« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月30日 (木)

2022.6.30

S__141975554 今日のブログは大雅が担当します!

本日は前日に急遽申込いただいた、ランセンス持ちで久しぶりのダイビングのMさんと初めての体験ダイビングであるKさんのお二人をご案内します。今日までみつえさんが出張に行っているので、再びシーフレンズさんに乗り合いでお願いすることになりました。一昨日と異なり、船が比較的空いていたので、ゆとりを持ってスペースを確保できたので、良かったです。

S__141975578 S__141975558 S__141975557 S__141975559 S__141975587 S__141975562 初めてのKさんと5年ぶりのダイビングのMさんに器材やダイビングの説明をしているとあっという間にポイントに到着しました。1本目は竹富港前のじゃがいもの根でした。ずっと1か月ほど続いていた南東の風が急遽変わり、東南東の風になっていたので、ここのポイントは船がいつもより揺れていました。そのせいか、Kさんは潜る前から少し体調が悪くなってしまったようなので、テキパキとエントリーすることにしました。水面も波を打っていて、ハシゴもかなり揺れていて、少しコンディションが悪くなってしまいました。しかし、水面でレギュレーターを使った呼吸の練習をすると、お二人とも問題なさそうに呼吸ができていて、すぐ下にある綺麗な水中に早く潜りたそうなご様子でした!潜降ロープを使って、ゆっくり潜降すると少しだけ耳が抜けにくかったMさんでしたが、落ち着いてやってみると抜けていたので、お二人とも上手に潜降することができました。少し移動して、水底で呼吸を整えて、お二人で写真を撮りました。その後、やはりKさんは気分が悪かったようで、みんなでKさんを船に送って、船でゆっくり休んでいただくことにしました。Mさんはまだまだ潜りたそうなので、Kさんを送った後、再度水中でお魚を楽しむことにしました。久しぶりのダイビングの感覚を取り戻したようで、手をつなぎながらですが、しっかりと中性浮力をとれていて、とても上手なMさんでした。見た生物は、リュウキュウキッカサンゴ、アサドスズメダイ、ミスジチョウチョウウオ、トノサマダイ、ヤシャベラなどでした。Mさんはキラキラと光るアサドスズメダイを気に入っていただいたようでした。

S__141975590 S__141975591 シーフレンズさんの到着後ダイバーをお迎えするために、船は一度港に戻ってきました。Kさん達は船酔いもあり、このタイミングで船を降りたいということだったので、急遽下船することになりました。予定よりも早く帰ってきたので、せっかくなので、ゆきの長男がいるあらだ屋さんにおそばを食べに行くことにしました。とても美味しいおそばと、ジューシーを気に入っていただけたようで、とても満足していただけたご様子でした。

Kさんはダイビング自体は、特に問題がなかったようで、また今度来た時は再チャレンジしたいと仰っていただけたので、次来られた時には酔い止めを使って万全な状態で楽しみましょう!次はライセンス取得もチャレンジしてみてくださいね!お二人ともお疲れ様でした!またいつでも遊びに来てください!

| | コメント (0)

2022.6.27延岡ダイビング

  Line_album_20220627-_1_220627_34 Line_album_20220627-_1_220627_35 Line_album_20220627-_1_220627_28 Line_album_20220627-_1_220627_32 Line_album_20220627-_1_220627_31 27日の今日は、延岡でのダイビング。ホテルへのお迎えは10時で、ゆっくりでした。器材はあらかじめ送らせてもらっているので、カメラやライトなどの準備のみ。なんだか普段と違って手持ち無沙汰でした。昨晩からツアーは開始していて、なじみの皆さんと楽しく過ごしています。深夜に山口から到着したUさんとHさんも合流し、わいわい。ショップには看板犬のりんちゃんがいて、大人しくてみんなに可愛がってもらっていました。

ショップで必要書類を書いて、アンケートが多いことにびっくり。ダイビングの後高所に行くかってとこで、Jさんと悩みましたが、一応Noにしておきました。というのは、次の日に高千穂峡へ行くからです。高千穂峡は高度300mとのこと。まぁ、それほどではないので、大丈夫そうです。ショップからは20分ほどで港でしたが、途中でお弁当屋さんやコンビニに立ち寄って、お昼ご飯を購入するというパターンのようでした。私は、欲張り弁当を選びましたが、白米が多くてかなりがっつりでした。

Line_album_20220627-_1_220627_24 Line_album_20220627-_1_220627_22   Line_album_20220627-_1_220627_27 Line_album_20220627-_1_220627_25    Gopr9937 Gopr9933_20220701175501 港へ行く途中、どう見ても海へ向かっている感じがしなくて、どんどん山の奥へ登っていく感覚。車内、ざわざわしていました。そしたら急に海が出てきて、宮崎や大分の特有のリアス式海岸だからこその景色だったようです。新感覚でした。今回、延岡マリンサービスさんのボートがとても良いというリピーター様からの熱烈なお声から、お世話になることになりました。こだわりのボートには、先代の勝栄さんのお父様がボートキーパーとしてハンドルを握っていました。もともとエンジニアだったとのことで、ベテランオーラが凄かったです。船もいろいろ見せてもらいましたが、私が案を出した色々な個所、このボートにもたくさんちりばめれられていました。こだわりのボートだということが良く分かります。

P6271438 P6271455 P6271430 P6271436 Line_album_20220627-_1_220627_18 Line_album_20220627-_1_220627_16   タンクは座席の背もたれに立てかけるような感じになっていて、足元には2本目のタンクがセットされています。なので、メッシュバックなどの荷物も足元に収納、空いたタンクも足元に収納方式でした。利便性があります。そして、絶賛のラダー(梯子)は、エントリー口と同じ場所にあって、タンクが当たらないように角度はつけていないタイプでした。皆さんエントリーしたらボートに沿って設置されたロープにつかまってアンカーロープまで行き、アンカーのあるところに集合、とのことでした。透明度は良くなくて、5mくらいでしたが、そんな時期ですね。内地に2年いたので良く分かります。けど、ブリーフィングで聞いたたくさんのマクロ生物が楽しみで、ワクワクして入りました。ライトは必須。ポイント名はバクチバエ西。出会えたのは、ウルマカエルアンコウ、イロカエルアンコウ幼魚、シマウシノシタ、ミノカサゴ、アカオビハナダイ、クダゴンベ、ユビノウハナガサウミウシ、ハナイカなどなどでした。ウルマカエルアンコウは珍しいのだということでした。私も初めてお目にかかりました。

 もー、会いたいマクロいっぱいで楽しかった~☆笑 一度、出航した港とは違う港に入って、ここでランチです。だいぶ引き潮だったので、皆さん船から降りないでランチとなりました。ランチの時間も楽しい時間でした。勝栄さんの娘さんが声優としてデビューしたお話や、お願いやお礼にいったという道案内の神様で、芸能の神様でもある荒立神社のこと、天照大神が弟のスサノオの悪行に激怒し、隠れてしまったという天岩戸神社に祭られている洞窟から天照大神を出させるために舞を舞ったのが天細女命(あめのうずめのみこと)なんだそうで、次の日にはそこへ観光に行こう、お参り行こうということになっています。話しを聞けば聞くほどワクワクする~☆

Gopr9974_20220701114301 Gopr9970 Gopr9967_20220701114301 Gopr9951 Gopr9950 Gopr9953 Gopr9949 そして、2本目、シーメイズ(sea mays)※海の迷路という意味 で潜ります。出会えたのは、イロカエルアンコウの幼魚、マツカサウオ、ニシキウミウシ(色彩変異)、アオウミウシ、サラサウミウシ、ツマグロハタンポ、ネンブツダイ、コガネスズメダイなどなどでした。ここですごく気になったのは、ミドリイシなどのテーブル状のサンゴがすごく元気で、カラフルで綺麗だったこと。思わず激写してきました。今回は、一眼レフは持っていかなかったので、ゴープロ10で撮りましたが、透明度があまりなかったので、逆に綺麗に撮れたと思います。

Gopr9980 P6271426 P6271345 P6271454 P6271463     上がってきて、先に上がっていたJさんの片方のフィンが水面で外れてしまって落としてしまったことを知り、ガイドの勝栄さんが探しに行ってくれました。けど、透明度がすごく良くなかったことと、フィンの色がまた、灰色で目立ちにくく、なかなか見つかりません。そこで、奥様でありガイドのまゆみさんがタンクを付け替えて再チャレンジ。船長のお父様が、「泳ぐな、流されて行け」と指示。そのようにしたのか、15分ほどして上がってきたまゆみさんの手にはちゃんとフィンがありました。これには皆さん拍手喝采。GULLのフィンで、フィンアート作家のゆりえさんのイラストが入っているもので、どうしても見つけてもらいたかったJさん。ほんと、良かったですね。

Line_album_20220627-_1_220627_8 Line_album_20220627-_1_220627_7 Line_album_20220627-_1_220627_11 そんなこともありましたが、今日は、2ボートで終了~☆ショップへ戻ったら、2階のクラスルーム部屋を心のために貸してくださっていて、クーラーも淹れてくれていて、お菓子やお茶などもふるまってもらっていたのだそうです。良くしてもらってほんと、感謝です。そんな贅沢な心本人は、ソファーで休んで寝ていました笑 全く贅沢な子です。

夕飯も手配していただいていて、今晩は2022年世界一のビールと認められた栗の黒ビール、クリクロを頂けるHIDEJIビールさんで宴会です。クリクロもクリーミーでまるでスィーツのような味わい、HIDEJIビールもさっぱりしていて、私は途中、ハーフ&ハーフにもしてみましたが、美味しい。最高でした。お食事も食べきれないほどのコース料理で、大満足。ご紹介&手配いただいた勝栄さん、ありがとうございました。
最初から最後まで、大変お世話になりました、延岡マリンサービスの皆様、ファンが多いショップの理由が分かりました。わがWAKE UP CALLもますますホスピティの精神に磨きをかけていきたいと思いました。そして、遠いところ山口から、北九州から、大阪から
集まってくださったみなさん、ありがとうございました。一緒に潜って、一緒に宴会して、楽しい時間でした。また、石垣島のほうでもお待ちしています。帰ったら、可愛い息子たちが待ってるので、細かいお土産いっぱい買いました。喜んでくれるかな。

次の日は、計画していた高千穂峡と神社巡りに行きたいと思います。今日も関わってくださったみなさん、ありがとうございました。

 

 

 

| | コメント (0)

2022年6月28日 (火)

2022.06.28

S__141893651 S__141893653 本日は大雅がブログ担当です!

現在みつえさんが造船場へ出張中でのため、今日はシーフレンズさんに乗り合いでお願いしました!2日前に急遽お申込みいただいた、すでにライセンス持ちのダイバーMさんとビジネスセミナーのお仲間だという体験ダイビングのOさんのお二人をご案内します。以前体験ダイビングをやったことのあるというOさんは器材やダイビングの説明もすんなりと理解していただき、2年ぶりのダイビングだというMさんも一緒に聞いていただいて、良い復習の機会となりました。

S__141926606 S__141926583 S__141926596 S__141926587 港で説明が終わって、船で色々とお話をしていたら、あっという間に1本目のポイントに到着しました。1本目は大崎のハナゴイの根でした。波もおだやかで、流れもなかったので、久しぶりのMさんと体験のOさんには落ち着いていてとても良いコンディションでした。綺麗な海を目の前にワクワクしながら、海にエントリーしていきます。少し耳抜きに不安があるというMさんは実際に潜ってみるとリラックスして、大きな問題もなくスムーズに潜降できました。波酔いに不安があると言っていたOさんは、事前の飲みすぎに気を付け、酔い止めも飲み、他のダイバーさんがいない最後の方にスムーズにエントリーしたので、長時間波に揺られることもなく、万全の状態でエントリーすることができました。そして、水中に入ってみると、お二人ともとても上手で、ベテランさんのような感じだったので、じっくりお魚を見ることができました。見た生物は、ミスジチョウチョウウオ、ホンソメワケベラ、オグロクロユリハゼ、アカククリ、オオフエヤッコ、アマミスズメダイの幼魚、アオヤガラ、アオウミガメなどでした。最後の最後に目の前にアオウミガメがやってきて、お二人ともとても興奮しているご様子で、最後にサプライズがあるというとてもラッキーなダイビングとなりました。

S__141926549 S__141926565 S__141926578 S__141926547 S__141926536 S__141926561 2本目に到着したのは、御神崎灯台前のエビ穴です。あまり洞窟や暗い所がお好きではないということだったので、アーチは目指さず、ゆっくりお魚を見ることにしました。ここは、1本目と違って、透明度が良く、サンゴもたくさん広がっていて、水中の景色としてはとても良かったので、景色も楽しむことにしました。見た生物はクロユリハゼ、アケボノハゼ、スミツキトノサマダイ、イラブウミヘビ、ハナゴイ、アカククリ、リュウキュウキッカサンゴ、お花みたいなソフトコーラル、ギチベラなどでした。

2本目から上がってきたら、ランチでした。お決まりのおにぎりセットと、あおさがたくさん入ったスープでした。お二人とも頑張ってダイビングをしたので、かなりお腹が空いていたようで、あっという間に完食されていました。

S__141926600 S__141926540 S__141926542 S__141926551 ランチも終わり休憩もできたら、3本目のポイントにやってきました。出るかなマンタ?ということで、マンタロードに到着しました。マンタ探し半分、お魚半分というリクエストだったので、まずはマンタを探してみます。しかし、少し探しても現れずということだったので、お魚を見ることにしました。見た生物はハマクマノミ、タマイタダキイソギンチャク、ツノダシ、クロユリハゼの群れ、ヒフキアイゴ、グルクンの群れ、アミメフエダイなどでした。最後の魚の方がかなり王道に出会えたという感じになりました。結局、後半も少し粘ってみましたが最後までマンタに出会うことができませんでした。他のチームの方々も出会えなかったようでしたが、1チームだけ見れていたということで、残念でした。

お二人ともとても暑い中でしたが、お疲れ様でした!明日は釣りを楽しむということでしたので、明日も船酔いしないように、ゆっくり休んでくださいね!Oさんはライセンス取得にも興味を持たれていたので、ぜひ次回はライセンスにチャレンジしてください。

 

| | コメント (0)

2022年6月27日 (月)

2022.6.26宮崎シーガイヤトライアスロン

Line_album_20220626_220627_0 Line_album_20220626_220627_1 宮崎シーガイヤトライアスロンに参加してきました。無事に完走。まぁまぁの出来でした。

