2020年4月10日 (金)

2020.4.9

Dsc01575 Dsc01576_20200412102201 Dsc01578 今日は、ちょっと複雑なお天気のようです。というのも、午前中は東北東5m~6m。ですが、午後には北北東10mも吹く予報。なので、ちょっと急ぎで、午前中は大崎で潜って、お昼ご飯を港で食べて、ゆっくりめに3本目は桜口方面へ行こうという計画です。3本目の時間帯には、大干潮時。なので、風は強いし、北北東で、東からうねりもあるかもしれないけど、きっと穏やかになるはず、と、計算していました。その通りでした。

Dsc01579 Dsc01582_20200412102201 Dsc01605_20200412102201 Dsc01591 Dsc01583 Dsc01590 Dsc01588_20200412102201 ホテルへお二人をお迎えに行き、北寄りの風で、「今日は寒いので」ということで、「ドライスーツを借りたい」ということになり、お迎え後、そのままショップへ。ドライスーツのサイズを合わせて着ていただき、船へ。送迎中に話しているうちに、どうせならドライスーツスペシャリティを取ってしまって、しっかり、知識と技術を身に着けた方がいいのでは、ということになり、今日はドライスーツスペシャリティコースと、ファンダイビング1本に変更となりました!普段から、ドライスーツのこまごまとした装備は整っているので、フードや、ネックベルトなどもあり、何の問題もありませんでした。前向きな判断だと思います。そして、スキルアップして喜んでくださっている感じが素敵でした。勉強熱心です。

Dsc01661 Dsc01633 Dsc01658 Dsc01629 Dsc01630_20200412102301 Dsc01663 講習は、ファンダイビングよりももっと詳しくダイビングについて学べるし、時々取り入れていくと良いと思います。スペシャリティはたくさんのコースがありますからね。これからも、リクエスト、お待ちしています。

P1010002_20200412102301 P1010007_20200412102301 Dsc01607 Dsc01598_20200412102201 Dsc01594_20200412102201 Dsc01611 Dsc01602 Dsc01592_20200412102201 Dsc01586_20200412102201 さて、そんなこんなで、少し出発も遅れてしまったので、準備は急ぎ足で。お天気とにらめっこしながら、大崎へ出航です。朝は全然穏やかですね~。Dsc01624 やって来たのは、ハナゴイリーフ。ドライスーツスペシャリティなので、生物観察は一応後手です。が、目の前にくるくるした砂の塊でできている階の卵発券!講習、しばし中断、撮影したら、はい、また、ドライの吸気、排気、フィンピポットで肺のトリミングも利用すること、姿勢を変えることで、バランスをもっとよくしていくこと、などなど、練習していきました。初めてのドライスーツなのに、着こなして上手に潜れたNさんは、「ドライの方が扱いやすいかも!」との感想。それは凄い!来月もドライをご希望されました。そして、せっかくスペシャリティも取ったので、ドライを作ろうと決めたのはもう一人のNさん。寒さを感じないのって、ストレスフリーですもんね。すごく良いと思います。ドライ作って、この間行けなかった初島ツアー2020秋へ、ご一緒しましょうね!お二人とは、海外ツアーの話でも盛り上がりましたが、冬にはそれも楽しみだし。良いダイビング友達が見つかって、楽しいですね。

講習もしながらですが、沖の方へ行くと、大きなコブシメがいて、良い写真が撮れました。あまり逃げない大人しいコブシメでした。色がころころ変わって、綺麗でしたね。目がとろんとして、なんとも言えない可愛さです。ユメウメイロの群れも通り過ぎました。

P1010049_20200412101901 P1010045_20200412101901 P1010042 P1010011_20200412102301 P1010021_20200412102301 P1010020 P1010029_20200412102301 P1010017_20200412102301 P1010010_20200412102301 P1010027_20200412102301 Dsc01639_20200412102301 2本目は、すぐお隣で、少し深度が取れるところへ。同じくハナゴイリーフポイント内です。ドライの時は、バディシステムが有効だと、より、快適に迅速に準備もでき、安全です。そのことも、器材を船の上ではまとめたり、ご自身での扱いもしやすくなるようなアドバイス付きで進めていきました。今まで触らなかったベルトを延ばしたり、縮めたり、バックルを外したり、という技で、どんどん快適にダイビングが出来るようになりますね。

もう、とてもバランスよく、ドライを着こなして潜る事が出来ているので、実践です。ファンダイビングのように、泳ぐし移動するし、写真も撮るしで、楽しみながら、ドライに親しんでいきます。出会えた水中生物は、ミゾレウミウシ、キヘリクロスジウミウシの仲間2種、シマキンチャクフグ、クレナイニセスズメ、ミナミハタタテダイ、ハナゴイの群れ、アマミスズメダイの群れ、アナモリチュウコシオリエビなどなどでした。

20200410_200410_0009 20200410_200410_0007 さて、あがったら、まだ、大崎は静かなのですが、港へ戻ります。名蔵湾沖がやはり時化ていましたが、まだ、困難なく戻れる感じでした。港へ着くと、大潮で、水位が凄く引いていました。ここで、穏やかに談笑しながらお昼御飯となりました。今日は、豚汁&じゅーしーご飯です。美味しくいただけました。他のショップさんも船を出したり戻ってきたりしていました。ゆっくり休んで、3本目へ。

P1010085_20200412101901 P1010091_20200412101901 P1010076_20200412101902 P1010079_20200412101901 P1010055_20200412101901 P1010063_20200412101902 P1010059_20200412101902 P1010070_20200412101902 P1010065_20200412101902 Dsc01673 Dsc01681_20200412102301 Dsc01669_20200412102301 Dsc01665 2本目で、首から水没してしまったNさんでしたが、それも経験のうち。次は首のチェックを厳重に。脱いだ後もドライの水没後の干し方や、扱い方、船上の仕方なども習いました。楽しいですね。着替えもあったので、濡れたものは脱いで、対応です。3本目は、北北東なので、予想通り、干潮ということもあり、リーフが出てるくらい引いていたので、桜口は穏やかでした。でも、風邪が上がってきて強いのは変わらず、桜口西の根で潜りました。透明度も普通に良かったです。出会えたものは、ハマサンゴのひっくり返ったの、アケボノチョウチョウウオ、クロユリハゼの群れ、アカフチリュウグウウミウシ、ツブツブコイボウミウシ、ワモンツツボヤ、ホソスジイシモチ、ソフトコーラルの群生数種類、クマノミ、カールオジサンホヤ、イバラカンザシなどなどでした。楽しかったですね。上がると晴れているのに風が強くて、島影なのに桜口の水路は白波が立っています。でも、ここなら戻るのも安全。それが最重要項目ですからね。

20200410_200410_0005 20200410_200410_0004 20200410_200410_0003 20200410_200410_0002 帰りは、美崎牛本店に寄り、お肉をゲットです。ハンバーグもお勧め。明日の帰りは空港で、ミルミルの石垣牛のハンバーガーもお勧めしました。石垣島満喫できましたね。お疲れ様でした。夜はみんなで、イルトルコリデさんで、前菜沢山、ピザやパスタも楽しみました。お店は混んではいなかったけど、一時は満席。やはり人気でした。

お二人はまた来月、いらっしゃいます。また、一緒に潜りましょうね。ありがとうございました。お帰りも気を付けて!

| | コメント (0)

2020.4.8

Dsc01491 Dsc01493 今日は、東北東の風、6〜7mです。昨日の午後後は時化てきたので、今日はとても穏やかに感じます。まだ、マンタも諦めていないお二人なので、ご希望もあり、大崎へ向かいます。

 

透明度はとても良くて25m以上は見えています。水温は24度くらい。暖かいですが、フードベストはきておいたほうがいいので、お二人ともレンタルすることに。最初はフードだけ、でしたが、やはり、フードベストの方が暖かいです。

 

20200408_200408_0002 20200408_200408_0008 20200408_200408_0005 20200408_200408_0009 20200408_200408_0016 20200408_200408_0036 20200408_200408_0044 20200408_200408_0025 20200408_200408_0017 20200408_200408_0023 20200408_200408_0029 Dsc01508 Dsc01533_20200410100401 Dsc01525_20200410100401 1本目は、オオハマサンゴの根にやってきました。水がスコーンで、潜っていく時の爽快感はたまりません。白い砂地も明るい雰囲気を出しています。マラソンのしすぎでまだ足を痛めているNさんは、今日は全くフィンを履かないで潜ることにしました。付きっ切りで、スタッフの夢ちゃんが体を運んであげるという。。。まさに、介助ダイビング!今日はウェイトもバランスよく行きました。耳抜きなども問題ないし、昨晩はしっかり寝たということもあって、調子も良さそうです。

 

