2019年6月24日 (月)

2019.6.24

Dsc00085 Dsc00073 20190624_190624_0008 Dsc00075 Dsc00076 Dsc00080 Dsc00081 Dsc00083 Dsc00084 Dsc00091 Dsc00087 今日は、いつものTさんが東京からの直行便でいらっしゃるのを待っている間に、新婚旅行で初の体験ダイビングにいらしてくださったYさんご夫婦に、体験ダイビングのレクチャーをしていきます。朝、ホテルへお迎えに行ったときに、緊張しすぎて、お迎えの着前に調子が悪くなっちゃった旦那さん。可愛い!それでも、行くと言って、少しお待ちして、緊張しているのをほぐすべく、楽しいレクチャーとお話で、少しづつ緊張を解いていきます。Tさんが港へ来るまでには2時間以上あるので、ゆっくりゆっくり。もう、内容は講習レベルなくらい丁寧に。でも、そのおかげで、だいぶ、ほぐれてきたようで、良い時間だったと思います。今日は1日、ダイビングのために使うんだと決めてきてもらったのが良かったのだと思います。

 

20190624_190624_0004 20190624_190624_0003 20190624_190624_0002 20190624_190624_0007 20190624_190624_0001 Dsc00092 Dsc00094 Dsc00092_20190624191901 そうこうしているうちに、Tさんも離島ターミナルへ到着。お迎えして、荷物も整理して、出発です。今日は北風、なので、桜口へ向かいます。途中、離島船からうちの船を見たというお客様から連絡が。そうです。まさに、その時間、通過していました。桜口は穏やかで、波もなく、流れもありません。説明の通り、いざ潜ってみようとしたら、すごく怖くなってしまった奥様。でも、その反応、慣れているんです、わたし。なので、諦めません。絶対の潜らせていい思い出にして帰ってもらおうと、ふんばります。耳抜きは少し右が出来にくかったようだけど、ちゃんと潜れました。潜れたと思ったら、すぐにハマクマノミのところへ。P6240205 P6240194 P6240189 P6240212 P6240223 P6240230 これが正解で、気持ち悪くなったから上がりたいという旦那様をあと少し、と説得して、深呼吸を促しながら急いで撮影。そう、ハマクマノミなど、翠尾中生物も入れて一緒の写真を撮っておきたかったから。ばっちりいいのが撮れました。なので、ご希望通り、船の下へ。でもここから、慌てて戻るのではなく、こぶし一つ分づつゆっくり上がることを説明してあったので、それも守ってもらえました。船の上で少し休憩しておいてもらって、Tさんと残りの時間はファンダイビング。シマキンチャクフグや、イシガキカエルウオ、タテジマキンチャクダイ成魚、レモンスズメダイ幼魚いっぱい、タテジマイボウミウシの子供、サキシマミノウミウシなどに会って楽しんできました。

 

20190624_190624_0006 20190624_190624_0005 上がったら、お昼御飯です。今日は、クリームシチューとピラフをご用意しました。次も潜ろうと決意したお二人は、少し少なめにご飯を食べました。Tさんも、2本目も潜った方がいいと勧めてくださって、頑張りました。これが、結果、やっぱり2本潜って良かった、につながりました。

 

P6240229 P6240225 P6240234 P6240246 P6240248 P6240265 P6240258 P6240253 Dsc00132 Dsc00128 Dsc00131 Dsc00125 Dsc00136 Dsc00134 2本目は、桜口ハマサンゴの根にアンカリングし、潜降ロープの真下には、セジロクマノミがいます。ハマサンゴには、イバラカンザシや、カンザシヤドカリがいて、じっくり観察。オグロトラギスや、ブダイの仲間、ヤマブキベラ、クギベラ、シコクスズメダイ、ミツボシクロスズメダイなど、沢山の魚を見る余裕が出来ました。1本目とは、まったく見えている世界が変わりますよね。だから、お勧めなのです。最初怖がっていたお二人にも、マスク越しに笑顔。本当に良かった。Tさんとも、その後も、ホヤの仲間や、スミツキベラ幼魚、カンムリベラ幼魚などに会ってきました。

 

港に戻ったら、17時30分の便で西表島へ渡るTさんですが、まだまだ時間があるので、みんなで一緒にR’s storyさんへ寄ってみることにしました。お守りの貝や魔除けの貝、幸福を呼び込む貝など、説明や沖縄の歴史を聞きながら、楽しくお買い物。お揃いのアンクレットご購入です。Tさんも、お直しをお願いしていたネックレスが戻ってきて、メンテナンスお願いする他のアクセサリーも預けたりして、充実の時間でしたね。私も、自分のも欲しいけど。。。我慢我慢。。。

 

夕飯は、新婚さんお二人は、やふぁやふぁさんへご紹介しました。ぎりぎりカウンターに予約が取れて良かった!食べたかったシャコガイと、ブダイのお刺身がなかたみたいですが、また、リベンジに石垣島へ遊びにいらして下さいね。そして、また、石垣島で一緒に潜りましょう☆今日も、皆さん、WAKE UP CALLご利用いただきまして、ありがとうございました。滞在中、楽しんで行ってくださいね~!!!

