2019年4月15日 (月)

座間味ツアー2日目

20190414_190415_0136_0 20190414_190415_0137 20190414_190415_0138_0 WAKE UP CALL主催座間味ツアーは2日目を迎えました。外を見てみると、雨。ちょっと残念〜ですが、7時30分にお宿の食堂集合で、丁度いい量の美味しい朝食を頂き、コーヒー飲んで、ほっこりして、8時50分玄関集合で、ダイビングサービスのお迎えを待ちます。もう雨も降っているので、みなさんウェットスーツも着てしまいます。

 

Dsc07835 Dsc07837 Dsc07840 Dsc07030 Dsc07031 雨ではありますが、風が南風に変わったので、気温は2度ほど高くなり、気温26度、水温23度のコンディションとなりました。座間味は、ポイントまでが近いとのこと。出航すると、すぐに到着です。これは楽ですね。1本目は、座間味らしいポイント、Dsc07035 Dsc07045 Dsc07048 Dsc07887 Dsc07883 Dsc07872 Dsc07871 Dsc07865 砂地でデバスズメダイなどが群れていて、Dsc07852 Dsc07854 Dsc07864 ケラマハナダイもたくさんいて、というポイントと、亀に会えるポイントどっちがいい?と聞かれ、せっかくなので、座間味らしいポイントへ。阿真ビーチ沖です。出会えたのは、それはもうたくさんのデバスズメダイの群れ、ハナゴイいっぱい、Dsc07068 クマノミもいっぱい、ヒトヅラハリセンボン、ネッタイミノカサゴ幼魚、ケラマハナダイ、タテジマヤッコなどなどでした。タテジマヤッコは浅いところにもいるようで、石垣島では見かけないので、興味深かったです。似てる魚で、深場にいるヤイトヤッコかとおもって、たくさん写真撮って検証。Dsc07082 タテジマヤッコでした。幼魚がいたら見て見たいなぁと思いましたよ。

 

Dsc07891 Dsc07888 Dsc07893 Dsc07897 Dsc07899 さて2本目は、ドリフトしましょう!と言ってくださり、スペシャルなポイントへ。嘉比の牛瀬(がひのうしじ)です。10mくらいの切り立った岩があり、その島影になるようにボートをとめて水路の方へ出ると流れているよとのことでした。なので、この南風のおかげで来る事ができたので、ラッキーでしたね。海面から出ている岩のようなトップが2m、水底が10mくらいの同じく切り立った岩のような地形が水中にあるのだとか。その周りに大きなアカククリがいて、カスミチョウチョウウオもいっぱい、オオイソバナもいっぱい、流れは強くて、つかまっていないと流されるほどでした。そのあとは、流れに乗って、タカサゴの群れや、クマザサハナムロの群れ、ノコギリダイの群れ、Dsc07110_1 Dsc07113 Dsc07099 アカヒメジの群れ、ヨコシマクロダイの群れ、カスミアジが通り過ぎたり、Dsc07126 Dsc07129 カクレクマノミに出会えたりしました。水深は深くなくて、ダイナミックな風景が広がっていて、とても面白いポイントで、Mさんも嬉しそうでした。100本記念のGさんのお祝いも出来て、良いポイントで、祝えてよかったですよねー。安全停止は、中層で行い、フロートをあげてボートにお迎えを知らせます。船長がいるっていいなぁ。上がったら、ボートの横にあるロープにつかまって、楽楽エキジットです。

 

Dsc07911 Dsc07912 船には、湯沸かし器が付いていて、これは船長のこだわりのようです。まだ水温23度だと、やっぱりお湯がたくさんあるのは気持ちがいいもので、これもいいアイデアだなと思いました。船外機なので、冷却水を利用するという事ができないんです。こうしたほうがいいとか、ああしたほうがいいとか、アドバイスもたくさんいただきました。もちろんダイビングが目的のツアーですが、船を見に来る事ができて本当によかったです。いいもの作らなきゃという気になりました。そして!船に上がった瞬間太陽が!なんというタイミング!けど、午後は晴れて、器材も乾くのでありがたかった〜。

 

20190414_190415_0130_0 20190414_190415_0129 20190414_190415_0127_0 20190414_190415_0128_0 20190414_190415_0134 20190414_190415_0126_0 お昼ご飯は、器材を洗って干してから。昨日行ったお店ではないところを探していると、時間が少し遅いので、なかなか開いていなかったり、もう直ぐ終わると言われたりで、集落内歩きながら探していると、ストアー105の近くに古民家があり、ランチができるとのこと。外人さんで賑わっていましたが席が空いたので、お願いしました。タコライスとか、カレーとか、チキングリルとか。。。生ビールもあったので、もう潜らないしと、みなさん1杯!注文から出て来るの遅いなぁと思っていたら、売店から樽が配達されて来ました。のんびりしていますね。島時間満喫です。飼い猫の白猫もツンデレなのか、寄って来たり離れて行ったり。20190414_190415_0165

 

       20190414_190415_0147    夕方は16時30分に宿の食堂でログ付け予定なので、私は今日の写真整理。Wi-Fiがあるので、仕事ができて良いですね。水中写真もいいのがいっぱい撮れました。今日は動画も多め。そして、昼寝する人もいれば、少し缶ビールやチューハイでまったりする人や、お話ししながらの作業でした。16時頃からは、器材もパッキンし始め、ゆうパックが元払いできたので、お宿でお願いしました。そのまま石垣島へ送る方もいて、次のダイビングも楽しみですね。到着しましたら、ちゃんと干して乾かしてまた、しまっておきますので、ご安心ください。