Dsc01511_20200410100401 Dsc01517_20200410100401 Dsc01509_20200410100401 Dsc01522_20200410100401 Dsc01529 Dsc01520 Dsc01499 Dsc01530_20200410100401 アカククリがたくさん群れているポイントへ。フタスジタマガシラ、コールマンウミウシ、コナユキツバメガイ、スミゾメミノウミウシ、クマノミの幼魚の群れ、イソギンチャクカクレエビ、ウスモモテンジクダイ幼魚の群れ、アカマツカサ、クロオビマツカサ、クラカケエビスなどの赤い魚たち、などなどに会って、楽しんできました。

 

20200408_200408_0038 20200408_200408_0045 20200408_200408_0054 20200408_200408_0068 20200408_200408_0060 20200408_200408_0066 Dsc01497 船の上では、ゆっくりと、カフェタイム。体休まりますね。「なんて、贅沢な時間!」との感想。Dsc01536_20200410100401 Dsc01540_20200410100401 Dsc01552_20200410100401 Dsc01548 Dsc01551_20200410100401 Dsc01543_20200410100401 ホント、そうですね。揺れない船だからできます。2本目は、すぐお隣へ。ミノカサゴの宮殿です。ここでもたくさんの可愛い水中生物に出会ってきました。まず、アカネハナゴイの群れはすごいし、キンギョハナダイの群れも凄い、水底には、オグロクロユリハゼや、サカサクラゲも綺麗で面白いですね。ホソガラスハゼは、撮影が難しいところにいるけど、こういうアンバランスなところでの撮影に挑戦してみるのも経験です。他に、コールマンウミウシ、ヒラムシにも出会えました。

 

20200408_200408_0001 20200408_200408_0003 上がったら、お待ちかねのお昼ご飯です。今日は、Nさんが、一度はメニューに入れてもらいたい、という、鶏そぼろ塩ラーメンです。おねぎもたっぷりで、一味もかけて頂きました。ほんと、美味しいですね。

 

20200408_200408_0087 20200408_200408_0071 20200408_200408_0080 Dsc01565 Dsc01572 Dsc01554 Dsc01553_20200410100401 3本目は、さらにお隣、カメハウスへやって来ました。昨日もアオウミガメには会いましたが、今日も会いたい、とのこと。カクレクマノミもじっくり見たことない、と言うので、時間かけて、撮影したりして、楽しみました。そして、昨日よりももっと大きなアオウミガメに遭遇。じーっとしていて、全く動きませんでした。他にも、砂地に潜るのが得意なホシテンスの幼魚や、チンアナゴいっぱい、イソギンチャクモエビ、ハマクマノミとは一緒に写真撮って、テングハギの群れ、ニジハタ、などなどに会って来ました。

20200408_200408_0006 20200408_200408_0007 20200408_200408_0008_0 今日もたくさん遊びました。帰ったら、スィーツ好きなお二人を連れていきたいと思ったお砂糖にこだわっているパン屋さんへ。もう残り少ないけど、まだ開いていて良かったですね!ひとつづつ、お好きなパンをゲットです。スーパーや家電屋さんへ。買い物して、宿へお送りしました。今晩は、焼肉を食べに行くのだそうです。楽しんで来てください!そして、明日もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

2020.4.7

今日は、大阪から、いつものNさんと、お友達で、先日うちの20周年記念パーティin大阪で初めましてだったNさんが、お二人で、ダイビングにいらして下さいました。コロナで、安倍首相が何やら、「非常事態宣言」を出す日の早朝になりますが、お二人は、来島を決断。その前の初島ツアーは、ご家族の体調が理由で参加を見送り、ようやく島に来れて、とても嬉しそうなお二人です。朝は、インタビューを受けたそうで、「何しに行く?」と聞かれたのだとか。顔出しはもちろんなしですけどね。

お二人が到着するころ、ちょうど雨雲があったようで、着陸が遅れました。そうこうしているうちに、私も経営者として、資金繰りにあちこち走り回りました。何かを聞いてはあっちへ、何かを聞いてはこっちへ。打開策をとにかく見つけよう、このご時世だけど、計画していたとおり、新造船を作ろう、その情熱は冷めていませんよ。とにかく、動き回ってみようと思います。お金持ちで余っている方は、どうぞ、お金下さい。船作りますから。笑

さて、そんなこんなですが、バスを1便遅くしたので、港でお昼ご飯を食べてから出港しようということになりました。今日のランチは、WAKE特製軟骨ソーキゆし豆腐そばです。しっかり温めて、いただきました。美味しかったですね。お腹を休ませながら、まだ穏やかな海上を進みます。風は、東北東の風3mで、今は穏やか。ど干潮時です。大崎へ、水面捕食行動のマンタにも会えたらいいなと淡い期待を抱きつつ、向かいました。ですが、Nさんが、大物運があるけど、まだカメには会っていない、という情報も得、第一の目的はそれだ!と心に決めて走っていました。

やってきたのは、ハナゴイリーフ。すると、アンカリングする前に見つかったのは、水面を捕食行動しているスギの群れ!それでも、お見せしたかったので、お二人も、スタッフの夢ちゃんとスノーケリング。片手にはもちろん、コンデジを抱えていきます。お目当てのマンタではありませんでしたが、楽しかったですね。船に戻って、改めて、ダイビングの準備。「いや~、やっぱり、ダイビングの方が楽やわ。」というのが感想。そうですよね。けど、これがマンタだったら、もっともっと大興奮でしたね!

さて、水中へは、ちょっと会話の行き違いで、「前回潜った時のウェイト」と夢ちゃんが聞いたのですが、それは、スチールタンクのご様子。実際、ものすごくウェイトが足りなくて、水底で足したり。上がってきて、少ないことが分かり、2本目にはちゃんとすることにしました。それにしても、面白いエピソードをお持ちなのが、個性派Nさん。ここへ来る4日くらい前に、20キロを毎日4日間走ったのだとか!走れちゃうのが凄いのですが、左足の足首が晴れていて、少し青くなっています。完全にオーバーワークですね。それでも、痛みに疎くなっていると、ダイビングにいらしたようですが、フィンを履くことはしないで潜ろうとなり、左足はフィンなしで泳ぎました。それが、バランスが悪いようで、くるくる回ってしまったり。なので、ほとんど夢ちゃんがバランスとるためにくっついていました。もう、明日は、両足、はかない方がいいかも、という結論になりました。とても個性的ですが、好きです。

水中は、パラダイスで、出会えた生物はたっくさん!透明度は、20mほどで、コブシメ、キンギョハナダイの群れ、アカネハナゴイの群れ、ハナゴイ幼魚の群れ、シチセンヤッコ、クマノミ、ハナビラクマノミ、そして!最大の目標としていたアオウミガメ!他にも、ツユベラ幼魚や、キカモヨウウミウシ、オオイカリナマコ、ユメウメイロの群れ、ヨコシマクロダイ若魚の群れ、フタスジタマガシラ、などに会って来ました。楽しかったですね。

2本目は、もうすでに雨も降り、風向きも変わり、予報通りで、時化始めています。なので、安全に帰る事が出来るエリアまで戻ろうと思っていました。やって来たのは、フサキ沖です。まだ、時化る前に移動していたので、問題なく来れました。結果、どんどん風とうねりが大きくなり、2本目上がるころには、辺りは大しけになっていました。逃げておいて良かったです。

水中は、ここはもともといつも濁っているので、透明度8mくらい。水温も1~2度低いのが特徴です。大崎が23~24度、こちらは、22度~23度くらいでした。1度低くなります。せっかく買ったばかりのカメラがあるので、ここでは、じっくり撮影を楽しむのと、目線はマクロで潜っていきました。なかなか可愛い子たちが出て来てくれて、ミドリリュウグウウミウシや、ツノキイボウミウシ、セイテンイロウミウシ、チゴベニハゼ、カノコイセエビの子供、オレンジに赤のしましまもようの可愛いヤドカリ、チャイロヒメサンゴガニ、レモンスズメダイなどに会って来ました。うねりとの闘い的な感じもありましたが、危険は禁物ですので、無理はしませんが、かといって、面白くないポイントではないので、私は好きです。港へは、追い波を斜めに受けながら、慎重に帰って来ました。

さて、その後は、みんなで、荷物を下ろして、R's storyさんへ。大阪のパーティで、大の常連様のNさんが協賛品をゲットされたときは、運命を感じました。大好きだから、引き寄せるんですね!そんな報告も、店主とお話ししていました。新作も出ていて、目ざとく購入~☆みんさー柄のネックレス!相方は、今度来た時に

| | コメント (0)