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

2019.6.23

Dsc00049 Dsc00051 Dsc00053 今日は、ピーチで到着のいつものMさんが、着後スキンダイビング!!真新しいロングフィンを持参で、石垣島へお帰りなさいです!風は予報が大幅に変わり、北風に!北北西~北北東、4mで、穏やかではありますが、風向きの変わる一日となりました。お腹を空かせていないと息が持ちにくいフリーダイビングは、時間の調整が難しい。お腹がすき過ぎたら血糖値が下がってしまうし、けど、食べてしまうと、息苦しいし。なので、お昼ご飯は食べる前に水中へ。

 

Dsc00054 Dsc00058 Dsc00056 やってきたフラワーガーデンは、びっくりするほど水が綺麗!青々としていて、マスクはめて水中を見てみても、スコーンと抜けています。これは、気持ちが良い!!早速、ブイにつかまってマスクなしでフェイシャルと言って目の周りを水で浸して心拍数を下げるようにして、心と体をリラックス。Mさんがそうしているうちに、そーっと、水深20mの砂地へゆっくりゆっくりお連れします。流れもなく、真っ白な砂地が広がり、ブルーの中へ溶け込むように潜り始めます。1月に一緒に台湾とフィリピンに行った以来だと言う事なので、ゆっくり体を見ずに慣らし、疲れを取り除いていきます。

 

Dsc00055 Dsc00060 Dsc00069 Dsc00063 Dsc00071 Dsc00070 Dsc00072 その時の体の状態は、いつも違うので、自分自身で探っていきます。気づきが多いのもフリーダイビングの良いところです。水面で静かにしていたら、ブイにパイロットフィッシュが集まって来ました。だんだん増えてくるし。すごく小さくて、コガネアジの幼魚だと思います。最後まで一緒でした。癒されますね。

 

1時間30分以上はゆっくりと潜って、楽しんで、今の自分の状態をチェックできました。Mさんは、おニューのフィンが、しっくり来たようでした。すごくカッコ良かったです。マスクのカラーを合わせてあって、素敵でした。水中で映えますね。明日からはダイビングだということで、ダイビング用のマスクや、ウェットスーツも注文したいとのこと。お任せください。

 

20190623_190623_0002 20190623_190623_0003 潜り終わったら、着替えて、港に戻ってから、お昼御飯にしました。今日は、ハヤシライスをご用意しました。疲れた体に沁みますね。お宿でゆっくりしてももらっている間、昨日まで潜っていたMさんのスポーツアロママッサージです。肩と首が凝っているとのことで、90分フルコースでほぐしていきました。確かに、首が特にコリコリでしたが、ふくらはぎも疲労が溜まっていました。時々、ほぐしてメンテナンスが体にはいいかもしれませんね。次回も是非!スポーツアロママッサージが終わったら、お宿へお送りし、Mさんのスーツの採寸です。どんなものをご希望なのかも話し合い、メーカーさんへ投げてみますね。楽しみにしていてください。来月の再石垣島でお披露目できるように進めます。

 

今日も、スキンダイビングや、スポーツアロママッサージなど、ご利用いただき、ありがとうございました。明日は、新婚旅行のお客様と、いつものTさんをお迎えしての出港です。皆さん、今日も、ありがとうございました~!明日もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2019年6月22日 (土)

2019.6.22

Dsc09969 Dsc09970 Dsc09972 Dsc09973 今日は、ダイバーMさんと、体験ダイビングとスノーケリングに来てくださったTさん、Oさん、Sちゃんのご家族です。説明をしっかり出航前に行い、一度潜ったことがあるというTさんが、少し緊張気味。ほぐしながら、ほぐしながら。。。Sちゃんは、初めての体験ですが、ちょっと鼻がつまっているようだったので、鼻もかんでもらって。など、細心の注意をしながら、絶対に潜っていい思い出にしてもらおうと!

 

Dsc09975 Dsc09983 Dsc09980 Dsc09985 Dsc00022 ポイントは、南南西の風で、少し北うねりありでした。マンタ方面へ行きたいというリクエストもありましたが、ここのところ出ていないこともあり、風向きも良くないこともあり、今日は、竹富港前周辺で潜る事にしました。でも、サンゴの群生がすごく綺麗です。

 

Dsc09995 Dsc09996 Dsc09994 Dsc09993 Dsc09988 Dsc09986 Dsc09998 Dsc09990 Dsc00022 Dsc00017 Dsc00016 Dsc00003 Dsc00011Dsc00009 Sちゃんは、水泳もしているし、スノーケリングはずっとしているので、素潜りも上手。まったく、水を怖がりません。なので、ダイビングも、すんなりと水の中へ。潜り始めて、耳抜きの感じが分からなかったみたいだけど、それでも5,9m潜れているので、耳抜きで来ているんだと思います。ただ、もしかしたら、耳抜きに力が入りすぎて、鼓膜が動く感じが痛いと感じるのかも。実際、この詩¥水深まで潜れているということは、圧平衡をしている証拠なので、逆に耳抜きが勝手にできるタイプなのかもしれないなと思いました。そんなこんな話もしながら、何度か水面と水中をロープ伝いに潜って、水底まではいかなかったけど、潜る事が出来ました。3人で、一緒の写真もたくさん撮りました。「疲れたから上がりたい」というSちゃん、ちょっと待っていてもらって、少し水中を遊んできました。カクレクマノミや、モンツキスズメダイの幼魚と成魚の群れ、クロナマコ、オウゴンニジギンポ、キャベツサンゴと一緒に写真撮って、ミスジチョウチョウウオなどにも会ってきました。ソフトコーラルがふにゃふにゃで、つんつんすると伝染して引っ込んでいくキクメハナガササンゴも面白かったですね。

 

2019_0622_124801_002 2019_0622_124945_014 2019_0622_124811_003 2019_0622_125005_018 2019_0622_125233_021 2019_0622_124913_007 2019_0622_124932_010 2019_0622_124935_011 2019_0622_124952_016 2019_0622_124902_005 20190622_190622_0006 20190622_190622_0010 20190622_190622_0005 2019_0622_125450_031 上がったら、お昼御飯です。今日は、鶏そぼろ塩ラーメンをご用意しました。たっぷり胸肉のひき肉を使っているので、疲労回復にもってこいです。食べてすぐ、スノーケリングしたくなったSちゃん。さすが。若い子ってお腹が休まらなくても動けるからすごいですね。ママを誘って、遊びに行きます。そのシーンをパチリ。沢山潜れるので、まるでイルカの親子のようでした。とっても微笑ましかったです。

