2024年6月11日 (火)

2024.6.9

今日は、フェスタからお帰りになる方が多い中、今日まで潜れるお二人様とファンダイビングです。風は南西穏やかでほぼ風はないのですが、雨がまだ降っていて、ポイント到着の頃には雷が鳴っていました。そして、今日はハーリーの日。隣の港では海神祭が行われています。ハーリーに出なくなってから会場へ行く機会が減ってしまって寂しいですが、海神様にお祈りしながら、厳かに出港させてもらいたいと思います。

雨雲が迫る中、ポイントに到着するまでは雲の下にならないようにと思いながら、北上し、御神崎灯台下までやってきました。ここで、島陰に入ります。ちょうどその頃、雨脚が強くなり、少し北側で雷が落ちているのが見えます。それでも、雨雲が北側へ通り過ぎてくれてホッとしながら、そして、陸から近い灯台下なので、船には落ちないだろうなと思いながら1本目です。大崎にたくさんのダイビング船がいたけど、大丈夫だったかなとも心配になりながらも、エントリーで水面待機はなし!すぐに水面下へ潜っていきました。

すると水中は透明度がすごく良く、気持ちがいい!重い雲の下なので、暗いかなと思ったけど、水がきれいだから、ライトが映えて幻想的な世界が広がりました。とてもきれいな写真が撮れ、貸切のお二人も気持ちよさそうです。出会えたのは、クマノミの家族、ミツボシクロスズメダイ幼魚の群れ、カクレクマノミ、バラクーダの幼魚と見られる水面にいた魚は、さよりの大きいのだったのかもしれません。他にも、ゼブラハゼがたくさんいました。のんびりまったりダイビングできました。竪穴もきれいでしたね。

2本目は、ご希望だったマンタシティポイントへ向かいましたが、混んでいたため、お隣のマンタスクランブルの少し沖の深いところへ停泊してみました。マンタには会えなかったけど、ものすごい数のハナゴイがいて、いい動画が撮れました。アンカリングした涼太は沖へ向かっていったけど大きなアカエイがいたと行っていました。期待大なポイントでもありました。ここは穏やかなので、ランチタイムにします。

今日のメニューは力持ち(餅)カレーうどんでした。美味しくて温まって元気が出ましたね!3本目はいよいよマンタシティポイントで、沖待ちします。ご飯も食べたし、ホバリングしている船は心地が良く、皆さんお昼寝タイムとなりました。気持ちがよさそうです。船長はちょっときついかなぁ、このタイミング。でも、時間を最大限うまく使うとしたらこのパターンですね。

1時間ほど待ったらようやく順番が回ってきました。川平の先輩の船に乗っていた船長がそこだと遠いから、こっちへ来い、って呼んでくれて、、、こう言う風景はなかなか減って、モラルのない、喧嘩売ることしかできない船長が増えてきている中、心が和みました。本当にありがとうございます。そうやって、先輩たちに声かけてもらいながら私たちはここ石垣島で仕事してきたんだけどなぁ、寂しい時代になった中、先輩たちはそのままで嬉しかったです。まっすぐ行けば根だからよ、って。最短でホバリングの根に到着すると、すでにマンタがぐるぐるしています。しばらくみていて、スーッと行ってしまったので、角度を変えてみました。すると今度は根に向かってくるマンタに遭遇。何度も目の前や真上を通ってくれました。近かったですね〜。多分合計3枚かなぁ、もしかしたら4枚かもしれないですね。満足満足。最後尾にいた涼太の撮った動画がすごく良く撮れていました。嬉しくてすぐに動画を携帯に転送して、アップロード。石垣島はすごいところだ。

3本ともとても楽しく潜れ、お二人の貸切。最後にマンタがすごくて最初の雷だけが心配だったけど、いいダイブとなりましたね。帰ったらお宿でシャワーしてもらって散歩がてら店舗来てもらって、のんびりして精算なんかしていたら、通りがかりの可愛い女の子たちが店舗に入ってきて、話しているうちに明日フリーダイビングするって。同時にお宿に到着していIさんからのご紹介のYさんのお部屋の清掃を待ってもらっている間の出来事でした。なので、明日は3名様とフリーダイビングしに行ってきます!FさんとGさんの機材もお預かりで、乾いたら観音堂の倉庫へ保管して大事にしておきますね。明日も楽しみ。そして、皆さんがまた潜りにきてくれるのが楽しみ。今日も関わってくださった皆さん、ありがとうございました〜。

| | コメント (0)

2024.6.6〜6.8ダイビングフェスタ石垣島

2024.6.6〜6.8ダイビングフェスタ石垣島が開催されました。八重山ダイビング協会主催の毎年恒例のイベントです。去年は11月に開催されたので、ついこの間のような気がしますが、今回は時期がいいこともあり、たくさんの参加者で盛り上がりました。我がWAKE UP CALLも続々とイベント参加のために集まった皆さんで盛り上がりました。

初日は朝から浜崎マリーナで出発式。体験ダイビングの皆さんにもご協力いただき、たくさんの参加者がいることをアピール。夕方には今回のゲスト審査委員長尾崎たまきさんによるフォトセミナーが開催され、その後懇親会がありました。懇親会では民謡ショーが本格的で楽しい時間となりました。

海は6日は、1本目ロコロック、2本目、マンタシティポイント、3本目御神崎灯台下で潜りました。マンタも出て、地形も楽しめて皆さんもおおはしゃぎでした。7日は6日に到着されている方も加わり、名蔵湾秘密の根、2本目、大仏の根、3本目ロコロックでした。フォトコンパーティ当日の最終日8日は、1本目、三ッ石、2本目、坂本さん家、3本目竹富海底温泉で潜りました。どこもこの時期の南南西の風の時しか来ないポイント。地形や大物も出て楽しい。特に印象深かったのは、坂本さん家にいて出ることなくずっといてくれたロウニンアジが大きくて、睨みきかしていて、近くて最高でした。

着後ダイブがあったり、ディープスペシャリティの方がいたり、一眼レフ2台持ちの方がいたり、酔いやすい方がいたり、いろいろでしたが、犬たちの癒しがあったり話題性があったり、カメラ持ちしてくれるアシスタントくん、ちゃんが頑張ってくれたり、カバーすることができました。

フォトコンパーティは今年はアートホテルさんで開催されました。すごく豪華で、お値段も高かったけど、料理はピカイチ美味しいし、スィーツも流石のお味でした。石垣島のホテルで一番お食事が美味しいのはここアートホテルさんです。フォトコンへ出した写真も多数。皆さんの力作はすごかったです。それに加え、今年は舞台も凄くて、30分も尺があり、大きな顔した獅子舞も出て来て、オヤケアカハチの演舞もあり、迫力満点でした。その後本番のフォトコンが始まり、豪華景品も皆さんの手に渡りました。

水中写真初心者の皆さんは3年間はその称号を名乗っていいので、また参加して商品をゲットしてもらいたいです。特に島在住のTさんはまた果敢に挑戦したいですね!