2020.4.7

Dsc01455_20200407201901 Dsc01456 今日は、大阪から、いつものNさんと、お友達で、先日うちの20周年記念パーティin大阪で初めましてだったNさんが、お二人で、ダイビングにいらして下さいました。コロナで、安倍首相が何やら、「非常事態宣言」を出す日の早朝になりますが、お二人は、来島を決断。その前の初島ツアーは、ご家族の体調が理由で参加を見送り、ようやく島に来れて、とても嬉しそうなお二人です。朝は、インタビューを受けたそうで、「何しに行く?」と聞かれたのだとか。顔出しはもちろんなしですけどね。

20200407_200407_0058 お二人が到着するころ、ちょうど雨雲があったようで、着陸が遅れました。そうこうしているうちに、私も経営者として、資金繰りにあちこち走り回りました。何かを聞いてはあっちへ、何かを聞いてはこっちへ。打開策をとにかく見つけよう、このご時世だけど、計画していたとおり、新造船を作ろう、その情熱は冷めていませんよ。とにかく、動き回ってみようと思います。お金持ちで余っている方は、どうぞ、お金下さい。船作りますから。笑

20200407_200407_0061 20200407_200407_0059 さて、そんなこんなですが、バスを1便遅くしたので、港でお昼ご飯を食べてから出港しようということになりました。今日のランチは、WAKE特製軟骨ソーキゆし豆腐そばです。しっかり温めて、いただきました。美味しかったですね。お腹を休ませながら、まだ穏やかな海上を進みます。風は、東北東の風3mで、今は穏やか。ど干潮時です。大崎へ、水面捕食行動のマンタにも会えたらいいなと淡い期待を抱きつつ、向かいました。ですが、Nさんが、大物運があるけど、まだカメには会っていない、という情報も得、第一の目的はそれだ!と心に決めて走っていました。

20200407_200407_0027 Dsc01458_20200407201901 Dsc01459 Dsc01469 Dsc01464 Dsc01468 Dsc01478 Dsc01472 Dsc01470 Dsc01461 やってきたのは、ハナゴイリーフ。すると、アンカリングする前に見つかったのは、水面を捕食行動しているスギの群れ!それでも、お見せしたかったので、お二人も、スタッフの夢ちゃんとスノーケリング。片手にはもちろん、コンデジを抱えていきます。お目当てのマンタではありませんでしたが、楽しかったですね。船に戻って、改めて、ダイビングの準備。「いや~、やっぱり、ダイビングの方が楽やわ。」というのが感想。そうですよね。けど、これがマンタだったら、もっともっと大興奮でしたね!

Dsc01485 Dsc01477 Dsc01480_20200407201901 Dsc01486 Dsc01475 さて、水中へは、ちょっと会話の行き違いで、「前回潜った時のウェイト」と夢ちゃんが聞いたのですが、それは、スチールタンクのご様子。実際、ものすごくウェイトが足りなくて、水底で足したり。上がってきて、少ないことが分かり、2本目にはちゃんとすることにしました。それにしても、面白いエピソードをお持ちなのが、個性派Nさん。ここへ来る4日くらい前に、20キロを毎日4日間走ったのだとか!走れちゃうのが凄いのですが、左足の足首が晴れていて、少し青くなっています。完全にオーバーワークですね。それでも、痛みに疎くなっていると、ダイビングにいらしたようですが、フィンを履くことはしないで潜ろうとなり、左足はフィンなしで泳ぎました。それが、バランスが悪いようで、くるくる回ってしまったり。なので、ほとんど夢ちゃんがバランスとるためにくっついていました。もう、明日は、両足、はかない方がいいかも、という結論になりました。とても個性的ですが、好きです。

水中は、パラダイスで、出会えた生物はたっくさん!透明度は、20mほどで、コブシメ、キンギョハナダイの群れ、アカネハナゴイの群れ、ハナゴイ幼魚の群れ、シチセンヤッコ、クマノミ、ハナビラクマノミ、そして!最大の目標としていたアオウミガメ!他にも、ツユベラ幼魚や、キカモヨウウミウシ、オオイカリナマコ、ユメウメイロの群れ、ヨコシマクロダイ若魚の群れ、フタスジタマガシラ、などに会って来ました。楽しかったですね。

20200407_200407_0032 20200407_200407_0035 20200407_200407_0049 20200407_200407_0053 2本目は、もうすでに雨も降り、風向きも変わり、予報通りで、時化始めています。なので、安全に帰る事が出来るエリアまで戻ろうと思っていました。やって来たのは、フサキ沖です。まだ、時化る前に移動していたので、問題なく来れました。結果、どんどん風とうねりが大きくなり、2本目上がるころには、辺りは大しけになっていました。逃げておいて良かったです。

Dsc01487 Dsc01488 水中は、ここはもともといつも濁っているので、透明度8mくらい。水温も1~2度低いのが特徴です。大崎が23~24度、こちらは、22度~23度くらいでした。1度低くなります。せっかく買ったばかりのカメラがあるので、ここでは、じっくり撮影を楽しむのと、目線はマクロで潜っていきました。なかなか可愛い子たちが出て来てくれて、ミドリリュウグウウミウシや、ツノキイボウミウシ、セイテンイロウミウシ、チゴベニハゼ、カノコイセエビの子供、オレンジに赤のしましまもようの可愛いヤドカリ、チャイロヒメサンゴガニ、レモンスズメダイなどに会って来ました。うねりとの闘い的な感じもありましたが、危険は禁物ですので、無理はしませんが、かといって、面白くないポイントではないので、私は好きです。港へは、追い波を斜めに受けながら、慎重に帰って来ました。

20200407_200407_0062 20200407_200407_0063 さて、その後は、みんなで、荷物を下ろして、R's storyさんへ。大阪のパーティで、大の常連様のNさんが協賛品をゲットされたときは、運命を感じました。大好きだから、引き寄せるんですね!そんな報告も、店主とお話ししていました。新作も出ていて、目ざとく購入~☆みんさー柄のネックレス!相方は、今度来た時に!って、楽しみですね。足の痛いNさんも、アンクレットを購入。可愛いでしょ、このお店。

経営者通しの話もあり、頭痛いのは、一緒ですが、お互い頑張ろう!お二人が帰る前にもう一回いこっかなぁ。なんちゃって。その後は、宿へお送りしました。明日も、元気に潜りましょう。ということで、しっかり、睡眠取ってきてくださいね!今日は、お疲れ様でした!ありがとうございました!!

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

2020.3.28~29初島ツアー春

20200328_200330_0111 20200328_200330_0109 20200328_200330_0108 20200328_200330_0110 20200328_200330_0089_20200404221701 20200328_200330_0104 20200328_200330_0103 20200328_200330_0086 20200328_200330_0087 3月末、毎年、この時期は、マリンダイビングフェア参加のために帰省しています。が、今年は、新型コロナウィルスの影響で、フェアが7月に延期になり、ぽっかりと予定に穴が開いてしまいましたが、初めての試みで、初島ツアー春を予定していました。27日にピーチで成田へ渡り、成田エキスプレスと東海道新幹線を乗り継ぎ、あっという間に熱海。一緒に来ていた子供たちは、そのまま静岡へ。無事に下車したようです。まずは全泊組で集合して、Sさんお勧めののんきという寿司屋へ。すごく美味しい海鮮をいただきました。生しらすや、きんめの煮つけ、お造りなど、すべてが美味しかった!Sさん、ご紹介、ありがとうございました。

20200328_200330_0137 20200328_200330_0133_20200403174501 20200328_200330_0136_20200403174501      20200328_200330_0134 20200328_200330_0135   20200328_200330_0130 20200328_200330_0131 今回は、スーパーリピーター様のSさんのマンションが熱海にあり、貸していただくことになったので、大阪から親友のMさんがSさんのお部屋に泊まり、大部屋に石垣島から来た私とKさんが泊まり、小さい部屋にははじめましてのOさんが泊まりました。大部屋は凄く広くて、快適。そしたら、初島ダイビングセンターから、あまりお天気が良くないとの連絡。今回のツアーは、イルカに会いたい、というのがテーマでしたが、初島に渡れるかも、潜れるかも、分からなくなってきているところ、色々と相談に乗っていただき、結果、予定していた初島には泊まらないけど、土曜日は初島で潜り、熱海に戻って、次の日は熱海の沈潜で潜る、という選択をしました。

20200328_200330_0129_20200403174501 20200328_200330_0128_20200403174501  Dsc01322_20200403174501 Dsc01332_20200403174501 Dsc01336 Dsc01335 Dsc01334_20200403174501 それが、ドンピシャで良い段取りとなり、予想していた通り、日曜日は初島へのフェリーが全便欠航。なかなかそこまで時化ることがないので、渡れないのは残念ですが、その日は熱海で潜りました。熱海では、やはり有名な沈潜で潜りたい、という皆さんの意見もあり、土曜の夜も延泊させてもらい、ディープに熱海を楽しむ事が出来ました。こんなに熱海でいろんなことをしたのは初めて。というのも、坂が多いので、なかなか徒歩でも難しいし、いちいちタクシーもどうかと思っていたら、マイカーで来てくれていたMさんの大きな車が大活躍で、荷物もたくさん乗せていただきました。

