606190301 Gopr4437 Dsc04028_20230606190301P6066620P6066618 2本目はさらに進んで、カヤマケーブにやって来ました。今日は潮がかなり引いていたので、アーチの方へは入らずに楽しみます。光恵さんチームはここで、ナチュラルナビゲーションの講習です。水深を確認しながら、NDLや残圧にも気を付けて行き先を見て、地形を覚えて、スタート地点の水深や途中の水深を覚えて、小さな根を一周回って、スタート地点に戻っきました。最後は浮上スピードにも気を付けながら安全に船に戻りました。講習したスキルはナチュラルナビゲーション、中性浮力などでした。出会えた生物はイロブダイ幼魚などでした。一方大雅チームはアミメフエダイ、ツバメタナバタウオ、クロユリハゼ、スミツキトノサマダイ、トノサマダイ、シコクスズメダイとオキナワスズメダイの群れ、リュウキュウキッカサンゴ、サンゴアイゴ、カクレクマノミのファミリー、ハイイロイボウミウシなどに出会えました。
Line_album_202366_230606_10_20230606190501 ご参加いただいたみなさんありがとうございました!そして、Nさんはアドバンス認定おめでとうございます!またアドバンスダイバーとして、石垣に潜りに来てくれるのを楽しみにしていますね!!

| | コメント (0)

2023年6月 5日 (月)

2023.6.5~マンタ2連勝!~

Line_album_20230605_230605_6 Line_album_20230605_230605_4 本日のブログは大雅が担当します。
昨日は久しぶりに光恵さん担当でしたね!ブログは私が書くから書かないでと言われたので、書きませんでした(笑)。最近ブログにタイトルを付け始めたのに気づいた方いるでしょうか。少しクスッと笑えて見てみたくなるようなタイトルを考えています(笑)。昨日と一昨日は台風一過(〜編)というタイトルで鬼滅の刃をオマージュしてみました。個人的に今まで一番お気に入りのタイトルは5/8の〜忘れられたスピッツ達〜です!今日は何にしようかな。
Dsc03925_20230605181301 Dsc03926 Dsc03928 Dsc03947 Dsc03940 Dsc03934P6056477P6056500P6056485P6056496P6056472  前置きはさておいて、今日は昨日に引き続きHさんとMさんのお二人が朝からご参加です!風は南南東で着後の方もいるので、まずは竹富南エリアに行くことにしました。朝早い出港もあって、船はまだどこも来ていなかったので、ポイントは選び放題。そんな中やって来たのはヨスジの根です。ガイドは大雅です。入ってみると流れが少しあったので、遠くの方へ泳いだりはせずに、根の周りをじっくり楽しむことにしました。透明度は台風後過去1で潜っていて気持ちよかったです。ポイント名の通り、ヨスジフエダイもたくさん群れていて、生物もたくさんでした。出会えた生物はミスジリュウキュウスズメダイ、フタスジリュウキュウスズメダイ、アマミスズメダイの幼魚、モンツキスズメダイ、オウゴンニジギンポ、クマノミファミリー(11匹)、ヨスジフエダイ(ビタロー)の群れ、アカピメジの群れ、オオイソバナ、アケボノチョウチョウウオ、ハタタテハゼなどでした。
Dsc03974 Dsc03964 Dsc03983 Dsc03969_20230605181501 P6056521 P6056523  P6056507 1本目から上がって着後の方をお迎えするのに一度帰港します。約7年ぶりに来てくださったNさんが合流です。今回はアドバンスライセンスの講習です!学科はリモートで済ませていて、あとは実技のみです。久しぶりの器材セッティングも復習して、準備ができたら再出港です。
今度は石垣を北上して崎枝湾に入りました。2本目はビッグアーチにやって来ました。Nさんのアドバンス講習は光恵さん担当で、大雅はファンダイバーお二人のガイドです。光恵さんチームは久しぶりのダイビングなので、まずは基礎から復習しつつ、アドバンス講習の新たなスキルを練習しました。やったスキルはジャイアントストライドエントリー、BCの吸気排気、肺の使い方、流れの読み方、コンパスナビゲーション、ダイコンの使い方、安全停止、視界不良潜水などでした。そして、出会えた生物はソリハシコモンエビ、マルスズメダイ幼魚、コクハンハタなどでした。一方大雅チームは他の船のチームとエントリーが被ってしまったので、アーチ内が少し混雑していたので、順番待ちもしながらアーチの入り口辺りもじっくり楽しんでいました。前のチームがいたので、アーチ内が少し濁っていましたが、ちょうどお昼ごろで太陽が真上から差し込み、綺麗な景色も楽しめました。出会えた生物はアオギハゼ、ツバメタナバタウオ、アカマツカサ、クレナイニセスズメ、スミツキトノサマダイ、ソメワケヤッコ、サンゴアイゴ、アサドスズメダイ幼魚の群れ、サザナミヤッコなどでした。