盛り上がった石垣島ダイビングフェスタ、ご参加の皆さん、ありがとうございました。また、イベントがなくても是非石垣島の海へ遊びにいらしてくださいね。スタッフ一同、皆さんのお越しをお待ちしております。ありがとうございました!!

| | コメント (0)

2024年6月 5日 (水)

2024.6.4

Line_album_20240604_240604_62 Line_album_20240604_240604_60 今日は、早朝6時すぎころからKくんとCちゃんが海岸通りを歩きながら観音堂のショップまで来たい!ということで、お迎えに出ずに待っていました。5匹の犬、2匹の猫たちに会いに来てくれました。1時間40分もかかって、朝からホントに元気です。走ると30分くらいですが、歩くとそのくらいかかるんですよねー。それでも、景色抜群で朝は爽やかな気温で歩きやすく、良い時間を選んでウォーキングを楽しめたようです。冷たいお茶で喉を潤してもらいました。

P6044106 P6044185 P6044091 そして今日は、お二人の貸し切り。風は北東、なので大崎へ向かいます。予報よりも穏やかな方向へ変わったので、3本とも大崎で潜ります。1本目は、ミノカサゴの宮殿へやって来ました。Cちゃんは昨日でNAUIのCカードが取れたので、今日はファンダイビングです。吸収が早くてもういうことなしのダイバーさんになっていますが、ウェットスーツを変えたので、ちょっと重かったみたい。次は1キロ減らそうねってことになりました。水中で出会えたのは、ハタタテハゼ、スミレヤッコ、オオフエヤッコ、アカネハナゴイの群れ、ハナゴイの群れ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚グルクマの群れ、などなど。船の下に戻って来たら、Kくんはレスキューコースのスキルをこなしていきます。バディは涼太。水底で意識無し、呼吸無し、瞳孔散大というダイバーを発見したという過程で交代交代しながらたくさん練習です。水面へ上がったら、吹き込み、器材脱装、曳航、引き上げなどをトレーニング、その後、曳航の練習を船を一周する形で頑張りました。やってみないとどう手を使うか、どんなフィンキックをするか、はっとすることが多いですよね。

P6044191 P6044204 P6044132 P6044266_20240609180401 P6044267 P6044173 ちょっと休憩したら、2本目は、ハナゴイリーフへやって来ました。こちらではCちゃんにアオウミガメをお見せしたかった。しっかり会えて一緒に写真も撮れました。他にも、グルクマの群れ、ウミウシの仲間たち、ハナミノカサゴ、アカネハナゴイの群れ、などなどにも会ってきました。

Line_album_20240604_240604_57 Line_album_20240604_240604_50 Line_album_20240604_240604_41 Line_album_20240604_240604_35 Line_album_20240604_240604_21 Line_album_20240604_240604_16 Line_album_20240604_240604_13 Line_album_20240604_240604_10 Line_album_20240604_240604_46 お昼ご飯は、今日は、おろしツナスパゲッティでした。トッピングの刻みのりを忘れて磯の香なし、ってなっちゃいましたが、美味しくいただけました。

お腹休ます間もなく、水面でレスキュー講習の続きです。お互いのパートナーを梯子から単独で引き上げる手法をトレーニングしていきます。大柄な男子二人は軽々とプリンセスを抱き上げ、流石でした。男の子は良いね。そして、若いのは良いね。目が細まるおばちゃんでした。例のごとくそのまま海へ落とす大会が始まり、とにかく元気な若人たちでした。楽しそうだったし、私も見ていて楽しかったです。

P6044219 P6044226_20240609180401 P6044257 P6044245 P6044262 3本目は、群れに会わせたいなと思い、オオハマサンゴの根にやって来ました。チンアナゴ、アカククリ、ハダカハオコゼ、ウミウシ各種、イソギンチャクカクレエビ、ミツボシクロスズメダイの幼魚、アカマツカサの群れ、ここでもグルクマの群れなどなどに会えました。楽しかったですね。

ファンダイビングも満喫したCちゃん、そして、二人共目的だったレスキューコースやCカードが取得でき、満足ですね。夜はKくんが行きたいと言ってくれたあけぼのを予約してくれていたので、みんなで行ってきました。梅コースを堪能し、貝の盛り合わせなど、ここでしか食べられないものも美味しくいただきました。2本目は(笑)うたわんばぁへ。同級生の小西君のお店です。大盛り上がりで、カウンターのお姉さんたちと仲良くなったり、ここはいつも楽しい宴の場です。遊ばせてくれてありがとう。八重山村のアーサーピザも美味しかった。美味しいものや遊びに行ける楽しい場所があって、本当に石垣島はパラダイスです。ゆうあちゃんのドラえもんをリクエストしたけど、やっぱり可愛かった。

明日は二人は帰ってしまうので、寂しいですが、また遊びに来てね!そして、行けそうなら、メキシコ行きましょう!!3日間、ありがとうございました!!

| | コメント (0)

2024年6月 4日 (火)

2024.6.3

お天気があまり良くない予報で、波照間をキャンセルになってしまった皆さんも、今日も潜りたい!とのことで、予報と睨めっこでしたが、海へ行けるようなら行こうとランチやタンクやガソリンやシャワーのお湯やもろもろの準備を万端にしておきました。朝になると、予報は快方へ向かい視認しようとフサキ灯台沖やお迎えがてらサザンゲートに登ってみて、ベタ凪なことを確認。良かったー。昨晩、明日潜れませんか、というお電話をいただき、今は石垣島在住で、30年以上通ってた、と言うIさんも初めましてで、他のショップさんがキャンセルになったので、とのことでした。今回はそんな皆さんが2件もあって、無理はしませんが、水のあるところなら楽しめる!をモットーに出港します。これも何かのご縁ですね。

やって来たのは、1本目は、VIVOVIVA前です。北風が強く、ここが限界のライン。北うねりは苦手、って、涼太の呟き。そうそう、そうなんだよね。それでも潜れるポイントがあるということはありがたいことです。水中はいつもの通り、透明度は12mくらいで水温は28.7度、寒がりな私でも快適だと感じます。水底にはほぼうねりは到達しておらず、のんびりとマクロダイビングです。

Dsc01504 P6033963 P6033953 P6033948 P6033959 こういうお天気の時はスポットのライトをお持ちだととても役に立ちます。皆さんもそれぞれ生物探し。ヒトヅラハリセンボンを見つけたり、ツノキイボウミウシを見つけたり、ガラスハゼ見つけたり、超キュートなミヤケテグリの幼魚を見つけたり楽しそう。他にも、シノビハゼや、レモンスズメダイ幼魚、チゴベニハゼなどにも会って楽しんできました。

2本目は、もっと穏やかなところへ、ということで桜口へ。まずは桜口西の根で潜ります。浅瀬の方の根が空いていたのでラッキー。今日石垣島界隈で一番穏やかであろうピンポイントに停泊出来ました。トモロープもかけてきて、がっつり船を固定します。1本目のポイントに比べれば透明度が上がり、テンションも上がります。20m以上は抜けていました。これは気持ちが良いですね。長崎では普段3mくらいの透明度の中を楽しんでいるのだとか。それであれば、石垣島まで来てもらって潜る価値が生み出されて良かったです。

水中で出会えたのは、カールオジサンホヤ、ブルーパンダツツホヤ、ムネボヤ、ムカデミノウミウシ、カンザシヤドカリ、ワモンツツボヤ、ヒラムシの仲間などなどに会ってきました。桜口はホヤが多いのでそこを重点的にご紹介していきました。けど、ちょっとカールオジサンが奥過ぎて撮りづらかった感があったので、3本目ももっと撮りやすい所でご案内したいなと思いました。

Line_album_20240603_240603_0 Line_album_20240603_240603_17 Line_album_20240603_240603_16 Line_album_20240603_240603_15 Line_album_20240603_240603_8 Line_album_20240603_240603_5 Line_album_20240603_240603_4 ランチは、今日はリクエスト頂いたクリームシチューとピラフです。ご飯炊いてから最後にバターとコーンを足していきます。そうするとコーンから余分な水分が出なくて美味しくなります。クリームシチューにほうれん草は後入れ。これも色が悪くならないための工夫です。鉄分も逃しません。

Gopr1300_20240605212501 3本目は桜口の中だけど移動してメインのアーチの上に停泊。ここからまったりと潜ります。出会えたのは、撮りやすいカールオジサンホヤ、キイロハギ幼魚の群れ、ゴイシギンポ、カンムリベラ幼魚、アザレサンゴガニ、ベニワモンヤドカリ、ヤライイシモチ幼魚、オキナワベニハゼ、ハコフグ、ミナミハコフグ、ハマクマノミ、カザリイソギンチャクエビ、タマイタダキイソギンチャクなどなどでした。「このポイントなら桜口でも楽しいな」とKさんのつぶやき。嬉しいです。桜口もなかなか良いんですよ!

戻ったら、一度ホテルへお送りして器材を洗ってから店舗に来てもらう長崎チームと、プールトレーニングに参加するから準備のためpopo houseに戻るチーム、お家へお送りするチームで、それぞれですが、皆さんの時間が無駄にならないようにコントロールできるのが大川店舗の価値ですね。

夕方からはプールでフリーダイビングを体験してもらいます。スイマーでもあり、水球の選手でもあるCちゃんは思ったとおり、潜在能力高く、もうインストラクターレベルです。凄いなぁ。続けていってもらって、フリーダイバーになってくれたらいいなぁと思います。久しぶりのKくんもスタティック気持ちいいって。P.B.の4分をマーク。凄いなぁ。素晴らしいお二人で、おばちゃんの目が細まりました。笑

明日は、そんなお二人の貸し切りで、レスキュートレーニングとファンダイビングです。プールの後、サザンゲートブリッジの下で見ることが出来るプロジェクションマッピングに行きたいとのことで行って時間まで待っていると、始まらない、、、もしかしてセンサーなんじゃないかと、機会に近づいてみると、、、動いた!!不思議な感じ。ここは、暗闇に若い二人を残しておばちゃんは帰ります。楽しんで行ってね。

今日もたくさんの皆さん、ありがとうございました。お天気も良く潜れ、良かったです。また、皆さんのお越しをお待ちしています!!

 

| | コメント (0)

2024年6月 2日 (日)

2024.6.2

今日は、風がぐるぐる回る1日となりました。お客様はたくさんで、皆さんのリクエストは黒島だったり、マンタだったり、名蔵カルストだったりと、多種多様でした。風向き的に一番良かったのは名蔵でした。午前中はここ名蔵で泳ぎたい皆さんのご要望にお応えできそうです。向かったのは最初ロコロックでしたが、すごく混んでいて、船を停められそうにないので大仏の根に。すると、ちょうど他のショップさんのボートと入れ代わりになってポイントは貸切となりました。ここで、みんなで楽しみましょう。スノーケリングチームは大仏の根を中心に楽しんでいきます。

Dsc01418 Dsc01414_20240604073301 Dsc01401 Dsc01402 Dsc01405 Dsc01422 Dsc01423_20240604073401P6023926 P6023932 P6023938 Line_album_20240602_240603_29 ダイバーチームはのんびりと撮影ダイブ。1本目なのでちょっと緊張気味のMさん。入るなり、ダイブコンピューターにエラーが出てバディのHさんが交換してくれていました。や、優しい!!そしたら少し落ち着きを取り戻し、いつも通りの笑顔が戻りました。良かったです。のんびりとポイントを回ります。出会えたのは、世界最大級ではないかと言われているコモンシコロサンゴの大群生に群れるスズメダイたち各種、ハマクマノミ、セジロクマノミは卵のお世話をしていてもういつでもハッチアウトしそうな大きな目をギラギラさせていました。お世話で忙しそうな親の動きを撮影しました。こう言う時は動画でしょう。他にも、ニセアカホシカクレエビや、チョウチョウコショウダイ幼魚、フウライチョウチョウウオ、セグロチョウチョウウオ、クロオビマツカサ、デバスズメダイの群れ、などなどに会って来ました。


Gopr1182_20240604074101 Gopr1208 Gopr1187 Gopr1192 Gopr1193_20240604074201 Gopr1221 Gopr1215 Gopr1237 Gopr1246 水面にはスノーケリングで楽しんでいる皆さんが見えました。あまりの大きさに「おののいた」という難しい日本語を久しぶりに聴きました。価値ある半日になって良かったと思います。飛行機に乗って帰られる皆さんは街中のコインシャワールームへお連れし、解散となりました。次に石垣島にいらした時は今度はぜひスクーバダイビングで潜って、もっと名蔵カルストの全貌をお見せできたらと思います。また、お待ちしていますね。そして、ありがとうございました。

Line_album_20240602_240603_14 Line_album_20240602_240603_19 Line_album_20240602_240603_16 Line_album_20240602_240603_21 Line_album_20240602_240603_5 Line_album_20240602_240603_12 入れ替わりで、空港到着後バスで離島ターミナルまで来てくれているKくんとCちゃんをお迎えし、昨晩、波照間で潜る予定が天候不良でキャンセルになり困っていると言うダイバーさんのご紹介を受け、急遽本日午後からの参加となった3名さまは紹介者の小西くんが迎えて来てくれました。これで午後からのメンバーは揃いました。3名さまは急遽だったのと、午前中は定員オーバーになってしまうので、1本少なくなってしまいましたが、潜れてホッとしたと言う表情の皆さんでした。長崎からいらしたとのことで、懐かしい話も少し。近々行きたいなぁと思っています。ご飯は食べて来てもらったので、キミ食堂のおそばを食べて来たのだとか。たまたまWAKEも軟骨ソーキゆし豆腐そばでした。お蕎麦食べたら早速再出港です。

Line_album_20240602_240603_3 Dsc01427_20240604073401 Dsc01430 Dsc01432 Dsc01457 Dsc01454 Dsc01450_20240604073601 Dsc01436 Dsc01441 Dsc01442 東北東の風が吹いているのかと思いきや、防波堤出てみると南西の風に変わっている!ので、すぐに気づいて携帯のお天気ニュースをチェック。まさにその通り。なので出航前にしたブリーフィングとは全く違うポイントへ向かうこととなりました。2本目は竹富港前にやって来ました。Kくんはよくアンカリングを見学したい、とのことで、スタッフがアンカーマンやる横をついて来ます。これがいつものスタイル。水泳もしていたし、サッカーもしていたし、運動神経のいいKくん、入る時ももうスタッフさながらで決まっています。このポイントのアンカリングも慣れて来た涼太。いつもより少し浅いところにOKサインを出したのに気づいていてなかなかだなと思いました。

ここでは今回学科講習を終えて実技講習を受けに来たCちゃんはまずはスノーケリングの仕方を覚えます。そして、ダイビングの仕方も習っていきます。ゆうあちゃんや涼太が丁寧に教えてみました。笑 水球の選手だったCちゃんはみずには慣れっこで、いろんなことをすんなりと理解して習得していきます。そうしてもらっているうちにファンダイバーさんたちはのんびりと楽しんできました。出会えたのは、ニセアカホシカクレエビ、カクレクマノミ、アカメハゼ、アオギハゼ、リュウキュウキッカサンゴ、ハマサンゴ、イソバナガニ、イシガキカエルウオ、ニジギンポ、などなどに会って来ました。それぞれがちゃんと撮影もできるのんびりペースで皆さんとてもリラックスした様子でした。

Gopr1271 Gopr1200 上がったら今度はCちゃんの講習をこなしていきます。ダイバーさんはみんな船の上で待機。タンク変えたりして休んでいてもらう間、みっちりと実技です。けど、何をやらせても上手。マスククリア水没なしや、レギュレータークリア、レギュレーターの持ち方、残圧計の見方、マスククリア半水没、全水没、レギュレーターリカバリー、BCの吸排気、肺のトリミング全てをきれいにクリアです。安全停止もして、浮上スピードもゆっくり、しっかりとできました。水面ではBCへのパワー吸気をしていきました。

Gopr1196 Gopr1201 Dsc01460_20240604073701 Dsc01464 Dsc01466 Dsc01474_20240604073801 Dsc01485 Dsc01488 最後の1ダイブは、竹富海底温泉へ。みんなで一緒に潜ります。もうすでに中性浮力も耳抜きもBC吸排気も出来ているCちゃんはKくんがサポートしながらダイビングの楽しさも思いっきり感じながら、たくさんの生物を観察したり、写真もたくさん撮っていきました。船の下に帰って来てちょっと実技を進めましょう。BC脱着やマスク脱着、完璧でした。出会えた生物も、昨日は見つけられなかったオイランヨウジもいてくれました。ウスモモテンジクダイ幼魚の群れやスカシテンジクダイ幼魚の群れ、ハナミノカサゴ大小、ゴカイの巣やシマキンチャクフグ、湯の花がふわふわしている様子なども見れました。みんなで楽しく潜れました。

Line_album_20240602_240603_0 Line_album_20240602_240603_1 帰ったら、ホテルへ帰る方、大河店舗に遊びに来てくれる方、それぞれでした。キーホルダーやアクセサリー買ってくれたり、皆さん楽しんでくれています。R’s storyさんへも寄って、素敵なアクセサリーいっぱい買っちゃいましたね、でも満足!って。そう思う!!

皆さんが、石垣島を満喫してくれるのが嬉しいです。また来る楽しみになりますもんね。明日はお天気悪いのかなぁ、またお電話があり、明日ダイビングできないか、と。出るつもりでいるけど、どうなるんだろう。前向きに準備は万端にしておこうと思います。明日のお天気が予報より良くなりますように。そして、明日帰ってしまうSさん、またお会いしましょう。ありがとうございました。明日も潜る皆さん、たくさん寝てくださいね〜明日もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2024年6月 1日 (土)

2024.6.1

今日は到着後のSさんをお待ちしてからの出港です。台風2号ができて、少し気になるところ。午前中はその影響ではないと思いますが、まだ梅雨なので土砂降りの雨と雷。こんなウェッティな日々が続くと段ボールをゴミ出しに出せない日が続き、たくさん溜まっていたのを痺れを切らしたので朝からみんなで発泡スチロールと共に最終処分場へ出しに行ったりしてすっきりな気分。そうこうしているうちに雨も止んできました。

Dsc01351 Gopr1169 Gopr1167 Gopr1160 Gopr1165 Dsc01353 Dsc01355 Dsc01358 Dsc01377_20240602211301 港やお店で準備を済ませていると、Sさんから到着のご連絡が。今日は貸し切りでのんびり楽しみます。風は南南西4mで穏やか。バスの後ろに乗っていたカップルが今日のスノーケリングの予約がキャンセルになったのだと、どうしようって話していた、と。今日はまだぜんぜん穏やかだけどなぁ。と、向かったのは、ちゃんと島影になる竹富島の北から東です。ポイントは坂本さん家です。

アンカリングが様になってきてはいるもののまだまだな涼太も頑張っています。このポイントはアンカーマンが欲しいところ。助かります。流れは全くなく、それが理由なのか、透明度は少し悪くなっていました。水温28度、寒くありません。隣に勢いよく他のショップさんも到着して、先に坂本さん家にお邪魔していました。WAKEは息が上がらないスピードで、途中途中撮影を交えて進んで行きました。坂本さん家にはアカククリがたくさん。小さなフタスジリュウキュウスズメダイの幼魚は屋根の上のサンゴの小さな家で可愛く出たり入ったりしていました。他にも、セナキルリスズメダイ、イソギンチャクカクレエビ、ハマクマノミ、クマノミ、サラサゴンべ幼魚、ナンヨウブダイ、アカホシイソハゼ、ハタタテハゼなどにも会ってきました。

Line_album_20231129_240601_12 Line_album_20231129_240601_14 上がったら、少し遅めのお昼ご飯です。今日はハヤシライスをご用意しました。圧力鍋を炊飯器代わりに使っていますが、最後の仕上げをしてくれるのはゆうあちゃんの役目です。上手に美味しそうにふっくらとお米をかき混ぜて準備してもらいました。バジルとバターとおろしにんにくでご飯に味付けと香りづけをするのがハヤシライスにぴったり合うご飯にする秘訣です。今日も美崎牛を使って美味しくいただくことが出来ました。

Dsc01386_20240602210501 Dsc01397_20240602210501 P6013916 P6013909 P6013889 P6013885 2本目は、竹富海底温泉へ。生物が好きなSさんなので、生物ご案内コースでガイドしていきます。相変わらずクサビライシで描かれた「温泉」の文字は健在。風物詩となっています。魚いっぱいいるこのポイントですが、スズメダイばかりではなくハゼもたくさん撮影して遊んでいきました。出会えたのは、サカサクラゲ、クラカオスズメダイ、ネッタイスズメダイ、シリキルリスズメダイの幼魚、アカメハゼ、キンセンイシモチの口内保育、サラサハゼ、スカシテンジクダイの幼魚とウスモモテンジクダイの幼魚の群れ、ハナミノカサゴなどに会ってきました。このところずっと会えていたアカククリの幼魚とオイランヨウジに会えなかったことに寂しさを感じました。移動しちゃったのかなぁ、また、探しに来ます。

Line_album_20231129_240601_7 Line_album_20231129_240601_2 Line_album_20231129_240601_3 Line_album_20231129_240601_1 Line_album_20231129_240601_5 Line_album_20231129_240601_0 今日は到着後ダイビングだったので、2本です。帰って片付けして明日のランチの買い出しして、カメラの充電したら夕方からはプールへ。フリーダイバー講習を受けている3人の講習とsさんの久しぶりのトレーニングです。今日は、スタティックや中性浮力の調整、フィンキック、ターンの仕方、ターンを入れての30Mダイナミック、15Mアームストロークオンリーなどをこなしていきました。時間いっぱいいっぱいトレーニング出来ましたね。皆さんとても有意義な時間になったと思います。疲れるどころか、心も体もすっきりですね!

また、トレーニング続けていきたいなって、思ってもらえて良かったです。ストレッチもしっかりやって、フリーダイビングに必要な呼吸や柔軟への意識もまた高まったかと思います。続けていってもらいたいなと思います。今日も皆さん、お疲れさまでしたありがとうございました!

明日はまだ、風大丈夫かな?です。台風は遠くへそれてもらえたら嬉しいな。おやすみなさい。

| | コメント (0)

2024年5月28日 (火)

2024.5.28

今日は、ようやく台風が近かったことを実感できるような悪天候に!昨日の予報では南風穏やかだとなっていたのに、朝はもう南南西8mで、15時には北風になるという予報だったくせに、どんどん予報は前倒しになって、12時には北風に!ちょうど風が回ったとき、ランチ中でトモロープで離脱しやすいように水中ブイを取っていたから雨が船内に吹き込む。これはいかん、と、現在のお天気と雨雲とレーダーといろいろ情報集めて考えたのが、とりあえず一番の島影まで逃げること。だから、マンタに行くとか言っていた昨日の予定は全く励行できませんでした。

「マンタに会いに来た、マンタが見たい」と言われることは石垣島のダイビングサービスではよくあること。もちろん見せたい。でも、天候を無視したりするやり方はやはり間違っていて、みんなの命を預かっているので、ふがいなさを感じつつも、こんな悪天候でも楽しんでもらえるように、と、最善を尽くす。ということで、今日は、1本目、竹富海底温泉、2本目、竹富港前、3本目、VIVOVIVA前となりました。

午前中は晴れ間も出て太陽も顔を出すくらいで、温かさを感じ、やはり太陽だな、と思ったのもつかの間、北風に変わると雨と雷。中止して帰るか、どうするかも悩みましたが、回復の兆しもあり、3本潜ることにして、安全に帰ってくることが出来ました。すぐ目の前にある海岸沿いが見えなくなるほどの雨。これには心が折れそうになりますね。「マクロはあまり好きじゃない」と聞いていたけど、こうなったら、景色はワイドで楽しんでもらい、目線はマクロ。これで楽しむしかない。

Dsc01281 Dsc01285_20240529103801 Dsc01318 Dsc01317 Dsc01289 Dsc01295_20240529103801 Dsc01292_20240529103801 Dsc01307_20240529103801 Dsc01326 1本目の海底温泉は、流れもほとんどなく、意外と透明度も良く、気持ちのいい温泉のお湯に浸ったり、あっつい砂地にびっくりしてみたり、天然のエアーカーテンにまみれて遊んだり、アカククリの幼魚やサカサクラゲやオイランヨウジがばっちり撮影出来たりして楽しんできました。他にもたくさん会ったよ。クラカオスズメダイが卵を守ってクマドリを追い払おうとしている中、ママだけが戦闘していて、そこへ敵として卵をつつこうとする同種のクラカオスズメダイがいることに驚き。種の保存とか、考えないのかな。そういう魚もいるってことですね。動画でばっちり証拠を押さえました笑

Dsc01343 Dsc01344_20240529104101 Dsc01328_20240529104101 P5283705 2本目、竹富港前では、ネムリブカ赤ちゃんを探しつつも、会えず、いいなと思ったのは最近よくいるミスジチョウチョウウオ若魚達の戯れでした。普通種かもしれないけど綺麗です。カクレクマノミは相変わらずレンズが好きなので、前のめりなのがありがたい。本当は怒っているんだろうねぇ。

S__1745020 S__1745022 S__1745023 ランチは今日はWAKE特製軟骨ソーキゆし豆腐そばでした。うーん、美味しい。天候の激変でなんだかゆっくり余韻に浸れなかったけど、こんな天気にも対応するように考えられた心丸Ⅱは最強でした。好き♡心丸Ⅱ!

P5283861 P5283747 P5283828 P5283821 P5283815 vivoviva前ではマクロだけど面白くって。たくさんのハゼやギンポやスズメダイや甲殻類もいて、マクロ好きならずっといられるポイント。時々会えるネムリブカや珍しいウミウシなどもサプライズで素敵なポイント、北風強くて他に行けない時に潜るのですが、なかなか良きです。ワイドがいいっていうリクエストで締めがマクロになってしまってごめんなさい。これに懲りずにまた石垣島へいらしてください!天気よければマンタへGO!

お店でログ渡したり、精算したりして少しまったり。近くには徒歩圏内でコンビニやホットサンドとコーヒー、ジェラート屋さん、お土産屋さん、不自由しない立地です。地元の方がネイルしに来ていました。憩いの場になると嬉しいな。金属アレルギーのある方にはひもで編んでいる山原沙織さん作のアクセサリーも素敵なので、ぜひ見に来てくださいね!今晩も八重山村へご飯に行くというお二人。楽しんで来てください!またの起こし、お待ちしていまーす。ありがとうございました☆

| | コメント (0)

2024年5月27日 (月)

2024.5.27

S__1745030 S__1745028 S__1745027 S__1745024 S__1745026 今日は、初めましてのお客様。WAKEでは珍しく、どうして選んでもらえたのかと聞くと、ネットでとても評判が良かったのだと!そうなんですね!嬉しいな。梅雨の時期はいつも閑散期となるので、お二人の貸し切りとなりました!ご希望はマンタ。石垣島を選んだのもマンタに会いたいから、とのことで、お天気が許すなら会いに行きましょう。けど、今日は、南風がだんだん強くなる予報。南海上には台風1号もありますし、無理せず様子を見ることに。向かった先は名蔵湾。明日の予報はもっと風も穏やかなので、マンタ方面は明日に行くことに決め、今日は安定のここで3本です。

Dsc01269_20240528212301 1本目は、九大の根にやって来ました。ちゃんとアドバンスまでお持ちだというお二人。ここのリュウモンサンゴの大群生は24mにあります。連れて行けますね、ということで、スチールタンクからアルミタンクになったのでウェイトを2キロ足して、BCのバックルが緩いので締め直し、問題は事前に解決!適正ウェイトで潜り始めることが出来ました。耳抜きに問題があったことはないのだとか。今日も調子よく潜れました。アンカリングは今回はばっちりな場所だったので、素早くできました。船長とアンカーマンの連携が徐々に取れてきている感じです。クルーももちろん成長して来ています。アンカリングした根は深くないので、まずはのんびりと。ミスジリュウキュウスズメダイの群れやフタスジリュウキュウスズメダイの幼魚やミツボシクロスズメダイの幼魚などが可愛く舞っています。大きなアカククリやヒトヅラハリセンボンも登場。そこからはミニドロップオフになっていて、どーんと水深が深くなります。なので、早めの耳抜きとBC吸排気をお願いして潜っていきます。お二人共、そんなダイビングの高度な技もとても上手でした。問題なさそうです。サンゴがぎっしりで、中性浮力が取れない方は連れて行けません。リュウモンサンゴまでたどり着くと、あまりの群生にびっくりでしたね。今日もしっかりと元気なサンゴ達でした。他にも、クロシオイロウミウシ、ソライロイボウミウシ、オニカサゴ、スカシテンジクダイの幼魚の群れ、ツノダシ、ベラの群れ、トゲチョウチョウウオ、スダレチョウチョウウオ、などに会ってきました。

P5273543 P5273569 P5273525 P5273591 P5273583 P5273586 P5273536 P5273530 2本目は、移動して、ロコロックに来るつもりがちょうど風が上がって雨も降ったので、なるべく岸に近いポイントへ行こうということになり、大仏の根にやって来ました。ここで、ギネス級のコモンシコロサンゴや、その周りのたくさんの魚たちに会いに行きます。透明度が思いのほか良く、綺麗でした。出会えたのは、デバスズメダイの群れ、ミナミハタタテダイの群れ、タマイタダキイソギンチャクに住むハマクマノミ、クリーニングシュリンプであるニセアカホシカクレエビ、アラビアハタゴイソギンチャクに住むセジロクマノミとクマノミ、ひっくり返っても尚生きているハマサンゴ、ウケグチイットウダイたくさん、トノサマダイ、オオフエヤッコ、エビのクリーニングを受けていたチョウハンなどなどに会ってきました。チョウチョウウオ系も豊富なこのポイントです。

Line_album_20240527_240527_3 Line_album_20240527_240527_2 上がったらランチ。今日は、キーマカレーをご用意しました。先日もこのメニューでしたが、作っている私がはまってしまってるって感じです。船が揺れないようにと、トモロープは2本かけてきていたにもかかわらず少し揺れていました。酔い止めを飲んで来てもらっていて良かったなと思いました。

Gopr1131 Gopr1134 Gopr1137 Gopr1142_20240528212301 Gopr1138_20240528212301 Gopr1130 Gopr1127 Gopr1137 Gopr0030_20240528212301 Gopr0029_20240528212301 Gopr0027_20240528212301 Gopr0031_20240528212301 Gopr0036 Gopr0043 Gopr0040_20240528212301 Gopr0039_20240528212301 Gopr0033_20240528212301 3本目は、お天気も安定して、雨もやみ、雲が薄くなってきて、少し晴れ間も出ました。先程の波風がないので、戻ってロコロックで潜ります。ユビエダハマサンゴの群生にはたくさんのスズメダイたち。ネオンテンジクダイの群れ、賑やかです。傾斜を下っていって、こじんまりしたコモンシコロサンゴの回りには魚たちいっぱい。クロオビアトヒキテンジクダイが全然隠れていなかったり、くねくね泳ぐハシナガウバウオ2匹、おなじところをぐるぐる回っているばかりのアカヒメジは撮影しやすい。パステルカラーでベース型のミカドチョウチョウウオや、2本線くっきりのフタスジタマガシラ、シリキルリスズメダイや、パラオクサビライシの触手にかわいらしく大発生していたのは、イソギンチャクカクレエビ。踊りエビの様に踊っているところがとてもキュート。けど、水深と容姿からしてオドリエビではない、と思われます。一緒に大物感出してニセアカホシカクレエビもいました。いろんな生物に会えましたね~。

Line_album_20240527_240527_1 Line_album_20240527_240527_0 港へ戻り、ショップでログ付け。今日のご飯どころを紹介したり、絶対美味しいハゥ・トゥリー・ジェラートさんは今日はお休みしていたので、明日行ってみるとのこと!今晩は八重山村へ!さて、明日のことも決めなくちゃ、ですね。石垣島を大好きになってもらいたいな。明日予報通り、風が落ちて、マンタ方面へ行けて、会えますように!!今晩はゆっくり休んでくださいね~☆ありがとうございました!!

| | コメント (0)

2024年5月22日 (水)

2024.5.22ウェディングダイブ&プールフリーダイビングトレーニング

Line_album_20240522_240523_32 Line_album_20240522_240523_31 Line_album_20240522_240523_30 今日は、ひかるくんの幼なじみで新婚さんだというYさんご夫婦が石垣島に来ているということで、体験ダイビングにいらしてくださいました。昨日は西表島でトレッキングやカヤックや滝ツアーに行って来たそうで、梅雨時期でちょうど繁忙期と繁忙期の隙間にあたる今、貸切で楽しめたそうで、今日はうちもお二人の貸切でのんびりとプライベート感満載で出港していきます。梅雨真っ盛り。早朝は土砂降りでもしかしたらキャンセルの連絡来てないかな?と心配になりましたが、予定通り出ます。

Line_album_20240522_240523_1 風は南南西、風速4〜5mです。島陰で一番穏やかな竹富北へやって来ました。土砂降りの影響は荒川側から土砂を大量に流出していて、流れ出た土砂と、それを押し返すような風向きでくっきりと色が分かれて不思議な光景でした。そこを通り過ぎてしばらく進み、もうすぐポイントというところで、港の隣の釣り船の船長から着信が!!なんだろうと思い、出てみると、「あのぉ〜、お宅の白いスピッツが港をうろうろしてるんですけど。。。」て。えええええ!!!!小雪、港に降りてた?ウェットスーツを着ることに一生懸命になって、ウェディングドレスを着たりの準備もして、その時は小雪も参戦して足元にいたりしていたのに、いつの間にかぴょんっと港へ降りていたようです。出航してから、お二人の隣に座っているのだとばかり思っていた!!大急ぎで戻り、無事に確保。本人、ショックを受けているわけでもなく、悪びれるでもなく、何が起こったのか分かっていないようで、ずっと見ていてくれたお隣のあらやさん、ありがとうございました。大変、ご心配おかけいたしました。そしてもう一度あの2色の不思議な海の上を通り過ぎ、竹富北へ。ここまでくると、あの土砂の影響はなく、水面も穏やかです。

Line_album_20240522_240523_19 Line_album_20240522_240523_20 Line_album_20240522_240523_22 Line_album_20240522_240523_17 Line_album_20240522_240523_16 Line_album_20240522_240523_29 ここで、しっかりと体験ダイビングの説明をしていきます。一度潜ったことのある旦那様も余裕でしたが、奥様もとても落ち着いていてこれはもしやと思いつつ、入ってみると、やはりかなり素質あり!船の上で説明と実動したことは水面でも繰り返します。ここで落ち着いたら、ようやく水中へ。ひかるくんも手伝ってくれて、すんなり潜れたお二人。耳抜きに関しては自動でできているようでした。素晴らしい!!

Gopr1060 Gopr1068 Dsc01242 Gopr1064 Gopr1083_20240524084001 Gopr1072 会えた水中生物は、モンツキスズメダイ、ツノダシ、アカメハゼ、キンセンイシモチ幼魚、レモンスズメダイ幼魚、などなど。1本目なので、スローステップで負担がないように進めていきました。ダイビングは楽しくないとね!ポテンシャルが高いお二人でした。次の準備はもうご自身でできるようになっていて、ダイバーさんの身のこなしのように見えました。笑 素晴らしい。最後に、ロープに捕まってもらっている時、ひかるくんにバブルリングを作ってもらいました。上手なので、リングは素敵にきらきらして、こんな光景見られるなんて、良いですよね!

上がったら、ウェディングドレスを着るために上半身は腕を出す感じで潜っていた新婦さんはワンピーススーツに着替えます。水温は27度あるので、我慢できる範囲ですがやはり腕は出ていると写真映えはしますので、この1本は少しだけ我慢でしたが、ものすごく良い写真がたくさん撮れました。まさかの水中ウェディングフォト、喜んでもらえてよかったです。

P5223424 P5223416 P5223424 P5223451 P5223435 P5223429 2本目は、大体のことがご自身でできるようになっているお二人。すんなり潜っていきます。耳抜き自動、は天性ですね。出会えたのは、ヒトスジギンポ、ハタタテハゼ幼魚、クロユリハゼゾクの一種、カンザシヤドカリ、ネッタイスズメダイ、クロナマコ、オキナワスズメダイの群れ、イシガキカエルウオ幼魚、などなど2本目なので、余裕も出て、周りの魚をじっくり観察することを楽しむことができました。

Line_album_20240522_240523_4  Line_album_20240522_240523_6Line_album_20240522_240523_2_20240524084501Line_album_20240522_240523_3 ランチは、今日はキーマカレーでした。ご飯は黒紫米を使っています。美味しくいただけました。お二人の出会いや住んでいるところの話、飼っているワンちゃんの話、ひかるくんとの子供の頃の思い出など、話には花が咲きました。暖かいココアやコーヒーでもほっとできますね。休んだら、3本目は移動して他の場所で潜ります。

Dsc01237_20240524083901 Dsc01240_20240524083901 Dsc01212_20240524083901 Dsc01232Gopr1101 Dsc01221_20240524083901 Dsc01224_20240524083901 Dsc01225 Dsc01210 Dsc01249 ポイントは竹富港前です。ここは珊瑚がもりもり。会わせたかったカクレクマノミと良い写真が撮れました。カメラレンズに興味津々で近づいてくるこの子たちは写真映えする良いカクレクマノミたちです笑 こちら目線ですが。カクレクマノミからしたら、映画ファインディングニモのように怒っているのかな?笑 他にも、ヤシャベラがついて来たり、珊瑚が綺麗だったりを一緒に写真撮ったりしていきました。

P5223446 P5223441 P5223445 いやぁ、もう、まるでダイバー。中性浮力も取れて、自分で泳げるようになって、この3本で、身のこなしがものすごく綺麗になりました。ダイビングは一生楽しめるアクティビティです。Cカード取って、ダイバーになってもらいたいな。そしたら、もっとお見せしたい水中世界にご案内できます。検討してみてくださいね。学科はリモートで行うため、石垣島に来てもらったら、2日間海へ出れば取得できます。学科は重要。すごく良い勉強になります。ご連絡お待ちしていますね!!

大川店舗に来てもらって、パソコン使って今日の水中写真をデータ転送します。MacBook Pro持っているのに、使っていなかったから、引っ張り出して来て、また勉強し始めました。慣れているウィンドウズの方がまだ使いやすいけど、MacBookは仕事が早いですね。使わないのは勿体無い。使いこなせるようになるしかない。とりあえず今日は、スムーズにデータ転送ができました。ひかるくんがいてくれたおかげですけどね。この後は新婚旅行なので、フサキリゾートへ泊まるのだそうで、色々とお買い物して、ミルミル行って、ひかるくんが送ってくれます。雨ではあるけど風が強いわけではないのでこうやって石垣島を満喫できました。よかったですね。また、遊びに来てくださいね。

お見送りした後、もう少しパソコンの勉強。ショップのモニターに映し出す練習です笑。そうそう、思い出したけど、MacBookでモニターに映し出そうとすると、パソコン上に見えているものではなく、隣にあるものが映し出されている、、ちょっと私の頭では理解できませんが、変なことが起きています笑 Windowsだったら、単純に画面に出ているものが映し出されるから意味が分かりますが、MacBookのやることがよくわからない。マウスどこ言った?ってなるし、わからなすぎてすぐにNさんのお婿さんのAさんに頼ってしまう。次にまた一人でできるかどうか、、、

Gopr1103 Gopr1104 Gopr1107 Gopr1106 Gopr1111 Gopr1105 時間もなかったので、郵便局へ行って発送するもの出して、プールに行くために一度観音堂に帰って、今日のランチを片付けて、プールの準備して出かけました。ストレッチルームで待っていると、お仕事帰りの石垣島在住フリーダイバーのYくん登場。海で最近よくサメに合うという話はプールサイドまで続き、「ビビってるんだ」っていうYくんが可愛いですね。そして今日は、スタしてダイナミックバイフィンターゲットしてからのCO2テーブルをこなし、体育会系のYくんには楽しい時間だったようです。確実にフォームが綺麗になって来ていて、必要な柔軟性が上がって来ています。トレーニングってすごいなぁと思います。人をこんなにも磨いてくれる。なのに、この後ジムに行くんだって言うYくん。偉いなぁ。ストイックです。負けじと明日の朝は軽くランニングしてこよう笑 

今日も、海スクーバにプールフリーダイビングに、関わってくださった皆さん、ありがとうございました。キーマカレーは美味しいので、ランチメニューの定番に仲間入り決定です。食べたことない方はリクエストしてくださいね。今日も皆さん、ありがとうございました〜!!!

 

| | コメント (0)

2024年5月21日 (火)

2024.5.20

Gopr1012_20240521151201Gopr1013Gopr1025_20240521152101Gopr1020_20240521151101Gopr1018_20240521152001Gopr1019 今日は珊瑚調査ダイブのご依頼を頂きました。そろそろサンゴの産卵が一斉に行われる5月の大潮が近づいています。その為と、もう一つ、名蔵の浅瀬の藻場とサンゴが共生する場所を撮影したいというご依頼でした。藻場は浅い、、、時間的には干潮へ向かっていて結構既に引いています。潮の高さ80センチ。慎重に、なるべく岸に近いところまで入っていき、停泊しました。ここから泳いで浅い方へ。Nさんの撮影があるので、先頭はNさん。広角レンズとマクロと2台のカメラは1人で持っては撮影できないので、初めてスタッフ涼太がカメラ持ちを経験させてもらいます。

P5203321P5203311Gopr1024P5203295Gopr1027 そこで後から発覚した面白かったことは、ゆうあちゃんはいつものウェイトで入っていて、私と涼太はこっそり、というか、多分無意識に1キロ足して入っていて、そのことをゆうあちゃんに言ってなかったので、浅すぎて帰ってくる時は諦めて水面をぷかぷかしていたゆうあちゃんなのでした。これも経験だよね。最大水深1,7m。笑 この水深の砂地や藻場はいつもとは全く違ってまた面白く、とても綺麗なギンガハゼに出会えました。みたことのないウミウシがいたり、ほんと、面白い。Nさんも大変、満足されたようで良かったです。今日1日のミッションが完了したと言っても良いくらいだった、との事でした。

その後は、いつもの九大の根へむかいます。船のGPSやNさんの携帯のアプリからも絶対にここってところでなるべく浅いところを探してアンカリングしてもらったら、何度も「かけるとこない!」って。そんなはずはない、と思って、仮止めになっているサブを頼りにメインを持って私が入って見ると確かに、いつもと景色が違う。ここではかけるところがない。けど、とりあえずメインを仮止めできるところにかけ、戻って、再度と思ったら、岩を見つけたとのこと。そこに3個の掛けられる岩があって、3本のアンカーをかけてもらいました。重労働だったはず。時間がかかりました。九大の根ではあるのですが、少し離れたつながっている隣の尾根だったようで、ここにかけられた事で、もっと広範囲にこのポイントを知ることができ、今日はまた進歩の日となりました。アンカーマン、グッジョブです。

Gopr1040_20240521151301Gopr1038Gopr1031P5203341P5203335 水深は17mくらいをキープで撮影が始まり、広範囲に把握出来ました。浅瀬の岩や珊瑚も元気ではありますが、産後の産卵をしそうな兆候はみられず、でした。けど、3本目でアンカリングした根のミドリイシにはちゃんと卵が顔を出していてもう少しって感じでした。まだはみ出すほどまでいっていませんが、ちゃんとその存在感は見て取れました。楽しみですね。

P5203342Gopr1052Gopr1057P5203396P5203364P5203348P5203407P5203379 ランチは、今日は豚汁とジューシーご飯です。圧力鍋で温めるのでふっくらしてとても美味しい。ちょっとスパイスが効いている感じになります。お腹が落ち着いたら、3本目。もっと広く詮索しようということで、いつもは行かない方向へ。反対側へ降りて行けばリュウモンサンゴの群生がすごいのですが、こちらにはその少しはありましたが、やはりそこまでは群生していませんでした。やっぱり九大の根のいつもの場所は奇跡の光景なのかもしれないですね。勉強になりました。そして、アンカリングしている根の周りを遊んでいて一番面白かったのは、クサビライシが多いなと思っていたら、そのクサビラという名前の由来、キノコなんだそうで、キノコのように生えてきて、ポンと離れて成長していくのだそうで、そのちびキノコがいっぱいあって、もうそれを見つけ出したらそれしか目に入らなくなるほど。そして、かわいいぃぃぃ。ファンになってしまいました。笑

Line_album_2024520_240520_2 Line_album_2024520_240520_1 Line_album_2024520_240520_3 これからは、このちびキノコもガイドしていきますね!マニアックで楽しいひととき、教えてくれたNさんありがとうございました。雨が降ったり止んだり、湿度は高く、梅雨という感じのこの頃。季節がうちり変わっていくのを肌で感じます。ここからマリン関係は忙しくなります。まだ店舗の引っ越しでひっくり返した観音堂の事務所は整理しきっていないので、作業が続きますが、6月には全てが見違えるほどに良くなってるはず。もうすでに大川店舗のありがたみをひしひしと感じています。まだまだ磨いていきますね。心丸Ⅱも常にちょこちょこ磨いています。磨き続けなきゃね。次は6月のサンゴの産卵の頃、石垣島にお戻りになるそうで、また調査にいらっしゃるかも、との事です。一般のゲストの皆さんも、Nさんに会えたらラッキーですね!Nさん、ありがとうございました!!また、お待ちしております!

〜お知らせ〜8月16日から19日の4日間は出張のため店長不在となります。ご了承ください。

| | コメント (0)

«2024.5.18