 

6月はたまたまたダイビングフェスタ最終日とかぶるので、当日賞を狙っていきますよ。食事も、お勧めを予約しておきましょうね。

 

20190414_190415_0163_0 20190414_190415_0149_0 20190414_190415_0151_0 20190414_190415_0154_0 ログ付けに来てくださった代表の渡邊さんが、船着き場まで見送りしてくださり、その頃にはいいお天気で、いい印象で、座間味を後にします。最後まで手を振ってくださって、ありがたいですね。

 

20190414_190415_0146_0 20190414_190415_0164 20190414_190415_0145_0 20190414_190415_0142_0 泊港へは50分。ちょっとうとうとしたら、すぐですね。偶然にも、船内に阿嘉島に行っていたというKさんにお会いしました!!タイムラインで行動は見てくださっているとのこと、遊びすぎと言われましたが、お仕事ですから笑!けど、お会いできて嬉しかったでーす。。10月?かな、石垣島でお待ちしていますね!もっと色々磨かなきゃ。

 

20190414_190415_0139  20190414_190415_0141 20190414_190415_0140_0 高速船は、18時頃に港に着き、歩いて美栄橋駅付近まで行き一旦解散、それぞれのホテルにチェックインして、19時から前夜祭でも利用したてぃーだんぶいという居酒屋に集合です。料理も美味しくて、飲み放題だったので、リピートです。皆さんお酒はよく飲むので、飲み放題でないとね。美味しい楽しい時間がすぎて行きました。同じ趣味があって、お酒も好きで、会話が弾みますね。

 

二次会は、明日が早いSさんは帰ることになり、サクッと近くの居酒屋で1杯。その後も、明日の便が遅い方はまだせんべろ行ったりしたらしいですよ〜。元気ですね。

 

前夜祭後夜祭も楽しんだ座間味ツアー、座間味らしい海でダイビングできて、憧れのボートに乗れて、楽しかったです。参加者の皆さん、ありがとうございました。今度は、石垣島で、お待ちしていますね!帰路もお気をつけて〜!!

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

座間味ツアー2019

4月12日前夜祭から始まり~の座間味ツアー1泊2日、20190413_190413_0040 始まりました!20190413_190413_0039 20190413_190413_0038 20190413_190413_0014 13日のクイーン座間味が9時出発なので、みなさん那覇へ前乗りしていただき、1泊です。飲み放題のお店で2時間、楽しく宴会が進み、到着が、那覇空港混雑で遅れてはいましたが、楽しい時間を過ごせました。2次会から合流のSさんと時間を合わせて、泡盛のボトルがすごく安い焼き鳥屋さんへ。こちらも、料理も美味しいし、なんといっても泡盛が安すぎてびっくりでした。宿泊は、それぞれ、ドミトリーをとってみたり、ホテルとってみたりで、解散。朝、8時15分を目安にクイーン座間味前に集合となりました。
20190413_190413_0030 20190413_190413_0034 20190413_190413_0029 ですが、やはり、予想通り、道間違えた~とか、器材が届いてない~とか、いろいろありましたので、早めの集合にしておいて良かった。問題なく高速船に乗り込み、出発です。出発しながら、器材の行方や、今後どうするかなど、手配しながら、あっという間に阿嘉島に到着。ここにも実は今回視察したかったダイビングボートがあるのですが、その兄弟船が陸揚げされているのを発見。阿嘉島を出発すると、すぐに座間味島でした。こちらで、今回お世話になるのは、ダイビングチーム潮です。こちらの船と、阿嘉島の船の設計図を造船場からもらっていて、どんな船か見たいというのが今回の座間味ツアーの発端です。
ですが、5名の皆さんが、都合をつけてくださって、座間味ツアーにご参加いただきました。女性がいなくて少し寂しいではありますが、ツアーはいつものように、楽しく遂行です。20190413_190413_0026 20190413_190413_0017 20190413_190413_0021 20190413_190413_0018 20190413_190413_0019 20190413_190413_0014 到着後、宿で準備を済ませ、お昼ご飯を食べに行き、記念撮影。いったんお部屋でゆっくりして、お腹を休めたら、午後からピックアップしてもらって、いよいよダイビングです。20190413_190413_0001 20190413_190413_0002 20190413_190413_0012 20190413_190413_0009 Dsc07739 座間味はポイントまでが近いとのことで、すぐに着きました。1本目は、ニシバマです。漢字で書くと北浜だそうです。Dsc07754 Dsc07757 Dsc07736 方言ですね。Dsc07749 Dsc07742 Dsc07015 Dsc07004 Dsc06998 Dsc06990 砂地のポイントで、透明度も良く、とても気持ちのいい海です。根にすごい沢山のキンメモドキの幼魚の群れ、と、Dsc07027 Dsc07766 Dsc07807 スカシテンジクダイの群れ、これには圧巻。Dsc06955 Dsc06953 Dsc06967 ワイドレンズで楽しめました。そこに、ケラマハナダイや、キンギョハナダイ、フタイロハナゴイ、Dsc07798 カシワハナダイなどがいて、とても綺麗でした。ケラマハナダイのオスが集まるところがあって、印象的でした。他にも、デバスズメダイの群れや、ヨスジフエダイの群れ、Dsc06931 Dsc06977 Dsc06980 Dsc06937 ウメイロモドキの群れ、などに会ってきました。
Dsc07821 Dsc07818 2本目は、少し移動して、クダゴンベが先月までいたというブツブツサンゴというポイントで潜ります。少し深めのクダゴンベのいるヤギへ向かいましたが、もうお引越ししてしまっているようで、会うことは出来ませんでしたが、凄く大きなガラスハゼの仲間がいました。Dsc07024 Dsc07027 サンゴの群生しているところは、いろんなサンゴで、綺麗で、オオイソバナもすごいし、ハマクマノミの幼魚や、ハナビラウツボもいて、ニセアカホシカクレエビも綺麗で大きめで撮りやすかったです。他にも、モンハナシャコや、ハナゴイの幼魚が可愛かったり、Dsc07832 Dsc07834 Dsc07831 ウルマカサゴなどにも会えました。Dsc07828 Dsc07833 2本ともとても楽しかったです。
帰ったら、20190413_190414_0184 ロギングの時間を18時にして、宿で済ませることにしました。そのあと18時30分に青の海という居酒屋を潮さんが予約してくださったので、行ってきましたが、20190413_190414_0174 20190413_190414_0175 20190413_190414_0178 20190413_190414_0176 全部美味しくて、とてもいいお見せでした。沖縄料理のお店という感じでした。ですが、ホテルの3階にあって、20190413_190414_0181 20190413_190414_0182 20190413_190414_0180 20190413_190414_0179 20190413_190414_0177 入り口が分からないくらい。そういうマニアックなお店を紹介してくださって、楽しかったです。帰りに、座間味島唯一の105という商店へ行き、なかなか楽しい商品をたくさん見つけ、テンション上がりました。私は、ちびのながひろに島ぞーりをお土産に。その他も、ヤギカレーとか、座間味で採れたももで作ったお酒があって、20190413_190414_0171 オリジナル商品だということで、買って、宿の食堂で、1杯づつ、みんなで飲みながら、今日の〆です。20190413_190414_0172 シーカーサーアイスや、マンゴーアイスはもちろんブルーシールで、Sさんが買ってきてくれました。20190413_190414_0173
明日もダイビングがメインなので、お酒はほどほどにし、早く就寝です。曇りだった今日が、少し勿体ないので、明日は晴れ間が出てくれることを祈って、休みたいと思います。まだまだ明日も長いですよ!明日も楽しみましょう~☆お疲れ様でした!!