 

Dsc00032 Dsc00046 Dsc00044 Dsc00042 Dsc00031 Dsc00036 Dsc00023 Dsc00026 Dsc00030 P6220181 P6220174 2本目は、同じ場所から、ちがう方向へ潜ります。じゃがりこの根です。コモンシコロサンゴが群生していて、それを下から見上げた時の景色に感動したと言ってもらいました。ハナビラクマノミや、スミツキトノサマダイ、フウライチョウチョウウオ、ウミヅキチョウチョウウオ、ニセアカホシカクレエビ、アカメハゼなどにも会ってきました。「楽しかった~」と言ってもらえて、良かったです。朝は緊張されていたみたいだから、ダイビングん本当の楽しさを味わってもらえてよかった。

 

20190622_190622_0001 港に帰ったら、ジェラートを食べに行きます。やっぱり、お勧めのハゥ・トゥリー・ジェラートさんへ。その後、ジュエリーショップR’s storyさんへ。Tさんは最初は行かないで先に宿へ帰っていたいとおっしゃっていましたが、結局行く事になり、行って話を聞いていたら、すごく気に入ったのが見つかっちゃって、ご購入です。すごく似合っていて、意味合いも素敵で、気に入ってもらえてよかったと思います。また、石垣島へいらしたときは、ジュエリーも里帰りで、メンテナンスしてもらえるし、良いですよね。

 

20190622_190623_0165 20190622_190623_0164 20190622_190623_0163 20190622_190623_0162 20190622_190623_0160 20190622_190623_0159 20190622_190623_0161 20190622_190623_0153 20190622_190623_0150 20190622_190623_0156 20190622_190623_0154 20190622_190623_0151 20190622_190623_0145 明日はリゾート1泊楽しんで、明後日から宮古だそうです。なので、午前中はクリスタルビーチをご紹介しました。楽しんで来てください。川の流れるビーチが不思議な感じで、開けていて、すごく素敵な場所です。楽しんで来てくださいね。夕飯にご紹介しようとしたふぅがぁや~は、メンテナンスで今日はお休みなのだとか。すごく残念!次の石垣島旅行の時にぜひ、ご利用くださいね。今日も素敵な出会いをありがとうございました。夕飯は、Mさんと初めて行くイタリアン、クロワッサンへ予約済みです。どんなお店なのか、楽しみです。今日も皆さん、有難うございました~。また、遊びに来てくださいね!ご紹介いただいた花子さんも、ありがとうございました☆

| | コメント (0)

2019.6.21

Dsc09922 Dsc09923 Dsc09928 Dsc09936 Dsc09927 P6210004 今日は、いつものMさん!が石垣島へ潜りにいらしてくださいました〜!かれこれ、20年以上のお付き合いです。昨晩はチェックイン後、ゆっくりしていただき、今日は3本がっつり潜って、夕飯を島イタリアンいゆに予約取ってあります。ご飯一緒に行くのも、いつものリクエストで、楽しみにしている一つです。

 

Dsc09929 P6210004 P6210017 P6210025 P6210028 P6210006 P6210033 P6210011 さて、今日は、南南西の風少し強いですね。なので、竹富周辺へ島影にやってきました。1本目は、竹富神社前です。透明度はイマイチですが、魚はいっぱい。楽しいポイントです。久しぶりのダイビングなので、しっかりゆっくり準備して、トラブルなく入っていきます。が、マスクがくもる!!これは、今日は3本とも変わらなかったので、明日は対策を練りたいと思います。出会えたのは、オラウータンクラブ、大きなイソバナガニ、ハナビラクマノミ、オキナワスズメダイの幼魚の大群、キツネベラ、ドクウツボ、イボウミウシの仲間、イシガキカエルウオ、ニセアカホシカクレエビ、クロユリハゼ若魚の群れ、などなどでした。

 

Dsc09945 Dsc09938 P6210102 P6210097 P6210079 P6210086 P6210040 2本目は、竹富海底温泉へやってきました。どんどん風雨が増えてきているような感じのハマサンゴの周りには、スカシテンジクダイが群れ、とっても綺麗。昨日、先日、昭和だったクサビライシが!なんと!今日は令和になってる!!笑。誰がやってるんだろう。ちょっと歪みがあるような感じがしたので、手直しして、完成!パチリ。砂地には、サカサクラゲ、シリキルリスズメダイの瑠璃色が綺麗です。他にも、キツネアマダイ若魚や、ヒラムシ、ハナミドリガイ、温泉に浸かって、また浅瀬に戻り、ニセクロスジギンポにもこんにちわ。もう、怖がりもしません。ずっといてね。

 

20190621_190621_0006 20190621_190621_000720190621_190621_0008 20190621_190621_0005 上がって、そのままここだと竹富島へ入る離島船の引き波があるので、次のポイントまで向かってお昼ご飯です。今日は、久しぶりに冷やし中華〜!!!夏だね!夏野菜たっぷりで、鳥のささみものっかって、ヘルシーおいしい!頂きました。これからの季節は、登場が多くなるでしょうね。Mさんも、気に入ってもらえて良かったです。

 