Dsc01323_20200403174501Dsc01333 Dsc01341_20200403174501 Dsc01342 Dsc01337_20200403174501  Dsc01347 Dsc01366 Dsc01344 Dsc01338 島へは、8時40分のフェリーで渡り、2本潜りました。お目当てのイルカに会えるニシマトにはうねりが入っていて潜れませんでしたが、ダイビングセンター目の前のフタツネで潜りました。ダイビングチームはたくさん来ていて、テーブルはいっぱいになっていました。しかも、土曜日は、汗だくになるほどの厚さで、半袖でいてもいいくらいなのに、水中は水温16度だから、どうしても着こまなくてはならないので、下に来ていたTシャツはびっしょりになるほどで、1本潜ったら着替えたほどでした。汗で濡れていると水中で冷えるんですよね。皆さんそれぞれ、着替えたり、ドライアーで乾かしたりの対策をしました。

20200328_200330_0042 20200328_200330_0005 20200328_200330_0002 20200328_200330_0009 20200328_200330_0010 20200328_200330_0025 20200328_200330_0027 水中は、透明度は15mほどあり、綺麗です。まず出会えたのは、ミヤコウミウシ。私は初めて会ったような気がします。他にも、ゴンズイ玉や、ミギマキ、ネンブツダイの群れ、大きなスミゾメミノウミウシ、キタマクラ、などに会って来ました。キンギョハナダイもたくさん群れています。1本目は、ドライスーツの扱いから始まり、エントリーまで時間がかかりましたが、楽しく潜れました。

20200328_200330_0080 20200328_200330_0083 20200328_200330_0081 20200328_200330_0084 20200328_200330_0082 20200328_200330_0127_20200403174501 学生時代ぶりだというTさんも、「やっぱりダイビング楽しい~!」って言ってくれて、すごく嬉しかったです。お昼ご飯は挟まないで、片付けもしてからゆっくりととることにしたので、間の休憩は、大阪からいらして下さったOさんのお土産のみたらし団子!これが面白くて、中にみたらしが入っていて、食べやすいし、凄く美味しかった!逆転の発想凄いですね。他にもおやつがいっぱい出てきて、大阪プチバナナケーキや、ビスコ、ゴマスティックなどなど、疲れが癒されました。暖かいお茶も、ダイビングセンターが用意してくださっています。

そして、2本目、コースを変えて潜ります。フタツネはとても広いので、広範囲に潜るのも楽しいし、いろんな生物が潜んでいて宝探しのようです。タツノイトコや、アメフラシ、ケボリガイの仲間、ハナミドリガイや、その他ウミウシの仲間に出会えました。一眼レフをマクロで持ってきているKさんには、沢山綺麗な写真を撮ってもらいました。先生、大活躍です。さすが、700本以上のベテランだなぁ。頼りになります。

2本楽しんだら、器材はすぐに洗います。干す時間もほんの僅かなので、水が切れたら、移動のため、パッキングです。レンタル器材が多いので、みんなで、運ぶのも手伝っていただきました。ありがとうございます。ダイビングセンターからアンクルウェイトを貸していただけるのは凄く有難いです。ウェイトも、しかり、ですけどね。

20200328_200330_0068 20200328_200330_0064 20200328_200330_0066 20200328_200330_0073 20200328_200330_0076  20200328_200330_0071 20200328_200330_0069 20200328_200330_0072 そして、初島といえば、お食事が楽しみの一つ。今日も、いつもの山本さんにお願いして、イカアジ定食に、特別にイセエビを追加で用意していただきました。定食には、初島で採れる天草で作るところてんも、明日葉のかき揚げもついていて、手作りのいぶりがっこ、白米、エビの頭を入れたみそ汁などもあり、大満足。瓶ビールもみなさんたくさん注文。美味しかったですね。ほんとに、「この時間を長く取りたい。。。」そう思う空間でした。

20200328_200330_0045 20200328_200330_0049 20200328_200330_0051 20200328_200330_0047 20200328_200330_0053 20200328_200330_0050 20200328_200330_0043 20200328_200330_0060 20200328_200330_0055 20200328_200330_0056 20200328_200330_0052 20200328_200330_0048 20200328_200330_0062 20200328_200330_0063 20200328_200330_0061 16:40の便で熱海へ戻り、沢山の荷物は、初島ダイビングセンターの山岸さんの計らいで、熱海港のカウンターに置かせていただき、宿泊の荷物だけになった私たちは、Sさんのマンションへ。連泊は、大部屋一つにしてもらい、お昼御飯も遅くに始まったので、夕飯は外に出ず、部屋の中でゆっくりすることにしました。なので、買い出しが必要。山本さんから教えていただいた中島水産へ行き、刺身やお菓子などを買い、まだ足りないので、マックスバリューへ行き、飲み物やスウィーツも買い、どんどん食材が増え、そんなのも楽しい時間。20200328_200330_0059 20200328_200330_0058 20200328_200330_0057

20200328_200330_0107 20200328_200330_0106 20200328_200330_0092 20200328_200330_0113 20200328_200330_0118 20200328_200330_0117 20200328_200330_0120 20200328_200330_0121 20200328_200330_0124 マンションでは、源泉からひいた温泉に入れるので、シャンプー、リンス、ボディソープ、タオル持参で大浴場へ。窓からは、眼下にデニーズの看板が目立ちました。そういえば、土曜日の朝は、早くから朝食を食べに前泊組でデニーズへ行ったのが懐かしい。700円前後で美味しい朝食が食べられて、コーヒーや緑茶でほっとできて、幸せでした。優雅な朝食です。

20200328_200330_0001 20200328_200330_0044 温泉後は、宴会が始まりました。ダイビングは、いろんな年代の人が、同じ趣味で楽しめるところが良いですね。忖度なく、アドバイスしあいあって、楽しめる中って、なかなかないので、皆さんの発散度がかなり高い!今回も最高のメンバーで、助け合い、思いやり合いました。宴会も、早く寝たい方は早く寝て、それでも23時にはお開きとなり、皆さん8時間はぐっすり眠れました。いびきかくうるさい人もいなかったようですしね。朝ご飯は、残らなければ、デニーズへと思っていましたが、残り物を消化するため、そこもみんなで協力。おはぎも美味しかったぁ。

Dsc01357_20200404220301 Dsc01358_20200404220301 Dsc01359_20200404220301 Dsc01363_20200404220301 Dsc01361_20200404220301 Dsc01370_20200404220301 Dsc01377_20200404220301 Dsc01389_20200404220301 チェックアウトして、管理人さんにも挨拶でき、タクシー1台とMさんの車にたくさんの荷物を入れてもらい、熱海ダイビングサービスへ。皆さんを下ろしたら、熱海港へ置いてきた器材を取りに行きます。土砂降りなのが計算外で、なかなか思うように作業が進みませんが、若くてはつらつとしているTさんのおかげで、スムーズに。9時に集合して、10時には船に行けるように。セッティングして、ウェイト借りますが、タンクがスチールになっているので、ウェイトを2キロづつ減らしていきます。船は漁船タイプで、タンクを背負ったら、船の上でも背負ったまま。またがるタイプのベンチでポイントまで。5分くらいですが、北北東の風が吹いていて時化ていました。そして、風が冷たい。Mさんのドライホースがなかなかはまらなくて苦労しましたが、なんとか、はめる事が出来ました。Kさんが初島でははめてくれていたので、「kさーん!」と呼びたいところでした。かみ合わせの相性だと思います。はまらないことはないけど、っていうところでしょうね。これでハマって安心したので、エントリーです。

Dsc01364_20200404220301 Dsc01366_20200404220301 Dsc01372_20200404220301 Dsc01374_20200404220301 Dsc01400_20200404220301 Dsc01395_20200404220301 Dsc01380_20200404220301 Dsc01378_20200404220301 Dsc01384_20200404220301 Dsc01382_20200404220301 船尾にブイを取って、ブイのロープは沈潜までつながっています。必ずロープからは手を離さない、ということで、入りましたが、反対方向に流れているので、すぐにフィンキックしないと流されます。案の定、私の後に入ったKさんが、のんびりしていたので、キック!キック!の合図と、手をつないで、引っ張って、ようやくロープをつかむ事が出来ました。その後は、足を下にする!というのがポイントで、皆さんしっかりつかまっていたので、潜ってしまえば何にも問題ありませんでした。ウェイトを多くしたKさんが、「重くて動けない」と、メッセージが。その場合は、ドライにもっと空気を入れて、中性浮力を保ちましょう。もしくは、BCにも少し入れると良いですが、上がるときにBCの排気を忘れていた方が何名かいたので、やはり、それも注意ですね。上がるときも、そう言う事にも気づけるように、ゆっくりと、止まりながら。。。