| | コメント (0)

マリンダイビングフェア2019

Dsc07537 Dsc07532 Dsc07538 Dsc07539 2019年、マリンダイビングフェア行ってきました~。去年は、お休みしていましたので、2年ぶりの池袋となります。東京の交通機関利用もだいぶ慣れてきて、桜の綺麗な景色を見ながら、会場入り。朝から会場でお会いできる皆さんの顔を思い浮かべながら、サータアンダギ―を揚げて、冷ましながらブースへ。冷めたサータアンダギ―を袋詰めするところから私のフェアでの仕事が始まります。Dsc07542 Dsc07559 Dsc07540 Dsc07544 Dsc07545 Dsc07570 Dsc07560

 

Dsc07578 Dsc07577 Dsc07576 Dsc07574 Dsc07571 Dsc07653 石垣島ブースは、八重山ダイビング協会からの出店で、有志のメンバーで作り上げます。島にいる間の準備も大変で、参加となると春は大忙しなのですが、みんなで色々頑張りました。今年は、2日目のお昼過ぎにマリンダイビングの企画で、Dsc07616 Dsc07631 トークショーの一環として、石垣島クイズに登壇することとなっており、台本があって、コメントをしないといけなかったり、それもあったので、あまり会場をじっくり回る時間がなかったのですが、地球の海フォトコンテストにWAKEのお客様で参加をお勧めした皆さんが、Dsc07641 入賞されているので、Dsc07646 Dsc07549 Dsc07552 それは絶対に見たいと思い、Dsc07709 Dsc07726 何度か作品展示会場へは足を運びました。作者と作品と一緒に記念撮影できたり、とても喜んでくださって嬉しかったです。また来年も皆さんにぜひトライしてもらいたいと思います。

 

Dsc07675 Dsc07677 Dsc07678 Dsc07683 Dsc07685 Dsc07697 Dsc07700 Dsc07702 Dsc07703 表彰式はちょっと長引いてしまったようでしたが、土曜日はWAKE東京会も開催。今年は、中華で11名の皆さんに集まっていただき、楽しく美味しくいい時間を過ごさせてもらいました。あまり大人数になってしまうと、それぞれとお話しできなくなってしまうのが嫌なので、少人数で大満足して帰っていただけるように配慮しています。花王から協賛してもらった日焼け止めは、女性限定でプレゼント。ぜひ、使ってみて感想を教えてくださいね。そして、会場で配っていたサータアンダギ―以外に、東京会に来てくださった皆さんには、今年は初めて挑戦した黒糖蒸しパン。作るの楽しかった!手作りなので、ちょっと形がいびつになっちゃうところはご愛嬌。泡波3合瓶や、ふわわなどのお土産はじゃんけん大会で、プレゼント。Nさんが作ってくださった大弾幕は大活躍です。これで、マリンダイビング誌に載せていただきましょう!行ける方は2次会まで行き、偶然フリーダイバーのIさんにもお会いしました。運命を感じましたよ~。

 

Dsc07561 Dsc07571Dsc07604Dsc07606Dsc07609Dsc07648 最終日まで、精いっぱい頑張ったので、最後には声も枯れ、ハスキーボイスになっていました。でも、沢山の皆さんにお会いできて、とっても楽しく、嬉しかったです。今度は、石垣島の海でお会いしましょう!お会いできた皆さん、ありがとうございました~☆Dsc07654 Dsc07705 Dsc07720 Dsc07724 Dsc07707 Dsc07716 Dsc07732

 

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

2019.3.31

Dsc07516 3月31日は、せいらさんのブログを見て来てくださったという、Mさんご夫婦の貸し切りで、午前中スノーケリング!ですが、風は北東8mで、結構吹いています。空も曇りで、晴れ間が欲しいところですが、揺れないところへ怖くならないところへお連れしましょうね。レンタカーで東横イン前に来ていただき、港の無料駐車場をご利用になり、船へ。奥様が、船酔いしやすいということで、酔い止めも飲んで来てくださっていますが、心丸は簡単に揺れないので、帰るまで、酔うことはなく、戻れました。
以前、宮古島でスノーケリングをしたときは、ビーチからのエントリーだったそうです。なので、船は不安そうでしたが。。。でも、砂浜を歩くことなく海に入れますし、実は楽なのはボートエントリーなんですよね。旦那様はノリノリで、初めて着るウェットスーツにわくわくしたりして、とてもかわいい。。Dsc07517 それを見て奥様も、嬉しそうやなぁって。素敵なご夫婦です。出航前にゆっくりと器材の使い方や泳ぎ方などの説明を受け、納得していただいてから出港です。
Dsc07518 向かったのは、桜口。途中すれ違ったダイビングボートは、竹富南エリアを目指したそうです。東寄りだからどうかなーって思って来ましたが、他にもダイビングボートがたくさんいて、心配していたうねりはさほど入っておらず、それでも一番波の影響のないところに停泊して、さらに浮き輪やロープを駆使して、怖くないように泳いでもらいます。Dsc07521 Dsc07526 Dsc07519 はじめはドキドキだった奥様も、水面で慣れてきて、浮き輪に乗ってもらって、引っ張るように船の前の方へ。リーフの際に停泊しているので、怖い思いをすることなく泳げたと思います。Dsc07527 大きなハコフグがいて、一番見ごたえがありました。さかなクンが頭にかぶっている帽子はその子の幼魚時代をデザインされています。他にも、アケボノチョウチョウウオや、セグロチョウチョウウオ、ミスジチョウチョウウオなどが鮮やかで、緑色のハゲブダイや、ハギ各種、ロクセンスズメダイやオヤビッチャ、レモンスズメダイやシコクスズメダイなど、いろんな魚に出会えました。桜口は、サンゴが復活し始めてはいますが、数年前の白化からまだ完全復活は出来ていなくて、サンゴがバーッと綺麗な場所もあるんですってお話をさせてもらいました。Dsc07530 Dsc07529
ショップに戻って、シャワーしてもらっているときに、先日のサンゴの群生のデータをお見せする事が出来たので、今日は風が強くて行けない場所だったけど、そういうところもあると知っていただければよかったかなと思います。また、石垣島へご旅行の際は、スノーケリングのお時間を作っていただき、海中を覗いてもらえたらなと思います。体はどんどん慣れて、もっと楽に泳げるようになるし、楽しくなってくると思います。
石垣島旅行で、スノーケリングを組み込んでくださって、そして、せいらさんの紹介で、WAKE UP CALLをご利用いただき、ありがとうございました。その後は、ショップのご近所のミルミルをご紹介。ジェラートも美味しいけど、石垣牛ハンバーグが絶品なんですよね。食べ応え抜群で、お腹いっぱいになります。良いところを紹介してもらったと、ご連絡いただきました。お写真もプレゼント。いい思い出になりましたね。2泊で短めだったけど、また、石垣島へ遊びにいらして下さいね。癒しの島石垣島で、お待ちしています!ありがとうございました。

| | コメント (0)

2019年3月29日 (金)

2019.3.28

Dsc07478 今日は、南南西の風、8m!!結構吹いています。夜から吹いているので、寝ているとき、風の音が気になったなぁ。ですが、今日も!HさんとSさんの貸し切りでダイビングです。昨日は、割とワイドも楽しめちゃったので、今日は、がっつりマクロを楽しんでいただきましょう。南南西でしたら、竹富島の島陰に行けば、全く問題なく、穏やかで、流れもなく潜れます。

 

1本目は、じゃがりこの根!今年は、まだまだコブシメが登場しない!去年がすごかったから、不思議です。ですが、見とれるほどサンゴが綺麗で、それだけでも十分楽しいポイントです。魚も豊富で、Dsc07504 Dsc07505 Dsc07503 Dsc07490 Dsc07498 Dsc07489 ハナビラクマノミ、ニセアカホシカクレエビ、2019328_190328_0001 2019328_190328_0005_0 リュウキュウキッカサンゴの群生、ハナグロチョウチョウウオ若魚、コリオリエビ、パラオクサビライシ、コモンシコロサンゴの群生、チゴベニハゼ、イシガキカエルウオ、ソライロイボウミウシ、オオバロニア、イバラカンザシなどなど、のんびりまた1時間オーバーで、楽しんできました。Dsc07494 Dsc07499 Dsc07508 Dsc07483 お二人と潜るときは、もう、このパターンですね。笑

 

2本目は、竹富神社前にやって来ました。2019328_190328_0004_0 こちらもスペシャルでしたよ~。会いたかった!テンテンウミウシ、2019328_190328_0003 あまり見かけることがないので、会えてうれしかったのは、2019328_190328_0008 チギレユキイロウミウシ、触っちゃいけないハナブサイソギンチャクの足元に、2019328_190328_0006 イソギンチャクモエビ、2019328_190328_0002_0 保護色の海藻に隠れているようで見つかっちゃったクロヘリアメフラシ、ホヤ好きなお二人には、ウルトラマンホヤ(ヘンゲボヤの仲間)、2019328_190328_0003_0 2019328_190328_0004 初めてWAKEにいらしたときに、リクエストされたのをよく覚えています。レモンスズメダイ幼魚は、幼魚のうちが蛍光ブルーのラインが入っているので、撮影にはお勧めです。2019328_190328_0007 そんなこんなで、マクロ満喫。時間が足りないくらいです。

 

2019328-_190328_0003 2019328-_190328_0001 2019328-_190328_0002 上がったら、鶏そぼろ塩ラーメンをご用意しました。山口では、とんこつスープのラーメン屋さんが多いのだとか。うどんより、ラーメンなんだとか。今日もお土産にラムレーズン入りの羊羹を頂きました。美味しかった。きっと、美味しいものがたくさんあるんだろうなぁ。

 

さて、お腹休ませながら少しお昼寝タイム。この数十分がすごく疲労回復するんですよね。船はガソリンを入れて、カメラ用のロープを仕込んでみたり。。。ちょっと重りが重いようなので、工夫したいと思います。

 

さて3本目は、竹富水道管の根です。段々畑に他の船がいたので、お隣に。ここも、何かが出そうな雰囲気で、わくわくしながらまったり潜ります。出会えたのは、クマノミの家族、ニセアカホシカクレエビつき。黄色いウミウシの卵、カンザシヤドカリ、小さなヒトデ、2019328_190328_0001_0 ホヤの仲間、オグロクロユリハゼ、アカツメサンゴヤドカリ、2019328_190328_0010 その他もろもろ、のんびり楽しんできました。お二人の作品も送っていただき、上手すぎて感動~。じっくり撮影されるので、良いものが撮れるんですね。また、夏には来たいなぁと言っていただきました。個人的には冬の方が好きですが、夏もまた、水中には魚がぎっしりでにぎやかで、楽しいです。時々、うるさく感じるくらいになりますが。。。笑 2019328_190328_0009   また、石垣島で、お待ちしていますね。3日間、私も楽しませてもらいました。ありがとうございました。

 

夕方は、約束していたフィリップさんという南アフリカからいらした英語教師のお客様が、明日、どうしてもマンタが見たいとのことで、乗り合いしようか、どうしようかといろいろ悩みましたが、川平のショップさんに頼んだら、荒波乗り越える必要もなく、きっとよくしてくれるので、と思い、さうすぽいんとさんにご紹介しました。お休みなのに、出てくれるそうです。マンタに会えて、大感動して、石垣島を好きになってくれると良いな。そして、また、遊びに来てくださいね。

 

さー、マリンダイビングフェアと、座間味ツアーに向けて、準備開始だー!!

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

2019.3.27

Dsc07381 Dsc07383 今日は、久しぶりに南東の風5mくらい~穏やかです!HさんとSさんの貸し切りで、まずやってきたのは、大崎ハナゴイリーフ。今が旬のコブシメの産卵をメインに遊びたいと思います。なので、コブシメの産卵は水深4mほどで、浅いのですが、先にそちらへ向かってみると、いたいた、うじゃうじゃコブシメたち。Dsc07403 Dsc07404 Dsc07406 Dsc07419 Dsc07411 Dsc07408 ダイバーが近づかなくとも、向こうから目の前を通り過ぎていくので、ビデオに撮っても、写真にとっても絵になります。すごいな、石垣島のこの環境。たくさん思う存分撮影して、満足したので、Dsc07425 アカネハナゴイの群れる根へ。こちらも綺麗です。そこから、Dsc07444 Dsc07435 アオウミガメに会いたいなと思い、いつもの場所へ行くといないので、あれ、岩の下かな?なんて見渡すと、今日はちょっと離れたところにいたいた~。ここも好きな場所ですね。全然逃げなくて、ばっちり写真も撮らせてくれました。すごく眠そうで、可愛らしい。他にも、キツネアマダイの幼魚や、Dsc06834 クマノミのベビーや、イボヤギを食べてしまう黄色い貝や、エンマゴチ、ベラの幼魚などなど、いっぱい遊んで1時間オーバーです。

2019327_190327_0001 2019327_190327_0002 Dsc07452 Dsc07450 さて、2本目は、南風を避けて、屋良部崎を超え、エビ穴までやって来ました。すぐそばに御神崎の灯台が見えます。2本目は、エビ穴の沖周りを楽しんできました。透明度は、この時間はとてもよく、スコーンと抜けていました。緑色のタマイタダキイソギンチャクにいるハマクマノミや、ハナビラクマノミ、ちょっと撮りにくかったけど、カザリイソギンチャクエビ、イシガキカエルウオ、メガネゴンベ、ウコンハネガイ、などを見て、沖へ向かおうとしたその時!すっごく大きなアオウミガメがガレ場に寝そべっていて、背中には甲羅からはみ出すくらい大きなコバンザメ!Dsc07457 Dsc07459 Dsc06841 2019327_190327_0003_0 もう少し小柄なコバンザメもくっついていて、重たそう。。。おっとりしているのですが、さすがにダイバーが近づいてきて、水面へ向かってゆっくり泳ぎだしたかと思ったら、Sさんが背後にいるのを気にしたのか、振り向いて、向かい合う形に。これには、Sさんも嬉しくて笑みがこぼれます。そして、逃げるでもなくゆっくりと、浅い方へ泳いでいきました。なんてラッキーなシーンなんだ!それをたまたま動画撮影できたので、いい思い出が残せました。良かったですねー。他にも、ガレ場には、Dsc06839 2019327_190327_0005_0 Dsc06851 2019327_190327_0004_0 ハワイトラギスや、ヒトスジギンポ、ミゾレウミウシ、オグロクロユリハゼDsc06850 などなどが楽しませてくれましたよ。