P6210149 P6210129 P6210161 P6210166P6210074 P6210153 3本目は、竹富港前で潜ります。砂地もあって、明るいイメージのポイントですが、透明度は同じくイマイチ。けど、マクロを楽しみます。アカメハゼや、ハシナガウバウオ、ニセアカホシカクレエビ、ハナグロチョウチョウウオ、ミスジリュウキュウスズメダイ幼魚の群れ、ガラスハゼ、エリグロギンポ、グルクマ2匹、クロスズメダイ幼魚、リュウキュウキッカサンゴ、キンセンイシモチ幼魚の群れ、ノコギリハギ幼魚、デバスズメダイ幼魚の群れ、などなど、楽しかったです。

 

20190621_190621_0003 20190621_190621_0001 20190621_190621_0002 お宿へ送って、一緒にguruppoさんへ。店内素敵すぎて、目移りしすぎ。あれもこれも可愛いです。Mさんは、残り少ない亀のお財布キーホルダーをゲット。もう、数がありませn。1番可愛いのを決めていました。残っていて良かった〜。明日は、アクセサリーと、ジェラートを楽しみに行きたいと思います。その後もまたイタリアンだしね。

 

20190621_190622_0059_0 20190621_190622_0056 20190621_190622_0060 20190621_190622_0061_0 20190621_190622_0058 再度、合流して、今晩のイユは、美味しいし、リーズナブルでした。ワインもたくさん飲んだのに、料理が安いから会計はとても安かったし、美味しいし、綺麗だし。また、利用したいと思います。

 

明日は、フリーダイバーの花子さんからご紹介のご家族が体験ダイビングしにきます。ちょっと風はありそうだけど、穏やかに潜れるところで、楽しみたいと思います。今日もありがとうございました、明日も、よろしくお願いします!!

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

2019.6.20

Dsc09883 Dsc09886 Dsc09891 Dsc09893 Dsc09901 Dsc09899 Dsc09905 Dsc09897 Dsc09895 今日も南南西の風が吹いています。ご希望はマンタ!どうしようかな。。。西ってつくと、御神崎回る時にうねりが溜まって波が高くなってる場合が多くて、警戒してしまいます。とりあえず、お見せしたい生物がいるので、竹富海底温泉に潜って、友達のショップさんに石崎方面へ行った方がいたら状況を聞いてみたいと思います。

 

昨晩のミーティングでも、温泉のお話で盛り上がりました。徒歩でR“s storyさんへ行ってげんとくんと話して遊んできたようですが、汗だくだったとか。そうですよね、ちょっと距離があるかな。

 

P6200352 P6200402 P6200362 Dsc09906 P6200391 P6200389 さて、温泉はこの風だととっても穏やか。ワイドでハマサンゴと小魚の群れを太陽をバックに撮ってもいいし、砂地のゴカイの巣の凸凹も、摩訶不思議な風景だし、サカサクラゲをじっくり撮ってもいいし。1番深い温泉の沸いているところは、今日は、39度で、ちょうどいい!!温泉へ向かう途中にも、キツネアマダイや、ウスモモテンジクダイ、コウイカの赤ちゃん、サラサハゼ、などにあいながらゆっくりゆっくり。砂地が熱くなっているところは、今日は印がはっきりしていて分かりました。少し灰色っぽくなっているんですよね、砂も浮き上がってふわふわしている感じで。浅瀬に戻って、ハマサンゴの周辺には、スカシテンジクダイが沢山。お星様のように撮りましょう。それを狙って、大きなハナミノカサゴもいました。穴から顔を出しているニセクロスジギンポは、1匹になっていました。身籠って、どこかへ行ってしまったんでしょうか。また、1人に、、、戻ってくるのかな。他の穴も見てみましたが、みんないなくなっていました。そして、面白かったのは、クサビライシで令和と書かれていたものが、昭和に!!!みんないたずら好きですね。クサビライシも大人しくそのままでいるから笑えます。

 

P6200414 P6200456 P6200449 P6200477 P6200417 Dsc09921 Dsc09915 さて、2本目は、南南西5mですが、風が当たっているけど、大崎に船が4隻いるのが見えます。なので、行けるかなと、腹をくくって、マンタ方面へ向かって見る事にしました。帰りは、どうしても波を受けると思いますが、それをお伝えし、向かいます。なんといっても、今日の2本目は、記念ダイブ。555本目のお祝いしなくちゃ。

 

マンタシティポイントは、待つことなく5隻目で入れました。しかも、透明度がめちゃくちゃいい!!40mあると言っても過言ではありませんでした。スコーンと抜けていて気持ちがいいです。そこに、マンタは、、、登場しなかった〜、けど、目線マクロで楽しんできました。カクレクマノミや、ハナゴイの幼魚、レモンスズメダイの幼魚、アカホシイソハゼ、エリグロギンポ、メガネゴンベ、サラサゴンベ、色が緑とオレンジで綺麗なタマイタダキイソギンチャクに住んでいるハマクマノミの幼魚、などなど。楽しい、気持ちいいでしたね〜。

 

20190620_190620_0088 上がって、お昼休憩のために移動します。マンタもいなかったし、また会える可能性のあるお隣、マンタスクランブルへやってきました。もちろんこちらも透明度はいい。お昼ご飯は、リクエストの軟骨ソーキゆし豆腐そばです。七味かけて、美味しくいただきました。

 

P6200497 P6200488 P6200486 P6200517 P6200505 さて、少し休んだら、マンタスクランブルで潜ります。中層には、ずっとユメウメイロが群れています。他にも、クマノミの幼魚や、クロヘリアメフラシ、ナンヨウブダイ、ミノウミウシの小さいの、ちょっと珍しいモシオエビ2匹、昭和天皇が見つけたというミカドミドリイシエビ、ミドリトウメイボヤと一緒にいたイシガキカエルウオの幼魚などなどでした。フォトコン入賞作品ではないかと思われる良いシーンに沢山出会えました。見せていただいた写真がすごく良かったです。

 