Dsc01386_20200404220301 Dsc01386_20200404220302 Dsc01387_20200404220301 Dsc01388_20200404220301 Dsc01421_20200404220401 Dsc01413_20200404220401 Dsc01394_20200404220301 Dsc01398_20200404220301 Dsc01403_20200404220301 Dsc01393_20200404220301 Dsc01391_20200404220301 Dsc01396_20200404220301 Dsc01390_20200404220301 Dsc01404_20200404220301 沈潜は、凄い魚影!サクラダイのカップルが綺麗で、ネンブツダイの群れが凄い数で、中には、沈潜の中にも入った方もいて、景色や空間を楽しみました。ウミトサカなどのコーラルもすごく綺麗で、色とりどりです。皆さんの感動が伝わって来ました。集合写真もたくさん撮りました。昔、積み荷の重さで真っ二つに折れて沈んだ船だそうで、ロープなども太いし、何もかもが壮大です。あまり深いところに長い時間いると、窒素が溜まるのと、エアーも早くなくなるので、船の底にいた方を途中で甲板へ上げるなどしながら、少しだけ早めにエキジットの準備です。ですが、ゆっくりゆっくり水深を浅くしていくので、結局はいつもと同じ潜水時間になりました。

Dsc01409_20200404220401 Dsc01407_20200404220401 Dsc01415_20200404220401 Dsc01406_20200404220401 Dsc01416_20200404220401 Dsc01419_20200404220401 さてここからが、大変。水面は、梯子に向かって流れているので、そこは問題ないのですが、梯子から上がるのに、慣れないドライで皆さん苦戦。フィンが脱げなかったり、梯子から落ちてしまったり、うねりもあるので、てんやわんや。それを待っている方も波酔いしてしまったり。。。船に対して張り出したように梯子がかけられるので、なかなか難しいのですが、やはりダイビングは、自分のことは自分でできるようになる、というのが基本ですね。また一つ、成長できる体験になりました。それでも、皆さん、上がってきて、港へ戻ります。タンクを外すときには、もう~「ギブ!」と。全員一致で、今日は1本で、ということになりました。お天気も土砂降りだし、気温も低く、うねりもあるので、そんなコンディションでも有名な沈潜ポイントへ1本でも潜れただけで、十分だったかもしれません。

すぐに、真水で器材を洗い、着替えて、またもや器材をパッキングです。佐川急便しかないと言われたのですが、ゆうパックの方が到着が断線早いのと、下手すると金額も5個もあると、10000円くらい違って来てしまうので、伝票を歩いて取りに行ってくれたKさんが大活躍。ありがとうございます。今度から、何があるかわからないから、ツアー時はゆうパックの伝票を持ち歩くようにします。重さが25キロまでなので、慎重に計算。。。平均的に重さを分散できるように。。。そしたら、結果は、もう次の日に石垣島に到着!早いっ!電話もなかったので、濡れているから送れません、とか、重さがオーバーでした、とかもなく、問題なくついたようでした。ありがたいです。石垣島で待機している夢ちゃんが器材を干したり、BCの中を洗ってくれたり、連携プレーです。夢ちゃんも石垣島で頑張ってくれています。

Dsc01428_20200404220401 Dsc01429_20200404220401 Dsc01427_20200404220401 20200328_200330_0112_20200404221801 20200404_200404_0013 20200404_200404_0011 20200404_200404_0010 20200404_200404_0009 パッキングが終わったら、熱海ダイビングサービスのお隣でお昼御飯です。魚や貝を焼く香りがなんとも言えません。KさんとKさんは、先に東京へ向かいます。石垣島から来ているKさんですが、お友達と待ち合わせているのだそうです。付き添いのKさん、よろしくお願いします。残ってお昼御飯組も楽しい時間。駅までも、お車のあるMさんが送迎してくれました。本当に助かりました。ありがとうございました。駅では、お勧めの丸天のじゃがいも天と、チーズ棒天を買って、スーパードライを買ったら、Mさんも買っていてくれて、新幹線で乾杯しました。私は先に静岡で降ります。その先が長い大阪組のお二人も気を付けて!そして、遠くからのご参加、本当にありがとうございました。

20200404_200404_0007 20200404_200404_0001 20200404_200404_0003 20200404_200404_0004 また、秋の初島ツアーも開催できますように。ビーチエントリー、ドライスーツ、水温の低さ、という過酷な部分もあるダイビングでしたが、それでも難なく楽しめるダイビングが出来るようになるスキルアップの一環として、継続していきたいと思います。皆さんもまたのご参加、お待ちしています!次こそ、イルカ!!!!

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

2020.3.23

20200323_200323_0007 20200323_200323_0005 20200323_200323_0006 Dsc01170_20200324080001 Dsc01172 23日朝は、ショップで準備して、スタッフの夢ちゃんと一緒に車に乗り、港へ向かっていた時の会話に衝撃。「昨晩のモアナ、良かったよねー、やっぱ、良いよねー」と話していると、「もう、ずっと感動して泣いちゃいましたよー」と、ここまでは、普通。「おばあちゃんが死んじゃうしーんとか。」ふむふむ。「でも、ずっとマンタだと思っていたけど、エイだったんですね~」ん??で、あれ、変だぞ、と思ったけど、もう少し話してみようと思っていたら、どうも、マンタとエイは違うと思っているようで。えっと、、、「マンタもエイだけどね。」「え?そうなんですか?どうゆう感じで、エイなんですか?」「例えば、ハゼと、フグ、みたいな。エイ、と、サメ、みたいな」「もともと、マンタって名前の魚は居なくて、英語で言うと、マンタレイ、日本語で言うと、オニイトマキエイ、とか、ナンヨウマンタ。」みたいな会話が続き、港に到着。娘ほどの若いスタッフの夢ちゃんが、マンタを映と思っていなかった衝撃的な朝でした。
会話って、大事ですね。育て甲斐があるわぁ、楽しみだわ。

 

Dsc01173_20200324080001 Dsc01177_20200324080001 Dsc01176_20200324080001 Dsc01174 Dsc01182_20200324080001 Dsc01188 Dsc01189 そんなこんなで、お客様は、3日目のFさん父娘さんと、いつものHさん。Hさんは、ご家族と遊びに来ていて、今日は、ご自身だけのダイビングデイ。朝から、衝撃を受けた私は、お迎えの社内でも、その話題で、持ちきり。良いキャラのスタッフが入った、と、ほんと、私もゲストの皆さんも感じています。笑 映画の中で、マウイが「ずっと見てられそ。」と、モアナの行動を言うのですが、そのシーンが、まさに夢ちゃんに向けられているように感じます。そんな感じの夢ちゃんです。

 

P1010422 P1010415 P1010432 P1010427 Dsc01193 P1010463 P1010456 P1010436 P1010436 お天気は、北東の風5~6m。まずは、竹富南エリアへ向かいます。アンカリングも勉強中で、日々、ロープの扱いなどを教えていますが、筋が良いですよー。ヨスジの根にアンカリングして、うちの思いメインのアンカーもかけなおして、頑張ってくれています。力じゃなくて、てこの原理を利用して、コツをつかんだら、息も上がらずに出来るようになるから、頑張って!「流れある?」の質問に、きっぱり、「ないです!!!」

 

ですが、エントリーすると、やはり、大潮の初日と、干潮に向かっている時間帯なので、流れていました。フィンが小さめのFさん父娘さんは、ちょっと向かいの流れの時に進むのが、大変~だったけど、のんびりじわじわ泳ぐので、それほどは問題なし。水深も深くても12mくらいで、潜りやすいポイントです。ポイント名の通り、ヨスジフエダイがたくさん群れていて、流れのおかげでオオイソバナが大きくたくさん成長しています。とても綺麗です。デバスズメダイが群れている場所も、いなくなることなく、いつも栄えています。ソラスズメダイや、シテンヤッコ、カンムリベラの幼魚、セジロクマノミなどにも会い、見上げると、潮の当たるところには、アマミスズメダイとロクセンスズメダイと、イッセンタカサゴと、ウメイロモドキが群れています。水族館の中にいるような景色で、綺麗ですね。楽しかったですねー。

 