Line_album_20230605_230605_2 Line_album_20230605_230605_3 今日のランチは昨日Hさんからリクエストのあった美崎牛を使ったハヤシライスです。今日はスプーンが無かったので、船に積んでいた予備のお箸やフォークでいただきました。味はいつも通り美味しいですよ!

P6056545 P6056527 P6056557Dsc03991Dsc03997_20230605181701Dsc03995_20230605181701 P6056566 P6056563 ご飯を食べて少ししたら3本目のポイントに向かいました。次はマンタ狙いでマンタシティーです。お腹をゆっくり休めるのは、マンタシティーの待ち船時間にすることにしました。ポイントにつくと先に2隻が出待ちしていて、WAKEは3隻目です。今度も2チームで講習とファンです。大雅チームが先にエントリーして、メインの根に向かうと、すでにマンタが1枚ホバリングしていました!いきなり会えましたね。その後もしばらくマンタを楽しんでいると、反対側から2枚のマンタが泳いできました。これにはMさんも水中で喜びの声を上げていました!昨日よりも多く合えました。大雅チームはマンタをじっくり楽しんで、出会えた生物はナンヨウマンタ(3枚)、カクレクマノミ、グルクマの群れ、ミツボシクロスズメダイ幼魚などでした。光恵さんチームはマンタを楽しみつつスキルも練習して、NDLチェック、水浅チェック、残圧チェック、中性浮力、バックロールエントリー、マスク油膜取り、骨ハシゴの登り方などをしました。そして出会えた生物はカクレクマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ヒフキアイゴ、グルクマの群れ、ナンヨウマンタ、コバンザメ、テングハギモドキの群れ、オグロクロユリハゼ、クビアカハゼとテッポウエビ、白化したイソギンチャク、ユメウメイロのクリーニングシーン、ハナビラクマノミ幼魚、ホンソメワケベラなどでした。

Line_album_20230605_230605_1 Line_album_20230605_230605_0 ご参加いただいたみなさんありがとうございました!明日はNさんはアドバンス講習の続きを頑張りましょうね!

| | コメント (0)

2023年6月 4日 (日)

2023.6.4~台風一過の石垣島(-石垣編-)~

Line_album_202364_230604_0 今日は、いつも今日のブログは大雅が担当しますとスタッフの大雅君が書くので、たまにはミツエが書いてみようということで、書かないでねっなんて言いながら出航して行った朝でした笑 さて、今日は、台風がつい最近までそこにいたとは思えない凪で、南東の風4mでとても穏やかな1日。晴天でダイビング日和です。水温も28℃となり、気温もそれくらい。快適ですね。台風の影響も残っていて、まだ少しだけ濁りはありますが、海の回復がものすごく早かったことを感じます。

今日は、昨日からのOさんとGさん仲良しコンビと、こちらも仲良しなHさんとMさんのお二人が合流で船を出して行きます。レンタカーのあるH&Mさんは、もうすでに昨日の時点で新艇を見に来たのだとか。皆さんが期待してくれて喜んでくれるのはすごく嬉しいです。大切に扱います。そんなメンバーで1本目は、大崎へ向かうことにしました。やはり旬のコブシメをお見せしたいと思ったのですが、何度も石垣島に来ていて、H&Mさんはまだ会ったことないと!それであればもう、迷うことなしですね!

Dsc03854 Dsc03865_20230604182101 Dsc03895 Dsc03858_20230604182101 Dsc03872 Dsc03860 Dsc03914 Dsc03909 やって来たのはハナゴイリーフ。先輩の船をこそ~っと追い抜いて先に到着すると、その後に来て、「早いな」「フェラーリみたいに抜いてった」って、言ってくれて。。。。すご~く嬉しかったなぁ。「私のフェラーラリ」って呼んでいましたから。笑 まぁ、ガソリンの請求が半端ないですけどね!水中の方は、二手に分かれます。光恵チームは、アオヤガラ、タテヒダイボウミウシ、キンセンイシモチ幼魚、デバスズメダイ、マダコ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、コブシメ、ツノダシ、リングアイジョーフィッシュ、シテンヤッコ、ホソスジイシモチ、ブチハタに会ってきました。