今日で3日間、ありがとうございました。今度は秋かな?とおっしゃっていました。ぜひまた、遊びにいらしてください。風が変わればポイントも変わって、また、違う顔のポイントで楽しめると思います。いろんな季節に来るのは得策かもしれませんね。またのお越しを楽しみにしています!!ありがとうございました〜。

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

2019.6.19

Dsc09867 Dsc09868 今日は、曇り予報ですが、これは、晴れ?と、言わない?というような、良い気候に恵まれました。風は南南西7〜6mで、穏やかです。スーパーブルーだよ〜と、連絡のあった三ツ石や、カヤマ島方面を視野に入れながら、1本目は、竹富神社前で潜ります。

 

Dsc09870 Dsc09871 Dsc09873 Dsc09875 P6190204 P6190203 P6190198 P6190196 P6190188 P6190184 P6190207 P6190223 P6190231 P6190172 今、お見せしたいのは、オラウータンクラブ!沢山一ヶ所にいます。他、ヒレナガスズメダイの幼魚や、コナユキツバメガイの交接シーン、大きなイソバナガニ、ツノキイボウミウシ、アカメハゼ、ハナビラクマノミ、テンクロスジギンポ、ワモンツツボヤなどに会ってきました。

 

P6190283 P6190294 P6190245 P6190232 P6190311 2本目は、いよいよスーパーブルーを目指し、カヤマ方面へ。ですが、リーフに白波が立っている辺りでストップ。浜島北へやってきました。透明度いい!!珊瑚もすごく綺麗!ですが、気持ちいいのですが、目線はマクロ。。。出会えたのは、チゴベニハゼ、スミゾメミノウミウシ、隠れないカンザシヤドカリ、名前のわからないヤドカリ大、ニセアカホシカクレエビ、デバスズメダイの幼魚たち、フタイロカエルウオの幼魚、アオギハゼ、そして、小さすぎて、パソコンの画面で検証しようという事になったウミウシ、白かったです。楽しい楽しい。

 

20190619_190619_0013 20190619_190619_0001 20190619_190619_0012 上がってお昼は、今日は、カレーうどんをご用意しました。お揃いのミンサー柄の器はベリー可愛い!七味もかけて、美味しくいただきました。

 

休憩中、ちょうどアンカーを外そうとしていたら、海上保安庁のヘリが飛んできた。あっち行ったり、こっち行ったり、ダイビングボートの上を回っています。結構低空飛行で、何事かと思っていたら、近くのボートが手を振った!!!!なにか、あったみたいです。みていると、ヘリから2人が降りて、船に乗り、誰かを抱えてヘリに収容、陸へ戻って行きました。その間、海保のボートもきたし、なんだか一大事のようでした。徐行しながら、ポイントを移動です。大事に至らないと多いのですが。。。

 

P6190319 P6190327 P6190251 P6190338 P6190346 さて、気を取り直して、3本目は、三ッ石浅瀬周りで楽しみます。3本目なので、浅い方を行きましたが、お見せしたかったウミウシ探しに没頭!!テンテンウミウシはいてくれました。まだまだ、いるはずだ!ハナミドリガイもゲット、でもまだまだ!と、目をマクロにしていたら、今日はヤドカリに目がいきます。アカツメサンゴヤドカリや、ベニワモンヤドカリに出会えて、キュンキュンです。他にも、ダンゴオコゼや、オオアカホシサンゴガニ、先日ダイビングフェスタ石垣島でFさんが賞をとったサンゴテッポウエビは、やはり、撮りにくいところにいるから、あれを当日賞でゲットは、やっぱり快挙だと思いました。他にも、ウコンハネガイなどもいましたよ。

 

浅いし、70分オーバーになっちゃっても水温28度だし、全然体に負担がない!かいてきであそびまくっちゃいましたね。

 

20190619_190619_0091 20190619_190619_0087 20190619_190619_0086 20190619_190619_0085 20190619_190619_0084 20190619_190619_0089 20190619_190619_0088 20190619_190619_0090 20190619_190619_0082_1 今晩は、明日のHさんの555本ゾロ目祝いで、やふぁやふぁに初めて予約を取りました。どんなお店か楽しみです。そして、あっという間に明日が最後!明日も楽しみましょうね〜、今日もありがとうございました〜。

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

2019.6.18

Dsc09833 20190618_190618_0053 20190618_190618_0052 今日は、曇りの予報が全く当たらず、朝からがっつり雨が降っている石垣島です。その影響もあって、たくさんの飛行機が到着遅れだったようです。今日のご予約のいつものHさん&Sさんも、遅れるとの連絡が。なので、空いた時間をベットのシーツにアイロンかけたり、掃除したり、無駄なく活用。ちょっと小腹が空いてサンドイッチをメルヘンで買い、食べながら港へ向かうと、8年前までうちのスタッフをしてくれていたCちゃんが船の前に。最近独立したのですが、乗合予定だったショップが飛行機到着遅れで乗せてくれなくなったというので、急遽、乗合に。大変だなぁ。うちも天気が悪い時は乗合も考えますが、さすがに、到着後ってなると、乗合はなかなか厳しい。それが現実です。何の問題もなかったので、皆さんの到着が揃ってから、ゆっくり出港です。

 

Dsc09841 今日は、南南西4mくらいで、穏やか。先に船を出しているショップさんからも、大丈夫よ〜という連絡もあり、三ッ石へ向かう事に。到着が遅れたこともあるので、お昼ご飯を食べてからお腹を休ませながら移動となりました。今日のメニューは、カルビ肉のあんかけ焼そばです。そばは、八重山そばの麺を作っている工場が作るラーメンの麺。少し細くて、それを焼いて、焼き色をつけて、あんかけをかけていきます。初めてだったかな?美味しくいただいていただき、良かったです。私は、サンドイッチがお腹に溜まっていたので、あとで食べる事に。燃費悪いですからね。