Dsc01196 P1010466 P1010477 P1010477 P1010469 P1010491 P1010506 P1010502 P1010484 P1010494 2本目は、どこに行こうか悩みましたが、予報の風の強さが本当なのかと思うくらい、水面は穏やかです。なので、黒島の南西に行って、島影で遊ぼうと思いました。少し時間がかかりますが、移動していきます。黒島へ行きやすくなったのも、スタッフがアンカリングしてくれるからこそ。本当にありがたい存在です。曇っていたので、本来の感動するような黒島ブルーではありませんでしたが、北側の港前のブルーは、やはり色が綺麗でした。どの島の色もそれぞれ少しづつ違うのが特徴です。黒島のは、透けるような水色。そこを通って、少しだけ追い波を頑張れば、ポイントへ到着です。仲本ケーブへやって来ました。

 

他にも大きな船が2隻とまっていたので、間隔を取って停泊したら、少しケーブが遠かったので、2本目は、まったりダイブに切り替え。そんなに移動しないけど、沢山の海洋生物に会う方を選びました。出会えたのは、オオアカホシサンゴガニ、メガネゴンベ、ノコギリダイの群れ、ハナグロチョウチョウウオ、白いウミウシ、コールマンウミウシ、アカイバラウミウシ、キスジカンテンウミウシ、などに会って来ました。楽しかったですね。父娘さんお二人は、2本までで、3本目は、スノーケリングすることになりました。

 

20200323_200323_0004 20200323_200323_0003 20200323_200323_0002 お昼ご飯は、冷やし中華。野菜がたっぷり接種できます。実は、一番手のかかるメニュー。朝の準備は結構大変メニューです。手が込んでいます。けど、体には優しいお味となっています。美味しくいただきました。風が北寄りなので、ひんやりするから、みんなで、テーブル囲んで、風をよけて食べました。全然体感温度が違いますよね。

 

Dsc01200 Dsc01217_20200324080001 Dsc01210 Dsc01223_20200324080001 P1010556 P1010518 P1010520 P1010546 P1010546 P1010523 P1010521 P1010536 P1010540 3本目は、Hさんとマンツーマンで潜ります。2本目のアンカーが外れにくかったこともあり、そのまま移動しないで、少し遠いけど、ケーブへ向かうコースを遊ぶことにしました。ミニドロップオフが壮大なイメージの黒島のポイントです。出会えたのは、ヘラヤガラ、フウライチョウチョウウオ、シマキンチャクフグ、キツネアマダイの若魚、ニセフウライチョウチョウウオは、ダイバー気にせず真正面に来て、物おじせず通り過ぎていきました。他にも、アオギハゼ、ホシゴンベ幼魚など。ケーブに来ると、ミナミリュウキュウハタンポが群れ、見上げると大きなアカククリ。奥の方へいくと、少し小ぶりなネムリブカが寝そべっていて、しばらく動かず。そのうち、ケーブの名kをぐるっと回って、また、定位置へ戻っていきました。慣れていますね。びっくりした様子がありませんでした。帰りながら、浅瀬を行くと、また、コールマンウミウシが見つかり、ピンクのヒラムシにも会えました。ミニドロップオフだからこそいる白と黄色と茶色のカスミチョウチョウウオにも会えました。ミツボシクロスズメダイ幼魚がたくさんいるイソギンチャクには、しゃちほこ姿勢のイソギンチャクモエビが可愛かったですね。動画で、その可愛さを撮影してみました。

 

帰りは、少し距離があるので、時間がかかります。黒島の港前までは、時化ていましたが、その先は全然波がありませんでした。日々成長するアンカーウーマン夢ちゃんに感謝。帰ったら、皆さんご希望のR’s storyさんへ。新作が出ていて、とっても素敵。良いなと思っていたものもやはりすぐ売れていました。あとで、って思っていると、なくなっちゃいますね。けどなぁ、心の入学金と、涼太の学費と生活費、ごっそり持っていかれるからなぁ、学生抱えている世のお父さんお母さんは偉い、もう少し大変世代を頑張ります。ので、がまん、がまん。

 

20200323_200323_0010 20200323_200323_0012 20200323_200323_0011 20200323_200323_0013 夜は、やふぁやふぁさんを予約したHさんご家族。なんと、預かる予定のかばんに履いてきた靴を入れたままだったと連絡があり、お届けに伺いました~。ちょうど、娘の心が、洋服を買いに行きたいとリクエストがあったので、連れて行きました。久しぶりに会わせられてよかった。皆さんとも店内で写真撮らせていただきました。大将が、「何ですか、それ?」って。360度カメラです。面白いです。囲んで撮影でした~。

 

今回は1日で、あっという間でしたが、今度は、夏。そして、秋には延期になったダイビングフェスタ石垣島に合わせて、宮倉チームで来ようか、とHさんと話しました。良い時期の開催ですし、ぜひいらして下さーい。そして、3日間潜ってくださったFさんは、ゴールデンウィークもいらして下さるので、また、お待ちしていますね。皆さん、今日もありがとうございました~☆

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

2020.3.22

Dsc01118 20200322_200322_0001 20200322_200322_0006 20200322_200322_0004 Dsc01121 今日は、12月の初島ツアー時に、出会えた素敵な女性、Mさんが旦那様を連れて、潜りに来てくださいました~。その時の初島ツアーは、お客様一人、もし、ノーゲストだとしても、絶対に去年中に初島を訪れたかったので、船が欠航にならない限り、行こうと思っていました。そこへ、ご一緒してくださった方がいて、初島ツアーが成立し、長年お世話になってきた食堂の山本さんの旦那さんがお亡くなりになられたので、ご仏前に手を併せに行く事が出来ました。そこで、夕飯を食べに山本さんへ行こうとしたら、隣で、シャッターに何やら映像を映し出して、作業している人影が。。。その方が、今日のゲスト、Mさんでした。一人で、暗くなる中、作業していて、すぐに意気投合して、一緒に初島クラブに泊まったり、濃い一日。話していると、3月に家族で石垣島へ来るというので、今回、潜りに来てくれることになったという訳です。Mさんは作家さんで、絵をかいたり物を作ったりする方で、お土産に手書きのエコバックや、とっても素敵な御菓子をいただきました。すごく嬉しいです。

 

20200322_200322_0013 20200322_200322_0014 お迎えは宮良の海側のペンションで、初めて訪れました。すごく素敵で、迎えにはネコカフェなどがあり、いろいろ新しい建物が増えて、びっくりしました。物珍し気にきょろきょろしながらペンションを見つけました。ご家族大勢で来ていて、他の皆さんは半日のスノーケリングツアーへ向かったそうです。お二人は、がっつりゆっくり、ボートダイビングです。昨日から引き続きのFさん父娘さんもご一緒して、今日はゆっくりと2本、楽しんで来ました。

 

Dsc01123_20200322234001 Dsc01120 Dsc01126 Dsc01127 Dsc01130 Dsc01131 P1010358 P1010377 P1010381 風は、南南西で、石垣島の初夏の季節風の風向きで、生暖かい風となっています。気温は26度、花粉は無し、半袖でオッケー、コロナもなし。水温は23,6度、透明度は25mくらい、とてもいいコンデションです。向かったのは、竹富神社前。なんと、昨日は、竹富島を訪れたというMさんご家族。特にご夫婦のお二人は、沿岸沿いを一生懸命歩いたのだそうです。なかなか沿岸を歩く方はいないので、お話に興味津々でした。チャレンジ精神が凄いし、視点が素敵すぎます。そして、元気!勢いのあるお二人、ダイビングもお手の物でした。旦那様は、初の体験ダイビングでしたが、とても落ち着いていて、上手。耳抜きは、少し苦戦したようでしたが、船の上でも練習、コツをつかんで、2本目にはもうばっちりでした。むしろ、耳抜きしすぎなくらい笑。

 

P1010366 P1010360 P1010386 ファンダイビングの皆さんと一緒に潜っていって、写真も一緒に撮って、後半は、別れていきました。ファンダイビング組は、水深14mまで行き、ハタタテハゼや、オラウータンクラブや、ニセアカホシカクレエビや、スミツキトノサマダイや、オウゴンニジギンポ、ハナビラクマノミ、セジロクマノミ、ルリホシスズメダイ、ミスジチョウチョウウオ、セグロチョウチョウウオ、イシガキカエルウオ、などなどに会ってきました。

 

P1010407 P1010395 P1010394 Dsc01159 Photo_20200322234001 上がると、太陽も出てきました。ゆっくり休憩して、2本目は、竹富港前へやって来ました。2本目の体験ダイビングをサクッと潜れた旦那さま。センスいいです。ハマクマノミや、モンツキスズメダイ、カザリイソギンチャクエビ、トガリエビス、ホオセキキントキ、リュウキュウキッカサンゴ(キャベツサンゴ)、ユビエダハマサンゴ、ウミヅキチョウチョウウオ、クサビライシ、オジサン、ベラの仲間、などに会ってきました。ゆっくりじっくり楽しめました。