75336 上がったら、お昼御飯。今日は、リクエストの軟骨ソーキゆし豆腐そばをご用意しました。ちょっと鰹節多く入れ過ぎた感じがあって、かつおだしが濃い感じでしたが、美味しくいただきました。スープだけでも、飲みたいと言ってくださって、料理長としては、嬉しかったです。

2019327_190327_0004 2019327_190327_0006 Dsc06839 2019327_190327_0005_0 2019327_190327_0005 3本目は、お腹が休まったら、同じくエビ穴で潜ります。今度は、沖周りではなくて、本当のコースへ。少し浅くなります。ガレ場を石ひっくり返しながら進んでいくと、穴から顔を出しているイシガキカエルウオや、ノドグロベラの幼魚たちいっぱい、オウゴンニジギンポ、モンツキハギなどをご案内していると、Sさんが、カミソリウオのペアを見つけた!ので、引き返して撮影のHさんです。楽しそう。Dsc07471 Dsc07468 Dsc07462 Dsc07466 Dsc07464 その後は、地形を堪能します。暗がりにいるアオギハゼや、クレナイニセスズメ、ミナミハタンポの群れなどに会いながら、最後は、心の綺麗な人には、そう見える、マンタのシルエットをした穴を通って、Dsc07476 地形はフィニッシュです。楽しかったですね。そこからは、浅い方を通りながら、メガネゴンベや、サンゴの隙間にいるコバンハゼ、エビの仲間2匹、カニ、1匹、なかなか隙間過ぎて撮影が難しいですが、2019327_190327_0006_0 2019327_190327_0005_0 さすがセンスのいいSさん、ちゃんと撮れていました!すごいです☆

昨日、水中ライトが途中で水没したガイドのワタクシ。早速夜中にアマゾンでごそごそと注文。すると、撮影機材が色々と出てきて目につき、ついつい、あれ欲しい、これ欲しいで、カートに。でも、まだお会計はしていません。。踏みとどまれ~。けど、欲しくなっちゃうなぁ。踏みとどまれ~、踏みとどまれ~。明日も、お二人の貸し切りです。夕方、外人さんから予約の電話が!明後日の予約でしたが、マンタが見たいと。風によりますね~。うまいこと風が良いと良いな。Hさん、Sさん、明日もよろしくお願いしまーす!今日も、ありがとうございました!

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

2019.3.26

Dsc07335Dsc07337Dsc07337Dsc07338昨日は、夕方到着のMさんをお待ちして、1本潜る予定でしたが、ちょうどレンタカーを借りて港へ向かってもらっているときに、石垣港周辺えらいこっちゃになっておりまして。。。前線通過、風が回り、土砂降り。風は強いし、日も傾き始め、これは、出航している場合ではないと判断。不本意ながらも、ショップ側からのダイビングのキャンセル宣告。心が痛かったですが、その分、今日、とてもいいお天気。春はお天道様の心がころころ変わりやすくて大変。。昨日の分まで楽しみましょう。ということで、朝の1本は、Mさんとのマンツーマン。去年は、内地でも潜る機会が作れなかったとのこと。お仕事忙しかったんですね。なので、2年ぶりのダイビング。いろいろ思い出しながら、1本目はマンツーマンでちょうど良かったですね。朝からのおしゃべりしながら、のんびりと準備に取り掛かります。心も落ち着いて、緊張も少しは解れたかな?まずは桜口西の根で潜ります。透明度、良し!!気持ちいい!!Mさんも、夜中少し寝付けなかったようではありますが、耳抜きもちゃんとでき、中性浮力は、BCに空気を入れる感じをちょっと思い出す感じになりましたが、1本目で、ちゃんと身体が記憶を呼び覚ましました。水中で出会えた生物も豊富。マスク越しににこにこされているのが、とても印象的。嬉しそうで、何よりです。ダイビングのために、昨晩は、お酒も控えましたもんね。出会えたのは、イシガキカエルウオ、Dsc06804Dsc06805シマキンチャクフグ、Dsc06799ギジベラ、アサドスズメダイの群れ、セジロクマノミ、Dsc06796アケボノチョウチョウウオ、Dsc06793クロユリハゼ、オグロトラギス、Dsc06802Dsc06802ソフトコーラルの群生、Dsc07345タテヒダイボウミウシ、Dsc06810オウゴンニジギンポなどなどでした。楽しかったですね。昨日潜れていない分、すっきりしましたね。
さて、一度港に戻り、飛行機で到着予定のHさんとSさんがバスで来るのをゆっくり待ちます。お話しする時間がたっぷりあったので、Mさんの幸せ過ぎる近況をお聞きできて、こちらも幸せな気持ちになりました。息子さんの結婚、結婚式でのこと、お孫さんが産まれること、お嫁さんが素敵すぎる事など、本当に良かった。いっぱい楽しみなことがやって来ますね。
そうこうしているうちに、お二人から到着のご連絡が。バスターミナルまでお迎えして、素敵なお土産もいただきました。いつもいつも、ありがとうございます。山口からいらしているお二人。絶対に手にする事が出来ないお土産、とても嬉しいです。そして、美味しかった~。お二人にも、送ってもらっていた器材を開封して準備していただき、まだお腹は空いていないとのことでしたので、2本目潜りに行きましょう~。
風は北北東6mですが、先にそちら方面を通過しているショップさんから、穏やかだと聞き、安心して竹富南エリアへ向かいました。水面から見ても水が綺麗なのが分かります。やってきたのは、ちょうど船があいたじゃがいもの根!ここは、前回Hさんがいらしたときも、とても気に入っていただいたポイントです。マクロもワイドも楽しい。入ると水もやはり綺麗で、潜っていく瞬間、ほんと、爽快ですね~。ヨスジフエダイの群れも、多くなっている気がする。。。デバスズメダイもたくさん。Dsc07353Dsc07356Dsc07350Dsc07354Dsc07372スカシテンジクダイもたくさん、ウケグチイットウダイや、ソリハシコモンエビ、ミカヅキコモンエビ、Dsc07363Dsc06807Dsc07373リュウグウベラギンポの求愛行動は激しく、沢山いるし、ミヤケテグリ、はぐれチンアナゴがぽつんと1匹、ウミウシの仲間、コブシメの卵、などなど、とっても楽しく潜る事が出来ました。


20190326_190326_000320190326_190326_000120190326_190326_00022019326_190326_00022019326_190326_00032019326_190326_00042019326_190326_00023本目は、お隣のヨスジの根へ。こちらのヨスジフエダイは、じゃがいもの根の子たちより大人で、大きいのが特徴です。昔からそうです。Dsc07348Dsc07347Dsc07377Dsc07375Dsc07378オオイソバナが立派なのも見どころ。オオイソバナに住んでいるイソバナガニや、オトメハゼの巣作り、ブドウテッポウエビとオドリハゼが踊っているところ、チェック模様のサラサハゼや、ヨスジフエダイに似ているロクセンフエダイも、ここでは会えます。のんびり楽しみましたね~。
帰りは、Mさんはレンタカーで、お帰りに。なので、港で、Mさんの携帯で、3人のスリーショットを!後で、送っていただきました。ありがとうございます。Mさん、また、石垣島へ潜りにいらしてく下さいね~。ありがとうございました。お二人はお土産をR’s storyさんに届けたいとのことで、ホテルへお送りする前に立ち寄りました。というのも、お土産の外郎が、消費期限が短いけど、持ってきてくださったので、早く渡したいのです!20190326_190326_0004山口出身のげんとくん、喜んでくれました。そして、いつもいつも、私のアクセサリーの不具合を直してくれます。自分でも不思議なくらい、不具合が生じるんですよね。頼りになります。
明日は、お二人の貸し切りです。マクロ三昧で楽しみたいなぁ。明日もよろしくお願いします。今日は、移動疲れをとってくださいね。今日もありがとうございました。

| | コメント (0)

2019年3月25日 (月)

2019.3.23

Dsc07285Dsc0728623日は、前の晩に少し遅くまで遊びすぎちゃったので集合時間をゆっくりにして、2ダイブしてきました。北風が強くて寒い!こういう冬って感じの日が少なかった今年の石垣島の海に、3月も終わろうとするころまた寒さが戻りました。変なの。それでも水温は23℃。Dsc07315Dsc07310Dsc07294Dsc07290Dsc07288
Dsc07326Dsc07324やってきたのは、桜口とフラワーガーデンです。満潮の潮止まりで、水路に流れはなく、快適。透明度も良かったので爽快でした。出会えたのは、お目当てのイシガキカエルウオ、アサドスズメダイの群れ、ミゾレウミウシ、コールマンウミウシ、キヘリクロスジウミウシ、Dsc07329オトメハゼ、オニヒトデがまた登場、イチゴボヤ、ツバメタナバタウオなどなど。
2本目、フラワーガーデンでは、Jさんの見つけてくれたオビテンスモドキの幼魚、Dsc06766大きなヒラムシ、Dsc06787サラサゴンべ、アオギハゼ、サザナミヤッコの若魚、チゴベニハゼ、コールマンウミウシ、セイテンイロウミウシなどなどでした。上がったら、暖かいお昼ご飯をご用意です。今日は、20190324_190325_005720190324_190325_0058鶏そぼろ塩ラーメンをご用意しました。天候にぴったりのメニューでした。美味しかったですね。お腹がいっぱいになったら、眠くなってきました。
1度宿でシャワーしてもらったら、ショップでアロママッサージを受けます。今日は、私はのこぎりで怪我をしているので、みさちゃんが施術に来てくれました~。待っている間に、私の専門学校の同級生の山口大志くんが出演したクレージージャーニーをDVDで見て、ダイビング器材のカタログ見て、みさちゃんのお子ちゃまたちに癒されて、まさに癒しの時間となりました。まったりしたので、ブログアップは遅れましたが。。。
朝からゆらてぃく行ったり、ダイビング後のR′s storyで注文、ハゥ・トゥリー・ジェラートさんで極上のジェラートで舌鼓。いつもとちょっと違ったスケジューリングで、楽しい一日となり、石垣島を満喫でしたね。
また、お二人がいらっしゃるのを楽しみにしていますので、よろしくお願いします。それでは、マリンダイビングフェアでお会いしましょう!ありがとうございました☆

| | コメント (0)

2019.3.22

Dsc0726020190323_190323_0053Dsc07266今日は、JさんとMさんお二人とダイビング。水温24度、微妙に長く潜ると寒いので、Mさんはドライスーツでいらしています。今日の1本目2本目は、ワイドで潜りたいとのことでしたので、ご希望の竹富海底温泉へ向かいましたが、予報の午後から北風に変わる、が、もうすでに影響出ていて、北うねりが少し。なので、予定を変更して、ワイドならばとオリジナルポイントへやって来ました。ここは、試しに潜ってみたら、カマス2種の群れが凄くて好きだったのですが、今日は初めていなかった~。100%の確率が下がってしまいましたが、出そうな雰囲気、は皆さん感じたようです。ワイドに泳いで、それでもネムリブカは2匹現れるし、アカククリはいるし、ユビエダハマサンゴが綺麗な場所もあるしで、マクロも楽しめました。Dsc06672Dsc06678アカツメサンゴヤドカリや、ミナミギンポ、可愛かったですね。


Dsc06726Dsc06663Dsc06654Dsc06637Dsc06634Dsc06590Dsc066002本目は、まだ北風になっていないので、ミルキーウェイにやって来ました。透明度は良くて、25mくらいあります。こちらは、Jさんもご一緒ですし、マクロもご案内しようと思い、ムチカラマツエビやDsc06613、アカメハゼ、ガラスハゼ、Dsc06620ソメワケヤッコ、アカハラヤッコ、アカヒメジの群れ、ウウメイロモドキの群れ、セイテンイロウミウシ、ミドリトウメイボヤ、オオアカホシサンゴガニ、などにも会えました。緑色のサンゴの隙間にいるエビは、図鑑で調べましたが、倉庫写真がないので、候補は2つ。どっちだったのかな。


20190323_190323_005820190323_190323_0059上がって、北風に備えていったん港へ戻ります。タンクも下ろし、お昼休憩。今日は、軟骨ソーキゆし豆腐そばをご用意しました。最近、ソーキの味付けは、ウスターソースも加えることになりました。こってりが混ざって美味しいです。お腹が休まったら、3本目は、島陰になる桜口方面。ポイントは、桜口西です。透明度は普通くらいで、20mほどでした。Mさんも、今度はレンズをマクロに変えて、イシガキカエルウオ狙いです。ちゃんといてくれたので、遊んできました。他にも、シマキンチャクフグ、セジロクマノミ、オドリハゼ、白いきれいなホヤ、Dsc06746Dsc06739Dsc06735Dsc06718Dsc06716珍しいチョウチョウウオ登場などで、まったりと楽しんできました。


20190323_190323_005620190323_190323_0057夕方からは、再度集合して、てっぺんで夕飯です。モルディブツアーのアルバム見てわいわいしたり、楽しいダイビングの話で盛り上がりました。その後は、三線ライブへ行こうとしましたが、今日までお休みということでしたので、昨日も行ったという清のお店へ。これが大盛り上がりで、楽しかったですねぇ。時間を忘れるほどでした。石垣島の人は、芸達者な方が多くて、お店に来た他人同士が、いちゃりばちょーでーで、最後にはお誕生日だという有名人、ごーやーちゃんも登場して、久しぶりに会ったのに目配せしてくれたりして、夜のお仕事していた時代を思い出しました。あぁ、いかん、明日も海だから、寝なくては。。。と思って、今晩はお開きです。下も同じメンバーで潜ります。ダイビングは、ご飯も夜の遊びもあるからこそ、面白いですよね。明日は、アクセサリーを見に行きますよー。しっかり寝てくださいね!今日もありがとうございました!!

| | コメント (0)

2019.3.21

Dsc07234Dsc07232Dsc07241Dsc07239Dsc07235今日は、Mさんが到着後のダイビング!南南西の風が割と強いので、今日は大人しく竹富港前あたりで遊びます。マクロか、ワイドか、レンズを変えて潜られるので、1本目は、マクロをご希望されましたので、その視線でガイドしていきます。


1本目は、透明度も良く、キャベツサンゴの群生もすごい!Dsc06553イシガキカエルウオや、ヒトスジギンポ、ニセアカホシカクレエビ、ケヤリの仲間、Dsc06569サンゴの隙間にいたカニ、ナミスズメダイ、Dsc06549Dsc06541ホシゴンベ幼魚、カスリヘビギンポ、チゴベニハゼ、ヒラムシ、などに会ってきました。


20190321_190321_000220190321_190321_0001ちょうどお昼を過ぎたので、今日は、カレーうどんをご用意しました。Mさんは気持ちよくご飯を食べるので、ペロリ、でしたね。


おしゃべりしながら、お腹を休め、2本目は、じゃがりこの根です。Dsc07257Dsc07256Dsc07255Dsc07252今年は、まだまだコブシメが来ていない。。。卵を産んだ痕跡もありません。2本目もマクロで行きたいとのことでしたので、また目線は小さいものに。イシガキカエルウオをじっくり撮りたいご希望もあったので、見つけたら結構じっくり撮影。他にも、ハナビラクマノミや、ヤドカリの仲間、アカホシイソハゼ、その他もろもろ・・・1ダイブは1時間を超すロングダイブになりました。楽しかったですね。明日は、今日夕方到着のJさん合流で、また楽しく潜りましょう。今日もありがとうございました。明日もよろしくお願いします!!

| | コメント (0)

«2019.3.20