 

Dsc09843 Dsc09840 Dsc09847 Dsc09854 P6180121 Dsc09851 P6180117 P6180114 Dsc09866 Dsc09837 Dsc09839 1本目、三ッ石は、若干濁っている。水深によって少し違っていました。水温28度。でも、不思議なのは、2本目、ポイントは近いのに26度だったのは何でだろう。寒く感じましたもんね。

 

P6180111 出会えたのは、とにかく多いオキナワスズメダイの幼魚の群れ、ロクセンスズメダイの群れ、クマノミ、ナミスズメダイとアサドスズメダイの幼魚の群れ、今年は多いセナキルリスズメダイの群れ、イシガキカエルウオの幼魚、ゴイシギンポの幼魚、フタイロカエルウオ、セダカギンポ幼魚、オウゴンニジギンポの幼魚、リュウキュウヤライイシモチの小学生くらいと幼稚園生くらい、テングカワハギの若魚などなどでした。水面が少しさーっと流れるので、タンクが軽くなって、浮き上がりましたが、安全停止はしっかりバッチリだったので、問題なしでした。

 

P6180134 P6180091 P6180103 P6180133 P6180150 P6180132 P6180156 P6180141 P6180140 2本目は、少し北に移動して、三ッ石北にやってきました。こちらは、とにかくサンゴが綺麗!水も綺麗でした。透明度25m、でも、水温が低かった。こちらにもオキナワスズメダイの群れがすごい!ヒラムシが綺麗だったり、逃げる隠れるオキナワベニハゼ、キンセンイシモチの幼魚の群れ、アカメハゼ、オオアカホシサンゴガニ、Sさんが見つけてくれたアカフチリュウグウウミウシは、綺麗でした。

 

最近、TG5をとうとう買いました。6が出るから、中古が出るんではないかと思い、検索してみると、あったあったでポチッとな。ハウジングは、みんなとかぶらないもので。今日は、少し先日よりは、ダイヤル変えてみたりして、経験値上がりました。けど、気になっているのは、SEA&SEAのセットアップ。欲しいかもなぁ、けど、仕事にならないなぁ。カメラばっかり買ってちゃ。考えておきます。笑

 

20190618_190618_0051 今日は、午後から2ダイブ。晴れ間はなかったけど、楽しんできました。明日は、晴れるかなぁ。風が穏やかなら、何でも楽しい!明日は、お二人の貸切です。夕飯に新しいお店を予約してきました。明日は一緒に行ってみます。今日もありがとうございました〜、明日もよろしくお願いします!!

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

2019.6.12~13

Dsc09739 _190617_0002 _190617_0016 12日から13日、福岡の前川造船から、コンサルのTさんが、お客様を連れて遊びに来てくださいました~。今回、うちの心丸の動線や、営業形態を見に来てくれました。それを踏まえ、船を設計していくという訳です。急に舞い込んできた話で、金銭面の段取りが前倒しになったので、実行に移せるのかは心配ですが、来年だめでも、その後の予約が取れたら、と思い、行動に移しています。

 

さて、初日は、到着後のダイビング。東寄りの風なので、大崎へやって来ました。ダイビング船がたくさんいます。ポイントのコース取りや水深を考えてアンカリングの場所を考えていたら、先輩が潜り始めるところで、アンカーをかけてくれることに。今、スタッフなしで一人でやってるから、そうやって手を貸してくれる方がいっぱいいて、本当に感謝です。

 

Dsc09742 Dsc09752 Dsc09753 Dsc09755 Dsc09756 Dsc09747 Dsc09760 Dsc09759 ところで、かけてくれたところは、ポイントの真上。そう、エントリーすると、すぐにお目当てのなでなでさせてくれるカメがいます。この日もいつものところでゆったりしていました。イシガキカエルウオの幼魚が甲羅の上に乗っかって、やっぱり海藻をハムハムしていました。それが心地いいのもあるのかもしれませんね。久しぶりに会うと、藻が生えてきているので、ちょっとこすってあげると、嬉しそうに甲羅をふりふり。目もつむって、気持ちよさそう。可愛いです。カメラマンの皆さん、何枚もいい写真を撮りたいと思ったら、今この子はチャンスですよ。全く逃げません。そのうち、息継ぎに水面へ。これも、15回ほど呼吸したら、、また、戻って来ます。

 

Dsc09763 Dsc09776 P6120056 P6120046 その他にも、キンギョハナダイやアカネハナゴイが群れ、透明度があまりよくないこの日、魚たちにとっては餌が豊富という事だったらしく、中層に上がってきてパクパクが激しい。どんどん大きくなるんでしょうね~。そして、その他にも、イソギンチャクカクレエビと、オシャレカクレエビと、オトヒメエビが一緒のところにいるイソギンチャクや、ハマクマノミやハナビラクマノミと一緒に写真撮ったり、コブハマサンゴをぐるっと回って、エビを発見してみたり、大きくてたくさんいるアオヤガラのクリーニングシーンを見てみたり、大きなコンペイトウウミウシにはちょっとびっくり!たくさん遊んできました。

 

_190617_0007 上がったら、少し遅めのお昼御飯。今日は、ハヤシライスをご用意しました。明日は、鶏そぼろ塩ラーメンの予定でしたが、2本にして、八重山そばのお店に行きたいとのことでしたので、そういう段取りにしました。

 

Dsc09793 Dsc09788 P6120088 P6120079 P6120074 Dsc09788 P6120076 2本目は、オオハマサンゴの根で、アカククリの群れと戯れます。オオハマサンゴの下には、ウスモモテンジクダイの幼魚がぎっしり。それを追いかけてカスミアジも来ています。ロクセンスズメダイの群れや、アマミスズメダイの群れ、チンアナゴいっぱい、ヨスジフエダイなどにも会ってきました。