 

20200322_200322_0011_20200322234201 20200322_200322_0010_20200322234201 20200322_200322_0012_20200322234201 20200322_200322_0002 昼ご飯は、今日は、当店一番人気のハヤシライスです。ガーリックライスに良く合うハヤシのルーが特徴です。ブロッコリーは、色が変わるといけないので、後入れです。なので、青々しい。美味しくいただき、カフェタイムもして、港へ戻っていきます。優秀なスタッフのゆめちゃんが言わなくとも救命胴着を配ってくれます。

 

帰りに、R's storyへ寄ったら、お休みでした。なので、場所はお伝えして、明日の搭乗までに行けたら行くということになりました。Fさん父娘さんはそのままホテルへお送りし、Mさんご夫婦は、ショップへ。色々お話したり、カタログお渡ししたり、海外ツアーのアルバムを見ていただいたり、楽しい時間でした。これも、ショップをピッカピカに磨いてくれた夢ちゃんのおかげでゲストをお呼びできますね。有難いです。

 

水中写真もたくさんプレゼント。なので、いい思い出になると思います。石垣島は本当にいいところなので、また、気軽に潜りにいらして下さいね。旦那様がダイバーデビューする日を楽しみにしています!そして、明日どうしようかなぁと言っていたFさん父娘さんも、明日も潜る事になりました。波照間へ行っていたいつものHさんも合流です。楽しみですね。今日よりも明日はもっと風が落ちるようです。楽しみたいと思います。

 

そして、ショップに帰って、アンカリングなどのレクチャー。夢ちゃん、頑張っています。頼もしいですね。明日も皆さん、よろしくお願いします。そして、今日も一日、ありがとうございました!!!

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

2020.3.21

Dsc01055 Dsc01057 Dsc01059 Dsc01061 P1010254 今日は、いいお天気な石垣島です。気温は26度、水温23〜24度、透明度は25〜30mもあって、すごく気持ちがいいです。おとといは雨で、昨日は曇りでしたが、やはり、止まない雨はない!コロナで暗い雰囲気の世の中ですが、元気出していきましょう〜!P1010257 20200321_200321_0079

 

Dsc01065_20200321183901 Dsc01063 Dsc01069 P1010249 P1010270  P1010264_20200321184001 昨日から石垣島入りしているFさん父娘さん、去年も同じ時期に潜りにいらしてくださっています。お天気良くなって良かったですね〜。風は南南東〜南風穏やかです。なので、コブシメやマンタに会えたらな、と大崎へ向かってみました。ダイビングボートが沢山来ています。1本目は、ハナゴイリーフ。大人気です。コブシメは、いましたが、産卵行動はしていませんでした。去年は、凄い数をじっくり見れたので、少し物足りなかったですね。でも他にも、ムラサキのハナゴイの群れ、アカネハナゴイの群れ、キンギョハナダイの群れ、ミゾレウミウシ、ハマクマノミ、ヨコシマクロダイの若魚の群れ、アオヤガラ、シコクスズメダイの群れ、アマミスズメダイの群れ、サンゴアイゴ、アサドスズメダイ、コブハマサンゴ、ウミヘビのⅠ種、ニセフウライチョウチョウウオ、スギの群れ、、ユメウメイロの群れ、などに会ってきました。透明度も良くて、楽しかったですねー。

 

Dsc01084 Dsc01094_20200321183901 Dsc01074 Dsc01077_20200321183901 P1010294 P1010287 P1010260 P1010298 2本目は、ちょうど干潮で、スギも集まってきているし、水面にプランクトンが発生している時間帯なので、大崎の隅っこのポイント、マンタランチポイントへ来てみました。P1010307 他にもボートがたくさんいたのですが、私たちはマンタには会えませんでした。が、スギはちゃんといました。でも、可愛い生物いっぱいで楽しかったです。出会えたのは、バイカナマコ、セナキルリスズメダイ、ガラスハゼ、ムチヤギ、モンツキハギ、大きなサヨリ2匹、またウミヘビのⅠ種、アカマツカサ類の大群、パラオクサビライシ、コイボウミウシ、キカモヨウウミウシなどなどでした。マクロで動画を撮ってみたら、すごく可愛かったです。

 

20200321_200321_0082 20200321_200321_0083 上がって、お昼御飯。今日は、鶏そぼろ塩ラーメンをご用意しました。麺を変えてみたのですが、まぁまぁでした。元に戻します。。。ご飯食べた後も、泳ぐのが好きなお二人は、ゴーグルに替えて、水中へどぼん!楽しそうでした。これだけ水が綺麗だと、気持ち良すぎますね。太陽も出ているので、今日はまったく寒くないです。

 

Dsc01115_20200321183901 Dsc01102 Dsc01099 Dsc01116 Dsc01113_20200321183901 Dsc01097_20200321183901 P1010337 P1010354 P1010347 P1010333 P1010326 P1010317 P1010354_20200321184601 お腹が休まったら、3本目は、「カメに会いたい」リクエストで、カメハウスへ。こちらもまだまだ透明度が良い!紗紋のある砂地を行くと、パイナップルウミウシがいて、カクレクマノミも可愛い。アオウミガメは所定の位置にいてくれて、綺麗に写真も撮れました。その後、動画を撮ってみたのですが、クマドリという魚にクリーニングされるのが気持ちいいみたいで、うっとりしているシーンが撮れました。最高に可愛いです。他にも、チンアナゴや、イソギンチャクモエビ、イソギンチャクカクレエビなどにも会えました。楽しかったですね。

 

夕飯は、焼肉が食べたいとのことでしたので、いつものふぅがぁや~さんをお願いしました。ご希望の時間が空いていて良かったですね。明日はまた、風が変わりそうなので、違うエリアへ行ってみたいと思います。焼肉楽しんで来てくださいね~。今日もありがとうございました!明日もよろしくお願いします!!

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

2020.3.19

Dsc00982 Dsc00983_20200320205101 Dsc00988 Dsc00989 Dsc00995 Dsc01006 Dsc01005_20200320205201 Dsc00997_20200320205101 今日は、フサキリゾートにお泊まりのご兄弟が潜りに来てくださいました。前日予約だったので、他にもホテルから近いショップさんに問い合わせたけど、都合が合わずだったようで、ご連絡いただいてまた、ご縁ができました。お休み予定だったスタッフの夢ちゃんも出勤すると言ってくれたので、お休みをずらして、大好きな海へ出かけます。

 

風は、南風7mから、南南西7mから、北風に変わるという。。。激変の1日となりました。昨日は、観光で、竹富島へ行ったそうです。が、今日もこの風だと穏やかなのは竹富港周辺です。1本目は、竹富神社前にやってきました。

 

P1010142_20200320205201 P1010153 P1010140_20200320205201 P1010170 P1010173_20200320205201 P1010155_20200320205201 P1010160 透明度は25mくらい当て、綺麗です。水温は23度、波も流れもありません。弟さんがオーストラリアでダイバーになり、お兄さんが初めてのダイビングです。1本目は、最初は一緒に潜っていって、写真を撮り、先に上がる方法で二手に別れました。水泳をしていたということで、最初は緊張気味でしたが、水の捉え方が上手なので、すぐに慣れてきていました。耳抜きも問題なかっったです。

 

ファンダイビングは14mまで潜り、たくさんの面白い水中生物に出会ってきました。オラウータンクラブ、イソバナガニ、スミツキトノサマダイ、ニセアカホシカクレエビ、パンダガイコツホヤみたいなホヤ、ハナビラクマノミ、クレナイニセスズメ、アカハチハゼ、ハタタテハゼ、コイボウミウシ、ユメウメイロの群れなどに会ってきました。ウミウシばっかりじゃない水中生物のご紹介ができてよかったと思います笑。

 

Dsc01007_20200320205201 Dsc01001 Dsc01002 Dsc01013 Dsc01027_20200320205201Dsc01009Dsc01036Dsc01018Dsc01020Dsc01022 P1010216 P1010178_20200320205201 P1010177_20200320205201 P1010182_20200320205201 2本目までは、すぐお隣、竹富神社前にやてきました。少し透明度が落ちたかなと感じる中、マスクが曇っても綺麗だったとおっしゃってくださったお兄さん、楽しかったようで、よかったです。もう、2本目の体験ダイビングなので、浅めですが、ファンダイビングと同じように遊んできました。出会えたのは、ミスジリュウキュウスズメダイ、シマキンチャクフグ、モンツキスズメダイ、ハマクマノミ、ユビエダハマサンゴの群生、キャベツサンゴ、ハナミノカサゴ、トゲチョウチョウウオ、オウロトラギス、ホオセキキントキ、などなどに会ってきました。

