« パラオツアー2015 | トップページ | 2015.3.4 »

2015年2月27日 (金)

2015.2.26

Img_5759昨日、パラオツアーから帰ってきました。帰りの便ではしっかりと深い眠りについたので、とてもすっきりと朝からの石垣島へ向けての便も乗り継ぐことが出来ました。Img_5764
Img_5768日本に到着して、ようやくネットにつながるようになり、26日の潜りたいという常連様からのメッセージが入っていて、また、テンション上がりますね。Img_5774

早く潜りたーいと思っていたので、嬉しかったです。

いつものIさん、今回は、一緒に来るはずだったお友達が、インフルエンザにかかってしまったのだとか。局留めにしていた荷物を送り返したり、いろいろ大変だったみたいです。Img_5775

Img_5778来れなかったお友達もかわいそうに。。。滞在中、いいお天気だったからなおさらですね。でも、Iさんにとっては、いい時にいらっしゃいました。

今日は南西の風から西風になる予報です。Img_5786
Img_5780なので、この時期あまり行かない三ッ石方面へ。Img_5787

1本目は三ッ石です。満潮へ向かっている時間帯で、もうじき満潮なので、流れがない。しかも、小潮ですからね。いつも流れると群れが気持ちよさそうに舞っているのですが、今日はおとなしめでした。Img_5818
Img_5822
ハナゴイの群れや、アマミスズメダイの群れ、グルクン、ホンソメワケベラのクリーニングステーション、真っ黄色なヘラルドコガネヤッコ、ツノハタタテダイ、アカマツカサとクロオビマツカサの違い、ハナグロチョウチョウウオ、クマノミ、ハナミノカサゴの幼魚、シマキンチャクフグ、イシガキカエルウオ、ハタタテハゼ、ガラスハゼ、オグロトラギス、深場に生息するセナキルリスズメダイ、等々に出会ってきました。Img_5788

Img_5823Img_5827今日はお迎えのお時間を少しゆっくりしてもらったので、ここで、お昼御飯です。Img_5789
船を海に下ろす作業があったので、どうしても時間がなく、今日は珍しくホカホカ弁当の幕の内弁当です。すみません。けど、美味しかったですね。ボリュームはダイビング前だからまぁいいけど、軽めでした。

Img_5790お腹を休めながら移動です。Img_5829
Img_57912本目は、竹富神社前です。透明度が一番いい時間で、スコーンと抜けていました。ここは、サンゴのぎっしりで、魚の種類もわんさか出てきます。Img_5794

得にチョウチョウウオの種類が多いと感じます。ヤリカタギや、ウミヅキチョウチョウウオ、ミスジチョウチョウウオ、ザ・チョウチョウウオ、オウゴンニジギンポとイナセギンポ、オグロクロユリハゼはゆっくりじっくり時間をかけて近づいて、写真を撮らせてくれました。Img_5803Img_5809

Img_5810ハナビラクマノミや、ニセアカホシカクレエビやナデシコカクレエビ、触ると伝染して引っ込んでいくところが面白いキクメハナガササンゴ、蛍光ムラサキが綺麗なクレナイニセスズメ、お腹を上にして泳いでいるアオギハゼ、モンガラカワハギ、スミツキトノサマダイ、セグロチョウチョウウオ、くねくね泳ぐのが面白いハシナガウバウオなどなど、楽しんできました。石垣島の海も、やっぱ、いいなぁ☆Img_5815

Img_5813
Img_58113本目は、話題にはなったことがあるけど、まだ行ったことないとおっしゃっていた竹富海底温泉へ。まだ、水温が23度なので、温泉から離れるときがつらい時期なのではありますが、行ってみましょう!船はハマサンゴにアンカリングしていきます。流れが少し出てきていて、温泉へ向かっていくのにしんどいので、ここはゆっくりじっくり、いろんな水中生物を見ながらじりじり進んでいきます。1本目にセナキルリスズメダイがいたので、ここで多い似たもの同士のシリキスズメダイをご紹介。Img_5833
Img_5837
Img_5839山吹色一色はネッタイスズメダイ、サンゴの仲間のお皿みたいなクサビライシ、真っ白で細かい砂で出来た砂地に来ると、ゴカイが作った三角形の巣がいっぱい、エリグロギンポ、などと遊んでから、ようやく、温泉の中央にやってきました。Img_5842
ぼこぼことお湯が沸き出ています。4本の土管から出てくるお湯をウェットスーツの首から中へ入れてもらうと、ほんとに気持ちがいいですよね。Img_5847

銀のアクセサリーが色が変わるのと、マスク越しにかおる匂いで、硫黄泉だと思われます。そりゃ気持ちいいですよね。砂も温かくなっていて、寝そべったり、手を砂の中へ入れてみたりしました。土管の中へ温度をはかるために手を入れてみると、ダイブコンピュータが35度を計測しました。Img_5851
そんなに熱かったんですね。少し浅瀬に戻ってきて、あちこちからまるで水槽の中に自分たちがいるかと思うくらい幻想的な天然のエアーカーテンの中で遊んで癒されてきました。Img_5857

Img_5867帰りは、船に向かって流れがあるので、ほんのりと流されながら、あっという間に、簡単に戻ってきました。流れがあるのも、利用すると面白いですね。Img_5869

今回の石垣島ダイビングも、いかがでしたでしょうか。また、帰ったらお忙しいと思いますが、いつでも、息抜きにいらしてくださいね。ありがとうございました。また、石垣島でお待ちしています!

|

« パラオツアー2015 | トップページ | 2015.3.4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174889/61202378

この記事へのトラックバック一覧です: 2015.2.26:

« パラオツアー2015 | トップページ | 2015.3.4 »