 

_190617_0005 _190617_0004 _190617_0006 _190617_0001 夜は、みんなであけぼのへ。生魚があまり好きでないというUさん。そっかー、ってなりましたが、てんぷらや煮つけにはトガリエビスをいただきました。その後、船の設計図を広げて、別のお店で打ち合わせ。言いたいこと、希望したいことは、いっぱい話しました。そして、それが実現するかどうか。楽しくて仕方ないですね。

 

Dsc09810 Dsc09800 Dsc09816 Dsc09814 Dsc09799 Dsc09798 2日目は、風も変わりました。なので、ポイントも変えてみます。この日は、竹富南エリアをご案内。WAKEのオリジナルポイントで、あまりみんなが入っていないけど、カマスが2種類すごい数群れていることがあり、このところ3回、カマスを見つけられていなかったけど、いました!まだ小さな群れですが、夏に向けて数が増えていく感じなんでしょうね。今後の定点観察してい木たちと思います。とにかくカマスがいたことが嬉しかったのに、お二人は全くこう見ないとのこと!なので、ゴシキエビの話をすると、それは見たい!となり、近い方へアンカーもかけ直しました。そして、いたいた、ゴシキエビも、カクレクマノミも、クマザサハナムロの群れや、ウメイロモドキの群れが綺麗。ここは、ワイド向け。もちろん、よく探せばマクロもいるので、やっぱり面白い。他のポイントよりは少し泳ぐ範囲が広いから、中級車向けのポイントですが、今後もダイバーにこのポイントをご案内していこうと思います。

 

2本目は、ミルキーウェイにやって来ました。こちらは初心者でもオッケーな優しいポイント。水深も浅いところに、水族館の中のような雰囲気が。アヤコショウダイがたくさん、昨日食べたトガリエビスもたくさん、テリトリーがあるようで、同じところをうろうろしていてあまり離れません。ノコギリダイの群れも多いし、黄色いけど名前はアカヒメジも大物が群れ、ぐるくんもいっぱい。心丸の船底のフジツボが凄いことになっていたので、そぎ落とし、明日には乾かすために陸揚げします。乾くと藻は海で走らせればすぐに落ちるので、磨きません。磨くと一緒に船底塗料も落ちてしまうから。水温が上がってくると、これが、3日でも一気についたりするので、気を付けなければなりません。

 

_190617_0010 _190617_0011 _190617_0012 _190617_0013 帰ってきたら、来夏世さんへおそばをいただきに行きました。ちょっとだけ急いでいたのか、麺にちゃんと湯通しされていない感じがしましたが、味は美味しかった。午後は、いったん解散、夕方待ち合わせて、心丸のいろいろな所の大きさを測ったり、友達の船を参考にするために回ったりして測量。図面づくりの参考に。夜、ダイビング協会の総会があったので、また、その後に合流しました。ここで、自分では絶対に行かないきたうち牧場の焼肉!に呼んでいただき、とろけるお肉をいただきました。ご馳走様でした。あまり行かない夜のBARにも行って、きたうちの従業員の若いこと話をして、楽しい時間でした。もう、この子たちの年齢の時には、今の事業を成功させるために必死に考えて動いていて、妊娠もしていたころだなぁなんて思いながら。私も随分、お姉さんになりました。笑

 

_190617_0014 _190617_0015 あっという間に2日間が終わり、その次の日は、いつもお世話になっているブルーマリンさんへ。エンジンはどれがいい、とか、どうやって運ぶかとか、細かいところの相談です。大体、役者はそろった的な感じになりました。持ち帰って、見積もりを出してくれるそうです。もう、こちらは、一生懸命働くしかない!いいものが出来てくることは間違いない!あとは、いつ作れるか、のタイミングかなぁ~。また、いつものように頑張ります!さて、4日間海仕事が空きますが、Popo houseの清掃して、家のことして、子供のことして、月刊ダイバーの取材が始まるので、打ち合わせして、明日からくるお客様の準備に励みましょう。

 

Tさん、Uさん、ありがとうございました~!!これからも、宜しくお願いします。造船が始まったら、長男と長女が行くと言っているので、福岡へ、造船場へ連れていきたいと思います。

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

2019.6.10

Dsc09698 Dsc09699 Dsc09703 Dsc09706 Dsc09708 Dsc09710 Dsc09711 Dsc09726 今日は、体験ダイビングでもお申し込みのMさん親子さん!お父さんは、がっつりダイバーさんです。ですが、今日は、息子さんに合わせます。よく、サイパンに潜りに行かれていたのだとか。息子さんも、体験ダイバーだけど、もうすでに7~8本は潜っているとのことです。ですので、やっぱり上手で、センス抜群でした。出航前に説明をして、安全に潜れるように配慮していきます。

 

今日は朝は西風、すぐに北風に変わる予報です。すでに、北西な感じが港でしていました。やはり、潜っている間に北風に変わりました。1本目は、竹富港前でサンゴが元気な所もお見せして。。。2本目は、風波を避けるように観音崎灯台沖へやって来ました。

 

1本目は、昨日コンドイビーチでスノーケリングしたら、全然魚がいなかったというお二人に、ちょっと場所を変えればいっぱいいるのを見ていただきたくて、お魚をたくさん紹介。アカメハゼや、ユビエダハマサンゴが群生している感じを見上げるように見ていただいたり、クレナイニセスズメ、ミスジリュウキュウスズメダイ、アサドスズメダイの幼魚の群れ、モンツキスズメダイの幼魚がサンゴの近くにいて、成魚が中層の方にいる感じ、オグロトラギスや、ヤシャベラ、トゲチョウチョウウオ、シマキンチャクフグ、ミナミハタタテダイやツノハタタテダイ、スミツキトノサマダイ、ネッタイスズメダイなど、お魚いっぱい見て、楽しんで、堪能してきました。

 

P6100025 P6100019 P6100018 P6100043 P6100013 Dsc09738 Dsc09734 P6100033 P6100031 P6100030 2本目は、透明度はあまりよくないかもしれませんが、アンカリングしたすぐ下に、小魚の群れがすごい!沖縄方言では、じゃこと言いますが、大きい魚を取るための餌になるくらいの大きさのグルクンの幼魚や、スカシテンジクダイや、ウスモモテンジクダイの群れ!群れ!群れ!それを狙って、ハナミノカサゴもいました。他にも、ウミシダに出たり隠れたりしているハシナガウバウオの幼魚や、フウライチョウチョウウオ、ソライロイボウミウシ、などにも会えました。ここは、水温が低いこともありますが、竹富周辺と同じ、28℃で、冷たさも感じずに潜れて良かったです。

 

Dsc09728 Dsc09730 今度は、透明度の良い秋ごろに来たいなというコメントをいただきました。ぜひ!明日は、西表島を楽しむのだそうです。石垣島の夜の美味しいご飯屋さんも、楽しんで行ってくださいね。今日は、ありがとうございました。また、お待ちしています!

| | コメント (0)

2019.6.9

Dsc09654 Dsc09658 Dsc09657 Rimg0272 Rimg0288 Rimg0283 今日は、昨晩遅くまでダイビングフェスタ石垣島ガーデンパーティをご一緒に楽しんだFさん&Gさん仲良しコンビと、SEA&SEAのNさんが、3本、潜ります。そして、到着後ダイビングのYさんをお迎えする段取りです。朝は南西の風が10mも吹いていて、荒れています。戻れるのかなと思いましたが、予報通り、風が落ちてくれたので、助かりました。

 

1本目は、竹富神社前で潜ります。お見せしたい生物が豊富。いつもの根にアンカリングします。今日は、マクロレンズでのぞむNさん。今、ここでお見せしたいのは、オラウータンクラブ!同じところに4匹います。他にも、ヒレナガスズメダイの幼魚、アオギハゼ、ツバメタナバタウオ、モンツキスズメダイの幼魚、アサドスズメダイの幼魚、オキナワスズメダイの幼魚の群れ、ニセアカホシカクレエビ、ノコギリハギ幼魚、セジロクマノミ、ハナビラクマノミ、ハタタテハゼ、オウゴンニジギンポ、その他いろいろです。大きなカスミアジが通り過ぎ、小魚狙いなんだろうなぁと感じます。久米島でガイドのお手伝いをしていたことがあるというNさん、オキナワスズメダイは久米島では見なかったそうです。そういうのありますよね。私は、あまり石垣島にいないタテジマヤッコに座間味であったときに、興奮しました。

 

Rimg0410 Rimg0430 Rimg0408 Rimg0425 Rimg0394 いったん、港へ帰り、Yさんをお迎えし、再出港。2本目は、竹富港前で潜ります。ここはサンゴもすごいのですが、リュウキュウキッカサンゴやユビエダハマサンゴが群生し、パラオクサビライシにも会えます。船の下だけ、地形の関係で流れがありますが、ムチカラマツエビや、ガラスハゼも2匹が横にぴったりくっついているシーンに出会えたりして、繁殖の時期をうかがわせます。他にも、アカメハゼ、オトメハゼ、ここでもニセアカホシカクレエビ、ここの子は大きいので、写真にとりやすい!デバスズメダイの幼魚が群れているのも可愛いし、テングカワハギ若魚が4匹揃っているシーンにも出会えました。黄色いバージョンのインドカエルウオも可愛かったです。

 

20190610_190610_0002 上がったら、お昼御飯です。今日は、鶏そぼろ塩ラーメンをご用意しました。東京で、鶏そぼろ塩ラーメンはあんまり見かけない、とのことでしたので、船の上でダイビングの合間にはぴったりの疲労回復、さっぱりメニュー。ご堪能いただけたでしょうか?

 

Dsc09686 Dsc09685 Dsc09688 Dsc09696_1 Dsc09693_1 Rimg0454 3本目は、じゃがりこの根に。ここのメインはコモンシコロサンゴの群生です。圧巻の大きさですね。ハナビラクマノミは左目がなく、でも、気が強い。他にも、ミスジリュウキュウスズメダイの幼魚がすごくたくさん群れいているところがあって、今が旬ですね。カクレクマノミも可愛い。ヒメダテハゼとテッポウエビはじっくり撮影出来ました。ウミヅキチョウチョウウオや、ヤッコエイも通り過ぎていきました。

 

今日も楽しい3本。17時から居酒屋を予約しているから早く帰りたいというYさん。皆さんにも急いでもらって、送迎です。そうしているうちに、なんと気の利くNさんが、空タンクを船から降ろして下さっていました。優しさを感じ、すごく嬉しかったです。そういうところ、本当に男前だなぁ。

 

心もほっこり。明後日予定だった体験ダイビングのお二人からご連絡が!明日にしたいと!ということで、タンク屋さんに急きょお願いしたら、タンクも運んでくださいました。いつも、ありがとうございます。こうやって、皆さんに支えられて、日々を過ごしています。(ちょっとブログアップが遅くなりましたが、イベント中だったので、ご愛嬌)

 

今日も、楽しく潜れました。ご参加の皆さん、有難うございました~!また、石垣島で、お待ちしています。

| | コメント (0)

«2019.6.8ダイビングフェスタ3日目