 

20200319_200319_0001 20200319_200319_0002 上がったら、もう風が変わっていました。北風になると、少し肌寒く感じますね。今日のランチは、豚汁&ジューシーご飯です。沖縄の食材が入っているのが、ジューシーご飯の特徴で、家庭によってレシピが全然違います。体の大きなお二人ですが、ランチは普通サイズで。夜は、美崎牛のふぅがぁや〜を予約。楽しんできてくださいね。

 

P1010191 P1010195 Dsc01050 Dsc01044 P1010199 P1010189_20200320205201 P1010208 P1010214 P1010222 P1010229 P1010240 P1010245 P1010184_20200320205201 3本目は、少し風の上がってきているので、早めに入ります。竹富港前ですが、場所は変えて、コモンシコロサンゴの群生のあるところへ。砂地も綺麗です。透明度はまた少し落ちた感じがします。雲が厚いので、少し暗い感じになて、沖縄らしさがかけていましたが、そういう時はライトが本領発揮しますね。話題にしていたネムリブカが穴の中で寝ていました。おとなしいサメです。他にも、煮付けに美味しムスジコチョウダイや、ミドリリュウグウウミウシ、イシガキリュウグウウミウシ、セグロチョウチョウウオ、またもやホオセキキントキ、ミスジチョウチョウウオ、ヒラテンジクダイ、ニセアカホシカクレエビの大きいのなどなど。

 

上がろうとすると、水面の波が高くなってきています。もう、北風になると、島影じゃなくなっちゃうからなぁ。急いで、港へ戻ります。スタッフの夢ちゃんは元気が良いので、アンカーあげるのもお手の物。元気がいい子が乗っていると安心します。場も盛り上がりますしね。お天気的には、雨だし、雲も暑いし、風も変わって時化てくるし、大変でしたが、楽しんでいただけたでしょうか。これからも、赴任先で趣味のダイビングを極めていきたいとのことなので、良い人紹介しますからね~。名古屋からも、ガンガン、潜りに行ってくださいね。そして、お兄ちゃんもとってもセンス有りなので、いつか、ダイバーデビュー、お待ちしています!お二人とも、また、遊びにいらして下さいね~。ありがとうございました!

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

2020.3.11

Dsc00905 Dsc00907 Dsc00908 Dsc00909_20200312094201  Dsc00911 今日は、3.11。ちょうどお腹に長大がいて、つわりで苦しんでいた時だったと思う。地震のニュースで、船を持っている人には津波の心配があるから沖に出せと連絡が来たけど、気持ち悪くて出せなくて、カーテンの隙間から沖に船がたくさん出ているのを見て心配していたんだっけ。そんなことを思い出した朝でした。黙祷をささげます。

 

P1010048_20200312094201 Dsc00924 Dsc00933_20200312094201 Dsc00917_20200312094201 Dsc00928_20200312094201 そんな中、今日は、Yさん&Hさんの2日目。今日が本番。ロクハンやフードやインナーや、ちゃんとしてきているので、寒さは大丈夫だったようです。ただ、みんなウェイトはたくさん。今日の風は、北北東から北東へ。うねりがあるか心配しましたが、観音堂前のリーフは白波が立っているので、そっち方面はパス。となると、大好きな桜口方面。外洋です。心配していたうねりは思っていたほどなく、風も昨日より落ち、穏やかでした。まず1本目は、桜口。

 

満潮時間で、透明度は、25mほどで、普通。水温23度、今年は、22度に落ちることがありませんでした。3月からスタッフとしてWAKEに参入したPADIインストラクターのゆめちゃんは、スレートを手に、地形や水深や、生物のメモメモをしながら、勉強です。良いガイドになれると思います。オーソドックスに、アーチを通るコース。直してもらった広角レンズの一眼のハウジングが返ってきたので、クマノミとお二人、という写真も撮りたいなと思っていました。ちょうど、卵を産み付けていて、お世話に忙しそうなクマノミでした。他にも、キンチャクガニを探してみたり、カガミチョウチョウウオ、カスリヘビギンポ、イシガキカエルウオ、イシガキリュウグウウミウシ、アケボノチョウチョウウオ、カンザシヤドカリ、シモフリタナバタウオ、アオギハゼ、リュウキュウヤライイシモチ若魚と幼魚、ロクセンスズメダイの群れ、ハナミドリガイ、ハイイロイボウミウシに会ってきました。

 

P1010046_20200312094201 Dsc00931 P1010050_20200312094201 P1010061_20200312094201 P1010085_20200312094301 P1010073_20200312094301 P1010076_20200312094301 P1010068_20200312094301 P1010082_20200312094301 P1010092_20200312094301 P1010090_20200312094301 P1010108 2本目は、ちょうどいいところにアンカリングできたので、全く被らないコースで、桜口沖の根を潜る事になりました。カクレクマノミがたくさんいたのですが、移動したりしていたので、チェック。やはりいない。。。根のトップの浅いところのハナビラクマノミもイソギンチャクごといない。ハマクマノミもいない。。。コースを回ってみても、全くいない。もしかしたら、熱帯魚屋さんに採られてしまったのかなぁ。仕方ないことですが。他に会えたのは、フウライチョウチョウウオ、ヒメアイゴのペア、アケボノチョウチョウウオ、オオアカホシサンゴガニ、アカツメサンゴヤドカリのペア、ミスジチョウチョウウオ、イッテンチョウチョウウオ、大きなアカハチハゼ、スミゾメミノウミウシ、テンクロスジギンポ、マダラタルミの幼魚、そして!ナイスな発見。ゆめちゃんがキイロウミウシを見つけ、Yさんがトウモンウミコチョウを見つけ、楽しく潜れました。目線をワイドにしても面白いし、ふと、小さいものを見つけても楽しいポイントで、大好きです。うねりがなければ、船を停められます。

 

20200311_200311_0004 20200311_200311_0005 上がったら、お楽しみのお昼御飯。今日は、体が温まるようにと、鶏そぼろ塩ラーメンをご用意しました。お勧めの一味はむせるので、すこしづつ。ご飯の後は、カフェタイム。ココアに少しコーヒーを入れて、カフェモカにします。ほっとしますね。

 

P1010125 P1010132 P1010117 P1010111_20200312094301 P1010120 P1010115_20200312094301 P1010127_20200312094301 Dsc00935 3本目は、意外とうねりがなく、落ち着いているので、桜口水路へ入ってみることにしました。水路側の大物を狙いたいところだけど、3本目に深場になるのは良くないので、少しだけ様子見て、プールの方へ。様子を見たのは、よくネムリブカや、マダラエイに会えるポイントだから。浅い方へ行ってみると、これまた楽しくて、イソギンチャクモドキカクレエビ、クロヘリアメフラシ、アカフチリュウグウウミウシ、ウルトラマンホヤ、ミナミギンポ、オキナワスズメダイの群れ、アケボノチョウチョウウオ、イシガキリュウグウウミウシ、ソライロイボウミウシ、オオハマサンゴ、、シロウスイボウミウシ、などなどをじっくり楽しみ、大きなオオハマサンゴの場所もゆめちゃんに見てもらい、地形を覚えてもらえたと思います。

 

20200311_200311_0001 20200311_200311_0002 探しているパンダガイコツボヤはまた見つかりませんでしたが、似ているブルーパンダガイコツボヤ(勝手に仮名)はたくさんいました。ホヤ先生に会いたいなぁ。

 

20200311_200312_0069 20200311_200312_0071 20200311_200312_0074 20200311_200312_0072 20200311_200312_0073 20200311_200312_0075 20200311_200312_0070 港に戻ったら、着替えてもらい、昨日も訪れたR's storyさんへ。サイズ直ししてもらっていた商品を受け取りに行きます。とても素敵に仕上がり、それをつけて、今晩はまだんばしや~へ。飲み放題プランの方が安くなるだろうなと思い、予約しましたが、正解でした。ゆめちゃんもガンガン飲むし、結構みんなで、ガンガン飲みました。20200311_200312_0076 20200311_200312_0077 本当は、今日は、石垣島の高校の合格発表の日で、親戚が集まり、お祝いしているので、飲み会の後駆けつけようと思っていましたが、お祝いの方が先に終わってしまったようでした。ごめんね。でも、まだんばしや~も、料理が8品、なかなか珍しい食材も出てきた面白く、美味しかったです。今度は、森の賢者へ予約しておこうということになりました。

 

その後も、ゆめちゃんと、皆さんは、おでんもとへいって、沖縄のおでんを食べたようです。元気ですね。楽しい夜、そして、海、ありがとうございました。また、気軽に遊びに来てね~。

| | コメント (0)

«2020.3.10