Line_album_20220626_220627_2 Line_album_20220626_220627_3 Line_album_20220626_220627_4 Line_album_20220626_220627_5 Line_album_20220626_220627_7 Line_album_20220626_220627_9 FBで飛行機が石垣から飛ばなくて福岡へ行くのがだいぶ遅れて乗り継いで宮崎へ行けるかどうかでお騒がせして、最終便があったのでそれに乗せてもらってようやくたどり着き、待っていてくれた娘とJさんは焼肉屋にいて、私の分はお持ち帰りしてくれました。Line_album_20220626_220627_16 Line_album_20220626_220627_13 Line_album_20220626_220627_15  Line_album_20220626_220627_11 Line_album_20220626_220627_14 Line_album_20220626_220627_17 空港までレンタカーでお迎えに来てくれて、ホテルでその美味しいお肉を頂き、コンビニで買ってきた味付き卵やおにぎりと二人に会えたことのうれしさで、絶品夕食となりました。けど、ちょっと急がないと大浴場の使える時間が終わってしまうので急いで行ってみると、と、遠い。。。心に案内してもらって、ラジウム温泉に浸かってきました。Line_album_20220626_220627_22 Line_album_20220626_220627_23 Line_album_20220626_220627_24 ベットや枕も最高級で、あまりにもいいホテルすぎて、疲れが一気に癒されました。ホテルの質で、こんなに疲労が抜けるなんて、今まで感じたことがありませんでした。このところ、泊るところにお金をかけないようにしていたのですが、これは見直しですね。そもそも車中泊してしまうほど宿泊をケチっていたのですが、もうそういうのはやめようと思いました。Line_album_20220626_220627_30 Line_album_20220626_220627_31 Line_album_20220626_220627_28 Line_album_20220626_220627_29

実は、大会まであと一週間となった月曜日、最後の練習と思って、早朝に10キロ走り、仕事が終わって夕方から1500m泳ぎ、快調だったのもその日だけで、その次の日から腰に違和感を感じ、ぎっくり腰ではないけどそれに近いような痛みがあって、オーバートレーニングしてしまったことに気づきました。24日まで毎日海仕事があり、だましだましタンクを運ぶも、痛くて痛くて。痛いって言うのが好きじゃないので、スタッフくんにも言わなかったけど、かなりの激痛でした。あるくのもアヒル歩きみたいになってるのに、こんなんでトライアスロン出来るのか、って思っていました。おまけに先週おってしまった火傷も触れれば痛くて、それをかばうような体勢になっていることも原因かもしれませんでした。

Line_album_20220626_220627_40 Line_album_20220626_220627_37 Line_album_20220626_220627_44 Line_album_20220626_220627_43 Line_album_20220626_220627_45 Line_album_20220626_220627_42 Line_album_20220626_220627_35 1週間は練習なしで、身体を休めようと思っていたので、仕事は楽でした。そんな状態なのに、ホテルの良さとフェイタス湿布の効果と、タイガーバームとストレッチ、マッサージ、なんとか間に合って、スイムの直前、スタート地点に立った時に、「あれ、痛くない。。。」痛くないって、こんなに快適なんだ、って感じました。なので、スイムも気持ちよく泳げ、1周目に最初のブイ手前でうねりを少し感じで、寝不足のせいか、気持ち悪く感じましたが、そこは海を仕事にしているんですから、呼吸でごまかす!と念じて、乗り切り、あとはうねりはありませんでした。10秒ごと6名づつのスタートなので、それほど混むことなく泳げます。水も綺麗で、水底の砂地が見えました。一度だけ、ゴーグルにヒジテツ食らって、水が少し入り、2周目に入る前に水を抜いたらその後は特にトラブルなく泳ぎ切りました。ピッタリに作ってもらっている沖縄ブレッシングさんのトライアスロン用のウェットスーツが本当にいいものなんだと感じ、腰が浮いて泳ぎやすく、無駄な抵抗がなく、気持ちよく泳げました。技術の高さにも感動しました。

上がってから、宮崎シーガイヤトライアスロンの面白いところは、トランジットエリアまでが長いこと。笑 会場には6時30分からバイクの搬入が出来るので、その前に着くように行っていたのですが、シェラトンホテルからのロードもかなり気持ちが良く、3キロほどで到着。迷うこともありませんでした。リゾート開発された綺麗な場所で、すがすがしい空気が漂っていました。バイク搬入後もぐるぐる会場内の把握のため、うろうろしていましたが、スタッフの方にスイムからバイクへの道のり、バイクからランへの道のり、一度聞いて確認して、を繰り返して、準備はばっちり。それにしても、スイムからバイクまでが長い。あとからリザルト見ると、その長さがありながらも、石トラの時と同じ時間を要していて、ということはスーツ脱いでバイクシューズ履いてヘルメットかぶっての準備が意外と早かったということになります。今回、ふくろはぎサポートの圧着ソックと腕に着けるサポーターはなしにしました。帰るときに圧着ソックスは付けることにして、競技中は着けないことにしてみました。それはだいぶ時間のロスを軽減してくれました。

Line_album_20220626_220627_52 Line_album_20220626_220627_48 Line_album_20220626_220627_49 バイクコースは平坦で、全く坂がなく、3周回るのですが、ターンの時だけ緊張します。途中誰かが落車したのか、救急車が来ていました。気が引きしまります。風もなく、お天気にも恵まれ、バイクのころから晴れてきましたが、暑くなく、走れました。ランに入ったら、所々でシャワーを浴びさせてくれる場所があって、手を挙げると放水してくれます。これがすごく気持ち良くて、それにスタッフの方とのふれあいではないけど、心もほっこりしました。よし、がんばろって気になります。これは、石トラでも会ったらいいなーと思いました。石垣島のほうが断然暑いですもん。そんな具合で、調子よくランも走れて2.5キロを4周。長さ的にもちょうどいい周回でした。3キロラップくらいからだいぶセーブして走り、どんどん抜かれていきましたが、マイペースを念じました。昨日まで、あれだけ腰が痛かったでしょ、スイムもランもしてきたでしょって、自分がどれだけ疲労しているか、よく考えよう、と思ってゆっくりめ、ペース上げないって、思っていましたが、1度足がつりそうな感覚がありましたが、もう少しペース上げても良かったかな、と感じました。最後の1キロは少し飛ばしてみましたが、大丈夫でした。ランシューズを新調して、HOKAONEOENにしたら、ぐんぐん足が前に出ます。だるくて腰を落とす、という姿勢にならないようにも注意しました。ここんところ、一番得意だったランを苦手意識が強くて走り切れていなかったのですが、もうちょっとスピードにもこだわった練習を再開してみようと思いました。帰ったら、また練習です。笑

Line_album_20220626_220627_47 Line_album_20220626_220627_46 Line_album_20220626_220627_53 Line_album_20220626_220627_50 そんなこんなで、競技も終わり、ホテルで待ってる二人の元へ急いで帰りました。そしたら、ちょうど玄関前にレンタカーを回してくれているところでした。手にはかき氷。笑 二人でかき氷飲んでるところ見て、また、可愛いなと思って癒されました。もうチェックアウトは済んでいるので、バイクを輪行バックに収納して、そのまま延岡を目指します。それにしても着替えと休憩したいなということで、町営のような温泉に入り、畳の休憩室で休ませてもらって、持っていた食材のオリを平らげ、お腹も落ち着きました。夕飯は、延岡で明日お世話になる延岡マリンサービスの勝栄さんが地元の凄い美味しいお料理を段取りしてくださっています。今日はいくらでも食べ物がお腹に入ります。

Line_album_20220626_220627_65 Line_album_20220626_220627_64 Line_album_20220626_220627_70 Line_album_20220626_220627_66 Line_album_20220626_220627_69 Line_album_20220626_220627_74 Line_album_20220626_220627_67 Line_album_20220626_220627_68 Line_album_20220626_220627_72 Line_album_20220626_220627_73Line_album_20220626_220627_79Line_album_20220626_220627_78Line_album_20220626_220627_76Line_album_20220626_220627_75 ホテルでいったん休憩して、荷物片付けて、こちらのホテルのフロントに今回ダイビングでご一緒するNさんとNさんが来てくれて、歩いてお店まで。手作りのマスクチャームを作ってきてくださいました。すごく可愛い。マスクするのが楽しくなります。ありがとうございます。心にまで用意してくれていました。初めましての勝栄さんは、ものすごいまめな方で、何から何まで段取りしてくださいました。その様子を見て、Nさんから「光恵さんもそーしてー」って。笑 ほんとに。。。お酒は地元の方が飲む焼酎を頂いたのですが、これがまた、凄く飲みやすくて、ごくごく行けました。お料理は、チキン南蛮発祥の地、ということで、お肉が柔らかくてびっくり。農林水産大臣賞を取ったひむか鯖も絶品!!お腹側が脂がのっていて、背中側が少しあっさりとのことでしたが、どちらも美味しく、私はお腹側が特に好きでした。あぐー豚のお鍋も美味しかったー。地鶏のたたきも。もー、お腹いっぱいでした。そして、勝栄さんの顔で金額も安くてびっくり。本当にありがとうございました。

Line_album_20220626_220627_62 Line_album_20220626_220627_61 そのまま帰ろうとしたのですが、私たちが泊まっているホテルの目の前に素敵なバーがあったので、立ち寄ってみることに。スイーツもすべて美味しいのですが、特にバターラムレーズンが印象的でした。あんなに美味しいんだ。解散したら、ランドリーでトライアスロンで使用した衣類を洗い、干して今日は終了~。長くて濃い一日でした。トライアスロンが良いお天気だったのもJさんのお陰かもしれませんね。ほんと、感謝です。明日はいよいよ延岡マリンサービスさんで潜ります。楽しみです。今日もたくさんの皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2022年6月24日 (金)

2022.6.24

Line_album_20220624_220624_6 Line_album_20220624_220624_12 今日は昨日から引き続きのHさんの貸切です!昨日港で落ちてしまった小雪とここ数日海で泳がされているゆきは海に行くのが少し嫌なのか、堤防に張り付いてなかなか船に乗ろうとしませんでした。今日は南風だったので、風の当たりにくい場所を目指します。Gopr9916 Gopr9919_20220625084301 P6241232 P6241198 P6241194 1本目は名蔵湾のアカククリの根にやってきました。まずは水面と水中で360°カメラでお写真を撮りました。見た生物はオニハタタテダイ、ハマクマノミ、クマノミ、ケラマハナダイ幼魚、ネオンテンジクダイたくさん、ササスズメダイ、リュウキュウキッカサンゴ、ハナミノカサゴ幼魚、オキナワスズメダイ幼魚たくさん、フタイロカエルウオ、アカメハゼ、ミスジチョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、ミズイリショウジョウガイなどでした。残念ながら、アカククリの根というポイント名なのに、アカククリがいませんでした。どこいったのでしょうか?しかし、昨日アカククリを見れたので、それ以外の魚をたくさん楽しみました。

P6241244 Gopr9924_20220625084501 P6241247 P6241215 P6241268 P6241253 2本目は少し移動してハガラサーに潜ります。近くに岩が出ており、その上を船が通ると船のペラをはがらすことから、この名前がついています。見た生物はアオバスズメダイ、タチアオウミウシ、デバスズメダイの群れ、ソメワケヤッコ、ツノダシ、ネオテンジクダイ幼魚の群れ、キツネウオ、キツネベラ、クサビベラ、キイロサンゴハゼ、ハシナガウバウオ、ツブツブイボウミウシなどでした。2本目から帰って来たら、お昼ご飯の時間です。今日のランチはクリームシチューとピラフです!暖かいシチューと美味しいピラフで大満足のランチでした。ランチが終わったら、最近ゆきと小雪の爪が伸びていたので、船の上で2匹の爪を切りました。ゆきは慣れていて大人しかったのですが、爪切りにまだ慣れていない様子の小雪は爪切りを当てる前から痛い素振りを見せて、ウソ泣きをしていて、とても可愛かったです。2匹も爪がすっきりした所で、次のポイントに移動です。Line_album_20220624_220624_1 Line_album_20220624_220624_3 Line_album_20220624_220624_4

3本目は大仏の根にやってきました。見た生物はセジロクマノミ、ミナミハタタテダイ、コモンシコロサンゴの群生、オオアカホシサンゴガニ、ニセアカホシカクレエビ、チリメンヤッコ、アミメフエダイ、モンツキスズメダイ幼魚群れ、ハマクマノミ、タテヒダイボウミウシ、アラビアハタゴイソギンチャクなどでした。世界最大級のコモンシコロサンゴを見れて、大興奮のご様子のHさんでした。P6241271 P6241285 P6241274_20220625084601 P6241338 P6241335 P6241332 P6241313 P6241325

港に帰ってきたら、昨日に引き続きですが、ジェラート屋さんのハウトゥリージェラートにやって来ました。期間限定のマンゴージェラートがとても美味しかったです。アイスの上にマンゴーが丸々乗っていて、大満足間違いなしのジェラートです。ぜひこの時期に石垣島にいらした際には、みなさんも食べてみてくださいね!アイスを食べ終わり、Hさんをお宿にお送りしたら、光恵さんは1週間ほど宮崎のトライアスロンの大会や新艇の見学として大分の造船場に行ったりする関係で石垣島にはいないので、船を陸にあげて心丸もしばらくお休みです。Hさん2日間お疲れ様でした!また遊びにいらしてください!Line_album_20220624_220624_17

| | コメント (0)

2022年6月23日 (木)