P6046340 P6046393 P6046301 P6046352 P6046312 P6046308 P6046372 大雅チームはゴシキエビ、ヨコシマクロダイ、ハナゴイの群れ、キンギョハナダイとアカネハナゴイの群れ、アオウミガメ、ミゾレウミウシ、コブシメ(2匹)、クマノミファミリー、ドクウツボ、アオヤガラに会ってそれぞれ楽しんできました。

P6046413 P6046316 2本目は、マンタシティーにやって来ました。ちょうど空いていて、5隻ルールも大丈夫そうだったので、すんなり待つことなくポイントに停泊することが出来ました。ラッキーですね。ガイドは光恵。大雅は船に給油してくれて、後から来ることになりました。
出会えたのは、アオウミガメの子供、紫のイソギンチャクに住んでいた可愛いクマノミ、ナンヨウマンタ、コバンザメ、ユメウメイロ、ゴマチョウチョウウオ、ヒフキアイゴなどなどでした。お目当てのマンタもいてくれて、ホバリングの根ではずっとホバリングしてくれたので、良かった良かった。少しだけ水中はうねりがありましたが、流れに逆らうようにポイントへ向かい、帰りはスーッと簡単に帰ってくる感じも楽しかったですね!上がったら、ランチしやすい場所まで移動していきます。

Line_album_202364_230604_8 Line_album_202364_230604_5 Line_album_202364_230604_10 Line_album_202364_230604_12 やって来たのは、今日一番静かな場所。オープンハートです。地形を楽しめるポイントなので3本ともちょっと趣向を変えて潜ることを目的としてここを選びました。ランチは、今日は、鳥そぼろ塩ラーメンです。しっかり温めていただきました。お土産に頂いたお菓子も豊富ですっごく美味しかったです。チーズの効いたお菓子はお酒とともに飲みたい欲が湧いてきたので、取っておくことにしました笑 いつもありがとうございます。帰ったら冷蔵庫で冷やしている東京バナナも待っています。嬉しいな。

Gopr4415 Gopr4416P6046452P6046433P6046446P6046421P6046442P6046461P6046466  Dsc03921_20230604182201 さて、ランチもおやつタイムも終わったら、3本目は、もう真下にオープンハートがありますよ。少し水深が深くなるのが早いので、ゆっくりゆっくり魚を観察しながら降りていきました。出会えたのは、ハナゴイ幼魚の群れ、ムチカラマツに卵を産み付けたナミスズメダイ、アサドスズメダイ、セナキルリスズメダイ、ソリハシコモンエビ、キヘリクロスジウミウシ、ミナミハタンポの群れ、オトヒメエビ、ウコンハネガイ、アオギハゼ、イシガキカエルウオの幼魚などでした。

ここも楽しかったですね。のんびり潜るのが楽しめるコツかなと思います。港への帰りも今日は凪なので、とても快適に早く帰れました。船やロープ、フェンダーのことなど、色々あれこれしていたら、港ではあっという間に時間が過ぎていきます。そしたら、お隣さんの釣り船から降りようとしたお客さんが携帯を海に落としてしまい、速攻で取ってきてあげました。iPhoneは防水なので、7m10分以内なら大丈夫なんだそうです。そんなことまでよく知っている大雅君でした。でも、その知識は本当にいい情報でした。iPhone無事で良かったですね!

今晩は、ナイトダイビングに行くショップさんが多くて、サンゴの産卵を見に行くようです。行きたいのはやまやまですが、連日の日中の業務と、夕方からのプール、朝からのランチ作り、スタッフ二人で頑張っているお店、ということで、ちょっと体力的に無理が出るので、皆さんの情報にお任せすることにしました。スタッフ増えたら、考えたいですね。

今日もリピーター様の皆さんと楽しく潜れて素敵な時間をありがとうございました。明日もリピーター様オンリー。楽しんで行きたいと思います。明日もよろしくお願いします!!

| | コメント (0)

2023年6月 3日 (土)

2023.6.3~台風一過の石垣島(-黒島編-)~

Dsc03782 本日のブログは大雅が担当します。
3日間の台風も明け、今日は風も天気も落ち着きました!ご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、台風対策の様子や台風中の間の様子の取材を受けて、全国のテレビ放送4番組さんに載せていただきました!そして、皆さんからテレビ見たよとたくさん連絡いただきました!普段見ることのできない、台風対策をしている船のお宝映像も皆さんに提供できたのではないでしょうか。僕も映らせていただいて、貴重な経験になりました。
Line_album_20230603_230603_0 新しい心丸Ⅱの初の台風対策も快適で、今までは船の荷物を全て下ろして、車に載せて、たくさんのテントも外して、と一日がかりの大仕事だったのですが、心丸Ⅱはトイレの中や荷物入れにしまい込めるので、積み下ろしの手間がなくて合計3時間ほどで終わる、大掃除的な感覚でした。昨日台風対策の解除を完了させて、船を下ろして、今日から出港です!
Dsc03785_20230603173001 Dsc03788Dsc03791_20230603173001 Dsc03796 Dsc03800 Dsc03798 Dsc03794Dsc03806_20230603173001P6036239P6036234P6036224P6036197P6036221P6036213 台風一過の今日は天気も良く、風もベタ凪でどこへでも行けます。そんな台風後1番乗りはFさんとGさんのお二人です。お二人はいつものように昨日の夜も楽しんで来られたようで、4軒はしご酒をしてきたようです。せっかくの天気なので、今日は黒島方面に行くことにしました。まずは1本目は竹富南エリアで潜る予定でしたが、想像以上に海況が良いので、このまま黒島に行くことにしました。1本目にやってきたのは黒島キンメの根です。マクロや群れが楽しめるポイントです。アンカーをかけに行った時、かなり透明度が悪かったので、ほとんど泳がずに根の周りをじっくり楽しむことにしました。砂地のポイントなので、台風後の濁りが残っていたようです。ガイドは大雅で、光恵さんは来月の頭にあるフリーダイビングレベル2のIE試験に向けて一人でトレーニングをしていました。スカシテンジクダイの群れやエビ・カニ系を楽しんで、1本目からのんびりダイブとなりました。出会えた生物はスカジテンジクダイの群れ、ウスモモテンジクダイの群れ、タマイタダキイソギンチャクとハマクマノミ、クマノミ、ホシゴンベ、ムチカラマツエビ、オオアカホシサンゴガニ、アラメサンゴガニ、ゴカイのフン塊、ミツボシクロスズメダイの幼魚などでした。
P6036253 P6036271 Dsc03816_20230603173301 Dsc03818 2本目は黒島と言えばというようなポイントの黒島V字にやって来ました。ダイナミックな地形と石垣とは少し違う種類の魚が楽しめるポイントです。引き続き大雅がガイドで、光恵さんはフリーのトレーニングです。今度は透明度も少し濁っていましたが良くなってきて、気持ち良いぐらいの感じでした。船の停めた場所がメインの場所よりも少し遠かったので、V字の辺りまで泳いで行って、穴には入らずに帰って来ました。少し長めに泳いだ感じがしましたが、お二人ともまだまだ泳ぎ足りないとのことでした(笑)。出会えた生物はクロユリハゼ、カスミチョウチョウウオ、クロオビマツカサ、ウメイロモドキの群れ、ヤマブキスズメダイ、トゲチョウチョウウオ、ノコギリダイの群れ、オヤビッチャの群れ、ウミヅキチョウチョウウオ、スミツキトノサマダイ、コクテンフグなどでした。
Line_album_20230603_230603_1 Line_album_20230603_230603_2 2本目から上がってランチの時間です。今日のランチはじゅーしーご飯と豚汁でした。今日はご飯のことについては特に触れないでおきましょう(意味深…笑)。Fさんはご飯の後、船の2階のデッキに上がって気持ちよさそうにお昼寝をしていました。風向きが変わって、2本目の途中からうねりが結構入り始めていたので、このままパナリまで行こうとしましたが、予定を変更して竹富南エリアに戻ることにしました。
Dsc03824Dsc03819Dsc03824 P6036296 P6036265 P6036271 P6036286 竹富南に戻ってもうねっている場所があったので、奥の方まで入って、3本目はじゃがいもの根にやって来ました。心丸Ⅱで竹富南に入るのは初めてではないでしょうか。透明度も先程と同じような感じで、大雅がガイド、光恵さんは調査潜水をしていました。ここでは色んな魚の群れ達を楽しみました。出会えた生物はヨスジフエダイの群れ、ミスジリュウキュウスズメダイ、デバスズメダイの群れ、コモンシコロサンゴの群生、ウケグチイットウダイ、オオイソバナ、ロクセンスズメダイ、アマミスズメダイの幼魚、キンギョハナダイなどでした。
ご参加いただいたお二人ありがとうございました!明日もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »