« 2022.7.27 | トップページ | 2022.7.29 »

2022年7月28日 (木)

2022.7.28

Dsc06183_20220728180301 Dsc06185_20220728180301 Dsc06188_20220728180301 Dsc06190_20220728180301 Dsc06191_20220728180301 今日もマンツーで!スクーバダイビング!今日も大型船に乗合させてもらいます。今日はサーフダイブさんにお願いしました。ガイドみつえとJさんで、縦横無尽に潜ります。そう、2人ともバラクーダ履いてますもんね!スタッフ大雅くんは事務仕事を進めます。期待してます!笑

P7283318 P7283303 P7283308 Gopr0975 Dsc06193_20220728180301 Gopr0984 さて集合時間も少し早めで出航。1本目は、WAKEでいう巨石像の根で潜ります。サーフダイブさんでは、ニューポイントと呼んでいるそうです。大物や群れ狙いのワイドなガイドで進めるこのポイント。どこかで着底してゆっくり写真撮って、、、ということはできない距離と水深があります。つまりは、上級者向けということになります。いつもあまり透明度が良くない名蔵湾のポイントで、水深は30mを超えます。向かうまでの距離は、百数十メートルといったところです。一番のメインは、大きなギンガメアジの群れに会うことですが、今日は数が少なめだったようです。それでもその他にも、オオメカマスの群れや、大きなコロダイの成魚、キツネフエダイの群れ、グルクンの群れ、モンガラカワハギ、ナンヨウカイワリ、シチセンチョウチョウウオ、ホホヅミタルミの幼魚、などなど盛りだくさんに会えて楽しんできました。潜水時間も短めになりますが大満足でしたね!

P7283324 Gopr0994_20220728180401 Gopr0986 Gopr0990Gopr0984 Dsc06186   2本目は、同じくTAKE2でここで潜ります。コースを変えると、出会える生物が違うのでまた魅力的です。今日は、あまり日本にはいないであろうゼブラバットフィッシュの巨大な成魚に会えました。嘘みたいです。また通い詰めないと。。。インドネシアのレンべツアーではあったことあるけど、日本で幼魚に会いたい!!他にも、アカククリの大群、イッセンタカサゴの大群、ユメウメイロと混ざっていたウメイロモドキ、カクレクマノミ、スダレチョウチョウウオ、スマガツオの大群、キンギョハナダイなどに会ってきました。こっちのコースもめちゃくちゃ楽しかったです。

Line_album_20220728-_1_220728_8 Line_album_20220728-_1_220728_12 Line_album_20220728-_1_220728_10 Line_album_20220728-_1_220728_7 Line_album_20220728-_1_220728_9 Line_album_20220728-_1_220728_4 Line_album_20220728-_1_220728_1 Line_album_20220728-_1_220728_3 さて、移動してからのご飯となりましたが、まだこの時点で11時になっていないという、、、大深度が2本となると、潜水時間が短いのでこうなります。向かったのは、ロコロックでした。透明度はあまりよくなさそうです。ここで、用意してくれたランチは、ミートソーススパゲッティでした。もう~すごく美味しくて、同じ量をお代わり出来るなぁと心の中で思っていたところ、スタッフのてっちゃんが、「お腹いっぱい~」って、何度か言っていました。2倍食べれられる、と言わなくて良かった、と、心の中で思いました。笑 本当はもっと食べたかったです。

P7283339 P7283394 P7283329 P7283376 P7283355 P7283375 P7283315 Line_album_20220728-_1_220728_5_0 Line_album_20220728-_1_220728_6_0 Line_album_20220728-_1_220728_0_0 Line_album_20220728-_1_220728_2 Line_album_20220728-_1_220728_1_0 Line_album_20220728-_1_220728_3_0 さて、おやつやコーヒー、団欒タイムでお腹が休まったら、潜ります。2本が深くて良く泳いでハード系だったので、3本目はのんびりまったり。ものすごいサンゴと、ものすごい魚の量なので、見ていて何にも飽きず、いつ上がろうかなとなるくらいでした。出会えたのは、キイロサンゴハゼ、インドカエル魚の幼魚黄色バージョン(黒もいます)、アカメハゼ、ネオンテンジクダイ、スズメダイ各種、ミズイリショウジョウガイ、バイカナマコ、ロクセンスズメダイ、オヤビッチャ、オキナワスズメダイの群れ、ネッタイスズメダイ、ほら貝の殻、カスリモヨウベニハゼ、シマハタタテダイ、イチモンジハゼ、オヨギイソハゼなどなどでした。小さなハゼに魅了されたような、そんなダイブとなりました。石垣島最高☆

船足が早いので、あっという間に港に到着し、まだ14時でした!ミラクルだ。やること色々出来るので、助かります。こういうプロの仕事しないとなぁ。笑 船のグレード今度はアップできるので、もっと上を目指したいと思います。Jさん、3日間のマンツーマン、ありがとうございました!!またのご来島、お待ちしています☆

|

« 2022.7.27 | トップページ | 2022.7.29 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022.7.27 | トップページ | 2022.7.29 »