2022.6.23

Line_album_20220623_220623_0-2 Dsc05309_20220624141301本日のブログ担当は大雅です!今日は急遽ダイビングの日程をもう1日追加していただいたUさんと本日からご参加のHさん、火曜日からいらっしゃるKさんRさんSさんの5名様をご案内します。みなさん揃ったと思ったら、ちょっとしたハプニングが(-_-;)。なんと港で小雪が車を追いかけたようで、海へ飛び込んでしまいました。海へ落ちてしまった小雪は少し流されてしまったようで、お隣の船の方に救出していただきました。最近、小雪が船から港に飛ぶことを覚えてしまったので、港に停泊中にはリードで固定しておかないといけないですね。。すみません。。Dsc05311-2 Dsc05332_20220624141501 Dsc05328_20220624141501 Dsc05320_20220624141501 Dsc05322_20220624141501 Dsc05331-2 P6231139無事に救出された小雪を乗せて出港します。南風5mだったので、島の北側へ向かいました。少し風が当たっていましたが、みなさん上手な方々だったので、大崎へやってきました。1本目オオハマサンゴの根です。生物はハタタテハゼ、アカククリの群れ、カスミアジ、アカヒメジの群れ、クマノミ、ハマクマノミ、アカマツカサの群れ、ミツボシクロスズメダイ成魚、キンギョハナダイ幼魚の群れ、チンアナゴ、イソギンチャクカクレエビ、ノコギリハギの群れ、ドクウツボ、サカサクラゲなどでした。安全停止の間は少しみなさんで遊んでみました。スクーターやバブルリングの練習をしてみたり、最後までとても楽しいダイビングとなりました。Dsc05341_20220624141601 Dsc05346  Dsc05351_20220624141601 Dsc05352_20220624141601 P6231160 Dsc05354 P62311711本目が終わったら、マンタがみたいということだったので、マンタチャレンジをしてみることにしました。2本目にやってきたのはマンタスクランブルです。マンタに出会えるかな?と思いつつ、他にも横穴やサンゴなど色々なところがあるポイントなので、じっくり楽しめます。見た生物はアケボノチョウチョウウオ、ハナビラクマノミ、クマノミ、サザナミヤッコ、ミヤコテングハギ、セダカギンポ、ツバメウオ、ハナゴイ幼魚の群れ、グルクンの群れなどでした。残念ながらマンタに出会うことはできませんでしたが、みなさん光が差し込んでいる横穴に大興奮のご様子で、横穴大好きと言ってくださいました。Line_album_20220623_220623_40 Line_album_20220623_220623_44 Line_album_20220623_220623_45 Line_album_20220623_220623_472本目から上がったら、ランチの時間です。ランチは美崎牛のハヤシライスです。ご飯はガーリックとバジルを混ぜているので、とても美味しいハヤシライスです!たくさん泳いだので、みなさん美味しそうに食べていただきました。

Gopr9891 Gopr9903_20220624141701 P6231186 Gopr9902 Line_album_20220623_220623_27 Line_album_20220623_220623_14 Line_album_20220623_220623_4ランチでお腹いっぱいになったら、今度は少し移動します。地形でお勧めのポイントが良いですとリクエストがあったので、3本目にやってきたのはエビ穴です。ここも横穴がたくさんあって楽しいポイントです。見た生物はオグロクロユリハゼ、ヨツメトラギス、アカハチハゼ、キイロハギ、アカツメサンゴヤドカリ、サンゴアイゴ、サンゴの楽園、ミナミハタンポの群れ、アカマツカサの群れ、イラブウミヘビなどでした。最後の横穴の出口には心が綺麗な人にはマンタの様に見える影があります(笑)!みなさん見えましたかね?

Line_album_20220623_220623_50 Line_album_20220623_220623_48 港に帰ってきたら、みなさんでジェラートを食べに行きました!少し豪華なマンゴージェラートもあり、デザートまで完璧な一日でした!行きも帰りもずっとお客様に可愛がってもらってたゆきと小雪も大満足な様子でした!みなさんお疲れさまでした!またいつでも石垣に潜りに来てくださいね!明日もご参加のHさんも今日はゆっくり休んで、明日も全力で楽しみましょう。

 

| | コメント (0)

2022年6月22日 (水)

2022.6.22

Line_album_2022621_220622_38 Line_album_2022621_220622_42 Line_album_2022621_220622_35 今日は、昨日からの引き続きの皆さんでスクーバで潜ります。風は落ち着いてきました。南南西から南風6m~4mに落ちます。海が落ち着いていると、とっても気分が良い。ずーっと雨だったので、ようやく夏が来たと思うとワクワクします。昨日はたくさん泳がされた日本スピッツのゆきと小雪の母娘は、水が得意ではないので、嫌だったのか、朝、船に乗るときにぐずるぐずる。。。全力で「行きません!」アピールでしたが、お隣の釣り船の船長が手を貸してくれ、ゲストの皆さんも抱っこしてくれ、しぶしぶ乗せられているシーンがとても笑いました。そして!白いモフモフが2個に増えたなぁと実感するほど、大きさが同じくらいになりつつあります。はぁ、可愛い♡

Dsc05298Dsc05299_20220623071601Gopr9840Gopr9541 P6221052 P6221077 P6221074 P6221060 P6221085 P6221063 P6221086 P6221043 P6221040 さて、海のほうは向かったのが、大崎です。Uさんからのリクエストでヤシャハゼを見たい、とのことでしたので、風はポイントに当たっていますが、今日は穏やかだったので、問題なく潜れます。良かったです。そしたらこの1ダイブがスペシャルダイブとなりました~。出会えたのが、ロクセンスズメダイの群れ、フウライチョウチョウウオ、クマノミのファミリーとミツボシクロスズメダイの幼魚、モンツキハギ、大きなネムリブカ、たくさんのチンアナゴ、ニセゴイシウツボ、ハナハゼ、ヤシャハゼ、ナンヨウカイワリ、バイオレットボクサーシュリンプ、コナユキツバメガイ、コバンザメ3匹のいちゃいちゃシーン(多分・仲良さそうだったので)

P6221095 Gopr9863 Gopr9857_20220623071701 Gopr9850 Gopr9852 Gopr9856 Gopr9846_20220623071601 Dsc05300 Gopr9845 Gopr9847 Gopr9853 と、いう感じで、めちゃくちゃレアものたくさん登場して楽しく潜って来ました。お次はポイントは昨日と被らないようにしようと思い、石垣島の北側へ向かいつつ、マンタリクエストもあったので、マンタロードへやって来ました。結果、マンタは通りませんでした。ちょっと時期が悪いと言えば悪いのですが、かする時もあるので、狙ってみました。他に出会えたのは、ゴマモンガラ、ミスジチョウチョウウオ、イシガキカエルウオ、イッテンチョウチョウウオ、イッセンタカサゴの群れ、ヤリカタギ、ニセフウライチョウチョウウオ、イッテンチョウチョウウオ、アミチョウチョウウオなどなど、チョウチョウウオ系も豊富で面白かったですね。サンゴがすごく元気で新しく、その景色の中に自分がいることだけでも気持ちのいい空間でした。

Line_album_20220622_220622_5 Line_album_20220622_220622_9 Line_album_20220622_220622_0 Line_album_20220622_220622_11 Line_album_20220622_220622_2 Line_album_2022621_220622_22 Gopr9859 Gopr9858 Line_album_2022621_220622_18 Line_album_2022621_220622_24 上がったら、お昼ご飯です。今日は、鳥そぼろ塩ラーメンをご用意しました。温まるし、疲労回復になるし、美味しかったですね。久しぶりに登場した旨辛ペーストを入れてみたら、やっぱり、辛いだけじゃなくて、旨味もあって、さらにおいしくなりました。ほんと、病みつきになります。その後、今日はおやつも用意して来ています。福島のYさんから毎年贈ってもらっているお餅を炊き出し用のコンロで焼いてお醤油つけていただきました。美味しかった~。ぷっくり膨れるのを待つ時間も癒しです。そして、マシュマロも焼いてみるという、、こちらはすぐに焼けるので、慌ててふるまいましたが、マシュマロは各々のお箸でほじほじするのが楽しいかもしれませんね。あぁ、楽しかった。

Line_album_20220622_220622_16 Line_album_20220622_220622_8 Line_album_20220622_220622_7 さて、3本目は、崎枝迷路アウトリーフで潜ります。最近、超簡単に水深が計れる機械を買って、試してみたい年ごろ。真下は22,2mでした。そこへ、去年フリーダイビングの資格を取ってくれた石垣島在住のAさんが泳いでいて、ちゃんとオレンジのフロートを持っているので、目立っていて、向こうから声をかけてくれました。Rちゃんも一緒でした。久しぶりに会えて嬉しかったので、「マシュマロいかがですか?」と島のおばあ特有のカメカメ攻撃。笑 お茶もどうぞ、って縁側かって!笑 そうこうして、色々話していたら、12月の京都のフリーダイビングのダイナミックの大会の話や、今行われている世界選手権の話になり盛り上がっていたら、気づいたら、Aさんのフロートにあったはずのゴープロがない!!ってことで、真下に落ちたであろうなので、スクーバで取ってくることになりました。気にしていたワイドレンズが傷ついていなくて良かった~☆ハウジングは少し傷ついたけど、そっちは映像には関係ないので、良しとしましょう。すぐに見つかって、良かったですね。

P6221101Gopr9861 P6221136P6221130P6221110P6221123P6221105P6221115さて、ファンダイビングチームは、リーフの沖からインリーフに地形を楽しみながら入っていきます。最初にまずお見せしたかったのが、頭に星柄の付いているハマクマノミ。まだ生きているかの確認もありました笑。 他、クレナイニセスズメや、ヒレグロコショウダイ、スミツキトノサマダイ、ツノハタタテダイ、フタイロカエルウオ、カガミチョウチョウウオ、テングカワハギ、クロスズメダイ幼魚、クマノミ幼魚、コバンハゼ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、ツノハタタテダイ、オキナワスズメダイの群れ、などなどに癒されてきました~☆

今日もたくさん潜って、たくさん遊びましたね。今晩も、石垣島の美味しいお食事処で、楽しんで、栄養付けて、明日もよろしくお願いします☆皆さん、ありがとうございました~☆☆☆

| | コメント (0)

2022年6月21日 (火)

2022.6.21

Line_album_20220621_220621_38 Line_album_20220621_220621_34 Line_album_20220621_220621_37 Dsc05255_20220621231101 Dsc05257_20220621231101 今日は、南南西の風6mで、ちょっと風が強い日。今日はリピーター様オンリーの心丸船上でした。コロナ禍で滞っていた”人の流れ”が動き出した気がします。何年ぶりだろうっていうくらいのリピーター様や、4月にも5月にも会っているリピーター様、WAKEは幸せなショップです。一度港へ戻ってくるなどの予定がないので、一気に石垣島の北側まで北上してしまおうと思います。御神崎灯台を超えると一気に穏やかな海が広がります。御神崎も景勝地で、崎枝も素晴らしいロケーションです。今日はこのあたりの島影で遊んでいきたいと思います。

Dsc05258_20220621231101 Dsc05264_20220621231101 Dsc05266_20220621231101 Dsc05259_20220621231101 Dsc05260_20220621231101 Dsc05263_20220621231101 Dsc05265 Dsc05269_20220621231101 1本目はビッグアーチに潜ります。久しぶりのダイビングというYさんご夫婦は、移動中に大雅君が説明して、ダイビングの振り返りをしました。潜降もゆっくりやって、きれいなサンゴがお出迎えしてくれました。途中、Yさん奥様が上がりたいのサイン。光恵対応で船にお連れし、戻ってくるとアーチの入り口に皆さん集合中なので、集合写真を撮ろうとしていたら、オクトパスが引っ張られるからなんだろうと思ったら、同業者で若いころから一緒に海の仕事を目指してきた板ちゃんが吸っていました笑。思わず自撮り笑。ビックアーチの中は光も差し込んでいて、とても綺麗な景色でした。見た生物は、アサドスズメダイの群れ、オキナワスズメダイの群れ、キンギョハナダイ、ネムリブカ、ツバメタナバタウオ、スミレヤッコ、アカマツカサ、ソリハシコモンエビの群れなどで、地形も魚も思い切り楽しんできましたよ。

Gopr9789 Gopr9790 Gopr9786 Gopr9791_20220621231401 Gopr9777 Gopr9785 Gopr9779 Gopr9780 Gopr9772 Gopr9778 Gopr9802 Gopr9813 Gopr9801Gopr9808 Gopr9816 Gopr9796   2本目は少し移動して、崎枝迷路にやってきました。1本目で少し疲れてしまったYさんの奥さんはシュノーケルで楽しむことにしました。旦那さんが、「寂しくない?」と優しい一言。けど、ここの地形もすごくお勧めで、是非是非、ということで、スクーバすることにしました。もう、勘を取り戻し、アシスタント要らずで上手に潜られていました。P6211004 P6210993 P6210991 P6210990 P6210995 P6211024 また、ダイバーとして活動したらいいのにな、と思いました。ダイビングチームの見た魚は、タイワンカマスの群れ、イッセンタカサゴの群れ、カクレクマノミ、セジロクマノミ、ミツボシクロスズメダイの幼魚、ハマクマノミ、アオギハゼ、タマイタダキイソギンチャク、オキナワスズメダイ幼魚の群れ、サンゴの赤ちゃん、耳たぶみたいなサンゴなどでした。ちょうどお昼の時間帯で、洞窟の穴の間からまっすぐ光が差し込んでいて、ベストな状態で写真を撮ることができました。シュノーケルチームも浅いところの魚や、少し深いところにある大きなサンゴをたくさん楽しみました。

Line_album_20220621_220621_24 Line_album_20220621_220621_28 Line_album_20220621_220621_30 Line_album_20220621_220621_22 Line_album_20220621_220621_15 Line_album_20220621_220621_16 上がってきたら、お昼ご飯です。今日は、美崎牛の牛丼と豚汁です。石垣島には牛丼屋さんがないので、石垣島では結構レアなご飯かもしれません!牛丼はお好みで生卵を乗せていただきました。体力のつく牛丼と暖かい豚汁で大満足のランチでした。Gopr9502_20220621231201 Gopr9508 Gopr9505 Gopr9517 Gopr9518 Gopr9482 Gopr9488 Gopr9520_20220621231201 Gopr9500 Gopr9493_20220621231201

Gopr9534_20220621231301 Gopr9535 Gopr9536 Gopr9768_20220621231301 Gopr9525 Gopr9527 Gopr9532_20220621231301 Gopr9531_20220621231301 Gopr9529_20220621231301 Gopr9770_20220621231301 Gopr9828 Gopr9822 Gopr9824_20220621231401 Gopr9829 P6211030 Line_album_2022_0621_220621_0 Gopr9835 Line_album_2022_0621_220621_8 Line_album_2022_0621_220621_5 Line_album_20220621_220621_14 Line_album_20220621_220621_13 Line_album_20220621_220621_11 Line_album_20220621_220621_8 ご飯が終わったら、みなさんでシュノーケルタイムでした。後半は暖かく、天気も良かったので、ゆきと小雪の2匹が参戦です!!初めに、ゆきに救命浮環に乗ってぷかぷかとしてもらいました。意外と犬には体幹がしっかりとついているらしく、手を放しても、波が来てもしっかりと難なく耐えていました。次に泳いでくれました。ゆきはヒトが追い付くのがやっとぐらいの速さで犬かきをしていて、小雪はまだ泳ぎ慣れていないようで、バタバタしながらの犬かきで超絶可愛かったです。みなさんと2匹で写真を撮り、すっごく素敵な写真も撮れました。みなさん大満足のお昼休憩でした。

P6211012 P6211018 3本目は移動して、御神崎灯台下にやって来ました。今度は、Yさんご夫婦は二人そろってシュノーケルをすることになりました。ダイビングチームの見た生物は、ゼブラハゼ、クロユリハゼ、タテヒダイボウミウシ、カクレクマノミ、ウミウシ、ミナミタタンポ、ヤライイシモチの幼魚、オラウータンクラブ2匹、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、シマハギなどでした。ここにも竪穴があるので、地形も楽しみつつ、幼魚も多くて癒されました。帰り際、浅瀬に漁具の網がサンゴを覆い被さるように絡まっていて、これはレスキューの必要があると判断。動画も撮って、関係者各位に送りました。対策、作戦を練ろうと思います。潜り終わったら、天気もよかったので船首で360°カメラで写真を撮りました。これがまた、海の色と空の色が最高すぎました。たっくさん遊びましたね。

Line_album_20220621_220621_9 ご参加いただいたYさんご夫妻、ありがとうございました!!またお二人で遊びに来てくださいね!明日もご参加のKさん、Sさん、Rさん、Uさん、今日はしっかりと休んでいただいて、明日も全力で楽しみましょうね!今日も皆さん、ありがとうございました。明日もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2022年6月20日 (月)

2022.6.20

Line_album_20220620_220620_2 Line_album_20220620_220620_0 今日は、北九州のOさんからのご紹介で、WAKE に始めてきてくださったKさんの貸し切り☆お天気は、梅雨がもしかして開けた?ってくらいのいいお天気で、ピーカンで、雨などは降らずでした。水温は28.7度まで上がっている石垣島周辺の海です。風は南南西の風穏やか。なので、竹富島の北エリアへ向かいました。

この風だと、ちょっと透明度があまりよくないのがたまに傷ですが、まだ経験本数は少なめのKさんでしたので、マンツーマンでのんびりやるということで、特に問題なし。今日は、実は朝、美味しいお茶を淹れようと奮闘中にスクエアボトルの角がひびが入っていて、ふたをしてしまったもんだから熱湯の圧がかかってその日々からお茶が噴出し、お腹にかかってやけどを負ってしまった船長みつえは船上待機。ちょっと予想以上に痛くてびっくりでした。頼りになる大雅君が潜ってくれます。パソコン持って行っていたので、事務仕事がサクサク進みました。

Dsc05246Dsc05247 P6200961 P6200958 Gopr9767_20220622193101   P6200952 Gopr9766_20220622193101 1本目、やってきたのは、竹富神社前のリーフ沿いです。ここは、Tの字に遊べて流れもなく、魚も多く、サンゴも綺麗で、なんだか水族館の大水槽の中にいるような雰囲気がありおすすポイント。ここで、のんびり楽しんできました。とても中性浮力が上手で、久しぶりと思えないほどでした。ウェットスーツもまだ新しいとのことで、浮力がすごかったので、アルミタンクはたくさん付けていきました。

P6200948 P6200968 P6200966 P6200972 P6200980 P6200977 出会えたのは、エリンギみたいなソフトコーラル、クロユリハゼ、カクレクマノミ、キイロハギ、ハゲブダイ、ミスジチョウチョウウオ、リュウキュウキッカサンゴ、ツユベラ幼魚などなどでした。

上がったら、ちょっと波酔いか船酔いかされてしまったKさんでしたので、たくさん水分を取ってもらって、船を走らせます。ちょうどそのころ、やけどが一番痛くなっていて、氷で押さえながら船を移動させていました。やってきたのは、竹富港前です。船長とアンカーマンの息が合ってきたので、一発で水中ロープを見つけられるようになり、仕事が早くなりました。

 水中は、こちらも濁っていましたが、たくさんのリュウキュウキッカサンゴの群生、キイロハギの群れ、ミスジチョウチョウウオ、レモンスズメダイ、ホンソメワケベラ、グルクンの群れ、クロテナマコ、ヒフキアイゴなどなどでした。1本目よりも魚たちが群れていた感じがありました。

Line_album_20220620_220620_4 Line_album_20220620_220620_7 上がって、また、ちょっと調子悪そうなので、港に戻ってからお昼ご飯にすることにしました。今日はハヤシライスをご用意しました。今度、船に乗るときは、前日に寝る前にアネロンをぜひ飲んでくださいってことになりました。そしたら眠気やのどが渇くといった副作用にも朝にはちょうど良くなってるかな?という話。

ログブックにサインもして、ポイントや見た魚なども記入したショップオリジナルのログもプレゼントです。一日のダイブを振り返って、また、楽しんでくださいね。Facebookもお友達になりましたので、これからもよろしくお願いします。今日は、ご紹介のOさんはじめ、Kさんもありがとうございました~。また、お待ちしていますね♡

| | コメント (0)

2022年6月19日 (日)

2022.06.19フリーダイビング

Line_album_20220619_220619_1_0 (スタッフ大雅作添削光恵)

今日は、Mさんのフリーダイビングレベル1の海洋講習の残りのセッションと海邦スポーツクラブさんの会員さんで、個人でプールで泳いでいた最中に急遽、今日のフリトレを申し込みしてくれたTさん、そして、フリーダイビングのトレーナーであるだいちさんとそのチームの方でみんなでフリーダイビングでした。

だいちさんチームが前日まで西表島でフリーダイビングをしていて、10時30分に石垣港に到着とのことだったので、今日は遅めの出港となります。朝は時間があったので、ポポハウスの掃除をして、それから海に向かうことになりました。

到着組のだいちさんチームの色々な準備もあり、11時に出港しました。

Gopr9656 Gopr9650 Dsc05232_20220619194001 Dsc05225_20220619194001 Dsc05240_20220619194001 南南西の風があったので今日は少し遠出をして、崎枝迷路にやってきました。とても天気が良く、おだやかで、透明度も良く、サンゴも綺麗で最高のロケーションでした!ところが、、、着いて5分ぐらいすると大雨が降ってきてしまって、少し残念な景色になってしまいましたが、これは亜熱帯地方のスコール。すぐに止んで、またスコールもあったり、晴れたり、虹が出たり、コロコロお天気の変わる一日でした。しかし、いざ海に入ると、透明度も良かったので良いコンディションでトレーニングできました。ここは、満潮時に透明度が良くて気持ちが良いのです。

Gopr9746_20220619194201 今日はまずフリーいまージョンをしてウォーミングアップをしてから、Mさんの残りのスキルである、水深10mからのアームストロークオンリー、マスクなしでの浮上、ブラックアウトダイバーのレスキュー、ロスオブモーターコントロールレスキューをやりました。Mさんは元オリンピックにも出場するほどの水泳選手であることもあり、どれもすいすいと完璧にこなし、あっという間に全てのスキルが完了してしまいました。同時にTさんもそれぞれのスキルを復習も込めて、一緒にやりました。お2人とも上手でデモンストレーションのようなレベルで流石でした!これで、Mさんは全てのスキルが完了したので、レベル1認定です!!☆☆☆

Line_album_20220619_220619_0 Line_album_20220619_220619_6 Line_album_20220619_220619_2 Line_album_20220619_220619_3 だいちさんチームもそれぞれフリーダイビングで水中を楽しんでいて、綺麗な海とサンゴに大興奮の様子でした。

今日は出港が遅かったので、1本目が終わってからお昼ごはんとなりました。お昼ご飯は「あんかけ固焼きそば」でした。ぱりぱりの麺とトロっとした具材たっぷりのあんかけがマッチしていて、とても美味しかったです。

Gopr9682 Gopr9685 Gopr9716 Gopr9690 Gopr9712 Gopr9687_20220619194101 2本目は船を少し移動させ、アーチに入るためにそばまで寄せました。崎枝迷路の地形で遊びながらファンダイビングです。ちょうどこのタイミングで晴れ間が出てきて、迷路の隙間から日光が差し込んでいて、とても綺麗な写真と動画が撮れました。みなさんそれぞれgoproで写真をとっていて、とても良いものが撮れている様子でした。ごはん食べたばかりだけど、皆さんたくさん泳げました。もう体が準備できていますよってことなんでしょうね。

Dsc05220_20220619194001 Dsc05223_20220619194001 Dsc05221_20220619194301 Dsc05224_20220619194301 今日は、途中天気が良かったので、久しぶりにゆきを海に入れてみました。まずは救命浮環の上に乗って、ぷかぷかと浮かせてみました。普段エントリーする時に威勢の良いゆきとは対照的に、少し困って、不安そうな顔をしていました。次は水中で泳がせてみました。しっかりと犬かきをしていて、さすが犬だなと改めて思いました。けど、そのあと土砂っとまた雨が降ってくるという、、、濡れて困った顔は結局ずっとでした。

Gopr9729 Gopr9736 Gopr9741 何はともあれ、レベル1認定のMさんおめでとうございます!!また、石垣島からフリーダイバーが誕生しました☆今度は、また、海でもプールでもトレーニング氏にいらしてくださいね☆どんどんうまくなるのが楽しくて仕方なくなると思います。お久しぶり感が全くなかったTさんも、また、一緒に潜りましょうね。本当に楽しかったし、いいトレーニングにもなりました。

だいちさん達は、ショップでシャワーして空港へ向かいます。バスにはあいにく間に合わなかったけど、タクシーを無事に拾え、大雨のせいで出発も遅れたようだったので、まぁ、セーフでした。石垣島ではいつでも待っていますので、また遊びに来てくださいね!今日も皆さん、ありがとうございました~☆☆☆

 

| | コメント (0)

2022年6月17日 (金)

IE合格おめでとう会

昨日の晩は、スタッフ大雅くんのIE合格祝いでソレマーレさんでディナーでした。おめでとう㊗️

ここからがスタートライン‼️

隣にまさかの同業者座るという、、、

密会にはならんかったぁ笑笑

2次会は大好きな海の先輩、せいきにいにいのお店へ。

海の話をしてくれるせいきさんと真剣に聞く大雅くんを見て、嬉しそうな私だったそう。

そりゃぁ、もう、期待してますもん笑

302807e220d14a369321d8f4bfd08e705d9e730db2234babbd968dac642a1e38D25dc5aec43949c786c3b5026a01ee64A843d89ff946496581ccedc2692f0434Fed2678f0cc94114acfe634d5ca3ff60C6030f0f6cd3492bb7decc347b86e51a81a83f961e24474c89b796391aa5e432B78f27b1f0d147e9ae9087069d1424a6Aabf28de8e334384bee75d6f5b4baa12

| | コメント (0)

2022.06.17

Dsc05194 お久しぶりとなりました、大雅です!ブログにも書かれていたように、1週間お休みをいただいて静岡県の伊豆でSSIのインストラクターの試験を受けていました。無事に合格することができたましたので、これからはインストラクターとしてもしっかりと頑張っていきます!

東京から帰ってきてから初めて潜る今日は、引き続き九州大学の研究チームの3名様と関東のダイビングスクールoneさんのKさんとYさんの5名様で出港します。

Dsc05200 Dsc05198 Dsc05216_20220617192701 Dsc05215_20220617192701 Dsc05207_20220617192701 Dsc05204_20220617192701 P6170863 P6170853 P6170833 南南西6mだったので、竹富北エリアを目指します。1本目は竹富海底温泉に向かう予定だったのですが、あいにくポイントが他の船でいっぱいだったので、2本目に回すことにしました。ということで、1本目は竹富港前にやってきました。

九大チームとファンダイビングチームに分かれて潜りました。九大の方達は、調査用の大きなカメラや定規をたくさん準備していました。ファンダイビングチームは比較的身軽だったので、すぐにエントリーできました。エントリーすると、雨が降っていたこともあり、少し濁っていました。しかし、そんなことは気にせずに石垣の海を楽しんでいきます。見た生物はリュウキュウキッカサンゴ、ヒコアイゴ、ニセアカホシカクレエビ、アカメハゼ、ナミスズメダイ、ミスジチョウチョウウオ、ツノハタタテダイ、ミナミハタタテダイ、ツバメタナバタウオ、コモンシコロサンゴ、ハナビラクマノミなどでした。研究者の方たちもじっくり調査されていて、60分ほど潜っていました。

Dsc05213_20220617192901 Gopr9431_20220617192901 P6170857 Gopr9441_20220617192901 Gopr9454_20220617192901 P6170856 1本目が終わったら、少し移動して先程のリベンジです。今度はしっかり竹富海底温泉前にやってこれました。海底に温泉が湧いていてるという中々珍しいポイントです。見た生物はサラサハゼ、モンツキスズメダイ、サカサクラゲ、オニハタタテダイ、ハマサンゴ、スカシテンジクダイの群れ、ツノダシ、ネッタイスズメダイ、オニハタタテダイ、ツマジロハギの幼魚、デバスズメダイ、ミスジリュウキュウスズメダイ、ブダイ、オキナワスズメダイなどでした。水中の暖かい温泉と、地熱の体験にお二人ともとても満足した様子でした。海上が風と雨で少し寒かったこともあり、九大チームのKさんはウェイトの中に温かい温泉を入れて帰ってきており、とてもニコニコしながら帰ってきました。

上がってくると、雨が止んで落ち着いてきたので、ここでランチにすることにしました。今日のランチはジューシーご飯とゆし豆腐も入った具材たっぷり豚汁です。しっかりとお腹に溜まるご飯と冷えた体に沁みる温かい豚汁で心も体もしっかりと回復しました。おやつに、ダイビングスクールoneさんのKさんが持ってきていただいたお土産のマシュマロパイのようなお菓子を食べました。糖分で体も回復し、これで3本目も元気よく潜れそうですね。

P6170903_20220617192901 Gopr9469 P6170858 P6170879 P6170874 P6170896 P6170877 ご飯とお菓子休憩の時間が終わったら、タンクを追加するために一度港に戻ってきました。そしてタンクを乗せたらすぐに再出港しました。3本目も竹富北エリアで、竹富神社前にやってきました。調査チームの方々も最後は楽しみながら潜ると言っていたので、半分ファンダイビングのような感じで潜られていました。1本目も2本目も長い時間の潜水だったので、3本目はナイトロックスで潜られます。最近WAKE UP CALLでもナイトロックスを導入したので、興味がある方はナイトロックスのスペシャリティコースを受けるとお使いいただけますので、ぜひ挑戦してみてください!ファンダイビングチームも全力で魚を楽しみました。見た生物はオグロクロユリハゼ、ハタタテシノビハゼ、オグロトラギス、コナユキツバメガイ、ハイイロイボウミウシ、クビアカハゼ、テッポウエビ、ツユベラの幼魚、クロユリハゼ、セジロクマノミ、ミツボシクロスズメダイの幼魚、イシガキカエルウオ、ハタタテハゼ、アオギハゼ、ハタゴイソギンチャクなどでした。途中でスクーターにもチャレンジしていただきました。とても上手に乗りこなしていて、楽しそうな様子でした。

今日の最終便で西表島に行かれるYさんこの先もお気を付けて楽しんでください!九州大学のチームの方々も長い間の調査お疲れさまでした!

またお待ちしていますので、ぜひ遊びにきてください!☆☆☆

| | コメント (0)

2022年6月16日 (木)

2022.6.15海&プールフリーダイビング

今日は、スクーバご予定だったAさんが、1日ご一緒予定のフリーダイバーの皆さんと話していたら、スクーバじゃなくてフリーがしたい、ということになり、急遽、全員フリーダイビングすることになりました。そんな日もあるんですね。東京に帰って運転免許証も取得してきたスタッフの大雅くんがアパートに器材を取りに行ったけど使わないことになりました。それにしても運転の練習、練習。みていたら、かなり慎重にゆっくり運転していたので少し安心しました。親かっ!笑 

揃ったら、出航して行きます。今日は、朝の予報では南風。そんなに吹かないかなって思っていたら、帰るときは南南西7m!予報違うやんけ!な1日でした。大潮でかなり潮が引きます。南風を避けるように、やって来たのは、崎枝迷路というポイント。水中はテンションがバク上がりの透明度とサンゴの綺麗さ。これが、帰る頃には干上がって水面より上に顔出しているから面白い光景も見られました。でも、引いてしまうと透明度は落ちてきます。

コンディションの良い時にフリーダイビングを始めました。1時間はガッツリ船の上でストレッチして、少し体感もトレーニングして、ウェイトベルトの重さの調整もして、体がほぐれたところで、水面でマスクをおでこに置いてフェイシャルして心と心拍を落ち着かせていきます。気持ち良くなったところで、潜降ロープを使ってフリーイマージョン。手で手繰ってものすごいゆっくりなスピードで耳抜きに注意しながら潜る練習を何度も繰り返しました。繰り返すことで、快適になっていくのをどんどん感じてもらえたと思います。

そして、ある程度耳抜きも流線型の動きも慣れてきたところで、ダックダイブからの浅いところでのターンを練習しました。二人とも上手に潜ることが出来ました。フリーダイビングトレーニングに参加しているTさんも、今日は講習のお二人に便乗して、しっかりウェイト量の調整をして、いつもがすごくウェイト少なかったことが判明。今日は調子よく潜ることが出来ました。が、アクシデント!調子よく耳も抜けていたのに、16mまでフリーイマージョンしていって、スピードの調整も出来ていたのに、左耳にピンホールがっ!こういうことがあるから、ほんとに単独潜水はいけませんね。私がパートナーとして寄り添っていたので、潜降ロープをくるくるまわるTさんをつかんであげることが出来ました。聞いてみると、痛くはなかったようで、、、帰ったらすぐに耳鼻科に行きましたが、1週間で閉じるけど、それまでは海は禁止。ちゃんとふさがれたことを確認して、プールから再開します、とのことでした。私も身が引き締まりました。

さて、あがって休憩を入れて、もう1セッション。講習のお二人は、2セッション頑張ります。次はダックダイブ、ターンの練習、姿勢を綺麗にする、動きをゆっくりにする、など、楽しみながら頑張りました。お二人共やればやるほど上手になるから、全部動画撮ってちゃんと保存。ご自身でも勉強してみてくださいね。

頑張った後は、お昼ごはん。カレーうどんをご用意しました。美味しくいただけました。帰るころには、予報と違うやんけ!の南南西7mなので、御神崎あたりが時化ていました。テーブル周りに座ってもらって、皆さんはきゃいきゃい言いながら戻っていきます。私はなるべく船がたたかないように気を付けながら帰りました。

今日は、東京から帰ったばかりのスタッフの大雅君はほぼ撮影隊でしたが、まだ体力もあるとのことで、夕方からは一緒にプールフリーダイビング講習へ。石垣島在住のKさん&Iさん親子のプールの講習最後の日でした。やることは、100mの水泳とアームストロークオンリーでのダイナミック15m以上、ブラックアウトレスキュー、ロス・オブ・モーターコントロールレスキューでした。ですが、Kさんは今日はキャンセルとのこと。なので、Iくんと今日の体験でフリーダイビングのCカードを取りたいと申し出てくださったAさんが講習を進めていくことにしました。これからもフリーダイビングをやる気でいる皆さんなので、スフェラマスクを買いたいというリクエストを頂いていたので、お好きな色を選んでもらいました。楽しそう。

その後のトレーニングは、ストレッチ後に滞りなく課題をクリアでき、お二人共プールフリーダイビングは認定です。引き続き、実技を進めていきたいと思います。トレーニング終わったら、大雅君が、「はー、ほぐれたー」って。都会で毎日勉強もしていたしやることいっぱいだったしで、疲れは持って帰ってきたはず。ストレッチと泳ぎで、ほんと、心身ともにリフレッシュできるよね、良かったです。それにしてももう夜も更けて、お腹が空いたーってことで、帰ったらご飯たくさん食べました。上げ膳据え膳で。二人の長ちゃんが給仕してくれて幸せです。そしてすぐ寝るという、、、今日もたくさん動きました。楽しい一日でした。皆さん、ありがとうございました。これからも頑張っていきましょうね。

| | コメント (0)

2022年6月13日 (月)

2022.6.12九大調査&ファン

Dsc05142_20220613180901 Dsc05143_20220613180901  Dsc05144_20220613180901 今日は、楽しい調査ダイビングがとうとう今回の最終日となってしまいました。学生さんのSちゃんは先に帰るということで、今日は不参加です。なので、研究チーム4名様と、ファンダイビング2名様で出航。スタッフ大雅君は今日がSSIのダイビングインストラクターのIEの二日目で合否が決まるようです。息子の涼太からは何の連絡もなく、LINEも既読にならず。。。気が気でなくて昨晩はブログが書けませんでした。笑 メンタルに左右されやすいなぁ。笑 ということで、今日はブログを二日分書きます。

Line_album_20220612_220612_7 Line_album_20220612_220612_6 昨日と同じメンバーなので、ウェイトの調整などなし。集合したらすぐに出航していきました。夕方、帰ってくるときの土砂降りもすごかったのですが、その後、夜に一瞬北風になったようです。そこからまた南南西に戻っていた朝でした。天気予報、予報出来てないじゃん!!って、石垣島ん住んでいると思いますが、本当に当たらな過ぎて嫌になります。もう、常識とか、情報にとらわれすぎないで、臨機応変に即対応体質が身に着きました。石垣島は人を鍛えます笑 

  今日も大雅君がいないので、非常勤スタッフに親友の友ちゃんに来てもらいました。朝から会話が楽しい。昔のことをたくさん思い出しますね。友ちゃんは今日は学生さんのDくん担当。3日目なので、もう何でも自分で出来るようになり、育っています。素晴らしい。研究チームの皆さんのご希望では、まだ行けていない屋良部崎や名蔵湾。風は当たっているのと、朝はフサキ灯台前にうねりがあって、それを追い波な感じでやり過ごし、名蔵湾の奥へ入って来ました。大崎にはたくさんの船が来ていましたが、まだその時はいい状態ではないことが分かるので、行かないで、名蔵に決めました。そしたら、結果、ランチの後、ピーカンに晴れて波がなくなり、べた凪になるという、、、なのに、今日は2本で船を降りる段取りの皆さんで、なんだかちょっともったいなかったです。

Dsc05150_20220613180902 1本目は、菅先生が作っている海底マップの大きな河口跡になる砂地の際にあるアカククリの根で潜ります。アンカリングは友ちゃん。慣れたもので、入ったらすぐ「見慣れた景色」って気づいていました。ただ面白いのが、ここに来たら急に風が北東になっていること。小高い山からの吹きおろしの影響なのでしょうか。崎枝半島の付け根のえぐれている地形からの風の吹き回しなのでしょうか。面白すぎました。そして、昨日の大雨の後なので、菅先生予想通り、水面2メートルに赤土などの混ざった濁り、もしくは真水でしょうか?層が出来ていて、透明度なしなのに対し、潜っていくと視界が開けているという、、、これを見たかったんだ!と目をキラキラさせる菅先生でした。好きだなぁ。科学のヒト。笑

P6120742 P6120715 P6120725 P6120721 P6120694 P6120707 P6120684 P6120711 P6120713 P6120716 Dsc05147_20220613180901  Dsc05153_20220613180901  Dsc05146_20220613180902 Dsc05148_20220613180901 P6120729 水中は、3班に分かれていきました。ファンダイビングみつえチームは少し深い方へも足を延ばし、たくさんの生物に会ってきました。出会えたのは、アカククリの大群、アカククリのクリーニングシーン、クマノミ、ミツボシクロスズメダイの幼魚、ネオンテンジクダイたくさん、スミツキベラ幼魚、パラオクサビライシ、ミズイリショウジョウガイ、グルクマの群れ、グルクンの群れ、ガラスハゼ、ササスズメダイ幼魚2匹は、あんまり見かけない子だなと思って激写していたら、やはりネット上で割と珍しい、と書かれていました。嬉しいな。菅先生チームの泡を見ていたら、水面の濁りの層が泡でトンネルを作って抜けているのがすごく印象的で面白い現象でした。動画で証拠映像ゲットです。アカククリの根は安定の楽しさでした。

P6120783 P6120790 P6120772P6120680 P6120756 P6120762 P6120752 P6120759 P6120770 P6120774 さて、2本目は、九大おすすめの根にやって来ました。アカククリの根のすぐ北にある隣の根です。アンカリングする場所は水深5mでかけやすいのですが、珊瑚が綺麗なので、あまり投げ入れたくなくて、友ちゃんにかけてもらいました。また班は分かれていきましたが、撮影班はやってみたかったスクーターを使ってお試しも出来たようで良かったです。ファンチームが出会えたのは、ツノキイボウミウシ、ソライロイボウミウシ、ミドリリュウグウウミウシ、キツネウオ、パラオクサビライシ、ナミスズメダイ、キイロサンゴハゼ、インドカエル魚の幼魚黄色バージョン、イシガキカエルウオ、ヒレナガスズメダイ幼魚、デバスズメダイの群れ、ミスジリュウキュウスズメダイの群れ、ウミヅキチョウチョウウオ、ニシキヤッコ、チリメンヤッコ、セナキルリスズメダイたくさんなどなどでした。サンゴのいろんな種類と群生は圧巻でしたね。透明度はもう少し欲しかったけど、温かいところで水温は30度を計測していました。完全に夏です。負担がなくなりました。

Line_album_20220612_220612_3 Line_album_20220612_220612_5 上がったら、ランチタイム。今日は、あんかけかた焼きそばをご用意しました。あんかけの冷めなささが凄くて熱い熱い言いながら食べました。美味しかったです。一度港へ戻って、べた凪を惜しみながら研究者チームは下船です。昨日の景色とは全く違った港。ほんと、天候で景色って色々な表情を見せるから面白いですね。再出港して、ファンチームはあと1本潜ります。

P6120808 P6120807 P6120822 P6120795 P6120798 Gopr9519 Gopr9520 やって来たのは、南南西の風で穏やかなポイント。竹富神社前です。流れもなく、魚も豊富でのんびり楽しんできました。出会えたのは、ゴシキエビの子供、真っ白な髭が目立って水面からでも見つけられます。そんなに警戒心無くて良いのかな、と思ってしまいます。他、ハナビラクマノミ、セジロクマノミ、イッセンタカサゴの群れ、ハタタテハゼ、オグロクロユリハゼ、ワラスボの仲間は引っ込んでしまい、少し待ちましたがお見せできませんでした。オウゴンニジギンポは、そっくりなイナセギンポとも比べることが出来ました。フタスジタマガシラ、白い小さなウミウシなどにも会って来ました。ガレバのフラットなところで、スクーター遊びもしました。面白かったですね。SSI水中スクータースペシャリティも受講できるショップなので、ご要望あればぜひ、お声がけくださいね。

Gopr9530 Gopr9532 Gopr9533 Gopr9531 Gopr9534 Gopr9529 あっという間の2日間、Oさんたちももう帰ってしまいます。明日はpopo houseでお仕事するのだそうです。遊びもしっかり、お仕事もしっかり、見習いたいです。次は11月に仮予約いただきました。お待ちしていますね。そのころには新艇になってますね。楽しみにしていてください。今日も皆さん、ありがとうございました☆これからもよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2022年6月11日 (土)

2022.6.11九大調査潜水&ファン

Line_album_20220611_220611_43Line_album_20220611_220611_44Line_album_20220611_220611_50Line_album_20220611_220611_51Line_album_20220611_220611_36 Line_album_20220611_220611_38 Line_album_20220611_220611_37 Line_album_20220611_220611_33 Line_album_20220611_220611_34 Line_album_20220611_220611_32 Line_album_20220611_220611_31 今日も九大調査潜水プラスファンダイビングで元気に出港します。今日は、スタッフの大雅くんがインストラクターの最終試験を受ける日。重ねて、長男の涼太がプロバスケットチームのトライアルを受ける日。こんな大事なことが重なるなんて!興奮で寝付けない。。。と言ってもベットに入れば即寝ですが。とにかくドキドキ。どちらからも何も連絡ないし、集中してるんだろうなって思って連絡できないし。私は集中しよう。そう、今日は調査の続きと、いつものOさんご夫婦がきてくれています。

Dsc05103_20220612224501 Dsc05104_20220612224501 風はまだまだ季節風のかーちばいが吹いていて、南南西、少し強くて7m吹いています。学生さんの1人、Sさんは今日まで潜れるということで、本当は今日、名蔵湾や海底遺跡へ行きたい教授でしたが、どうしてもお天気には逆らえません。ということで、それでも新しい情報もお伝えしたいし、ダイビングや目線でもご案内したいところもあるので、1本目は竹富海底温泉にやってきました。

Gopr9501Gopr9502Line_album_20220611_220611_28Gopr9503Line_album_20220611_220611_15Line_album_20220611_220611_24Line_album_20220611_220611_16Line_album_20220611_220611_22Line_album_20220611_220611_17Line_album_20220611_220611_20 Line_album_20220611_220611_8 Line_album_20220611_220611_7 Line_album_20220611_220611_14P6110619Line_album_20220611_220611_9 Gopr9493 Gopr9492 Gopr9491 Gopr9499 Gopr9494 Line_album_20220611_220611_12_0 Line_album_20220611_220611_11_0 Line_album_20220611_220611_9_0 すり鉢状の真っ白な砂地で中央から温泉が湧いているポイントで、なかなか珍しいと思います。最近、岩盤が陥没して地形が変わりました。初めはちょっとびっくりしましたが、自然の作り出す景色をご案内してるんだな、と気が引き締まります。陥没の瞬間にもしかしたら立ち会えていたかもしれないんですもんね。そんな想像をしながら、撮影隊を温泉へご案内し、ファンチームは天然のエアーカーテンエリアへ。ここも面白くて、あちこちからぷくぷくと泡が湧いて出てきています。それが幻想的で素敵。みんなで湧いて出る泡を囲んで360度カメラで撮影して楽しみました。出会えた水中生物は、ハマサンゴにはたくさんのスカシテンジクダイの幼魚が発生し、ストロボが当たると星のようにキラキラしていて綺麗。温泉へと書いたように並べられたクサビライシも映えます。時々書いてあることが変わるから笑います。他、ミスジリュウキュウスズメダイたくさん、キツネアマダイ、ハナミノカサゴの幼魚、ユビエダハマサンゴの群生、クラカオスズメダイ、ナンヨウカイワリ若魚、などなどに会って、船の下へ。そしたら、安全停止中に2匹のウミヘビが目の前で急に後尾しようと絡み出したからビックリ!そんな、わざわざ撮られに来たんですか?というくらいのポジションでしたので、もちろんしっかり動画と写真を撮らせていただきました笑。

Gopr9510 Line_album_20220611_220611_6 P6110644 P6110651 P6110647 P6110615 P6110624 P6110628 P6110632 P6110629 楽しく海底温泉で遊んだ後は、海底マップのあるエリア、嘉弥真島北のポイントで潜ります。昨日停泊した場所から少し沖にある根にアンカリングしたい、とのことでしたので、沖に停めると、これがすごくサンゴが綺麗で楽しいポイントでした。西からの流れがほわーっとある中、長い潜降ロープで問題なく安全に潜れました。根の西側に潮が当たるのでたくさんの魚がいて、いるだけで気持ちのいい空間でした。撮影チーム、菅先生チーム、みつえチームに分かれて楽しんできました。出会えた水中生物は、アサドスズメダイいっぱい、ウミギクガイモドキ、シコクスズメダイ幼魚、アマミスズメダイ幼魚、マルスズメダイ、グルクマの群れ、ハナゴイ幼魚の群れ、メガネゴンベ、ミスジチョウチョウウオ、スミツキトノサマダイなどなど多数でした。戻るときは、根の上から潜降ロープまでを力まずに流れを利用して戻っていきました。透明度も良くて、水温は29度を計測しました。夏です。

Line_album_20220611_220611_14_0 Line_album_20220611_220611_15_0 Line_album_20220611_220611_17_0 Line_album_20220611_220611_19_0 上がったらお昼ごはん。今日は、ランチ持参組とWAKE特製弁当付きとに分かれました。鳥そぼろ塩ラーメンをご用意して、頂きました。お土産に頂いたとおりもん、は、明日もいただけるとのことで、今回は福岡からいらっしゃっている2グループとなり、とおりもんをたくさんいただくことが出来ました。いつもありがとうございます。美味しいです。

Dsc05111_20220612224501 Dsc05112 Dsc05120_20220612224501 Dsc05115_20220612224501 Dsc05133 Dsc05124_20220612224501 Dsc05110_20220612224501 Dsc05108_20220612224501 Dsc05140 Dsc05136_20220612224601 Line_album_20220611_220611_0 Line_album_20220611_220611_1 Line_album_20220611_220611_2 Line_album_20220611_220611_3 Line_album_20220611_220611_0_0 Gopr9511 Gopr9515 P6110653 P6110671 P6110657 3本目は、マップ上でもあり、ダイビング業者がよく使うポイントへお連れしようということになり、カヤマケーブへやって来ました。石垣島にはケーブはありませんが、アーチのことをそう呼びます。横穴になったところに入っていく地形ダイビングも取り入れながら、幼魚たくさんでかわいい子がいっぱいでした。出会えたのは、セダカギンポの幼魚、トノサマダイ、ツユベラ幼魚、カンムリベラ幼魚、オキナワスズメダイ幼魚の群れ、キンセンイシモチ幼魚の群れ、ミナミハタンポの群れ、アカマツカサ、フタイロカエルウオ、レモンスズメダイ幼魚、ヒトスジギンポ、ゴイシギンポ、ツバメタナバタウオの群れ、などなどでした。浅いので、エアーも気にせずにまったりと楽しめました。石垣島の浅くて安全で光が降り注ぐケーブ、好きです。

Line_album_20220611_220611_2_0 Line_album_20220611_220611_3_0 予報では、明日は風が変わり、北風に。その予報のせいか、カヤマへ向かう途中から北うねりが入っていて、少し気になっていました。風は強くないので、明日の影響がもうでるんだなぁと思っていたら、帰るときにものすごい土砂降りに遭遇。これがあるから前線の影響でうねりが来ていたんだと後で知りました。これは、私の胸の中で手帳に記録されました。風が変わるかもしれない予兆だったんですね。その風、も、風向き、ではなく、前線通過、これは覚えておきます。こういう経験の積み重ねが自然相手の仕事では即座に判断をしないといけない場面が多いので、絶対的に必要です。土砂降りな中、航海灯を付けて走らせました。こういう時、止まってしまったら、漂流して、危ないのです。前に進みます。波と風と波の向きと角度といつもの経験上の方角の感覚と、携帯のGPSも頼りにしながら、感覚をビンビンにして走らせました。着替えた皆さんも、また雨でぬれてしまいました。けど、気温が高いので寒がることはなく戻ってくることが出来ました。港も大雨の後の様子が良く分かる感じで、地熱で温められた足元の水もぬるま湯でした。皆さん、お疲れさまでした。今日はちょっとビールでも飲もうかな。笑

研究チームもOさんご夫婦も明日が最終日となります。まだ行けていないエリアにお連れできるように考えたいと思います。今日も皆さん、ありがとうございました。明日もよろしくお願いします☆

 

| | コメント (0)

2022年6月10日 (金)

2022.6.10九大調査潜水

Dsc05079 Line_album_20220610_220610_1 Line_album_20220610_220610_0 今日は、九大海洋フロンティア管先生率いる御一行様が貸し切りでいらっしゃいました〜。菅先生が作成研究している海底マップの範囲内での潜水、手作業の撮影で3Dマップを作られます。すごい大変な作業で根気が入ります。今日は、九州大学の学生さんもきているとのことで、宗教上のことや、アレルギーがあると言うことで、ランチは各自持参でっていう日。それがまた面白いですね。朝から自分だけのお弁当作っていたら、おままごとに感じました笑 なんだかとっても新鮮な朝でした。明日は、他にもお客様がいるので、私たちは、ランチを用意していきます。

Dsc05080_20220611000901 Dsc05085_20220611000901 Line_album_20220610_220610_29 Line_album_20220610_220610_27 Line_album_20220610_220610_24 さて、港に集合してもらったときは、ものすごい土砂降りで、ビッショビショ。皆さんそれぞれの撮影機材を搬入して準備万端です。おにぎりやカップラーメン持ってきたり、おやつも用意してくれたようでした。風は南から南南西の風、朝は穏やかですが、夕方になると少し吹いてきて、7〜8mになるようです。なので、軽く打ち合わせして、向かったのは、カヤマ島の北、ここにも菅先生のマップがあるので、その中でも目立つワダチのような大きなクレパスのような地形を1本目は選んでいきました。

Dsc05082 Dsc05083 Dsc05093 Dsc05092_20220611000901 Dsc05088_20220611001001 Dsc05099_20220611000901 学生さん達はまだCカードを取って間もないので、私がつきっきりで見るということになっています。でもちゃんと教えてもらってきているようで、ちゃんと機材セッティングも覚えていて、すんなり。まずはスノーケリングして水慣れして、ウェイトなどを調整したりしていきました。エントリー方法を練習しようということになり、ジャイアントストライドして見たり、フロントロールしてみたり、すごく楽しそう。楽しみながらもスキルアップしていっているところがさすがです。

Gopr9445 Gopr9448 Gopr9437_20220611000901 Gopr9444_20220611000901 Gopr9453 Gopr9451_20220611001001 Gopr9458 P6100596 P6100591 水中班は先に入っていて、もうすでに撮影は始まっています。邪魔にならないように学生さんも潜って、横から作業の様子もみて、魚もみて、サンゴもみて、何もかもが楽しかったそうです。良かった。出会えたのは、ハタタテハゼ、オグロトラギス、クロオビマツカサ、シマウミヘビなどなどでした。ダイビングが好きになってくれれば、今後の戦力!!!笑 頼もしいですね。横から菅先生も嬉しそうです。クレパスの中にも潜って、楽しんで帰ってきました。安全停止や浮上スピードも今が1番ちゃんと覚えるべき時なので、しっかりやって上がりました。

Gopr9475 Gopr9456 Gopr9454 Gopr9484 Gopr9455 Gopr9462 Gopr9464 P6100609 P6100601 上がったら、もう、お昼です。潜る前のスノーケリングや準備や説明などもあったので、今日はこんな感じになってしまいました。なので、ここでランチとなりました。各々ラーメン作ったり、パンやおにぎり食べたりが慣れない風景でおかしかったです。その後、2本目は、少し移動して、今度は10m四方に目立つ岩があるので真上に停泊してみると、ドンピシャでいい感じ!サンゴも綺麗だし、下に降りるとがれ場になっていて、たくさんのハゼやその他の魚達がいて、いっぱい楽しめます。良いポイントだ。また、リストにアップですね。出会えたのは、クロユリハゼやゼブラハゼ、クビアカハゼとテッポウエビ、クロユリハゼ属の一種、ツマジロハギ幼魚、シマキンチャクフグ、ヒトスジギンポ、などなど楽しかったですね。浅い方はサンゴもりもりだったので、いい動画も写真も撮れました。お仕事であるマップに使う写真も順調に進んだようでした。

Line_album_20220610_220610_0_0 Line_album_20220610_220610_4 Line_album_20220610_220610_7 Line_album_20220610_220610_2_0 Line_album_20220610_220610_1_0 3本目は、本当はヨナラ水道の南側に行きたいところがある、とのことでしたが、予報では急な竜巻や風向きの変化、などに注意、と石垣市からもラインが流れているほどで、油断ならないのと、その場所だと風が当たっていて、夕方は少し風が上がるし、ってことで、マップ上にある1番隅にある小浜島とカヤマ島の間の水路の際にやってきました。数年前までサンゴがすごく綺麗だったので、よく来ていたのですが、7年くらい前の白化の年にサンゴがなくなり、それからはあまり来なくなりましたが、久しぶりに調査したいし、いい機会でした。Line_album_20220610_220610_13 Line_album_20220610_220610_11 Line_album_20220610_220610_12 Line_album_20220610_220610_15 Line_album_20220610_220610_18 Line_album_20220610_220610_19 Line_album_20220610_220610_21 Line_album_20220610_220610_3_0 Line_album_20220610_220610_6 Line_album_20220610_220610_8 Line_album_20220610_220610_23 それがマップ上にあるなら、文句なしです。水路に降りていくのも面白いポイントですが、ここでの撮影は、アンカーの前のサンゴが少し綺麗で復活してきているところで行うことにしました。スノーケリングしながらどこの撮影するか、など、わちゃわちゃ水面で泳いでいる皆さんが面白かったです。

Gopr9463 Gopr9465 Gopr9490 Gopr9489 Gopr9470 Gopr9461 水中は、ちょうど際に停めているので、船の下は浅いのですが、とにかく濁っています。夕方に差し掛かっているのもあって、少し薄暗いし、、、明日はもっと日が高い時間に3本目入ろうと誓いました。けど、今回初ファンのお二人もとてもスキルアップしたし、水路の砂地までお連れして、一緒にInsta360カメラで撮った写真が面白く撮れました。出会えたのは、トゲチョウチョウウオ、フウライチョウチョウウオ、アサドスズメダイの幼魚、クロテナマコ、ウミシダ、知っておいた方が良いだろうと、カエンサンゴもご案内。海外ではファイヤーコーラルというんですよね、ご存じでした。研究者の卵さんたち、とても可愛くて素敵でした。それを優しく見守る大人な皆さんも素敵すぎました。明日は、ファンダイバーのOさんご夫婦が加わるので、スタッフ大雅君不在な中、快く引き受けてくれた友ちゃんが来てくれます。楽しみです。大雅君は今、きっと、明日のIEに向けて緊張して、頑張っているはず。寝れるかな?私はチキンなので、寝れないでずっと資料作ったりするタイプ。それは、去年のフリーダイビングレベル1インストラクター試験の時も一緒でした。いくつになっても学生。いくつになっても学ぶことが多すぎです。みんな頑張っていますもんね。明日も皆さんと潜れるのが楽しみです。今日もありがとうございました。明日もよろしくお願いします。

 

| | コメント (0)

2022年6月 8日 (水)

2022.6.8

Line_album_20220608_220608_5 Dsc05063_20220609003101 Dsc05064_20220609003101 Line_album_20220608_220608_8 Line_album_20220608_220608_7
Line_album_20220608_220608_2 Line_album_20220608_220608_1 今日は、九州大学の海洋フロンティアの皆さんが、調査ダイビングで、心丸チャーターの日。明日は中休みですが、これから何日間も皆さんガッツリ潜られます。いつも、撮影があるため、沢山の機材が送られてきて、重装備です。今日はこんな小さな体でこんな撮影機材を持って潜って泳ぐのかと思うとびっくりするくらいの体力とメンタルをお持ちの女史お二人がいらっしゃいました。昨日は打ち合わせをして、リクエストや段取りを大体決めました。

風向きには逆らえないのですが、今日は、北風から北北東の風、4〜6mなので、ご希望の一つである午の方石ケーブ方面の手前の石西礁湖のアウトリーフ沿いと、真栄里ケーブの辺りを潜る段取りとしました。私は、どちらも初めて潜る場所となります。ワクワクしますね。

Dsc05059_20220609003101 Dsc05069 Line_album_20220608_220608_20 P6080480 P6080535 Line_album_20220608_220608_26 Line_album_20220608_220608_22 P6080509 P6080498 P6080485 Line_album_20220608_220608_34 Line_album_20220608_220608_35 1本目は、風が穏やかなうちに、風が当たってしまうけど向かったのは、石西礁湖アウトリーフ沿いの海底マップを九州大学の菅先生が作られているポイント。大体聞いていたので来てみるとそこがドンピシャでした。アンカリングすると、リーフ側に船尾が向くので普通ならこの風向きでは来ないのですが、今日は貸切だったのでリクエストが叶いました。

水中は、地形が面白そうなポイントで、沖に出れば水深も取れますが、浅めなところで珊瑚が綺麗な場所をお二人が選んで撮影が始まりました。ずっと長いこと使っていたウェットスーツが相当固くなっていたSさんは、沖縄ブレッシングさんですっごくあったかいスーツを採寸して作ったので、超快適!ではありますが、1本目は特に浮くこと浮くこと!大変そうでした。汗 けど、凄く暖かいのはわかってもらえたようでした。2本目は、ロウハンのフードは変更で、薄いものにしたらかなり楽になったようでした。寒いところで、使ってくださいね。

Line_album_20220608_220608_4 Dsc05066_20220609003101 Dsc05068_20220609003101 Dsc05072_20220609003101 Line_album_20220608_220608_19 Line_album_20220608_220608_9 Line_album_20220608_220608_10 Line_album_20220608_220608_11 Line_album_20220608_220608_12 Line_album_20220608_220608_18 Line_album_20220608_220608_14 Line_album_20220608_220608_17 1時間以上の潜水調査撮影後、真栄里へ向かいます。ここは、びっくりするほどサンゴが綺麗で、地形も面白く、ケーブもあるし、みんなでお気に入りになりました。70分以上の潜水後、エキジット!とにかく体力が凄いお二人です☆いったん上がったら、もうバッテリーも少ないから、もう一本ここで残りの撮影をしようということに決まり、ランチの準備をします。

Line_album_20220608_220608_0 P6080551 P6080502 P6080568 P6080572 P6080567 P6080566 P6080570 P6080510 P6080583 P6080582 P6080521 P6080527 今日は、辛いものは嫌いだというIさんにも食べてもらえるようにと、煮込みハンバーグとコーンスープと白米にシソふりかけをかけていただきました。新しい船になったら、炊飯器で、ホカホカのご飯を提供したいなぁという夢があります。Iさん船酔いしてしまっていたけど、なるべく食べてくれてて嬉しかったです。さて、3本目は短めに!って言ってたけど、普通にがっつりでした笑 私は、調査しに沖へ行ってみましたが、深くなるまでになかなかの距離で、ここは、わざわざ深くを目指すことないな、と感じました。2本目にはネムリブカも通ったし、3本目にはアオウミガメも通りました。ほんと、面白いポイントです。クマノミ類もいっぱいで会えました。北風では桜口からなかなか出たくない私ですが、北風だったら、来てみようかな、北北東でも風が緩かったら来てみようかな、と、頭の中のGPSに記録しました。

帰ったら、撮影機材の部品が買いたい、とのことで、木田商会へ一緒に行き、欲しいものをゲット。解散となりました。明日は会えないので、また明後日!リクエストは、ヨナラ水道、とのことですが、学生さんがまだ初心者なので、ちょっと厳しいですね。ってことで、3本目に潜らないようだったら入り口くらいに行こうかな、そんなイメージを持ちました。風は南風予報だけど、果たして変わらないでいてくれるのかどうかも分かりません。臨機応変に対応できたらと思います。

そして、26日にトライアスロンを控えている私は、今は追い込む時期なので、市民プールへ。18時まで貸し切り、とのことで、入れずにブログ書きながら待ち、1500メートルをクロールで泳ぐ練習です。最近スイムがなかなかうまくいかなくて悩んでいて、YouTubeみて勉強したりしたことを実践してみました。いいのは、泳ぎたい、という気持ちがあること。億劫だなって思ってたらまだまだなんですよね。前回泳いだ時よりも1分40秒早くなっていました。嬉しい!けど、昔はもっと早く泳げていたのを思うと、衰えているので、また泳ぎに来たいから、利用料を回数券で購入しました。よし、頑張らねば。

その後、ご飯食べて水素風呂に浸かって、ちょっと休憩した後は、リモート会議でした。このところ夜にリモートが多いので、ビールにありつけない、、、良いことかな。まー、飲まないで明後日から忙しいので、気合い入れたいと思います。明日はバイクに乗りたかったのに、雨予報だ~。だから、濡れながら走ろうか、どうしようか悩み中。屋内で筋トレして、のほうが良いかもしれないですね。明日考えよ。今日もいっぱい色々な人に会えました。いっぱい頑張ることがあるなぁ。そして、みんなすごく頑張ってるなぁ。だからもっと頑張ろう。そう思えました、皆さん、今日もありがとうございました。明後日からもまた、よろしくお願いします☆

| | コメント (0)

2022年6月 6日 (月)

2022.06.06

Dsc05009 Gopr9375 Gopr9378 Gopr9374 今日はフリーダイビングのITであるDさんのご紹介で、Wさんをご案内します。お知り合いなのかと聞いたら、instaで連絡とった、とのこと!今の世の中、やはりinstaつよいのかっ!乗っ取られてからやる気がなくなって一番力入れてないSNSですが、考え直そうかな笑 Wさんは、海で潜ったりした経験がないとのことなので、とても楽しみとのことですが、緊張もかなりしています。

ご連絡いただいた時にはすでに予報は南南西の風が10mでかなり強いこともあり、シーフレンズさんの船に乗り合いをお願いしてありました。。大型船でとても船足が早く、そんな船であっという間にポイントに到着しました。やって来たのは、ぐるっと崎枝半島を回って、崎枝迷路の隣のサンゴがすごく綺麗に群生しているポイントです。

Dsc05013_20220606164701 Dsc05019_20220606164701 Dsc05018 Dsc05010 Dsc05057 Dsc05020 Dsc05028_20220606164701 Dsc05047_20220606164701 Dsc05049 P6060375 1本目は崎枝迷路隣に到着です。朝から大分緊張気味のWさんでしたが、船の上で体操をしたり、お茶を飲んだりして体と心を落ち着かせることができていました。そのおかげで、初めてなのに上手に潜って、水中を楽しむことができました。見た生物はハタタテハゼ、ハマクマノミ、ウミヘビ、シコクスズメダイの群れなどでした。水面はまだ風が強く、うねりもある中、インストラクター2人がつきっきりで対応。ご本人が納得するまで丁寧に進めて行った事が功を奏して、安全に、そして、上手に潜ることが出来ましたよ~、良かった~☆

Gopr9382 Gopr9383 Gopr9389 Gopr9397 Gopr9399 Gopr9388 Gopr9390 Gopr9403 P6060417 Gopr9394 Gopr9386 Gopr9385 P6060422 P6060425 Gopr9391 P6060386 P6060406 耳抜きがもう少しだったみたいで、次は何度も何度も早めにやってみよ~!ということになりました。そこから移動して、さらに北へ。2本目やって来たのはマンタスクランブルです。見た生物はハマクマノミ、クマノミ、ハナグロチョウチョウウオ、ツノダシ、ヒレシャコガイ、ハナゴイの群れなどでした。マンタに出会えるかなと思っていましたが、残念ながら会えませんでした。しかし、ここの綺麗なサンゴをかなり気に入っていただいたようで、楽しんでもらえて良かったです。特に、ハナゴイの群れはすごく綺麗でした。動画も写真もいっぱい撮って来ましたよ。

P6060444 P6060449 P6060447 P6060463 P6060465 P6060466 P6060468 P6060435 上がったら、ちょっと船酔いが出てしまったWさん。いったんはいてすっきりして少し横になったら、お昼ご飯も少し食べることが出来ました。今日は、乗り合いだったため、赤みその味噌汁と、おにぎりセットでした。さっとぱっと食べて次のポイントへ。やって来たのは、竹富神社前です。まさにWAKEの定宿、、、というか、常連のポイントです。Wさんはもう潜らないとのことでしたので、片付けや着替えを大雅君に任せ、私は水中スクーター持って、調査ダイブしてきました。どこに何がいるかのチェックと新ネタ入手と、どことどこがつながっているか、などの確認に行ってきましたが、全体を把握できて良かったと思います。ますますお気に入りポイントとなり得ますね。

さて、港へはすぐに到着しました。ちょうどバサッと雨が降りましたが、すぐに止みました。海へ出ていた時、晴れていてラッキーでしたね。まだもう少し石垣島に滞在するとのこと、スクーバは誰でもできるだろうけど、フリーダイビングはもっと難しいだろうな、とか、とっても頭が良くて察しが良いWさんで、お話もとても楽しかったです。お迎えしたホテルへお送りするとき、今日はホテルが変わるという話になり、スリーハートさんだというので、先輩のペンションですし、送りますってことで、預けた荷物を取って、お送りです。WAKEとショップも近くて、最高のロケーション。天国のような景色を楽しむんだろうなぁ。石垣島満喫していってくださいね。滞在中にもしかしたらまた、海へ行くかもってことで、また会えたらいいな。楽しみにしています。今日も、Wさん、乗り合いさせてもらったシーフレンズさん、皆さん、ありがとうございました~☆

| | コメント (0)

2022年6月 5日 (日)

2022.06.05

Line_album_20220605_220605_40 Line_album_20220605_220605_40 Line_album_20220605_220605_43 今回のブログは大雅が担当します!

今日も昨日に引き続き、FさんとGさんをご案内します。昨日も夜二軒ほど居酒屋をハシゴしていたらしく、寝た時間も覚えていないと言うほど、夜の石垣も楽しんでいただけたようです。

そんなお二人を乗せて出港します。西南西の風が出ていたので、竹富島の島陰なる場所を目指しました。

Dsc04974_20220605182701 Dsc04980_20220605182701 Dsc04983 Dsc04995_20220605182701 Dsc04977 Gopr8107 Dsc05000_20220605182701 Gopr8112 P6050292 Line_album_20220605_220605_14 Line_album_20220605_220605_13 1本目は竹富海底温泉にやってきました。ここはその名もとおり、海底に温泉が沸いています。ここは水中で出ている温泉も暖かく、さらに熱で砂も暖かくなっています。今日は透明度が悪くなりがちなこのポイントでしたが、とても良くて景色もしっかりと楽しめました。さらに温泉のガスが出ている場所は小さい泡がたくさんの箇所で出ていて、チームラボとかにもありそうな幻想的な風景が広がっていました。他にはあまり見られない場所で、とてもオススメのポイントです。見た生物はウスモモテンジクダイの幼魚の群れ、ハマサンゴ、ネムリプカ、クラカオスズメダイ、モンツキスズメダイ、シリキルリスズメダイ、ホシテンスの幼魚、ナミスズメダイ、ユビエダハマサンゴ、ヒメアイゴ、スカシテンジクダイの群れ、ドクウツボ、ヒフキアイゴ、マジリアイゴ、カマスの幼魚、たくさんのクサビライシなどでした。

P6050303 Dsc04991  Line_album_20220605_220605_6 Line_album_20220605_220605_9  Dsc04995_20220605183101 P6050314 P6050297 2本目は移動して竹富港前にやってきました。今日もたくさんの船が集まっていて、奥の方ではジェットスキーやバナナボートで遊んでいるかたもいました。今日はエントリーの時に吠えるゆき対策として新しいテントをもってきました。しかし、いつもと同じように吠えていて、テントの網も一瞬で破ってしまうゆきでした。見た生物はリュウキュウキッカサンゴ、ネッタイスズメダイ、ヤシャベラ、ミスジチョウチョウウオ、アカメハゼ、コモンシコロサンゴ、フタスジタマガシラ、デバイスズメダイ、マルスズメダイ、ハナビラクマノミ、サンゴアイゴ、ヒメアイゴ、ウミヅキチョウチョウウオのペア、ヘラヤガラ、ニセアカホシカクレエビなどでした。

S__141033479 Line_album_20220605_220605_39 Line_album_20220605_220605_34 Line_album_20220605_220605_45 2本目から上がったらランチです。お昼は温かい鶏そぼろ塩ラーメンでした!たっぷりの鶏そぼろが入ったしっかり食べ応えのあるランチです。辛いのがお好きなお二人は唐辛子をたくさんかけて食べていました。ご飯の後はお二人とも気持ち良さそうにお昼寝をしていました。

Dsc04968 P6050330 P6050355 P6050338 P6050321 P6050308 Dsc04969     3本目は少し移動した竹富港前です。竹富港前はいろんな場所があるので、同じ竹富港前でも一気に全部回ることができないので、細かいパーツに分けて潜ります。見た生物はアカハラヤッコ、ミスジリュウキュウスズメダイ、パラオクサビライシ、ハマクマノミの幼魚、黄色いウミウシの卵、ニシキテグリ、ハナミノカサゴ、テングカワハギ、アカメハゼ、イシガキカエルウオの幼魚、ルリホシスズメダイ、ハシナガウバウオの幼魚、ソメワケヤッコ、ガラスハゼなどでした。

お二人は次は10月に来ていただいて、さらに初島ツアーにもご参加していただく予定になっています。お待ちしています!

| | コメント (0)

2022年6月 4日 (土)

2022.6.4

Line_album_20220604_220604_18 Line_album_20220604_220604_17 Line_album_20220604_220604_16 Line_album_20220604_220604_15 Line_album_20220604_220604_14 Line_album_20220604_220604_22_0 Line_album_20220604_220604_23_0

 

昨日の夕方、石垣島へ到着のお久しぶりのお二人をバスターミナルへ迎えに行き、今回ご宿泊のpopoハウスへお送りしました。2年ぶりとか3年ぶりとか時間が空いてしまったので、とても嬉しい再会でした。久しぶりだと言うこともあり、げんとくんのお店R'sストーリーに寄りたいと言うことでお連れしましたが、げんとくんは東京のイベント出展でお店は閉まっていました。なので、暑い中歩いて来なくてよかったです。気を取り直して、730交差点の2階にあるビールバーでご飯食べないでビールだけ飲んで昼飲みを始めたお二人でした。夕方18時からは焼肉オリオンを予約していると言うことで、今晩しか私には時間がなかったのでご一緒させてもらうことにしました。私も2月ぶりに行きましたがやっぱり店内落ち着くし、ビールはうまいし、お肉もうまいし、最高でした。お店を出た頃にようやく外が暗くなってきた感じでした。たくさん話して楽しかったです。ご希望のお隣の恋たこばへたこ焼きを食べに行きました。そこのフライドポテトもとてもおいしいです。明日も海なのであまり深酒しないで、ハイボールを2杯ずつ飲んで早々と帰りました。

 

Line_album_20220604_220604_12 Line_album_20220604_220604_13 Line_album_20220604_220604_10 次の日には、心丸は三日間陸揚げしてあったので、満潮が朝と言うこともありショップで準備をしたら港で心円をおろす作業です。スタッフ大河くんもだいぶ慣れてきました。少し遅れるかと思いましたが、滞りなく作業ができ、予定通りのお時間にお二人をお迎えすることができました。昨日はあの後お部屋ビールを飲んだ本籍があったとのことです。覚えてないと言うから面白いですね。

Dsc04943_20220604165101 Line_album_20220604_220604_20_0 風は南西、少し強めに吹いています。お昼頃少し収まりそうですが、帰るころまた吹きそう。それでも話題になったケーブに行きたいなと重いっていました。2本目に行った方が太陽光が真上から降り注ぐので、その段取りで出航です。

 

Dsc04945_20220604163101 Dsc04947_20220604163101Line_album_20220604_220604_15_0Dsc04956_20220604165201Dsc04952 Gopr8089 Gopr8083   1本目は竹富神社前にやってきました。見た生物はゴシキエビの子ども、ハタタテハゼ、オグロクロユリハゼ、ホオセキキントキ、イラブウミヘビ、トゲチョウチョウウオ、アオヤガラの幼魚、セグロチョウチョウウオ、ハナビラクマノミ、太いウミヘビ、ハタタエシノビハゼ、キクメハナガササンゴでした。

Dsc04957_20220604162901 P6040251 P6040239 P6040234 P6040248 P6040237   Dsc04958_20220604163001 Dsc04959_20220604163001   2本目は予定通り、カヤマケーブにやってきました。南西の風だと、ポイントは風が当たっていますが、それでも島影なので、穏やかに潜れそうです。今日はそう思ったショップさんも多いのか、たくさんダイビングボートが来ていました。見た生物はツノハタタテダイ、ミヤコテングハギ、カンムリベラの幼魚、ツユベラの幼魚、キンセンイシモチの幼魚、ヨコシマクロダイの幼魚、オキナワスズメダイの幼魚、フタイロカエルウオ、ハイイロイボウミウシ、オオアカホシサンゴガニ、アカツメサンゴガニ、マジリアイゴ、ハナグロチョウチョウウオ、ミナミハタンポ、アカマツカサでした。曇りではありましたが、ときどき光がさして、カヤマケーブらしさが出せて良かったです。幼魚がいっぱいでみんな可愛かったですねー。

Line_album_20220604_220604_4 Line_album_20220604_220604_3 Line_album_20220604_220604_5 Line_album_20220604_220604_26 あがって、お昼ご飯は、今日は、おろしツナスパゲッティでした。カフェタイムして、まったりしたら、移動です。

3本目は、浜島東へ向かおうとしたら、雨雲がかかっていたので、影響のない途中の浜島北で潜ることにしました。

P6040280 P6040282 P6040278 P6040277 P6040272 P6040273 P6040286 3本目は浜島北にやってきました。見た生物はタマイタダキイソギンチャクとハマクマノミ、スミツキトノサマダイ、オウゴンニジギンポ、イナセギンポ、ツバメタナバタウオ、コイボウミウシ、クレナイニセスズメ、フウライチョウチョウウオ、ミカドチョウチョウウオ、アオギハゼ、ダルマオコゼ、パンダダルマオコゼなどでした。透明度も良く、水温も28.9度に上がり、気温は29度、とても快適にダイビングできる環境になって来ました。夏が始まりましたね。さすがの私ももうウェットスーツですよ~☆

今日は、器材は船で干して、お宿へお送りしました。今晩は、プールがあるので、夕飯はご一緒できませんが、飲み会も楽しんでくださいね。明日お話聞くのが楽しみです。明日も貸し切り、明日もよろしくお願いします☆

| | コメント (0)

2022年6月 2日 (木)

2022.6.2フリトレ海洋

Line_album_20220602_220602_8 今日は海邦スポーツクラブの花形MさんのSSIフリーダイビング講習の海洋実習の日。急遽、開催が決定しました。水泳選手のアテンドなども行っているMさんなので、ずっと忙しそうで、実技が実現しませんでしたが、一気に講習が進みます。お天気は晴天で気温は30度、雨が降っていないので、じめじめもあまりなく、水温は26.8度、快適になってきました。南西の風だったので、一番穏やかで、この風だと一番コンディションのいい崎枝ビーチにやって来ました。

Line_album_20220602_220602_4 Line_album_20220602_220602_1 Line_album_20220602_220602_4_0 Line_album_20220602_220602_2_0 Line_album_20220602_220602_3_0 8時にショップに集合してもらい、申込用紙や器材の準備をしてショップの車一台でビーチへ向かいます。スタッフの大雅君も崎枝ビーチは初めて行きます。案の定、到着すると良いお天気すぎて、しかも、満潮を狙って時間設定しているので、最高のロケーションが広がっています。思わず「気持ちいい~!!!!!」と叫んでしまうくらいです。砂地には軽石がたくさん打ち寄せられて上がっていて、いつものベージュ色のビーチが灰色と混ざってはいましたが、自然現象ですからね、これも受け止めなければなりません。360度カメラでポーズ!!楽しく講習は進んでいきます。

Gopr8062_20220602170301 Gopr8071 駐車場から少しの山道を降りるので、ブイやボトムウェイトは男子の大雅君に任せて、いざ水に入るとサクッと沖へ泳いでいけます。5~6mまで落ちているリーフエッジにやって来ました。水はキラキラしています。来る途中のサンゴも元気でした。ここで、最初の海洋実習なので、浅めにブイを設置し、まずはフリーイマージョンで耳抜きの様子を見ます。普段スクーバの時はハンズフリーでできるとのこと、少しだけやり方を変えてなるべくローエネルギーで耳抜きできるようにするといいとお伝えし、潜り始めました。基本の潜りこむ前の事前の耳抜きと、スノーケルを外すこと、頭が下になるので、そもそも空気は水面へ向かっていくので耳抜きがしにくくなる構造などもお伝えしました。一番最初は普通の人と違って、イナバウアー状態で潜りこんでいったのが面白くて、そこはあえて指摘せず、笑 何回か目でようやくまーっすぐ簡単に頭を下にして逆立ち姿勢で潜ってもらうことをお伝えし、出来るようになると、その気持ちよさにすぐに気づいてくれて、さすがのポテンシャルでした。

スタッフ大雅君も、同じく練習していきます。ものすごく環境のいいポジションにいることに気づいているかな?笑 車に戻るのも大変なので、このまま2セッション目に入ります。もともとスイマーでアスリートの二人なので、体力もあり、体の使い方もわかるので、その辺は問題ありませんでした。一般の方なら、休みたい~ってなっていたかもですね。

Line_album_20220602_220602_6 Gopr8063 Gopr8075 Line_album_20220602_220602_42セッション目は、ダックダイブの練習、水深も深くして、10mを少し超えるようにして、設置。ここでは、10mからのアームストロークオンリーでの浮上も練習していきました。コンスタントウィズウェイトも綺麗なフォームで潜れるようになりました。あと1日、その他のスキルがあるので、2日目に残して、少し遊んで見ようということになり、コンスタントウィズアウトフィンをしてみることに。これは、平泳ぎで真下に潜水するもの。二人ともすんなりこなし、とてもきれいなフォームでした。撮った動画はショップに帰ったらプレゼントです。

お昼ご飯は、帰り道にある石垣商店でフォーが食べたくてやって来ました。美味しくて癒されたのはもちろんですが、店主とお話しする機会があり、話していると、音楽家さんで、フサキや舟蔵の里で演奏しているのだということ、月曜日と土曜日の18時だそうです。近いので、お邪魔させてもらいますという話から、出身地や住んでいるところなどの話になったら、奥様が武蔵小金井の8番テーブルの茨木さんのことを知っているという話になり、そういえば、逆に8番テーブルで知り合いがいるって話になったのを思い出して、話が合点しました。つながれてよかったです。何事も好奇心が必要、Mさんの好奇心と、「見た目大事、イケメン大事」にはツボりました。お酒は飲まないそうなのですが、変わらないテンションでトークも面白い方なんだな、と、ますます魅力に惹かれてしまいました。

ショップに戻って、海外ツアーのアルバム見てもらったり、看板犬ゆきと小雪が出迎えてくれて遊んでもらったり、楽しい時間を過ごしました。今日もこれからお仕事だということですが、頑張ってください。次の海洋実習は19日になりました。それも楽しみですね。これからも一緒にトレーニングしていきたい旨をはっきりとではなく、じわじわと語り続ける私でした~笑 

Line_album_20220602_220602_0_0 Line_album_20220602_220602_1_0  今日は、その後は事務所で事務仕事。ちょうど海へ出ている間に事務所のクーラーを変えてもらい、超快適に仕事ができます。職人さんが友達でよかったー。感謝です。そろそろ梅雨も明けるから、夏本番になりますが、今年も楽しく元気に乗り切りたいと思います。Mさん、今日もありがとうございました~、お疲れ様でした☆

| | コメント (0)

2022年6月 1日 (水)

2022.6.1海邦フリトレ2回戦

S__15401365 S__15401363 S__15401366 今日は、午前中、MさんのSSIフリーダイビングレベル1の講習の一環として、プールでのブラックアウトレスキュー&ロスオブモーターコントロールレスキューの課題をクリアしようと、朝の9時に海邦スポーツクラブさんへ集合となりました。6月に入り、気温は30度、まだ時々大雨もありますが、今日は晴天です。昨日が土砂降りであまり外へ出られなかったので、今日は、早朝6時からバイク自主トレ30キロ、涼しくて気持ち良くて超快適でした。その後、月末のトライアスロンに向け、少しでも準備しておこうと、3キロRUN。そうこうしているうちに8時出社の大雅君をあまり待たせるわけにはいかないので、ショップに戻りました。今まで車で送り迎えしていたのですが、ようやくリサイクルショップで自転車をゲットしてくれた大雅君。自分で出社してきました。そうなると、少しでも私の時間が出来ます。有難い。雨の日は可哀そうだけど、若いから乗り切れるかな。

Gopr8042ショップでは、やることいっぱい。片付けと掃除と事務仕事。内容は事前に連絡してあったので、午前中のプールは私一人で行ってきました。Mさんは、水泳のオリンピアンなので、こちらが教わることの方が多いはずですが、興味を持ってくださったフリーダイビングを楽しんでもらおうと、一生懸命講習中。こんな素敵なアスリートを目の前にして、競技に参加してもらわないわけにはいかない、と、楽しんでもらって大会に出てもらいたいなと考えています。講習の課題のレスキューはサクッと終わり、その後は、「トレーニングしますかっ」とお誘い。笑 50mバイフィンのダイナミックのインターバル5本、サーフェスタイム1分30秒で楽々こなし、一番得意だはずのノーフィンをしてもらったら、フォームが綺麗すぎて、心が躍りました!!すっごい綺麗だった~。20年間選手生活してきて、今も毎日トレーニングを欠かさないMさん。さすがで、勘もすごく良い。体幹を鍛えて行けばいいかなってすぐに気づいていました。わくわくするなぁ。12月の京都の大会には、お連れしますので、責任もってパートナーしたいと思います。パートナーがいないでの大会参加がどんなに寂しくて辛いものかは私が一番よく知っているので、石垣島メンバーは絶対にそう言う思いをさせない、と誓っています笑 今シーズンの楽しみがまた増えました。有難いです。

Line_album_20220601_220601_2 Line_album_20220601_220601_1_20220601233901 お昼ご飯は、一緒に1000円でステーキが食べられるロデオボーイさんへ行くことにしました。朝から食べていなかったので、お腹ぺこぺこ。今日は早い時間に行けたので、初めてのハンバーグも注文でき、大満足でした。美味しかった。牛すじ肉のカレーも絶品。Mさん、カレーはあまり食べないそうですが、これは美味しいと言ってくれました。サラダもスープも体に沁みましたね。

Line_album_20220601_220601_0_0 Line_album_20220601_220601_1 一旦お別れですが、実は夕方からまた、会えます笑。夕方からは通常の水曜日のトレーニングがあります。今日は、中学1年生のフリーダイバー候補生のIくんが参加。課題は30mのダイナミック潜水です。それと100mを泳いでもらおうと思っていましたが、「調子はどうですか?」と聞いたところ、「プールでたくさん泳いだから疲れている」との回答。今の時期は八重山の子供たちは学校で水泳があるようで、今日もクロールで750m泳いだのだとか。それでは、水泳は今度泳いで見せてもらうことにして、今日は、スタティックと中性浮力の調整とフィンキック、ターン、を課題にしていきます。

Gopr8047_20220601233101 Gopr8057 Gopr8058_20220601233101 そしたら、さすがに運動神経の良いIくん。めきめきと泳ぐ距離を伸ばし、最終的にはダイナミックバイフィン30mをこなすことが出来ました。まだ、プールトレーニングも2度目なのに凄いです。他の課題についてもお話しし、次は15日にまた来てくれます。水温が高くなってきているので海洋実習も進めたいので、ヨットの練習は少しだけお休みして来てもらえたらと思います。続々とフリーダイバーが誕生していっているのがとても嬉しい今日この頃です。Iくんにも楽しみをもらいました。

今日はたまたまフリーダイビング三昧でしたが、自信のトレーニングも出来、すっきり。明日はビーチエントリーでMさんの実技を進めていきたいと思います。明日も楽しみですね。今日も皆さん、ありがとうござました。明日もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »